気まぐれ日記


 気まぐれなので、(きっと)毎日は書きません……


2017年の日記

9月 4日

 ■月曜は……

 22時過ぎまで仕事。
 帰宅途中、一瞬、排気温度警告灯が点き、その後、警告灯が点滅――やばい、ECU不調、来たか。 
 すぐにアクセルに対する反応が怪しくなり、道路脇にクルマを寄せると、もうアイドリング出来ない。この雨の中でROM交換かよっ、と思ったが、キーOFFにして、再始動でなんとか復帰。
 その後は無事に家に帰れたけど……うーん、このROMも交換しておいた方がいいかなぁ。

 それにしても、7月からの不調が解決しない……いい加減、嫌気が差しているのが正直な所。
 だって、昨日のは一般道だから、すぐ止めて処置出来たけど、専用道だったら、さすがに危ない。
 これはどうにかしないといけないなぁ。

9月 3日

 ■日曜は……

 今日も映画2本。
 1本目は、
 「二度めの夏、二度と会えない君」。
 これは、赤城大空の青春ライトノベルを映画化したものだけど……この映画の骨子となる、主人公のタイムスリップによる“二度目の夏”、これが全然効いてないのが勿体ないというか変というか……正に「策士、策に溺れる」の類いで、これは物語をいたずらに複雑にしただけだ、と思うなぁ。

 2本目は、 「ザ・ウォール」。
 これは、「オール・ユー・ニード・イズ・キル」のダグ・リーマン監督による戦場サバイバル・スリラー。
 砂漠の鮮場で、遮蔽物になる壁の裏に逃げ込んだ負傷兵と、それを狙う狙撃兵の物語で、場所も人数も限られた中、これをどう見せるか、という所に面白さがある。
 ただ、中盤でちょっとだれる感じがあるのが正直な所で、もう一工夫欲しかったような気も……
 ただ、終わりのない対テロ戦争を暗示する、ラストのドンデン返しといささかブラックなエンディングには唸らされた。

9月 2日

 ■土曜は……

 今日は、シネマジャック&ベティで、映画2本。
 まず、1本目は、
 「ハイジ アルプスの物語」。
 これは、ヨハンナ・スピリの児童文学「アルプスの少女ハイジ」を映画化したものだけど・・・これがまぁ、世界名作劇場のアニメ版そっくり。
 おんじの外観は正にそのまま、溶けたチーズを乗せたパン、干し草のベッド、ペーターの帽子・・・とアニメ版そのままの描写があるな、と思っていたら、監督のアラン・グスポーナー、子供の頃にアニメ版を観ているんだそうな。なるほど。

 2本目は、
 「幼な子われらに生まれ」。
 これは再婚した家族の物語で・・・それも、女性に振り回される男の話。
 まぁ、物事を「理屈」で理解しようとする男と、「気持ち」で決める女とは話がかみ合わないのも仕方ないのだけど。

8月31日

 ■8月に観た映画

 8月に観た映画は……

 「東京喰種
 「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章
 「トランスフォーマー/最後の騎士王
 「ビニー/信じる男
 「十年
 「スパイダーマン:ホームカミング」
 「スターシップ9
 「ブランカとギター弾き
 「ハイドリヒを撃て! 『ナチの野獣』暗殺作戦
 「ヒトラーへの285枚の葉書
 「ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。
 「エイミー、エイミー、エイミー! 〜こじらせシングルライフの抜け出し方」
 「ブレンダンとケルズの秘密」
 「少女ファニーと運命の旅」
 「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?
 「ダイバージェント FINAL」
 「ベイビー・ドライバー
 「ワンダーウーマン
 「ボブという名の猫 〜幸せのハイタッチ」
 「関ヶ原」
 「エル/ELLE」

 ……21本。
 今年は、大体1ヶ月21〜23本くらいに落ち着いているなぁ……

8月27日

 ■日曜は……

 今日は、午後から映画2本。

 1本目は「ボブという名の猫」。
 これは、薬物依存のストリートミュージシャンが1匹の猫と出会った所から始まる奇跡の実話を映画化したもの。
 薬物依存から抜け出し、人生をやり直すきっかけが守るべきものが出来たから、と言うのは理解し易いものだし、人が人らしく生きるために必要なのは何かを考えさせてくれる、よい物語だと思う。
 でも、本当の奇跡は、猫のボブだろう。
 ああやって、人の肩の上に乗って、じっと大人しくしていられる、人懐っこく、大人しい猫はまずいない。実際、映画でも、本物のボブがその多くのシーンを再現している、と言うのには納得だ。

 2本目は「関ヶ原」。
 これは、司馬遼太郎による同題小説を映画化したもので、日本最大の合戦、関ヶ原の戦いを、石田三成側の視点で描くもの。
 文庫本で3巻になる長編を2時間強で描くのはさすがに厳しく、台詞の多くは「シン・ゴジラ」並の早口でまくし立てられ、しかも、それが現代語ではないので、ちょっと気を抜くと聞き落としそうになってしまう、と言うのは如何なものか。
 また、邦画としては大規模ながら、両軍合わせて15万の大軍が激突する合戦を再現し切れず、小規模の遭遇戦の連続のようにしか描けなかった事、そして、その戦いの推移が台詞で説明されないと判らない、と言うのも残念に思えた部分。
 義を貫く事に美を感じる三成と、なりふり構わず天下を獲ろう、とする家康、と言う構図は、かつては新鮮だったのだけど、「真田丸」で1年がかりで描かれてしまった後ではいささか新鮮味のない設定になってしまったのが惜しい。
 また、その三成と家康の対比を、配下の伊賀者の女忍者の扱いで描き分ける、と言うのもちょっと安易だったか、と思った。

8月26日

 ■土曜は……

 夕べ、大阪から帰って来て、早めに寝てしまったので、今朝は5時に目が覚めてしまう……休日だと言うのにこれだからなぁ、年取るってのはこんな所でも実感するな……

 さて、そんな訳で午前中はホムペの更新をし、その後、水槽の水替え。
 更に、レッツノートのバッテリー補正もやっておこう……

 午後は納税証明書を準備し、CBを車検に出しに行く。
 あ、その前にちょっと走ってみるか……と、走り出す。
 CBは全く問題なし、気持ちよく走るのだが……よろしくないのは自分の身体の方だ。
 暫く前から手に違和感があり、診察して貰った所、変形性の関節炎らしい。小指に力が入らず、ブレーキレバーに指をかけるとアクセル操作がし辛い右も問題だが、左も問題。グローブをつけると余計問題が顕著になり、小指と薬指が重ならないよう握り込むと小指の関節に痛みが走る。
 ……ほんと、今の所、問題なのはバイクに乗る時だけなんだが、これ以上、酷くならないといいなぁ。なにしろ、変形性関節炎だとすると、これは年齢的な問題で治しようがない、と言うのが現実なので……
 実際、これ以上酷くなるようだと、バイクに乗ること自体を考えなければいけないだろうなぁ……

