気まぐれ日記


 気まぐれなので、(きっと)毎日は書きません・・・


2017年の日記

3月 5日

 ■日曜は……

 ……午前中に昨日書いた報告書を確認して、ブラッシュアップ、午後いちでメールを送ったら映画を観に行こう、と思っていたのだけど……いろいろ見直していたら終わらず、昼食後、映画観に行くのも億劫になって、そのまま仕事。
 メールチェックなどしているうちに3時を過ぎたので、その後はアマゾン・プライムでNGGのネイチャードキュメンタリーを観て過ごす。

 夕食後、さすがに怠い……やはりストレス発散をしないからなぁ、と思ったけど、怠いのは微熱も出ているせいだった。
 今日は早めに休んで、明日は仕事だ。

3月 4日

 ■土曜は……

 今日は、今期の事業成果報告書を書いている時間がないので家で書くつもり――そこで、午前中に水槽の水替えなど用事を済ませて……午後、報告書に取りかかる前に、そうだ、ドキュメンタリー映画「日本と再生」を観に行かないと。

 「日本と再生」は、日本の反原発訴訟の中心弁護士である河合弘之が監督して製作したドキュメンタリー映画。
 内容は日本と世界の自然エネルギーの活用状況、と言うもので、これは、仕事上からも観ておかねばならない。
 (これが横浜で今週末まで、と言うのを見落としていたのだ!)
 映画内容としては冒頭から最後まで興味深い内容ばかりで、映像作品としてはド素人感丸出しの出来ながら、これが全く退屈しない。
 これを観ると、日本のエネルギー政策の体たらくに失望する。
 これはなかなかインパクトのある映画だったなぁ。

 その後、報告書の作成。
 深夜までかかって、なんとか格好はついたか……

3月 1日

 ■「横浜駅SF」

 これは、侵略モノSF……なんだけど、侵略者と言うのが、何と「横浜駅」と言う訳の判らない話なんだな、コレ。
 アイデアとしては、大正時代の開業以来、100年に渡って工事が終わった事がない横浜駅と絶えず変化を続ける生命体と考え、それが自己修復と自己増殖能力を手に入れたら……と言うアイデアの一発芸みたいな小説なんだけど、そのアイデアを膨らませた世界観に引き込まれる。
 それにしても、よくもまぁこんなアイデアを思いつくものだなぁ……

2月28日

 ■2月に観た映画 

2月に観た映画は・・・

 「ザ・コンサルタント」
 「ドクター・ストレンジ」
 「虐殺器官」
 「アイヒマンを追え! 〜ナチスがもっとも畏れた男」
 「破門 ふたりのヤクビョーガミ」
 「アラビアの女王 〜愛と宿命の日々」
 「ニュートン・ナイト 〜自由の旗をかかげた男」
 「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」
 「キセキ 〜あの日のソビト」
 「王様のためのホログラム」
 「マリアンヌ」
 「The NET 〜網に囚われた男」
 「ホワイトリリー」
 「コンカッション」
 「疾風スプリンター」
 「サバイバルファミリー」
 「愚行録」
 「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」
 「ナイスガイズ!」
 「LA・LA・LAND」
 「クリミナル」
 「素晴らしきかな、人生」

 ・・・22本。
 あらら・・ら?少ないね。
 うーん、何でだろ、気になる映画があれど、上手く観に行けない・・・何となくフラストレーション。

2月26日

 ■日曜は……

 午前中は、CBで首都高をぐるっとひと周り。

 午後は、CBRに乗り換えて、映画館へ。
 でもって、「素晴らしきかな、人生」を観る。
 ・・・これはちょっと微妙な出来映えの映画だったなぁ・・・

 その後、横浜駅に寄り道して、買い物。
 夕方から、あれこれ修理。

 まずは甥っ子のバイクのウィンカーを修理。
 それから革パンのボタンが壊れてしまったのでつけ直す。
 あとは、先日、肩ひも取り付け金具が取れかかっていたビジネスバッグを修理。
 縫い直した後で、鋲を打って補強。ちょっと仕上がりが汚い(これは性格だな)けど、これなら安心して使えそうだ。

