気まぐれ日記


 気まぐれなので、(きっと)毎日は書きません……


2019年の日記

 1月 2日

 ■冬休み第5日目

 冬休み5日目の今日は、朝から「箱根駅伝」をTV観戦。
 
 青山学院大学の5連覇がかかる今大会。
 昨年、スポーツ界でのパワハラ問題が相次ぎ、そうした風潮とは異なる空気を持っている青山学院大学には、この際だから是非連覇を果たして欲しい、と思いつつ観戦していたのだが……開始早々、大東大の選手が転倒するなど波乱を予想させる展開。
 青学大は、3区まではほぼ作戦通りに行っていたようだが、4区・5区でブレーキがかかり、首位から5分差の6位とは……
 明日の復路、昨年に続いての逆転優勝を期待したい所だが、5分離されては難しいか……

 まぁ、何れにせよ、明日も楽しみだ。

 午後、川崎で映画。
 映画は、「アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング」。
 神奈川県で僅か2スクリーン、しかも日本ではウケないアメリカのコメディ映画と言う事で油断していたら、上映開始20分前に劇場到着、その時点で最前列3席しかリートがない、と言う有様。
 小さなスクリーンだったので、最前列でも問題はなかったが……油断せず、ちゃんと事前予約しておけばよかったよ。

 映画は、ルッキズム(容貌差別)問題を取り上げた社会性のあるコメディで、ルッキズム批判だけでなく、仕事でも恋愛でも、大事なのは見た目ではなく中身、と言う、力強いメッセージを示すもの。
 ただ、内容としては、これはやはり女性向けか?――結構、女性客からは笑い声が上がっていても、ちょっと反応に困るような描写が多々あった。

 1月 1日

 ■あけましておめでとうございます。

 あけましておめでとうございます。

 本年もよろしくお願いいたします。

 ■冬休み第4日目 元旦

 新年は今年も「年の始めはさだまさし」から。
 途中、うとうとしてしまったのだけど、ももクロが盛り上げてくれて目が覚めて、今年も最後まで見てしまった。

 そして、明けて元旦は新年恒例のお参りに行った後、これまた毎年恒例の元旦の映画。
 今年は韓国映画「それだけが、僕の世界」。
 韓国お得意の“泣かせる”人情映画で、年老いた東洋太平洋チャンプ、事故でふさぎ込んだピアニスト、離散していた家族、DVと自閉症と難病……と挙げるだけでキリのないくらいの内容を突っ込み、それを2組の母子の情愛でまとめると言う力技。
 正直、盛り込み過ぎの感は否めず、まとまりと言うか辻褄の合わない描写もある。
 そして、泣かせる為とは言え、母親の隠された病が明らかになるまでの描写は引っ張りすぎだし、くどい。(観客には見え見えなので)
 勿論、それもまたひとつの様式美として楽しむのが韓流、と言えばそれまでだけど。
 ただ、そんな問題も、クライマックスのコンサートで吹き飛ばす力技と、俳優の役作りには圧倒される。
 そんな音楽の力まで動員して強引に感動させられる映画だけど、見応えもあって、これはよかった。

2018年の日記

12月31日

 ■冬休み第3日目

 さて、今年もとうとう最後の日。
 午前中は「鉄腕DASH」の総集編を見た後、ぐらぐらになっている郵便ポストを直したりしていた。
 午後は、今年のしめくくりとなる映画を観に行こう、と。

 映画は「こんな夜更けにバナナかよ」。
 この映画、障害者を主役にするのでお涙頂戴の難病ものか、と思っていると意外な内容。
 これは、助け合い、支え合う人の世のあり方を問うヒューマンドラマであり、生き方に迷う若者が歩む道を選ぶ青春ドラマであり・・・そして何より、これはコメディとしても面白い。身体を動かせず、表情と言葉でしか演じられない大泉洋だが、その話術を最大限に活かしたこの映画、笑って笑って、ちょいとほろり、そして心温まる傑作。
 これは今年の最後にいい映画を観た。
 
 あと30分もしないうちに紅白が始まるな……今年も例年通り、紅白横目にホムペ更新しながら年を越す事になるか。 

 ■12月に観た映画

 12月に観た映画は……

 「マダムのおかしな晩餐会」
 「くるみ割り人形と秘密の王国」
 「斬、」
 「負け犬の美学」
 「ハナレイ・ベイ」
 「ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲」
 「来る」
 「暁に祈れ」
 「おとなの恋は、まわり道」
 「恐怖の報酬 (オリジナル完全版)」
 「メアリーの総て」
 「パッドマン ~5億人の女性を救った男」
 「アリー/スター誕生」
 「グリンチ」
 「シュガー・ラッシュ:オンライン」
 「こんな夜更けにバナナかよ」

 ……16本か。
 今年もやはり最後に失速……と言うか、年末になると観る映画がなぁ……

 ■今年の映画ベスト10

 さて、毎年恒例のいつものヤツをやりますか。
 とりあえず、まずは心に残ったもの、印象の強かったものを絞り込んでいく。

 まず、一発目の絞り込みでコレ。

 「バーフバリ 王の凱旋」
 「ガーディアンズ」
 「デトロイト」
 「グレイテスト・ショーマン」
 「さよならの朝に約束の花をかざろう」
 「シェイプ・オブ・ウォーター」
 「ダンガル ~きっと、つよくなる」
 「レディ・プレイヤー1」
 「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」
 「恋は雨上がりのように」
 「万引き家族」
 「軍中楽園」
 「カメラを止めるな!」
 「ペンギン・ハイウェイ」
 「SUNNY 強い気持ち・強い愛」
 「累 かさね」
 「1987、ある闘いの真実」
 「響 HIBIKI」
 「若おかみは小学生!」
 「パパはわるものチャンピオン」
 「バッド・ジーニアス 危険な天才たち」
 「止められるか、俺たちを」
 「日日是好日」
 「search/サーチ」
 「華氏 119」
 「ボヘミアン・ラプソディ」
 「パッドマン ~5億人の女性を救った男」
 「アリー/スター誕生」
 「シュガー・ラッシュ:オンライン」
 「こんな夜更けにバナナかよ」