 30分ほどバイクを走らせた後で、バイク屋に行き、車検を依頼。
 今回は、いつものエンジンオイル・ブレーキフルードの交換に加え、バッテリーも交換して貰おう。前回交換から3年経っているし、この間は始動出来なかったし、そろそろ潮時だろう。
 バイクを預けて家に帰り、その後、あらためて電車で出かける。
 (雨降りそうだったし……)
 その後、桜木町で映画「ワンダーウーマン」。

 ■「ワンダーウーマン

 これは、DCコミックスのスーパーヒーローの中で、スーパーマン、バットマンと並び立つ存在で、ジャスティス・リーグでも中核メンバーとなる女戦士・ワンダーウーマンを描くアクション映画。
 この映画、最近のDCコミックスの実写化作品の中では上々の出来。本国での大ヒットにも納得だ。
 秋公開の「ジャスティス・リーグ」も楽しみ。

8月23日

 ■水曜は……

 休み明け、やはり夏バテが来ているのか、月曜、火曜共、家に帰ると何も出来ない。
 夏休み中の日記も、途中までしか書いてない、映画レビューも途切れたし、ホムペも更新してない……あれこれ気になるけど……

 てな訳で、今日は早めに仕事を上がり、19:30からの「フェリシーと夢のトゥシューズ」を観よう、と思ったのだが……夏休み中、と言う事で夕刻、妙に混雑している。クルマが全然進まず、結局、港北までたどり着けずに時間切れ、そのままずごすごと家に帰る事に。
 で、せっかく早く帰ったと言うのに、どっと疲れが出て、結局、何も出来ず仕舞い。
 やれやれ……

8月21日

 ■月曜は……

 夏休み明けの本日、朝の通勤時、クルマがまたまた調子悪くなり、途中でクルマ停めてECUのROM交換する羽目となった。
 まぁ、このROM、車載してあった予備で、バージョンも不明。
 交換後から、エアコンON時にストールし易いなど、問題ありのシロモノで……まぁ、これは本来、連休中に交換しておくべきだったし、今日も朝エンジン始動時にエンジン警告灯が点いて、アイドル不安定になるなど、予兆は有った。
 何で先手打っておかなかったかなぁ……

 今回は、内容の判っている新しめのROMに交換したので、これでたぶん大丈夫だろう。

 ■連休中の映画

 今年の夏休みは、毎年恒例の福島に行ったくらいで、あとは映画三昧。
 そんなんで、連休中に観た映画は、
 「スパイダーマン:ホ−ムカミング」
 「スターシップ9」
 「ブランカとギター弾き」
 「ハイドリヒを撃て!」
 「ヒトラーへの285枚の葉書」
 「ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど」
 「エイミー!エイミー!エイミー!」
 「ブレンダンとケルズの秘密」
 「少女ファニーと運命の旅」
 「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」
 「ダイバージェント:FINAL」
 「ベイビー・ドライバー」
 となった。

 「海底47m」
 は観られなかったし、アマゾン・プライムでの名作鑑賞も出来なかった。
 振り返ると、連休中、何をやっていたのやら、だなぁ……

 「フェリシーと夢のトゥシューズ」
 は字幕版の時間が合わず、今週水曜、観るつもり。  
 その後は、金曜に、
 「ワンダー・ウーマン」
 その後、
 「関ケ原」
 「エル」
 は観るけど、残りが難しい選択だなぁ。
 「ハイジ」
 「幼な子、我らに生まれ」
 「ボブと言う名の猫」
 の3本は気になるのだけど、どうするかねぇ……

8月20日

 ■夏休み9日目

 夏休み9日目、日曜。
 今日はすっかりいつもの日曜と同じ。

 午前中のんびり、午後は映画を観に行く。
 映画は「ベイビー・ドライバー」。「ホット・ファズ」のエドガー・ライト監督のハリウッド進出第一弾となる映画。
 これ、「カーアクション版の『ラ・ラ・ランド』」とも言われるように、ミュージカル仕立てのアクション。
 しかも、ミュージカルと言っても歌って踊る訳ではなく、音楽に合わせて振り付けられているのはカーアクションで、ビートを刻むのは銃弾だ。
 ’70年代のアクション映画に影響を受けた、と言うエドガー・ライトの演出は古典的で、きちんとカット割して見せるものは見せ、観客の動体視力を試すような真似はしていない。でも、音楽に乗せて、それらを見せると言うのは新鮮。
 カーアクションも凄いのだが、青春もの、恋愛ものとしてもよい出来で、クライムサスペンスとしても最後まで緊張の糸を緩めずに突っ走る。
 これは傑作、この夏、ここまで一番の映画だろう。
 ……でも、今時、カーアクションは流行らないのか、神奈川県でわずか1スクリーンの上映なんだよね、これが……

 さて、明日から仕事だ。

8月19日

 ■夏休み8日目

 
 夏休み8日目の土曜。
 ほぼ、通常運行かな。

 午前中に通院してから水槽の水替えを済ませ、午後は映画の予定。
 横浜ニューテアトルで「海底47m」、その後、「ダイバージェント:FINAL」を観るつもりだったのだが……ニューテアトル、今日から上映スケジュールが変わってる!「ダイバージェント」と重なる時間しかやってないぞ。一方、「ダイバージェント」は昨日、チケット予約入れてしまったので、これも変更出来ず、結局、「海底47m」は断念。

 「ダイバージェント:FINAL」は、ヴェロニカ・ロスのヤングアダルトSFをシャイリーン・ウッドリー主演で映画化したもの。
 正直、あまり出来のよくないシリーズで、それでも2作観てしまっているので、完結編につき合うか、と思って見始めたのだが……支配者を倒したら新たな支配者が現れ、そこから逃げ出して壁を越えたら、更に上の存在が……とどんどん広げた風呂敷をどう畳むのか、と思ったら、畳めてない!
 原題を見ると「ALLEGIANT」となっていて……やられた、これも今年の「パイレーツ・オブ・カリビアン」と同様の、”終わる終わる詐欺”かっ!