 ……と、一息ついたら、身体がだるい。
 熱っぽいので計ってみたら微熱あり。仕方ないので、風呂入って早めに休むことにした。

2月25日

 ■やっとで、土曜

 いやぁ、今週は疲れた……あれこれ、いろんな事が重なり過ぎてる。まぁ、それを整理しなきゃな、と言う立場でもあるんだが、同時に手も動かさなきゃならん、と言う……なので、金曜夜は家帰ったらへとへとで何も出来ずにダウン。
 ――だが、結局、映画だけは観ている。(爆)
 昨日は、「ラ・ラ・ランド」。
 こいつは確かに傑作だ。冒頭のフリーウェイ上のダンスがもう鳥肌ものの出来映えで一気に作品に引き込み、歌と踊りのアメリカンエンターテイメントに伝統芸を見せつける。
 物語的にはシンプルなものだけど、この青臭さとひたむきさ、そして前向きなエネルギーこそ、アメリカ映画の真髄。

 そして、今日は、
 「クリミナル」
 をブルク13で。

 明日は、
 「素晴らしきかな、人生」
 をブルク13で観て、その後、こちらも早くも「本年度邦画No.1」との評も出ている
 「バンコクナイツ」
 をジャック&ベティで観ようと思う。

 ここまでが2月の映画。
 ええと、今月は23本か。

 でもって、水曜日、これもブルク13で、
 「さらば宇宙戦艦ヤマト」
 「トリプルX 再起動」
 だな……

 あ、
 「彼らが本気で編むときは、」
 が入らないな……でも、翌週は、春休み興業が始まるので、注目映画が減り、気になるのは
 「アサシン・クリード」
 「ラビング」
 「お嬢さん」
 「アシュラ」
 くらい。
 
 そうだな、金曜日に、
 「彼らが本気で編むときは、」
 土曜に、
 「アシュラ」
 と見逃していた
 「未来を花束にして」
 日曜に、
 「お嬢さん」
 をシャンテで観て、
 「アサシン・クリード」
 「ラビング」
 がウィークデイ、と言う事でいけるかな。

 ■「龍の歯医者」

 「龍の歯医者」を観た。

 これは、「日本アニメ(ーター)見本市」でプロモーションフィルムが公開された、舞城玉太郎原作の物語。これを、NHKが前後編90分の中編アニメに仕立てたものだ。
 この物語、思っていたよりもエグく、設定は難解で、エロいわ、酷いは、人は大量に死ぬわ、とアニメだからとは言え、NHKがよくもまぁ、と言う内容。勿論、アニメとしての完成度は高く、そのビジュアルと世界観は魅力的だし、冒頭に描かれる艦隊戦は大迫力で見応えあり。これはもう、このまま劇場公開してもいいんじゃないか、と想うほどだった。

 ただ、後半の飛行場での追走シーン、杉井ギサブローの「ナイン」じゃないんだから……あれは、ちょっと手抜きに見えてしまったなぁ。

2月24日

 ■「ラ・ラ・ランド」

 今日は仕事の後で「ラ・ラ・ランド」を鑑賞。

 こりゃ、メインタイトルが出る前のプロローグのダンスシーンだけで鳥肌もの。
 その後もフレッド・アステア風のタップダンスあり、ブロードウェイ風味の豪華絢爛ステージあり、「ウェストサイド物語」風のストリートミュージカルあり、と、これぞハリウッドの伝統芸。
 「メイド・イン・ハリウッド」 の文字が誇らしげだったなぁ。

 しかも、ディミアン・チャゼルはまだ31歳!
 この若い監督が、学生時代から温めていた企画で、9年前に企画出した時には「10年早い」と足蹴にされ、それにもメゲずに、1か月に満たない製作期間と僅かな予算しか与えられなかった「セッション」で世界中の映画賞を席巻して、実力を認めさせ、満を持して送り出す……これは確かに今年度必見の映画だ!