 ここから絞るのは難しい。
 ここまで来ると、みんな見応えのある映画だからねぇ……

 で、ベスト10は悩みに悩んだ……

 「デトロイト」
 「シェイプ・オブ・ウォーター」
 「レディ・プレイヤー1」
 「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」
 「万引き家族」
 「カメラを止めるな!」
 「響 HIBIKI」
 「ボヘミアン・ラプソディ」
 「パッドマン ~5億人の女性を救った男」
 「こんな夜更けにバナナかよ」
 (順番は鑑賞順)

 話題の「バーフバリ 王の凱旋」が残らなかった……
 「ダンガル」や、「バッド・ジーニアス 危険な天才たち」、「アリー/スター誕生」は迷ったけどねぇ……

 来年もまた面白い映画が観られるとよいなぁ、と思いつつ、今年はこんなところで。

 ■今年もあと僅か

 もう、今年もあと僅かなんだなぁ……
 あとは例年通り、ホムペ更新しながら新年を迎えるとするか。

 それでは、みなさん、よいお年を。

12月30日

 ■冬休み第2日目

 冬休み2日目の日曜……何だか腹が痛む。
 片付けや掃除もする気になれず……だらだらとTVを観て時間を過ごし、午後、映画を観に行く。
 映画は、
 「シュガー・ラッシュ:オンライン」。
 これは、アーケードゲームの裏側の世界を描いた2013年のディズニー・アニメ「シュガー・ラッシュ」の続編。
 ほんと、物語も、ビジュアルもよく出来た映画ではあると思うが……それだけに、淡々とした、ある意味、薄味になっているのが勿体ないなぁ……

12月29日

 ■冬休み第1日目

 冬休み、第1日目となる土曜。
 午前中に、通院と水槽の水替えを済ませたら、午後から年末の大掃除に取りかかる。
 窓ガラスと網戸を清掃、換気扇も綺麗にしたら、玄関も掃除して、正月の注連飾りを玄関に飾り付ける。

 夜、年末特番ばかりのTVを観る気にもならず、映画もとりあえず観るものがない……ホムペでも更新するかな、と思っていたのだけど、疲れていたせいか、何も出来ないうちに寝入ってしまった……

12月24日

 ■月曜は……

 昨日、温め直して食べたシチューに当たったらしい……下痢が止まらない。
 朝から殆ど水状のものしか出て来ない状況……お腹も痛い。

 でも、今日は「アリー/スター誕生」のチケット買ってあるから映画館に行かないと……と言う訳で、途中、クスリ屋で下痢止めを買って映画館へ。
 映画「アリー/スター誕生」は、1937年の「スタア誕生」以来、4度目となる映画作品。
 今年、想定以上のヒットを飛ばした「ボヘミアン・ラプソディ」と比較される映画だが、本作は音楽映画としてもなかなかの出来で、主題歌となる「Shallow」の生まれる課程と、そのドラマへの取り込みは上手く、心打つものがある。
 ただ、この「スタア誕生」と言う物語、栄枯盛衰を描くものだけに、ラストで最高の盛り上がりを見せた「ボヘミアン・ラプソディ」に対し、追悼歌がラストとなる本作はどうしても最後がしんみりしてしまう……まぁ、それが「スタア誕生」だと言えばその通りなのだが…… 

12月22日

 ■土曜は……

 年末恒例、野郎だけのクリスマス。今年は浜松のスズキ本社にある「スズキ歴史館」に行く事に。

 浜松までは友人に出して貰ったクルマで移動。
 VWのR32。滑るように高速巡航し、音も静か。でもって速い。
 なるほど、これはいいクルマだ。
 昼食は、「しまごん」で鰻重。
 
 なるほど、これは人気店になるのにも納得、美味い。
 午後、「スズキ歴史館」へ。
 
 これは、自動織機に始まるスズキのもの作りと、現在のスズキの企業活動を展示する施設。
 スズキの軽自動車のような、慎ましやかなものを予想していたのだけど、これがなかなか大したもの。
 スズキのもの作りの原点、自動織機に始まり、二輪車・四輪車のこれまでと現在までを展示する内容は豊富で、展示内容も凝ってる。
 これはなかなか見応えあり。
 コレダ250……ブルバードってのは、この顔つきをインスパイアしていたんだな、と……
 スズライト。
 47万円アルト。
 同時の物価も示されているが……映画は当時からあまり変わらないじゃないか。
 スズキのロータリー、RE5。
 スイフト。
 やはり、スズキのバイクと言ったらコレだな。

 跨がってみたけど……うーん、これはもう乗れる気がしない……
 今日のお土産。
 ……このくらいで我慢しておこう。
 通常、一回りするのに1.5~2時間、と言う事だったが、結局、3時間以上見学してしまった……