8月18日

 ■夏休み7日目

 今日は、映画「フェリシーと夢のトゥシューズ」を観る予定だったのだけど、この映画、上映館数も少なければ、字幕版が限られていて、どうにもよろくない、な。
 そこで予定を組み直し、今日は、評判のいい、
 「少女ファニーと運命の旅」
 をジャック&ベティで観た後で、本日公開の、
 「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」
 を観る事にした。
 映画を観に行く前に昨日届いたハンドスピナーで遊ぶ。

 回転させてみるが、方向によっては異音がしてすぐに止まってしまう……何でだろうな?
 何処か当たっているんだな、とあれこれ調整しているに滑らかに回るようになった。
 回しながら手を動かすと、ジャイロモーメントによる抵抗を感じる……なるほど、これはちょっと面白いな。
 「少女ファニーと運命の旅」は、最近実に多い、実話もの&ナチスもの。
 第二次大戦中のフランスで、ナチスに追われるユダヤ人の子供たちがスイスへ逃亡する、と言う物語。
 出来すぎの話のようにも思えるけど、これが実話だから仕方ないのか……ただ、途中、警察に捕まってから解放されるくだりの流れがよく判らず「あれ?」となってしまったのは残念。
 
 「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」は、岩井俊二が自らの原作をTVドラマ化した1993年の作品を長編アニメ化したもの。
 原作ドラマ(45分)をほぼ倍に膨らませ、アニメならではの自由なイマジネーションの具現化にて美しい作品に仕上げた映画だけど、これがどうにもすっきりしない――物語的にも、映像的にも。
 原作では小学生だった主人公を中学生にしたのも有意義であったのは思えないし、映画タイトツにある“横から”見た時に平たい花火って……ああいう方向に平たいものじゃないと思うんだが。
 本作の川村元気プロデューサーは、昨年、「すれ違い」の作家である新海誠に、出会い、と言うハッピーエンドを描かせる、と言う“奇跡”によって大ヒットを生みましたが、本作では、そんな奇跡を生む事が出来なかったように思う。

8月17日

 ■夏休み6日目

 夏休み6日目、今日は毎年恒例の福島へ。
 昨年、帰路へろへろになって危ない思いをしたせいもあり、今年は友人にクルマを出して貰って、運転も頼む事にした。
 出発は、あれこれあって少し遅くなり、概ね8時。
 コースはいつものように常磐道経由で福島へ、だ。

 天気はいまいち。今日も曇天で、雲が低い。スカイツリーもほぼ雲中だった。
 今年の8月の日照時間は東京で32時間しかない。福島だとこれが9時間だと言う。
 まぁ、天気は期待出来ないな、と思っていたのだけど、北上するにつれて徐々に明るくなり、茨城辺りでそろそろ青空が見えていて……今日は正解だったな。

  今年は、常磐道で南相馬まで走り、そこから国道6号を南下して小名浜港に向かうコースとした。
 南相馬から、徐々にフクイチに近づき、帰還困難地域に入ると、震災後、初めて福島を訪れると言う友人が言葉を失う……まぁ、そりゃそうだ。
 今年もまた、ここに来た訳だけど・・・これを、この現実を風化させてはならないのだ、とあらためて思う。
 でもって、小名浜港、アクアマリンふくしま。
 まずは駐車場にクルマを停め、それから食事をしに、いわきららミュウに歩いて行く。
 (今年はららミュウ、結構空いていて駐車場にもすんなり入れそうだったが)

 昼食は、漁師定食。
 ……海鮮丼が定番だけど、ここではこれが一番食べでがある。


 その後、土産物を物色したり、カジキメンチを食べたりして、それからアクアマリンふくしまへ。
 既に時間は15時過ぎ、これは回りきれないかな?
 入場したら、丁度、カワウソへの給餌タイムだった。
 カワウソはなかなか姿を見せないので、給餌タイムはじっくり観られる貴重な機会。
 更に、この日は対馬で38年ぶりに、日本国内でカワウソの姿が確認された事が発表される、となかなかタイムリーな話題も紹介された。
 
 福島と言えば、やはりメヒカリだろう。

 この日は閉館ぎりぎりの17:30まで粘り、それでも最後はちょいと急いで回った感じで……やはり、もっとゆっくりするには朝早く出ないとならんか。


 この日の帰りは、道路は渋滞などなく、スムーズだったのだけど、運転してくれた友人が、昨日、実家から戻ったばっかりで昨日も数百kmを走っていたせいか、途中で眠くなったりで休み休み戻ったので、横浜に戻ったのは21時だった。
 その後、ハングリータイガーで夕食。

 帰宅したら、アマゾンで買ったハンドスピナーが届いていた。
 さっそくいじくり回しているうちに眠くなり、ダウン。
 

8月16日

 ■夏休み5日目

 夏休み5日目は、映画三昧。

 まず1本目「ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。」。
 これは、Facebookで出会い、結婚した日本人男性と台湾人女性のエピソードを映画化したもの。
 これは実話ベースのラブコメなのだけど、この物語、何のヒネリも加えず、大きな脚色もせず、実話そのままを描いているようで、ドラマの大きな盛り上がりがない。ホント、これでよく映画になったよなぁ……

 2本目「エイミー、エイミー、エイミー!」
 これは、アメリカで著名なコメディエンヌのエイミー・シューマー脚本・主演のロマンチック・コメディ。
 女優、ジェニファー・ローレンスと仲がよい、と言うエイミー・シューマー、ジェニファーに似たタイプで……要するに、アメリカの田舎の“イモねぇちゃんだ。
 そんな彼女によるロマコメ、欧米のこの手のものにありがちな、直接的で下品・・・つまり、下ネタばっかり。
 まぁ、それでもなかなか面白くはあるけれど……映画としては、微妙。