2月19日

 ■日曜は……

 日曜は、映画2本。
 「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」
 「ナイスガイズ!」

2月18日

 ■土曜は……

 土曜日、午前中に水槽の水替えを済ませ、午後はあれこれ作業しようかな、と。
 
 そこで、先週、バッテリーが上がり、充電をして貰ったCBRを引っ張り出す……が、1週間でバッテリー完全に上がり、うんともスンとも言わない、仕方ない、バッテリー交換か。
 結局、バイク屋までCBRを押して行き、バッテリー交換を依頼。
 その場で交換となった。

 バッテリー交換の後、CBRにトップケースを積んで、近所のホームセンターへ買い物へ行く。
 何をするか、と言うと・・・これだ。
 家の前の整備機材を入れた物置のシャッターが途中で千切れてしまったのだ。
 このままでは雨が吹き込んでしまうので、ブルーシートを買って来て応急処置することにした。
 まぁ、このくらいオーバーラップさせておけば、雨は入らないだろう。
 ばたつかないように、ブルーシートの下側はマジックテープで固定。
 (全部止めてしまうと物置最上段のものが出し入れ出来ない)

 作業終了後、この日の夕方、映画「愚行禄」を観に行った。

2月16日

 ■大阪へ

 今日もまた大阪へ出張。
 今月は、明日は四ッ谷、月曜は三鷹、来週水曜も出張で、なかなか会社にいる時間がとれない。困ったもんだ。

 行きの新幹線から見る風景、岐阜の辺りは一面の雪景色だったなぁ。

 昼は大阪駅でラーメン……だけど、上に肉野菜炒めが乗ってる。
 スープはあっさりだったけど、美味い。  
 夜は、出張先でお土産に持たせてくれた寿司折り。
 ぎっしり詰まってずしりと重い寿司折りで、お腹一杯。
 

2月12日

 ■日曜は……

 今日は久々にバイクに乗ろう、と。

 で、久々にCBRを引っ張り出して、始動……ありゃりゃ、エンジンかからないね?と思っているうちにセルの回転鈍って、あ、こりゃバッテリー弱っていたか。まぁ、2ヶ月、乗っていなかったものなぁ。
 仕方ないので、近所の馴染みのバイク屋までバイクを押して行き、ブースターケーブルと充電器を借りよう、と。
 対応の若いメカは「そう言うのはちょっと」と言う感じだったのだけど、バイクに乗り始めてからかれこれ30年のつきあいになるメカが対応してくれ、エンジン始動。
 ただ、バッテリーは大分弱っており、近いうちに交換だな、こりゃ。

 で。久々のCBR。
 寒さと慣れない冬装備で身体が思うように動かず、ぎこちない走りだったが・・・首都高に乗って、横羽〜湾岸と周回2周、80kmほど走った。
 湾岸では海の上を走り、横浜港を一望し、富士山も綺麗に見えて、これはこれで悪くないツーリングコース。
 そして、CBRも久々にぶん回してやる(けど、常識的な速度域では3速まで……って言うか、首都高を3速〜4速でエンジンを回して走る。1万回転超での巡航を平気でこなす辺りがCBRだ。
 そして、そんだけ回しても20km/L以上は走る、そこも250のいい所。

 昼食のため、家に戻り、今度はCBに跨がる・・・こちらも久しぶりのような気がするけど、やはり楽だな、CBは。
 しかも、運転も落ち着き、ジェントルな走行に終始。
 まぁ、それはバイクが自然にそうさせる感じで、CB750を良妻賢母タイプ、とはよく言ったものだ。