 帰路は浜松市内は混んでいたものの、東名はスムーズ。
 海老名のららぽーとでハンバーグを食べ、以降、流れ解散。

12月16日

 ■日曜は……

 日曜日は、午前中にホムペの更新など。
 昼前に出掛け、関内で昼食の後、、黄金町までぶらぶら歩いて、今日の映画は「メアリーの総て」。

 映画観ている最中から、頭痛い、寒気する、と言う訳で・・・家帰って熱計ったら熱出ていたので、そのまま温かくして、寝た。

12月15日

 ■土曜は……

 午後、バイク屋に行って、CBRの様子を伺い、夕方、チネチッタで映画。映画は、
 「恐怖の報酬 オリジナル完全版」。

12月 9日

 ■日曜は……

 天気がいまいち、冷え込みも厳しいので、午前中は部屋でホムペの更新など。
 午後、クルマを洗車したり、買い物に行くなどした。

12月 8日

 ■土曜は……

 午前中、かかりつけのクリニックに行き、先日の検診結果を聞く。
 先日の検査では、胃カメラ挿入時の反射が激しく、かなり手こずったらしい……どうやら、かなり暴れたので食道を傷つけたようで、検査の後、
 「喉痛くないですか?」
 と聞かれたのはそのせいか……まぁ、麻酔のせいで全く覚えていないのだけど。
 
 その後、水槽の水替えを済ませ、午後、バイク屋に行ってCBRの様子を伺いに行ったのだが、こちらも結構、大変な事になっていた。

 ■「暁に祈れ」

 夕方、ブルク13で映画「暁に祈れ」。
 これは、英国人ボクサー、ビリー・ムーアの自伝小説を「ジョニー・マッド・ドッグ」のジャン=ステファーヌ・ソヴェール監督が映画化したもの。
 まるで地獄のようなタイの刑務所を疑似体験出来る、と言う点での価値は理解するし、その為のリアル追求も結構だが、ドキュメンタリーではないのだから、映画としてはもう少し物語を見せて欲しかったなぁ……

12月 5日

 ■「ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲」

 これは、「Mr.ビーン」のローワン・アトキンソン扮する英国諜報部員が抱腹絶倒の騒動を巻き起こすアクション・コメディ第3弾。
 実は、このローワン・アトキンソンの笑いがあまり好きではなく、これまで敬遠していたのだけど……今回のこれは、最近のIT化の流れを茶化すと共に、返す刀でイギリスのアナクロぶりも笑い飛ばす、なかなか辛辣なもので、なかなか楽しめた。
 尚、ヒロインにはボンドガールも務めたオルガ・キュリレンコ、英国首相役には名女優のエマ・トンプソンとなかなか豪華。
 そして、これまた映画の華となるクルマ、アストンマーティン ヴァンテージは、カーマニアとしても知られるローワン・アトキンソンの私物なのだそうで……

12月 4日

 ■火曜は……

 火曜日は、胃カメラ検診の後、午後、映画を観に行った。

 この日の1本目は、ブルク13で、「くるみ割り人形と秘密の王国」。
 これは、チャイコフスキーの組曲「くるみ割人形」をディズニーが脚色したファンタジー。クリスマスの夜、少女クララが迷い込む不思議な世界での冒険を描く。
 ディズニーらしい、家族で安心して観られる内容だけど、物語は大幅に脚色されており、尚且つ、先が読めるもの。
 映画コピーの「見た目に惑わされるな」もそうなのだけど、元々の物語のように、ねずみが呪いをかける訳がない。何しろ、ディズニーなのだから、ねずみを悪者に出来る訳がないじゃないか……

 この後、黄金町に移動。ジャック&ベティで、この日2本目は「斬、」。
 これは、「野火」の塚本晋也監督が、池松壮亮と蒼井優を主演に迎え、初めて挑んだ時代劇。
 とは言え、台詞などはほぼ現代劇の趣だったりするし、内容も人を斬る、つまり人を殺す、と言う意味を問うもので、そのテーマは「野火」にも重なるもの。
 見応えのある映画だけど、これは決して娯楽作品ではなく、塚本監督映画だ、と言う事を心して観る必要があると思う。

 次いで、この日3本目の「負け犬の美学」。
 これは、俳優のサミュエル・ジュイ、初の監督作品で、マチュー・カソヴィッツ主演、二流のボクサーの生き様を描く人間ドラマ。

 この映画、如何にもフランス映画らしいボクシング映画。
 これがアメリカ映画であれば、ボクサーとして底辺にいるスティーブが這い上がる様を描くところだが、この映画はそうはしない。
 そして、この映画が心打つ部分、それはスティーブがピアノを買ってやろうとする愛娘、彼女にもピアノの才能はない、と言うこと。
 でも、心から楽しそうにピアノを弾く娘には、好きなだけピアノをやらせてやりたい……それが、己の才能を知りつつ、愛するボクシングにしがみついている男の親心なのだ。

 この日の4本目は「ハナレイ・ベイ」。
 村上春樹の連作短編集「東京奇譚集」の1篇である同名小説を松永大司監督が映画化したもの。
 
 この映画で、主人公のサチを演じるのは吉田羊。
 この映画は、彼女のクールさ、そして年齢不詳さによって成立しているのではないか、と思う。
 物語のテーマとしては、家族の「死」を如何に受入れるか、と言うもの。
 背負って来たもの、歩いて来た人生……家族だからこそ、言えなかった、伝えられなかった想い、それらが吹き出す、後半の慟哭と、もう一度会いたいと言う気持ち。
 その先で、漸く心が繋がったのを振り返った一瞬で見せたラストカットにはゾクリ、と来た。