 3本目は「ブレンダンとケルズの秘密」。
 これは、昨年「ソング・オブ・ザ・シー」で注目されたトム・ムーア監督の、2009年に公開された長編デビュー作。
 アイルランドの国宝で、世界で最も美しい本と称される「ケルズの書」をモチーフに、聖なる書を完成させようとする少年修道士ブレンダンと妖精の少女アシュリンの冒険を映し出すもの。
 宮崎アニメ……と言うより往年の東映アニメの影響を受けてはいるものの、基本、よく出来た絵本を動かしているような作風は、このデビュー作で完成していたんだなぁ、と。
 丁寧に作られた美しいアニメだけど、物語のテーマ的に、日本ではちょっと難しいかな、これは……

8月15日

 ■夏休み4日目

 夏休み4日目だが……今日も雨か。

 午前中は、部屋でぽちぽちホムペの更新。

 午後は映画を観に行く。
 黄金町のシネマジャック&ベティだが……今日は無茶苦茶混んでる。
 お目当ての「ハイドリヒを撃て!」は、ほぼ満席、結局、椅子に座れず、座椅子と言うか子供用の椅子のような補助席に座っての観賞となった。
 
 その「ハイドリヒを撃て!」は、ナチス・ドイツでユダヤ人絶滅計画を立案し、その冷酷さから“金髪の野獣”と称されたナチス親衛隊高官、ラインハルト・ハイドリヒの暗殺計画を史実を元に描くもの。
 この映画、さすがはイギリス映画と言うべきか、暗殺計画を“作戦”に留めず、戦略、そして政治に絡めて描いているのが印象的だった。

 次いで、もう1本は「ヒトラーへの285枚の葉書」。
 これは、ドイツ人作家ハンス・ファラダがゲシュタボの文書記録から発掘したエピソードを元に執筆した小説「ベルリンに一人死す」を映画化したもの。
 ナチス・ドイツ政権に孤独な戦いを挑んだある夫婦の物語だ。 この映画、地味ながらも実力あるキャストが揃い、その演技は見応えあり。
 残念だったのは、主要キャストがイギリス人で台詞が全編英語である事。夫婦の戦いが、「言葉」であっただけに、この物語は本来のドイツ語で語って欲しかった。

 帰宅後、今日もNHKの終戦特集でインパール戦の悲劇を見る。
 それにしても、「お友達感覚」と「忖度」で、ここまで状況を悪化させるとは……そして、現在でも似たような事が起きているのを見る時、これは日本人の作る組織の抱える持病のようなものか、と思ってしまった。

 ■終戦の日

  今日は72回目の終戦の日。
 戦災犠牲者に追悼の意を表するニュースの中、「『似た空気』に危機感」と言う、当時を振り返る記事があった。
 このネット記事についたコメントが結構凄い事になっていた。
 「全然似てない、勝手なこと言うな」に始まり、「耄碌ジジイ」と罵り、戦争の記憶を語るのは「聞き飽きたし、呆れた」と言い、挙げ句は対象記事を在日朝鮮人によるねつ造だと決めつける……終戦の日に、こんな書き込みが溢れ、それに「イイネ!」が大量につく、これが日本の現状か……
 やはり、そろそろ戦争がしたくなって来たのかな、この国は……人間の本性からしても、70年以上も戦争をしていないと耐えられなくなる、と言う事か。
 こうした書き込みをする人々が社会の中心になる頃には8月15日は「屈辱の日」となり、、「鬼畜米英に報復を!」と叫び、「中韓討つべし」と言う主張がなされるのになるではないか、とちょっと不安。

8月14日

 ■夏休み3日目

 夏休み3日目、いつものように起き出し、8時過ぎから持ち帰っている会社PC取り出して、仕事を始める。
 まぁ、関係仕事先が普通に仕事しているんだものなぁ……とりあえず、幾つか用件をすませ、電話をし、気になっていた所は一段落つけた。

 昼食後、銀座へ出かける。 が、勿論、目的は映画だ。
 今日の映画は「ブランカとギター弾き」。
 舞台はフィリピン、出演者はみなフィリピン人で、劇場で足を止める人も、
 「フィリピン映画?」
 と訝るのだが、監督は日本人、でも、これはイタリア映画なのだ! ……これが“国際化”と言うものか。

 チケットを押さえ、時間があったので、あたりをぶらぶら……でも、この天気だものなぁ。銀ブラと言うほど粋なもんじゃない。

 映画「ブランカとギター弾き」は、物語としては過酷とも言えるスラム街の生活をリアルに捉える割にはファンタジックとさえ言えるもの。ラストシーン、大事なものを得たブランカの表情には涙した。

 帰宅後、NHKスペシャルの終戦特集番組。
 今日は、映画「氷雪の門」でも描かれた、真岡の悲劇を含む樺太の戦いのエピソード。

8月13日

 ■夏休み2日目

 夏休み2日目の日曜。
 今日は天気もいいし、修理から帰って来たクルマは綺麗になっているし、その調子もみたいし、で、午前中にちょいとクルマを走らせよう、と。
 と、言う訳で久々に首都高へ。
 夏休み中なので、行楽のクルマがちょっと多いかな……横羽から、ちょいと湾岸、レインボーブリッジ通ってC1に向かういつものコースだけど、途中警察車両もいたりして、なかなか思うように走れない。

 写真はいつものPAだけど、今日は誰とも会えず……

 帰りは、あまり考えずに湾岸で帰ろうとして、アクラライン行きへの渋滞にはまる……しまった、三京で帰るべきだったか……
 結局、渋滞抜けるのに1時間近くを要した。 (その後はスムーズだったが)
 自宅に一旦戻ってクルマを駐め、昼は横浜でローストビーフ丼……特盛りにしたんだけどね、案外あっさり。
 午後は映画を観に渋谷へ。

 ヒューマントラストシネマ渋谷で、「スペースシップ9」を観るつもりだが、これが思わぬ大人気だった。
 上映開始の1時間以上前に劇場についたのだけど、その時点で既に残席2つか3つと言う有様……なんだこれ、単館系、しかも公開から1週間以上経ってコレか!
 (まぁ、関東圏でここだけ、しかも1日2回上映じゃ仕方ないかも、だが)