 午後は、映画「マリアンヌ」。
 ブラッド・ピットとマリオン・コティヤールによるラブロマンスだけど、同時にスパイアクションでもある。
 ただ、さすがにブラッド・ピットを観に来るような客は年齢層が高く、館内おばさんばかり。
 あちこちでおしゃべり、紙袋がさがさして何か食べ、しかも、映画中に「これ食べる?」とか言ってくる……勘弁してくれ。

 夕方、帰宅。
 久しぶりのバイクで、さすがに疲れた。

2月 9日

 ■北海道へ

 今日は、北海道へ出張。

 新千歳空港からクルマで移動中……一面の雪景色だぁ…… 
 夜は新千歳空港で、山盛りの十勝豚丼。

2月 2日

 ■大阪へ

 今日は大阪出張。

1月31日

 ■1月に観た映画

 1月に観た映画は……

 「ポッピンQ」
 「聖杯たちの騎士」
 「こころに剣士を」
 「ミス・シェパードをお手本に」
 「ヒトラーの忘れもの」
 「MILES AHEAD/マイルス・デイヴィス 空白の5年間」
 「ピートと秘密の友達」
 「傷物語 III  冷血編」
 「NERVE 〜世界で一番危険なゲーム」
 「私の少女時代 〜Our Times」
 「イエスタデイ」
 「パシフィック・ウォー」
 「人魚姫」
 「ネオン・デーモン」
 「君の名は。」(IMAX版)
 「新宿スワン II」
 「沈黙 −サイレンス−」
 「スノーデン」
 「マグニフィセント・セブン」
 「アンチポルノ」
 
 ……20本かぁ。冬休みがあったと言うのに、しかもフリーパスを持っていたと言うのに少ないな。
 まぁ、15日から22日は海外出張で、そのせいで冬休み後の完全休日は4日だった、と言うのは効いているけれど……

1月28日

 ■土曜は……

 午前中にかかりつけの病院に行き、その後、水槽の水替え。
 今日の昼は、以前から気になっていた病院横のスープカレーの店「TAMUZO」でスープカレー。

 うーむ。
 スープカレー、案外、食が進むものだな……色々な味わい方が出来るので、ちょっとご飯が足りない感じ。料金同じなのだから、ご飯大盛りにしておくべきだったか……

 午後は車検に出していたクルマを引き取って来た。

 その後、映画を観に行く。
 映画はブルク13で「スノーデン」。
 事前予約していなかったので、40分前に着いたのだが……チケット完売?
 これ、そんな人気の映画なんだっけ?こんなんだったら、クルマ引き取った後で、ららぽーと横浜に行った方がよかったか、と思ってももう遅い。
 あれこれ考えたんだけど、いい知恵なく、そのままUターンで家に戻る。

 それから、今週の映画鑑賞予定を組み直す。
 今日観られなかった「スノーデン」を明日に回し、明日はもう1本「マグニフィセント・セブン」。
 明日、観る予定だった「破門」を水曜に先伸ばしにしよう。

 仕方ないので、その後、家で読書など。  

1月27日

 ■「沈黙 −サイレンス−」

 金曜日、仕事の後でムービルで「沈黙 −サイレンス−」を鑑賞。

 これは、信仰をテーマとした遠藤周作の代表作を、名匠、マーティン・スコセッシ監督が28年もの歳月を経て映画化したもの。
 無神論者の自分にとって、この映画を語る事は難しい。
 映画としては、非常によく出来ている映画で、外国映画にありがちな日本の描写にも違和感がない。
 邦画では、主演クラスの俳優が泥と垢で汚れ、誰だか判らないような有様のまま、あっさりと首を刎ねられ、簀巻きにして海に放り込まれる辺り、さすがはスコセッシと言う所か。
 これには、映画監督の塚本晋也も出演しているが、実は塚本監督のファンだと言うマーティン・スコセッシ、オーディションに塚本晋也が現れた時には、
 「巨匠、なぜこんな所に?」
 と驚いたそうだけど……それでもスコセッシは塚本晋也を磔にして波打ち際に立たせ、溺死寸前に追い込むのだから容赦ない。
 2時間40分と長い映画で、内容も陰惨な描写が多く、決して面白い、と言う映画ではないが、それでも心にずしりと来るものがある映画だった。