12月 2日

 ■日曜は……

 今日は天気よければ今日はクルマでひとっ走り、と思っていたけど、朝から曇天、しかも小雨もパラついて来て……出掛ける気喪失、今日は部屋でぐうたらしていよう。

12月 1日

 ■土曜日は……

 この週末は行楽日和、と言う事で好天が予報されていたし、今日は映画の日で鑑賞料¥1000円。
 なので、混雑が予想されるので、予定していた4本の鑑賞は先延ばし。

 土曜は、午前中に行きつけのクリニックに行き、その後、水槽の水替え。
 午後はバイクに乗り、ちょいとひとっ走り。
 夕方、日比谷シャンテで映画「マダムのおかしな晩餐会」。これは関東で2館上映のマイナー映画だけど、こんな作品でも映画の日なので、きっちりチケットは完売していた。やはり、事前予約しておいて正解だったな。
 映画「マダムのおかしな晩餐会」は、パリの上流社会を舞台に繰り広げられるコメディ。
 裕福なアメリカ人夫婦アンとボブは、セレブな友人たちを招いて豪華ディナーを開催。だがひょんなことから身分を隠したメイドが紛れ込み、何も知らない客の紳士が彼女に一目惚れしてしまい……
 身分格差が厳格に存在する欧州社会に、成金のアメリカ人がやって来て、それを引っかき回す、一種のシチュエイションコメディで、内容としてはかなり辛辣。しかし、身分格差と言うのがアメリカ人以上に感覚として判らない日本人にはピンと来ない内容だなぁ、と思ってしまった。また、メイドを演じるロッシ・デ・パルマが、かなり残念な容貌で、これまた感情移入がし辛い……これが、若くて無知なメイドが、馴染のない上流階級社会に翻弄されて、と言う内容であれば、まだしも判り易くなったのでは、と思うのだけれど。

11月30日

 ■金曜は……

 仕事の後で、映画「アース:アメイジング・デイ」。
 これは、BBCによるネイチャー・ドキュメンタリー「アース」シリーズの第2弾。
 ただこれ、映像自体は素晴らしいのだが、切り売りされた映像がNHKの動物ドキュメント番組「ダーウィンは見た!」で紹介されたりもしていて、内容的には目新しさに欠け、切り口も平凡。
 中盤以降からは睡魔との戦いになり、日没以降は熟睡してしまい、劇場が明るくなってからスタッフに起こされる始末……残念。

 ■11月に観た映画

 11月に観た映画は……

 「華氏 119」
 「ビブリア古書堂の事件手帖」
 「エンジェル、見えない恋人」
 「スマホを落としただけなのに」
 「ヴェノム」
 「走れ!T高バスケット部」
 「十年 Ten Years Japan」
 「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第6章「回生篇」」
 「GODZILLA 星を喰う者」
 「生きてるだけで、愛。」
 「ボヘミアン・ラプソディ」
 「きみへの距離、1万キロ」
 「ビリオネア・ボーイズ・クラブ」
 「ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション」
 「アウト&アウト」
 「世界で一番ゴッホを描いた男」
 「人魚の眠る家」
 「鈴木家の嘘」
 「銃」
 「ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ」
 「ポリス・ストーリー/REBORN」
 「ギャングース」
 「エリック・クラプトン ~12小節の人生」
 「ハード・コア」
 「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」
 「アース:アメイジング・デイ」

 ……26本。
 相変わらずのペースだけど、12月はこうは行かないだろうなぁ……

11月28日

 ■水曜は……

 外出の後で映画2本。
 
 1本目は「ハード・コア」。
 これは、狩撫麻礼原作のいましろたかし漫画「ハード・コア 平成地獄ブラザーズ」を実写映画化したもの。

 この映画、不器用な若者の生き様をオフビートに描く、山下敦弘監督が得意とする物語。
 右近はあまりにも不器用で、ハードボイルドを気取ってはいるけれど、どうしようもないどん底暮らし。
 そこに現われた、外観スクラップ、中身超ハイテクの“ロボオ”の登場により、底辺と最先端が結びつく。
 そこに格差社会や、若者の貧困と言うような社会的要素を持ち込む事をせず、ただただ不器用な男が、結果として巧く立ち回れず、利用され、追い込まれて行く、と言う物語にしたのは山下監督らしいと言えばそうだし、ハードボイルドなこの物語に相応しい。
 ただ、「完」マークを出した後、正に蛇足となるエピローグ、これはむしろなかった方がよかったんじゃないかなぁ、と……

 2本目は「ファンタスティック・ビースト 黒い魔法使いの誕生」。
 これは、J・K・ローリングによる「ハリー・ポッター」の派生シリーズ、5部作の第2作目。

 第1作は様々な魔法動物、そして、ホグワーツを飛び出し、街の中で一般人と繰り広げるドラマに面白味があったのだが……シリーズ2作目になって、明らかになって来たのは、またしても悪の魔法使いと、ホグワーツの善の魔法使いの対決と言う構図。
 魔法使い同士の戦いも、杖から光線のようなものを発して撃ち合う、と言う芸のないもので、これではシリーズを減速させた、「ハリー・ポッター」シリーズ後半の展開と変わらない。
 魔法動物は登場種類も、活躍シーンも少なく、これでは「ハリー・ポッター」の焼き直しに過ぎない印象で、いささかがっかりする仕上がりだった。

11月23日

 ■勤労感謝の日

  ……なので、休暇をとってリフレッシュ。
 天気もいいことだし、今日は海にしよう、と横須賀へ。

 横須賀美術館に行った。
 
 屋上からは浦賀水道を一望。
 美術館を観覧した後は、せっかくなので観音崎公園を散策、観音崎まで行った。
 その後、観音崎自然博物館のレストランでランチ。
 (美術館のランチは行列だったので……)
 