 映画を観るまで時間があったので、渋谷の街中を散策。
 写真は東京電力の原子力科学館……東日本震災後閉鎖され、今やシダックスか。

 今日の都心はさすがに暑く、歩き回っているうちに汗びっしょり。
 喉も渇くが、この状態だと塩分も欲しい……ので、おやつ代わりに日高屋に行ってしまった。おやつにラーメン……さすがに食べ過ぎかなぁ?
 映画、「スターシップ9」は、スペイン発のSF映画。
 この映画、ハリウッドに比べ、はるかに低予算な映画だけど、これがなかなか本格派。
 恒星間宇宙船の中、美女とエンジニアの2人っきり、と言うシチュエイションから、「パッセンジャー」を連想したりもするけれど、SFとしては勿論、映画としての面白さもこちらの方が上ではないか、と思える程。
 ヒロインのエレナを演じるクララ・ラゴは、いかにもスペイン美女らしいエキゾチックな美貌と健康的なプロポーションが魅力的で、眼福であった。

 映画の後、東急東横で帰宅。

 ■夏休みの映画

 今年の夏休みの映画鑑賞予定は……

 金曜日、仕事の後で、
 「スパイダーマン:ホームカミング」
 を観て、今日は
 「スターシップ9」
 を渋谷のヒューマントラストで観た。
 明日は、夕方、
 「ブランカとギター弾き」
 をシネスイッチ銀座に観に行こう、と思う。

 終戦の日の15日は、
 「ハイドリヒを撃て!」
 「ヒトラーへの285枚の葉書」
 と言う戦争中の物語をジャック&ベティで。
 水曜は、
 「ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど」
 「エイミー!エイミー!エイミー!」
 「ブレンダンとケルズの秘密」
 の3本。これもジャック&ベティ。
 
 木曜は、今年も恒例、福島・いわきへ出かける予定だ。
 なので、
 「フェリシーと夢のトゥシューズ」
 は金曜日だな。
 
 新作が公開される土曜は、その中から
 「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」
 を観て、日曜に、
 「ダイバージェント:FINAL」
 これで、夏休み終わり。

 ……結局、映画しかない。(爆)

8月12日

 ■夏休み1日目

 夏休み1日目の土曜。
 昨日、映画「スパイダーマン:ホームカミング」観て帰宅後、エアコンつけっぱなしで寝てしまったせいで、喉が痛い……
 そんなんで、8時近くに起きてからもぐうたら。
 それでも、午前中、水槽の水替えをした後、PCのキーボードの掃除に取りかかる。
 キーを全部外して、洗剤溶かした水でガラガラを洗い、キーボード本体は埃を払って水拭きした。

 午後は、先日修理に出していたクルマを引き取りに行き、帰宅後にはちょっと作業。その後、部屋に戻ってキーボードを復元した……やはり、綺麗になると気分がよい。
 その後は部屋でぐだぐだ。

 明日は、天気がよければちょっとクルマを走らせようか……
 

8月 6日

 ■日曜は……

 今日は、久しぶりにバイク2台に乗ってやろう、と。

 そこでまずは、CB750を引っ張り出したのだけど……久々なので、エンジンがかからない。幾度もトライしているうちにバッテリーが弱って来て、こりゃダメだな、と。
 で、バイク屋までバイクを押して行き、エンジンをかけて貰う。
 これで様子見し、だめなら、8月が定期点検時期なのでそれに合わせてバッテリー交換だ。
 始動後、充電の為、回転を上げる必要がある。そこで、首都高に上がり、エンジンを回し気味にして走る。
 
 しかし……先日から気になっている、手指の変形性関節炎、右の小指は変形して伸びきらず、力も入らないのだけど、そのせいで右手が思うように握れず、アクセル操作が……こんな状態が続くようだとバイクももう乗れないなぁ。
 (変形性関節炎は治る病気ではない) 
 燃料が減って来た所で、給油のため高速を降り、GSに行ってから、近所のホームセンターで買い物。
 40cm水槽に入れるミナミヌマエビと水草のマツモを購入。
 そして帰宅し、水合わせの時間を利用して、昼食。
 水合わせをしてから水槽にミナミヌマエビをリリース。
 それから映画を観に行く。

 ■「トランスフォーマー 最後の騎士王

 今日の映画は、「トランスフォーマー」の新作。 
 この映画、物語としては、前作「ロストエイジ」に続くもので、数千年に及ぶトランスフォーマーと人類の歴史が明かされると言う、シリーズ最終章3部作の第一弾と位置づけられるらしい。
 それにしても、このシリーズ、コンテンツとしてはもう“終わってる”感があるのに、この後に、まだ2作もあるとは……「パイレーツ・オブ・カリビアン」も全く同じ状況にはあるのだけど、こうも続くとさすがにげんなり、だなぁ。
 
 帰宅後、クルマでの作業用に、と買った手回し式発電機付きライトの充電を始めるが、これがスイッチの具合が悪く、スイッチOFFが出来ない。
 当たりが悪そうなので、分解してバリ取りをし、何とか機能させようとするが……そのうちに配線が切れ、動かなくなってしまった。
 まぁ、ハンダ付け修理すれば直りそうだったが、そこまで手を掛ける気力もわかず、そのままゴミ箱行き。
 安物買いの銭失いの典型だなぁ。

8月 5日

 ■土曜は……

 午前中に通院、その後、先日、点灯しなくなっていた40cm水槽の照明を、この機会にLED照明に入れ替える。
 照明は期待以上に明るく、しかも省電力、と文句なしだったのだが……先日、40cm水槽に導入したミナミヌマエビ2匹が、ショック死してしまう……ううむ、繊細なものだなぁ。

 午後、先日運転時にHICAS警告灯が点灯したクルマをディーラーに持って行き、点検と修理対応を依頼。
 HICASランプが点いたので、オイル漏れではないか、と伝えて確認して貰ったのだが……点検の結果、漏れは検出されず(勿論、古いクルマなので多少のオイル滲みはあったのだが)、警告灯点灯の原因はなんとACG。
 正常ならば2000rpmで13.5V前後を示すはずの発生電圧が12.5V程度までしか上がらず、エンジン回転数がアイドル規定回転数よりも下がると12Vを割り込んで警告灯が点いた、と言うことらしい。
 うーむ、ACGか・・・先日のアイドル不調の時もそうだったが、トラブル発生時の要因をこうも見誤るとは……情けないやら、恥ずかしいやら。
 とりあえず、ACGを交換する事になり、今日の所は部品発注と、作業予約を入れ、クルマを預けて帰る事にした。
 
 その後、久々に知覚のオートバックスなどに行ってみて、大分様相を変えた店内に少々感心をし、ちょいとした買い物をした後で映画を観る為に川崎に移動。

 ■「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章

  今日の映画は「ジョジョの奇妙な冒険」の実写版映画版。
 まぁ、これ、コミックの“実写化”映画としては水準以上にはあるけれど、難しいのは2作目以降だろうな……2作目も、本作と同様の気合いと体制で臨めば、がっかりするようなものにはならないだろうけど、それも、本作が原作ファンに受け入れられるかどうかだろうなぁ。

8月 3日

 ■HICAS

 本日、クルマで帰宅途中、HICAS警告灯がちらちら点灯。
 ――何だ?と思っていると、段々、頻度が高くなる。
 状況としては、ライトON、エアコンON、それでブレーキ踏むと着く。サイド引いて、ブレーキリリースすると消える。
 ラジオの音量を下げると、点灯時にはエンジンルームから異音が聞こえる。
 何だろう?……ベルト切れの感じとも違うような??