1月21日〜22日

 ■アメリカ出張 その4

 土曜日は、朝5時起き、6時のシャトルバスで空港へ。
 アメリカの場合、考えてみれば出国審査はない。保安検査のみ、国内線並なのだから……2時間前に着く事もなかったか。でも、空港で朝食の時間もあったのでよしとするか。
 朝食はサンドイッチとジュース、だけど、空港価格で$11もした。

 8時20分、アトランタ発。
 天候は雷雨で、小さなEMB機は揺れる、揺れる。
 でも、雲の上は穏やかでつい、うとうとと……そんなんで2時間のフライトでヒューストン着。

 ここからが忙しい。
 何せ、到着が遅れたせいもあり、到着時間=乗機開始時間、と言うタイトなスケジュールとなってしまった……が、出国審査がないせいで、ただターミナル間を移動するだけだったので、問題なくセーフ。
 (ただ、さすがに免税店に寄る予定はなかった……ヒューストンだから、NASA関係のお土産品が欲しかった所だけど)

 ヒューストン発は10時50分発、フライトは13時間30分、と言う長時間。
 席は、エコノミープラスにアップグレード済み。エコノミー最前列で、足を伸ばせるのはやっぱ楽だ。
 出発後は、時計を日本時間に合わせ、出発から5時間半後の日本時間7時半で起きるようにしたが……ここからが長い長い。だってまだ8時間もある。

 長いフライトの後、15時30分、成田着。
 入国審査と荷物受け取りの後、NEXがぎりぎりの所で間に合わず……結局、着陸から1時間以上後に成田空港発。自宅到着は18:30頃だった。

 あー、疲れたぁ。
 でも、明日、仕事なんだよなぁ……

1月20日

 ■アメリカ出張 その3

 今日でアメリカでの仕事は最終日。
 仕事の方は順調だったので、早めに切り上げて出かける事となった。
 ……何処に行くのだろう?と思っていたのだが……
 ……打ちっ放しである。
 
 軽食も用意されている、と言うので、本場のハンバーガーを頼んだのだが、肉はジューシー、ボリュームも半端ない(恐らく200g級)。ピクルスなんざ、一切れではなく、キュウリ半分ついてる。
 なにせ、価値観が「大きな事はいいことだ」なので仕方ない……
  はらは、ゴルフはやった事がなかったのだけど、最初は当てる事さえままならなかったものが、快い打撃音でボールが飛ぶようになるにつれて面白くなってくる……現金なものだ。
 あ、あと隣のボックスに女子大生っぽい、綺麗でスタイルのよい女性がキャピキャピ(これはアメリカでも余り変わらないのな)しながらクラブを振っていたのは目の保養。

 金曜日だと言うのに結構客は来ていたけど、その大半はバーのTVでトランプ大統領の就任式を観ていた。
 まぁ、やっぱ気になるんだろうな……
 その後、明日の帰国に備えて(なにしろ、朝8:20の飛行機なのだ)、アトランタに移動。
 ……なんだかカラフルなビル工事現場だな。
  この日の夕食は、日本食だった。

 ……寿司だ!