 東京湾口を望む風景もいい。
 ランチは、しらすのステーキ。
 大きなきのこにシラスを詰めて焼いたもの。

 ……いやぁ、いい気分転換になったなぁ、と。
 さて、これから逗子・葉山経由で帰宅、その後、映画を観に行こう、と思ったのだけど……海沿いの国道134号、景色はいいのだけど、渋滞が酷い。
 ……漸く江ノ島が見えて来た。
 この時点で2時過ぎ、15:10の「ギャングース」には間に合わない。16:40の「ポリス・ストーリー/REBORN」に変更。
 なんと、35km走るのに4時間、時速10km/hのノロノロ運転で……参った。

 でも、映画にはギリギリ間に合った。
 それで、「ポリス・ストーリー/REBORN」を見る。

 映画の後、飯食って帰るか、と思ったのだけど、これまた行列だらけで混雑。
 ……まぁ、自分は休暇で来たけど、世間は三連休だからねぇ。

 結局、家に帰って、近所の中華屋で夕食。
 帰宅後、かなり疲れていて、何もしないうちに椅子に座ったままダウン。  

11月19日

 ■久々の、ホムペ更新

 中身はまだまだだが……漸く、日記だけでも追いついた。やれやれ。

11月18日

 ■日曜日は……

 午前中、昨日、12ヶ月点検に出したCBRの様子伺いにバイク屋に行く。
 あまり走っていないので、何もないか、と思っていたが……試乗の結果、低回転域の具合がよくないらしい。点火系だけではないようなので、キャブを確認、必要とあらばOHしよう、と言う事になった。
 結構な費用と時間がかかりそうだ……やれやれ。

 ■本日の映画

 午後、川崎の109シネマズで映画2本。

 1本目、「人魚の眠る家」。
 これは、東野圭吾による同題小説を堤幸彦監督が映画化したもの。

 IT機器メーカーの社長・播磨和昌と、妻の薫子は、現在別居中。娘の小学校受験が終わったら離婚すると約束していた。だがある日、娘の瑞穂がプールで溺れ、脳死状態になってしまう。回復の見込みがない娘を前に、生かし続けるか、死を受け入れるかという究極の選択を迫られた二人は、和昌の会社の生化学エンジニア・星野の研究する技術により、前例のない延命治療を開始。娘は肉体的には健康を取り戻して行くが……

 これは、脳死状態に陥った娘を巡る人間模様を通して、人の「死」と言うものを描き出すドラマ。
 人の「死」とは何か、心臓が動いている、それだけを以て生きていると言えるのか・・・それは同時に人間とは何かを問う重いテーマを抱えている。
 娘の「死」を受け止める、夫婦のドラマとしても見応えあるのに、そこに科学技術を重ね、科学倫理をも問う内容も含むなど、内容は充実。
 その、科学技術が暴走をし始める辺りの描写には、慄然とさせられ、最早、ホラー映画に近いものがある。
 感動的なドラマではあるけれど、決して“お涙頂戴”ではなく、むしろ抑えた描写であるのも好印象で、クライマックスでは、それ故に素直に感動させられた。

 キャストも充実、私生活でも同年齢の子供を持つ篠原涼子は、母の強さと、時にそれが狂気に肉薄する様子を迫真の演技で見せるし、受けに回った西島秀俊も見事。
 星野役の坂口健太郎は、持ち前の“爽やかな変態”っぷりでマッドサイエンティストを好演してはいるが・・・篠原涼子、西島秀俊相手だと、お子様扱いなのが惜しい。もうちょっと年嵩の役者(例えばディーン・フジオカとか)ならば、和昌に「妻を寝取ったのでは?」と言う嫉妬心と疑惑を抱かせ、ドラマを更に盛り上げられただろうに……

 2本目、「鈴木家の嘘」。
 これは、作家主義・俳優発掘をテーマにした松竹ブロードキャスティングのオリジナル映画プロジェクト第6弾となる人間ドラマ。
 監督は、これがデビュー作となる野尻克己で、監督自身によるオリジナル脚本になる。

 鈴木家で、ある日、ひきこもりの長男、浩一が自殺する。ショックで記憶を失った母のために、娘の富美はとっさに「お兄ちゃんは仕事でアルゼンチンに行った」と嘘をつくが……
 
 これは長男の死を、家族がどのように受入れるかを描いたホームドラマであり、実際、兄を自殺で失った野尻監督の経験に基づくもの。
 野尻監督は、これまで娯楽作に多く参加してきており、この映画も、何とも言えないユーモアに満ちたものになっている。
 娘のついた嘘のアリバイ作りに奔走する辺りは時にコメディに近づくし、実力派揃いの演技合戦も見物。 
 そして、事実上の主役である富美役の木竜麻生は、「菊とギロチン」でも好演していたが、本作でも魅力的。彼女には注目だ。

11月17日

 ■土曜日は……

 土曜日は、なかなか忙しい。
 午前中にかかりつけのクリニック。診察受けて、来月の検査の予約を入れた。
 その後、水槽の水替え。

 午後は、CBRを12ヶ月点検に出しに行き、その後はCBのプラグ交換、そして、様子を見る為に試運転。
 始動性はよくなっているし、アイドリング、そして低速の回転安定性ははっきり高まった。
 走ってみても、エンジン回転は静かで滑らかで、これは気持ちいい……が、これが本来のCBで、コレを維持出来るようにしなきゃいかんのだ、反省。