 帰宅後、確認。
 ベルトには異常なし……そうすると、油量か?P/Sオイルタンクのオイルレベルを確認するとタンクに殆ど入っていないような……やれやれ、油漏れか。
 こりゃ、油漏れ部位の特定と修理が必要、週末、入院だなぁ……やれやれ

7月31日

 ■7月に観た映画

 7月に観た映画は……

 「リヴォルト」
 「ディストピア 〜パンドラの少女」
 「忍びの国」
 「パイレーツ・オブ・カリビアン 〜最後の海賊」
 「ジョン・ウィック:チャプター2」
 「ライフ」
 「メアリと魔女の花」
 「銀魂」
 「ありがとう、トニ・エルドマン」
 「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」
 「彼女の人生は間違いじゃない」
 「ノーゲーム・ノーライフ ゼロ」
 「カーズ/クロスロード」
 「最後のブルース・リー ドラゴンへの道」
 「心が叫びたがってるんだ」
 「パワーレンジャー」
 「怪盗グルーのミニオン大脱走」
 「ウィッチ」
 「世界は今日から君のもの」
 「君の膵臓をたべたい」
 「ザ・マミー/呪われた砂漠の女王」
 「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」

 22本か。
 少ないな、と言うより、今年は大体、月22〜23本、と言う本数に落ち着いてるなぁ。
 そんなんで、今年、ここまでで151本と昨年より20本以上少ないペースなのだった。

7月30日

 ■日曜は……

 日曜は、午前中のんびり、午後は「ザ・マミー」をららぽーと横浜に観に行く。
 最初は電車で行こう、と思っていたのだけど、家を出かけた所で気が変わり、調子診がてらクルマで行こう、と思い直す。
 時間には余裕を見たつもりだったが……ららぽーと横浜まで25分、しかし、ららぽーとまで残り500m、駐車場にクルマを入れるまでに30分かかり……途中で「もうダメか」と絶望的になったけど、既に開場、予告編上映中の劇場にぎりぎりのタイミングで駆け込む。やれやれ。

 映画の方は、これは「ミイラ再生」のリメイク……なんだけど、今回はミイラを女性とするなど大幅改変。
 ユニバーサル映画の「ダーク・ユニバース」第一作として、トム・クルーズを主演に招いて作られた。
 ただ、以外と小さな話だったかな?
 最後の決着もちょっと呆気ない印象だった。
 トム・クルーズは、今回、決してヒーローではない役柄だけど、でもまぁ、いつものトム・クルーズ。
 悪の女王、アマネット役はソフィア・ブテラで、アルジェリア人の彼女は、エジプトの女王を演じるのに違和感はないのだけど……ちょっと気の毒なのは、彼女、これまでの映画で、大抵、特殊メイクか画像処理をされていて、素顔や全身を見せた事がほとんどない、と言うのもどうしたもんだか。

7月29日

 ■土曜は……

 今日は、長野方面へのツーリングに誘われていたのだけど、最近、手指の関節炎でグリップを握る手に力が入らない。特に長距離だと辛いので、ツーリングは暫く遠慮したい、と。
 それでも、クルマで集合場所に顔だけ出すつもりでいたのだけど……朝、クルマのエンジンをかけたら、またしてもアイドルしない。
 あれこれ試行錯誤の結果、予備のROMに交換して、とりあえず症状は治まった。
 しかし、これで出かける気は喪失、とりあえず、近所を走って様子を見た後で、ツーリングの方は行けない、と連絡。午前中はクルマをチェックした後で、水槽の水替え。

 午後、映画を観に行く。映画は、
 「君の膵臓をたべたい」。
 これは、住野よるの同名ベストセラー小説を映画化したもの。
 この映画、難病+恋愛、それを回想形式で語る、と言う形式から、なんだか「世界の中心で愛をさけぶ」のようだなぁ、と思ってしまった。
 ヒロインの浜辺美波は、予告編では微妙な感じだったけど、映画通してみると魅力的。
 難病ものだけど、闘病を最後まで描かず、唐突に打ち切る工夫はちょっとあざとい感もある……確かに、感動させられる話ではあるけれど。

7月28日

 ■「世界は今日から君のもの」

 本日、仕事の後で観賞。
 これは、門脇麦演じる引きこもり女性を演じた映画で、門脇麦のコミュ障演技が絶妙。そんな、世界に居場所なく感じ、下を向いていた女の子が顔を上げて歩けるようになるだけの映画だけど、これはなかなかよかった。

7月20日

 ■水曜は……

 昨日の水曜は、仕事で市ヶ谷外出。
 その帰りに、ブルク13で「カーズ/クロスロード」。
 この映画、奥田民生の歌う予告編や、クラッシュシーンを描くポスターからも、これはもうお子様向けではない、と言う雰囲気を出しまくっていて、これは、と期待していたのだけど、確かに悪くはない、決して悪い出来じゃないのだけど、この映画には、クロスロードの名に相応しい、中年男の心を震わせる人生の岐路を描いて欲しかった……ピクサーにはそれが出来ると思えるだけに、ちょっと残念。

 帰宅後、レビューを書いたものの、アップロードするまで至らず、椅子に座ったまま、エアコンもかけたままで寝落ちして、気づいたら4時……うう、喉が痛い。

 ■本日は命日です

 今日、7月20日は、永遠のアクションスター、ブルース・リーの命日。
 と言う事で、友人に誘われ、新宿ピカデリーで特別公開される「ドラゴンへの道」を観て来た。
 この映画、ブルース・リー自身が監督を務めた初の映画で、しかも、彼の肉体コンディションも最高レベルにあり、もっともブルース・リーらしさの出ている映画ではないだろうか?
 彼の命日の日の特別上映で観た本作、その早過ぎる死をあらためて惜しい、と感じた。