 アメリカの寿司だが、ネタは築地から直送だと言う。
 大トロ、金目鯛、真鯛(昆布締めで塩だれ)、さより、しめ鯖、コハダ、カンパチ、ウニ、ぼたん蝦、そしてネギトロ。
 特にネギトロは抜群で、ここまで旨いのには日本でもなかなか……さすが、築地直送。
 これでキリンを飲んでいたりすると、ここがアメリカ、と言うのを忘れそうになる。

1月18日〜19日

 ■アメリカ出張 その2

 水曜日のランチはバイキング形式の和風(?)レストラン。
 和風と言うのは寿司があるからなんだけど、殆ど全部カリフォルニア・ロール風で、生魚なんて使っちゃいない……なんだかなぁ。

 夜は、一昨日も利用した「ダウンタウン・キッチン」。
 この店、このようにミュージシャンの絵が飾ってあるんだけど……サッチモやボブ・ディランはともかく、ストーンズ、ビートルズとなると生粋のアメリカ人には馴染みがないようだ。
 写真を撮っていたら現地の人から、
 「この絵、誰だっけ?」
 と聞かれ、「ビートルズ」と答えたら、へぇ、と言う反応だった。
 この日は熟成肉のステーキ。 軽くスモークをしてから焼く、と言うなかなか凝ったもので、旨い。(けどちょっと堅い)

 ホテルに戻った後、帰路の飛行機のチケットをアップグレード。
 帰りのヒューストンからは14時間ものフライトになる。エコノミーで3列×3の窓側、ってのはさすがにキツい。と、自腹切ってアップグレード。
 もっとも、さすがにビジネスは無理。エコノミープラスと言う、エコノミー最前列の中央、通路側に変更。これなら、遠慮もせず。好きな時にトイレにいけるから気が楽だし、前が壁だから、足も伸ばせる。+$159だけど、この際仕方ないか。

 で、木曜朝、ホテルを出るのは朝8:15なのに、起きたのが朝8:05。
 半ばパニック状態で身支度整え、ロビーに降り、レストランからバナナ1本貰ってクルマに乗り込む……なんとか間に合った。
 この日の昼は、先日のBBQ屋。
  今度はさすがにバーガーにした。

 夜は魚料理で軽めに……さすがに胃が疲れて来た。

 で、困った事に、現地時間で2時近いのだけど、相変わらず眠くならない……

1月15日〜18日

 ■アメリカ出張 その1

 1月15日より、アメリカ・ジョージア州アトランタ市に出張。

 家を出たのは12時少し前で、成田空港発は17時。
 飛行機は、ユナイテッド。
 米会社はサービスがなぁ……まぁ、こればっかは仕事なので贅沢も言えない。
 (まぁ、それでもデルタよかマシだが)

  約11時間のフライトでヒューストンへ。
 ヒューストンでは、入国審査で時間をとられ、その後、保安検査に何故かひっかかかって身体検査に薬物検査までされる……まぁ、これはランダムにチェックを入れていると言うのもあって運が悪かったとしか言いようがないのだけど。

 そこから乗り換え、15日の16時過ぎにアトランタ空港着。
 その後、目的地のカントンへ移動。
 現地の移動のアシは、レンタカーのシボレー・サバーバン。
 大きくて、広くて、静かで快適。
 アメリカ車はアメリカで走らせていると本当にいい。 
 ホテルは以前利用したことのあるハンプトン・イン。
 まぁ、モーテルに毛の生えた程度の安い宿だけど、性分的にはこのくらいの方が心地よい。
 夕食はホテル近くのステーキハウスで、プライムリブ。
 1ポンドだけど、赤身肉だけにぱくぱく食べられる……けど、結構来る。
 月曜からは仕事開始。
 月曜の夜は、レストラン「ダウンタウン・キッチン」で、ヒレ肉のステーキ。8オンスをほぼレアで。
 この日はメインは軽かったのだけど、調子に乗って頼んだデザートのチョコレートケーキにノックアウトされる……で、でかい。しかも甘くてしつこい。
 火曜の昼はBBQハウス「WILLIAMSON BROS.」へ。
 ビーフにポーク、チキンにスペアリブ2本、サイド2皿に山盛りトースト、ビッグサイズのコーラ……ってこれは日本人にはキャパ限界突破だ。
 それでも、一応完食したが……
 夜はシーフード。