 試運転の後、先週購入した礼服とブレザーを引き取りに行く。
 礼服を新調したのだから、と合わせてネクタイとポケットチーフも買ってしまった……
 (やはり買い過ぎるなぁ)
 ブレザーはネイビーブレザーが欲しかったのだが、最近は残念ながら見当たらない。そんな訳で、今回購入したブレザーの生地はウール100%ではなく、混紡なのだけど、シルクが入っていて手触りは上々だし、着心地も軽い……まぁ、これはこれでいいな。

 ■「世界で一番ゴッホを描いた男」

 これは、中国、深セン市近郊にある、世界市場の6割もの複製画を生産する大芬(ダーフェン)油画村を取り上げたドキュメンタリー。

 コピー品の盛んな中国とは言え、1万人を超える画工が年間数百万枚の複製油絵を送り出していた、と言う事に驚く。
 そして、彼らは、本物の油絵同様に絵具と筆を用い、これまた驚くべき事に僅か数時間のうちに絵を描き上げてしまう。
 そんな画工房の主、趙小勇はオランダの取引先に招かれてアムステルダムに赴く。初めてのヨーロッパ旅行に喜ぶ趙小勇だが、画廊に並んでいると思っていた彼の絵は土産物屋に並べられ、しかも、その価格は想像以上に高かった。
 自分たちが画家ではなく、複製品を製作する画工だと言う現実を突きつけられ、趙小勇の表情は曇る。
 そして、美術館で見た本物のゴッホの絵……本物の“芸術”の迫力が画工を打ちのめす。
 己の存在意義に悩む趙小勇だが、数万もの絵を本物さながらに仕上げた、その技量だけは本物だ。
 帰国した趙小勇はオリジナルを描き始める。
 磨き上げられたゴッホさながらの筆遣いで描き出された肖像、風景、そして、働く人々――その絵は最早複製画ではない。生み出される“本物”の輝きに人は目を見張るだろう。
 これは、ひとりの“職人”が“芸術家”になる姿を描いた作品で、仕事ではなく、情熱を以て活き活きと絵筆を揮う趙小勇の姿には感動を覚える。
 そして、無数のコピーの果てに本物が生まれる、そこに現代の中国の縮図を見たような思いがした。

11月16日

 ■「アウト&アウト」

 これは「ビー・パップ・ハイスクール」のきうちかずひろ(現・木内一裕)が自身の小説を遠藤憲一主演で映画化したもの。
 小学2年生の少女・栞と探偵事務所を営む元ヤクザの矢能の、ちょっと変わったバディ・ムービー。
 これ、話の作りは結構粗く、正直、Vシネマレベル。
 ただ、正にハマリ役とも言える遠藤憲一を始め、登場人物、それぞれにキャラクターが立っていて、その掛け合いだけでも楽しい。
 また、白鳥玉季演じる栞は、そのかわいらしさに加え、独特の陰のあるキャラクターで、これまたいい。
 2人が共に暮らす事になった事、そして矢能がヤクザから足を洗った事など、謎を残した展開で、これは続編と言うかシリーズ化を意図したもののようだが……この矢能と栞、2人の行く末はまだまだ観たいので、これはシリーズ化に期待。

11月11日

 ■日曜日は……

 今日は、久々にCBRに乗った。
 これまた久々のレザーウェアのせいで動き難くいせいもあって、バイクのコントロールが思うようにならない。思うように走らせられないのがもどかしい。
 (CBRはポジションの自由度が少ないし、軽いので誤魔化しが効かない)
 そろそろ、潮時かなぁ……とも思ったが、首都高に乗ってアクセル開けると、そんな気分もすっ飛ぶ。
 まるでF-1のような高回転サウンド、10000rpm以上回して巡行、と言うのが平気なのがさすがCBR。 

 午後、CBに乗り換えてブルク13に映画を観に行くが、またしても駐輪場満車で入れず……足止め食ったものの、今日は時間に余裕を持たせて行ったので、上映時間には間に合った。
 やはり、ブルク13にはバイクで行けないなぁ。

 ■「ボヘミアン・ラプソディ」

 これは、伝説のロックバンド“クイーン”のリード・ヴォーカル、フレディ・マーキュリーの生き様を描く音楽ドラマ。
 これは、IMAXで観たのだけど、正に圧巻としか言えない、望みうる最高の仕上がりを見せるクライマックスのライブ・エイドでの渾身の歌声で感動する為にも、これはIMAX必須とは言わないが、大スクリーン・大音量で観るべき。
 ほんと、これは正に心が震える、感動ものだ。
 これは「発声上映」したらウケるんじゃないかな……

 物語は、フレディ・マーキュリーの人生を描くものだけど、ゲイならではの苦悩が生生しく描かれていると思ったら……そうか、これ、ガチでゲイのブライアン・シンガーが監督だったか。
 ブライアン・シンガー、これは己の人生も投影しているのではないか?と思ってしまった。

11月10日

 ■土曜日は……

 ロドスタを初回点検に持って行った。
 基本点検+オイル交換だけど、簡易計測とは言え、アライメントもチェックするんだね……感心。

 その後、ブレザーと礼服を購入。
 割引活用だけど8万超え……うーん、 余り買わないけど、服屋に行くとついつい買い過ぎるなぁ。

 夕方、シネマジャックで、「生きてるだけで、愛」。
 これは、本谷有希子の同名小説を映画化したもの。

 躁鬱病で過眠症で引きこもり気味の寧子は、ゴシップ雑誌の編集部に勤める津奈木の部屋で同棲中。ある日、津奈木とヨリを戻したい元恋人の安堂が現れ、寧子を部屋から追い出そうとするが……