7月16日

 ■週末は……

 金曜夜に、
 「銀魂」 。
 これは、空知英秋の人気コミックを実写化したもの。
 原作コミックは未読だけれど、なるほど、これは面白い。
 盛り沢山のギャグで笑わせ、パロディはもうギリギリのレベルで・・・これをよくもまぁ米映画メジャーの製作でやったもの。
 劇場内でこれだけ笑いが起きる映画も久しぶりだな。

 土曜日は午前中に病院に行き、午後から映画3本。
 1本目、「ありがとう、トニ・エルドマン」は、ドイツのコミカルなヒューマンドラマ。
 キャリアウーマンとして消耗している娘を心配する父親の物語なのだけど、このイタズラ好きの父親の行動がとんでもなく――まぁ、笑いをとるシーンなのだろうけど、ここは、ドイツ人との感性の差なのか、あまり笑えるようには思えなかった。
 ただ、途中、父が娘に歌わせた「Greatest Love of All」は、正に、彼女が抱える問題を自ら見つめさせる、と言う部分で効果的。これには思わず涙してしまいそうになった。
 その後、娘はパーティー準備中にブチ切れ、自分が何をやっていたのかに気づいて、とんでもない行動に走るのだが……なるほど、この父にしてこの娘あり、だな。 

 2本目は、「夜空はいつでも最高密度の青色だ」。
 これは、最果タヒの同名詩集を原作に「舟を編む」の石井裕也監督が映画化したもの。
 ヒロインの新人、石橋静河の知名度がなく、詩の映画化、と言う馴染みにくさもあって注目していなかったのだけど、これは出演者がかなり豪華。
 最果タヒの詩のイメージを元に、荒涼とした心象風景を生きる、生き詰まった若者たちを描く青春群像……と言うか恋愛映画になっている。
 池松壮亮の巧さは勿論だが、本作のヒロイン・石橋静河の存在感は新人らしからぬものがあるな、と思って調べて見たら、父親が石橋凌で母親が原田美枝子だって?こりゃ、サラブレッドじゃないか!

 3本目、「彼女の人生は間違いじゃない」。
 これは、廣木隆一監督が、震災から5年後の故郷・福島を舞台にした自身の処女小説を映画化したもの。
 ヒロインのみゆきは、いわき市の市役所で働きながら週末は渋谷のデリヘルでバイトをしている、と言う設定。
 これも、みゆき演じる瀧内公美にあまり馴染みがなく、単館系の小品か、と思っていたのですが、それ以外のキャストが何れも主役級で……映画を観て納得したのは、これだけの脱ぎっぷりと濡れ場度胸。なるほど、これが出来る女優、って事だったのか、と。

 この「夜空はいつでも最高密度の青色だ」と「彼女の人生は間違いじゃない」、2本に共通しているのは、当たり前の事を当たり前にやろう、と言う事。
 朝起きたら、おはようと言おう、食事をする前にはいただきます、と言おう……先の見えない時代だからこそ、こうした日常のひとつひとつの積み重ねが大切と言う事か……

 日曜は、午前中にクルマを引き取ったら、午後、
 「ノーゲーム ノーライフ ゼロ」。
 これは、榎宮祐のライトノベルを原作にしたテレビアニメ「ノーゲーム・ノーライフ」の前日譚。流行のエピソード0ってやつだ。
 原作小説・アニメ共未見ではあったけど、人工知能の少女トノコミュニケーションが面白く、予想以上に引き込まれた。
 クライマックス、最後のゲームが引き分けに終わったのには、危うく本泣きしてしまう所だった。 

7月10日

 ■あれ?

 月曜日、さて会社行くか、とクルマに乗ってエンジンかけたら……エンスト。またかけてもまたエンスト。
 だめだ、アイドリングしない。
 確認したけど、配管・配線は繋がってる、警告灯はついてない。A/C、P/Sも動く、クラッチも切れる、となるとISCが死んでるか?
 とりあえず、今日は電車で出勤。

 会社で修理を依頼する……と言っても、あの状況じゃ自走は不可、引き取りに来て貰うしかないが、日産に頼んだらレッカー費用(最大)15万円だと言う。
 もっとも、保険の事故・故障特約が使える、と言うので、保険屋に連絡、夕方車載車を寄越して貰う事にした。

 会社を早めに上がり、6時に駐車場で待ち合わせ。
 アイドルしないクルマを何とか動かして車載車に載せ、ディーラーへ……そして、ディーラーで修理を依頼。

 今日の所は、預けて帰宅。
 明日は休みだそうだから、連絡は明後日以降、か……これで明日からこのクソ暑いのに電車通勤。やれやれ。

7月 9日

 ■日曜は……

 何故か、5時前に目覚めてしまった。
 しかも、天気はいいし……では、箱根に行くか!

 そして、午前中、久々の箱根ドライブ。

 帰りにちょいと寄り道して買い物などし、帰宅後は部屋でごろごろ。
  

7月 8日

 ■土曜は……

 午前中、通院してから水槽の水替え。
 午後は、バイクでひとっ走り、と思っていたのだけど、数日前から喉が痛く、身体もダルい。微熱もあったので、今日は大人しくしておいた方がいいかな……外は暑いし。

 そんな訳で、結局、電車で桜木町まで行き、今日の映画は「ライフ」。
 これは、ISS(国際宇宙ステーション)と言う閉鎖環境で、地球外生命体に襲われる乗員たちを描くSFスリラー。
 これ、キャストは豪華だし、セットや特撮も凝ってる。でも、いろいろと残念な部分も多くて……B級スリラーと見れば満足なのだろうけど、ここまでお金をかけるのなら、もう一工夫欲しかったなぁ、と思ってしまった。

6月30日

 ■水曜は……

 午後、虎ノ門へ外出。

 仕事の後、109シネマズ川崎で映画「結婚」。
 これは結婚詐欺師と欺された女たちを描いた井上荒野の長編小説を、ディーン・フジオカ主演で映画化したもの。
 この映画、犯罪劇ではなく、己の生き様のルーツとなる謎に迫る男の旅路を叙情たっぷりに描くもの、と見るべきだろうし、ディーン・フジオカは華を添える演技を見せているのだけど、それだけに冗長で薄っぺらいのが惜しい。