 左写真のカキは、これはほんの前菜。
 この日はさすがに昼のBBQが胃にもたれ、エビのグリルにした。
 あ、この日のデザートのチョコレートケーキは本当においしかった。

 ホテルに戻った後、時差ボケにより午前2時過ぎても、眠くならない……困ったもんだ

1月14日

 ■土曜は……

 午前中に水槽の水替えを済ませ、物置からスーツケースを引っ張り出して出張準備。

 昼食後、クルマを車検に出しに行く。
 概算見積もりの前にクルマをざっと点検。
 アッパーリンクのガタは、これはKN’sでアライメント調整と合わせて別にやる事にし、クラッチも指摘されたけど、残量半分、と言うので、こちらも急ぎやる必要はなさそうだ。
 ただ、光軸調整用のネジが固着してしまっているので、調製部分を交換して調整しなきゃならないのと、4年経過しているバッテリーを交換、発煙筒も交換。 あと、ブレーキホースの表面に経年劣化によるひびがあったとの事で、そちらも交換、となった。
 部品交換もあるので、即日対応は無理で、やはり出張から帰るまでは預かって貰うだな……

 その後、川崎チネチッタで映画「ネオン・デーモン」。
 これは、「ドライヴ」のニコラス・ウィンディング・レフン監督の新作。
 この映画、はっきり言ってファンタジーで、実際のモデル業界を描いたドラマだと思って観ていると呆気に取られるような内容だろう。

 映画の後、ちょいと買い物をしてから帰宅。

 夜、出張の荷造り。
 もっとも、1週間の海外出張も、年に幾度も出かけるようではルーティンワーク。出張セットはまとめてあるし、クローゼットから日数分の着替えを出し、向こうで着るフォーマルなスーツ、それにジャケットを入れ、20分ほどでひとまず終了。
 後は明日、PCをビジネスバッグに詰め込んで完了、だ。

 明日は17時の飛行機だから……12時くらいに家を出ればいいか……

1月13日

 ■金曜は……

 四ッ谷で会議のために外出。
 仕事の後、新宿で「人魚姫」を観よう、とチケットは予約済み……ただ、「人魚姫」は18:50からでちょっと遅い。会議は16時までの予定だから、予定通り終われば「人魚姫」の前にもう1本観られるか、と思っていたのだけど、会議が押して終了は17時過ぎとなり、結局、映画館近くのジョナサンで時間を潰し、そして映画館へ。

 映画「人魚姫」は、「少林サッカー」のチャウ・シンチー監督の最新作。
 中国では大ヒットし、アジアにおける映画興行収入歴代1位を記録したのだとか。
 この映画、CGのレベルは決して高くなく、正直、稚拙に感じる部分もあるし、登場人物の心理描写やストーリー展開もかなり荒っぽい。
 まぁ、それも映画の味だし、チャウ・シンチーならではの、痛くて寒いギャグ満載で、子供から大人まで笑って楽しめる映画で、これは大ヒットにも納得。
 それにしても、そんな映画が関東で僅か3館での上映に止まるとは……
 帰宅後……ビジネスバッグのストラップ金具の取り付け部分がこうなっていた。
 あー、こりゃダメだな……

  このバッグに買い換えてから2年。常時PC1台とタブレット。時にそれに加えて重い会社PC、と目一杯詰め込んでいるからなぁ……日曜からの出張は、もうひとつのバッグを使うとしよう。

1月 9日

 ■「パシフィック・ウォー」

 映画「パシフィック・ウォー」を観たいと思っていたのだけど、これは観るのが難しい。
 関東で3館、神奈川ではブルク12の1館のみで、時間も18:20だものなぁ……それでも月曜、丁度、仕事のキリもついた、上司もいない、定時で会社を出て……クルマだと渋滞に巻き込まれる危険がある、電車で行くのが確実だろう。と言う事で、クルマを会社の駐車場に放置して映画館に急ぎ、なんとか間に合った。
 