 これは……寧子を演じた趣里がスゴいね。(彼女、実は水谷豊の娘さんだそう)
 キャストも豪華……純文を映画にしたような内容だけど、その語り口と映像美で、ちゃんと「文学」してる印象だ。

11月 9日

 ■「GODZZILA 星を喰う者」

 これは、ゴジラ映画で初のアニメーション三部作完結編。

 ゴジラ・アースによりメカゴジラを構成していたナノメタルを焼き尽くされた人類に敗北感と虚無感が広がる中、エクシフらがその企みを実行に移す。彼らは、神と崇め、彼らの母星を破滅させた滅びの王を呼び寄せる。そして、金色の閃光を纏ったギドラが降臨し……

 まぁ、エクシフがX星人と判った時点でこうなるわな。
 しかし、主人公のハルオ、あそこまでブレまくり、揺れまくってる男が、
 「復讐の権化」
 としてギドラの依り代になるものかね……このストーリーにするなら、そうした男と最初っから描かなければならないのではないか?
 ラストはああなるか――まぁ、虚淵だからなぁ。

 しかし、ハルオと来たら据え膳出されて、一度目は突っぱねるものの、「据え膳食わぬは男の恥」と言う言葉を思い出したか、2杯目は喰っちまうあたりがお茶目。  

11月 8日

 ■最近……

 ……何だかやたらと眠くなる。
 
 先週は、遅くとも仕事を20時には切り上げ、21時過ぎには帰宅するようにしていたのだけど、ほとんど何も出来ず仕舞い。
 なので、最近、映画レビューもほとんど書けず、ホムペも更新出来ずで……困ったものだ。

11月 4日

 ■日曜日は……

 いつもの場所で、お披露目。 

 午後、横浜ブルク13で、映画3本。

 1本目は、「ヴェノム」。
 これは、スパイダーマンの宿敵であるヴィラン、ヴェノムの誕生を、トム・ハーディ主演で映画化したもの。

 敏腕記者エディ・ブロックは、人体実験で死者を出しているというライフ財団の真相を追う中、“シンビオート”と呼ばれる地球外生命体を発見し、寄生されてしまう……

 ヴェノムは“マーベル史上、最も残虐なキャラクター”とは言うものの、レイティングを配慮して描写は甘口。
 獲物は生きたまま食べないと受け付けない、と言うシンビオートの食事シーンが口を開けるまでで、流血シーンも皆無なのでは、「残虐」もクソもないと思うのだが。
 物語はどうにもお粗末だ。
 人間相手には無敵のヴェノムも、シンビオートの中では弱くてイジメられていた過去があり、その一方で、地球では意地悪な仲間もおらず、のびのび暮らせそうだから、その暮らしを守る為に戦う、と言う……邪悪と言うか、どちらかと言うとヘタレの理屈で戦うヒーロー……って言うか、コイツ、ヴィランだったか。
 
 「ヴェノム」の後、「十年」まで丁度2時間空いていたので、それを利用して「走れ!T高バスケット部」を観た。
 これは、実話を基にした松崎洋による同題小説を「覆面系ノイズ」の志尊淳主演で映画化した青春ドラマ。

 バスケットボールの強豪校に入学するも、いじめに遭い自主退学した陽一。失意のままT校に編入した彼が、連戦連敗の弱小バスケ部の仲間と出会い、共に全国大会を目指す事になって……

 この映画、観終わって既視感。
 あれ?……これさっき観たような??
 あ、この話、「ヴェノム」と同じなんだ!
 「ヴェノム」も「走れ!~」も、主人公は、強者の中でイジメられており、新天地で新たな仲間を得て、かつての仲間と戦う、と言う……
 ああ、「ヴェノム」は青春映画であったのだな。(爆)

 「十年」。
 これは、アジアを舞台に、10年後の社会、人間を描く国際共同プロジェクトの日本版で、「万引き家族」の是枝裕和が総合監修を務めたオムニバス映画。
 既に、各国で製作が進んでおり、香港版は、現地では中国中央政府により上映禁止になるなど、大きな問題となった。
 取り上げるテーマとしては、「老人福祉」、「管理社会」、「デジタルデータ」、「原発」、「戦争」と言うものだが、何れも踏み込みが浅く、インパクトも弱い。
 香港版のように、政府から釘を刺され、社会に一石を投じるようなものが作れない、と言うのが日本の限界か……
 でもまぁ、その中で原発問題を扱った「その空気は見えない」には力があったが――これは、そんな現場、いわきで撮られているからかもしれないな。

11月 3日

 ■横浜駅で……

 今日午後、映画を観に行こう、と横浜から電車に乗った際、ちょっとした騒ぎが。
 電車が発車する寸前、親子連れの父親が、白杖ついた視覚障害者をホームに突き飛ばしたのだ。
 その男性、何でそんな事をしたのか、と言う事を、連れていた子供に説明。
 「あいつはメクラだか何だか知らないが、列に割り込んだ。しかも、お前たちのような子供を杖で押しのけて乗ろうとした。
 障害など言い訳にはならない。メクラだろうと何だろうとルールは守らなければならない。メクラでも列が出来ているのは判るだろうし、子供がいるのも判るだろう。見れば判るじゃないか。
 いかなる時でも列に割り込もうとするのはけしからん。電車が来たからホームに突き飛ばしたが、電車が来なかったら線路に突き落としてやった。
 お前たちもルールは守らなければならん」
 だと。