 ■6月に観た映画

 6月に観た映画は……

 「LOGAN/ローガン」
 「ゴールド 〜金塊の行方」
 「トンネル 〜闇に鎖された男」
 「華戦さ」
 「20センチュリー・ウーマン」
 「ブラッド・ファーザー」
 「武曲 MUKOKU」
 「パトリオット・デイ」
 「22年目の告白 私が殺人犯です」
 「ある決闘 セントヘレナの掟」
 「セールスマン」
 「怪物はささやく」
 「レイルロード・タイガー」
 「リベンジ・リスト」
 「キング・アーサー」
 「劇場版 魔法科高校の劣等生 〜星を呼ぶ少女」
 「ハクソー・リッジ」
 「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第二章 発進篇」
 「ジーサンズ はじめての強盗」
 「結婚」
 「いつまた、君と 〜何日君再来〜」

 ……21本か。
 うーん、少ないなぁ。
 毎年、夏休み興業を前に小品の公開が相次ぐ6月は鑑賞本数が増えるのだけど……なんと言うか、ルーティーンで観ている感があるかなぁ、反省。

6月18日

 ■日曜は……

 昨夜から何だかダルくて熱もあって、今朝も熱が下がらない。
 何だかだるいし、ぼーっとしているので、仕方ない、映画を観に出掛ける。(おい)

 映画1本目は「リベンジ・リスト」。
 これは、妻を殺され、娘も襲われたお父さんが、ブチ切れて、かつての悪友とつるんでギャングどもをぶち殺して行くアクション映画。
 「若いもんにはまだ負けねぇ」
 と言う、オヤジの意地を感じる映画だけど、先日観た「ブラッド・ファーザー」と内容がちとダブるような……
 (コッチはトラボルタだが)

 2本目は「キング・アーサー」。
 これはご存じ、アーサー王伝説なのだが・・・しかし、これを、
 「下克上エンターテイメント!」
 ってのは如何なものか。
 アーサーは育ちは悪いが、王子様だぞ。
 身分の低い者が実力でのし上がるのが下克上だが、流浪の王子様が王権を取り戻すってのは、「貴種流離譚」って言うんだ、日本人なら、そしてコピーライターと言う言葉を操る者なら、日本語はちゃんと使わないといかんなぁ。

6月 9日

 ■金曜日は……

 午前中、虎ノ門で会議、午後は霞ヶ関へ。
 仕事の後、新宿に移動、ちょっと夕食には早かったが、ねぎしで牛タン食べながら一杯ひっかける……明るいうちから飲み始めると何となく罪悪感あるよなぁ。

 その後、新宿武蔵野館で、映画「ブラッド・ファーザー」。
 久々のメル・ギブソン主演のアクション。
 年老いたとは言え、やはりメル・ギブソン、荒野で大型バイクに跨がり、ショットガンを構える姿は絵になる。
 その後、映画をもう1本、「武曲」を観て帰る。

6月 4日

 ■日曜は……

 今日は久々にクルマいじり。

 夕方、横浜・ムービルで映画「花戦さ」。
 これも予告がなぁ……「秀吉をギャフンと言わせたけったいな男」と言うコピーだが、映画はかなり重い作りだ。
 ただ、確かに、池坊の全面協力による数々の生け花は見事なもので、これは確かに眼福ではあった。

6月 3日

 ■土曜日の映画

 土曜日は映画2本。
 1本目の「ゴールド」だけど、「ラスト10秒の逆転劇」と宣伝してはいるものの、これは、そんな文句から連想される痛快な逆転劇ではないんじゃないか。
 尚、本作ではマシュー・マコノヒーがメタボで落ち武者禿、と言う肉体改造をした事が話題となっているが、かつての、病的とさえ言えた青白い少女イメージのブライス・ダラス・ハワードが、太めむっちりおばちゃんになっているのにもびっくり、であった。 

 もう1本は「トンネル」。
 韓国で大ヒットしたトンネル落盤事故からの救出劇で、韓国では大ヒットしたらしい。
 この映画で描かれる、韓国人の公共工事と行政に対する不信感、と言うのは日本ではちょっとない感じだなぁ……
 あ、ペ・ドゥナの年齢不詳っぷりも相変わらずだ。

 ■エコドライブ・ワン

  映画の後、ヨドバシカメラに寄って、先日、取り寄せて貰った腕時計、シチズンのエコドライブ・ワンを引き取る。
 これ、元々生産数も少ないのか、人気のツートンはメーカー在庫すらない状態だった。
 (どうやら、ほとんどハンドメイドに近い状態らしい)
 結局、ヨドバシカメラの東北地区に流通在庫があったので引っ張って来てもらった。

 それにしても、本体は薄くて軽いのに、ずいぶんと立派な箱に入っているよなぁ……
 まぁ、シチズンのフラッグシップ機だから仕方ないけど。
 つけてみる。
 厚さ2.98mmってのは嘘みたいにボリューム感がない……自分は手首が太いのでスーツを着る際、腕時計がシャツの袖にひっかかって往生するのだけど、これならまず大丈夫だろう。
 まぁ、薄くて軽いだけなら、以前持っていたチプカシでもいいのだが……まぁ、今回はちょっと思い切ってしまった。

6月 2日

 ■「LOGAN/ローガン」

 金曜、仕事の後で「LOGAN/ローガン」。
 マーベルコミックスの実写化シリーズでも長く続いた「X−MEN」の最後となる映画だが……自分的には、あの「X−MEN」をこれで終わりにしてよいのか、というのがちょっと引っかかる所。
 でも、物語としては悪くない。
 クライマックスの戦い、ローラに「オレの後にいろ」と言うのは盾になるのは勿論、父の最後の戦いを見せる、と言う事だろうし、最後、初めて「家族」を持った事を実感して目を閉じるのには涙する。
 そして、最後、ローラが墓標の十字架を引き抜いて斜めにし、「父はX−MENだった」と無言で主張するのにも感動してしまった。

【過去の日記】

1月) (2月) (3月) (4月) (5月

2016年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2015年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2014年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2013年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2012年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2011年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2010年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2009年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2008年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2007年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2006年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2005年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2004年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2003年の日記

4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

更新日記


戻る