 なかなか立派な考えをお持ちのようで……子供が杖で押しのけられたのに立腹したのは判る。
 だが、子供が社会的弱者だから優遇されるのと同様、障害者も弱者として優遇される、と言う観点が持てないようだ。
 しかも、視覚障害なのだから、列が出来ているのも子供がいるのも判らない、と言う事も想像すら出来ないか……

 これが、不寛容社会と言うヤツか……
 こうした“立派”な父親に育てられて子供たちも(他人が)如何なる時にもルールを逸脱する事を許さない、“立派な”大人になるのであろう。
 世の中、どんどんと窮屈になって行くよなぁ……

 ■「エンジェル、見えない恋人」

 これは、透明人間の少年と盲目の少女の恋を幻想的な映像美で綴るラブストーリー。

 心を病み、施設に入ったルイーズは男の子を生む。エンジェルと名付けられた彼は、姿が目に見えなかった。エンジェルは成長すると施設を抜け出し、盲目の少女マドレーヌと出会って……

 特色は、基本、透明人間のPVで撮られている事で……これはなかなか面白い工夫。
 透明人間が盲目の少女に恋をして、少女は盲目故に彼に普通に接しているのだけど。彼女が視力を取り戻した途端にホラーになる面白さ。
 見えないことで見えてくるもの、見えることで見えなくなるもの……と言う人の認知能力を問う物語もなかなかだし、悲恋に終わりそうな内容を、ハッピーエンドにするのも剛腕だ。

 ■「スマホを落としただけなのに」

 これは、「このミステリーがすごい!」大賞・隠し玉に選出された同題小説を「リング」シリーズの中田秀夫監督が映画化したもの。
 物語は、麻美が恋人である富田がスマホ落とした事から始まる。スマホは無事に戻って来たのだが、その日を境に、麻美の周囲では奇妙な出来事が起こり始め……

 この話、多くの人が持ち、その個人情報を詰め込んでいるスマホが他人の手に渡ったら……と言う、誰にでも起きかねない恐怖を題材にしたもので、描き様によっては、多くの人に共感と恐怖をもたらし、もっと面白く出来そうな内容なのだけど……これに連続殺人事件を絡めると言う展開、そして、主人公である麻美の過去と言うエピソードも上手く生かされてるとは言えず、後半のいささか説明不足な展開もあって、ちょっと残念な出来。
 原作は未読だけれど、少なくとも映画版としては、もう少しエピソードを整理し、ネット上の個人情報を他人に握られる恐怖に比重を置いた方がよかったように思う。
 あと、この手の映画のサイコパスな殺人者と言うと、目をひん剥いて高笑い、と言う安っぽい演技からいい加減脱却して欲しいものだ。

11月 2日

 ■金曜日は……

 今日は、会社を少し早めに上がり、映画2本。
 1本目は、「華氏 119」。
 これは、アポなし突撃取材でアメリカ社会に一石を投じ続けるマイケル・ムーアがトランプ大統領に切り込んだドキュメンタリー。

 マイケル・ムーアは、トランプ当選の予測を的中させた数少ない人物のひとりであり、その慧眼を以て、現代アメリカの問題点を描き出して行く。
 興味深いのは、この映画、決して宣伝で紹介されるような「トランプ批判」ではない。
 その立脚点としては、マイケル・ムーアの故郷でもあるミシガンの都市、フリントの水道政策に焦点を当てた、弱者を救済しようとしない、歪んだ格差社会が生んだ政治の腐敗。
 それは、弱者であり、かつ最大勢力である無党派層の意見が政治に反映されていない事が生み出した結果だ、と彼は言う。
 大統領選でトランプに投票したのは6300万人、ヒラリーに投票したのは6600万人。そして、棄権した人1億人――つまり、最も支持者が少ない者が大統領選で勝利した。
 これ自体、民主主義制度としては疑問が残るのだけど、そうして、少数に支持された人間が、その支持層向けの政策ばかりを行い、一般市民の望む政治が行われない、と言うのが問題だ、と指摘する。
 この行き着く先は、先制独裁制……一部人間の為だけの政治を行う独裁国家の誕生だ。
 ただ、さすがはアメリカと言うべきか、女性や若者、そうした無党派層に属する人たちが声を上げつつある、と言う事を紹介し、それを以て「希望」を描くのだが……振り返って我が国の状況を見るに、果たしてそんな動きが出来るのか、と空恐ろしくなったりもするのだった。

 2本目は、「ビブリア古書堂の事件手帖」。
 これは、三上延による同名ミステリーを、「幼な子われらに生まれ」の三島有紀子監督が実写映画化したもの。

 原作小説、普段はぼーっとしてるが、本の事になるとやたらと冴える栞子の推理を楽しむミステリーなのだが……この映画はその魅力を再現しているとは言い難い。
 確かに、黒木華はさすがの役作りで、栞子に存在感を持たせてはいるのだが……過去パートと現代パートのかみ合いがいささか悪く、何とも歯がゆい感じでテンポが悪い。
 また、クライマックスの真犯人判明、あれはかなり明白で栞子がそこに気づかないのが抜けているように思えてしまうし、クライマックスの追走劇は全く意味がない――倒れた本棚に潰された犯人を大輔が取り押さえれば、この事件、終了だったのに……
 しかも、逃げたと行っても行き先なく、警察に駆け込むでもなく、自ら袋小路に入り込んでしまうと言う間抜けな描写では白ける。
 この静かな物語にアクションシーンなど不要、と言う事くらい気づいて欲しかったものだが……

【過去の日記】

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月

2017年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2016年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2015年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2014年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2013年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2012年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2011年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2010年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2009年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2008年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2007年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2006年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2005年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2004年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2003年の日記

4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

更新日記


戻る