 これは、太平洋戦争末期に撃沈された米巡洋艦インディアナポリスの最後の任務を描く戦争映画。
 この映画、かなりの低予算映画。
 CGは、はっきりCGと判るレベルで、正直、TVドラマのクオリティ(しかも、アメリカの、ではなく日本の)。
 インディアナポリス艦上のシーンにも違和感。
 8インチ主砲はこんなに大きくないし、そもその条約型のインディアナポリスの主砲は独立砲架式じゃないだろう。5インチ両用砲も砲塔式じゃない。
 しかも、妙に船体が太い。こりゃ巡洋艦じゃない、戦艦……これはサウスダコタ級だろう、と思っていたら、やはり撮影は記念艦となっているサウスダコタ級戦艦アラバマ(同艦は「沈黙の戦艦」でもミズーリの代役を務めている)の上で撮影されたようだ。
 その他にも、沖縄戦なのに零戦が大戦初期の灰白色の塗装だとか、考証の甘さも気になる所。
 もっとも、基本的には史実に忠実で、米艦のあちこちについている救命筏とはどのようなものなのかが判る描写など、興味深い部分もあっただけに、低予算故の詰めの甘さと、脚本の練り込み不足が残念に思える映画だった。 

1月 8日

 ■日曜は……

1日だけの休日となった日曜は、午前中に水槽の水替えを済ませ、午後、映画を観に行く。

 映画は「私の少女時代」と、先日、予告編を観て気になった「イエスタディ」の2本。

 まずは「私の少女時代」。
 これは、2015年の台湾でNo.1ヒットとなった青春ラブストーリー。
 上質の青春映画なのだけど、惜しいのは終盤の描写がちょっとしつこい。それで、感動が削がれた感があった――予告編を観た時には、“約束”のシーンには泣ける、と思ったんだけどなぁ……

 そして2本目は「イエスタデイ」。
 こちらはノルウェーの青春映画。
 ビートルズの名曲に乗せ、4人の高校生の青春物語が展開されるこの映画、本作の為にオーディションで選ばれた少年たちのキャラクターがなかなか。この4人がオスロの通りを一列になって歩く、これぞ“僕らのアビー・ロード”と言うカットにはにやり。
 映画としては、音楽映画と言うよりも青春映画で、憧れや、恋愛、そして家族や社会との関わりなどを等身大で描いて行くのが中心。
 それでも、「a−ha」のマグネ・フルホルメンによる音楽は、ビートルズ曲のアレンジに加え、’60年代らしいオリジナル曲も魅力的だった。

1月 7日

 ■土曜は……

 ……仕事。
 それでも、さすがに土曜なので早めに仕事を切り上げて会社を出る。勿論、帰りに映画を観るのだ。
 映画上映までは1時間、いつもなら会社から大凡45分で着くので何とかなる、と思っていたのだけど、これが休日の怖さで、結局1時間半かかってしまい、映画に間に合わず……仕方ないので次の回を観ることにし、2時間待って観る事にした。
 映画は、「NERVE/ナーヴ 世界で一番危険なゲーム」。
 これは、ネット社会の現代で、架空のゲームに翻弄される若者たちを描くスリラー。
 映画は、架空のオンラインゲーム「NERVE」を通して、匿名社会の不気味さや無責任さ。そして、そんなものに依存し、振り回される事の愚かさを揶揄するもの。そうした方向から、この映画は決して若者向けではない。
 ただ、そうなると、ゲームの運用組織が見えない踏み込みの浅さ、ハッカーなら何でも可能、と言う安易な描写が物足りない。これを大人も楽しめるものとするなら、よりリアリティのある設定をして欲しいし、物語の方にももう一捻り欲しかった所だ。

1月 6日

 ■仕事始め

 金曜日、今年の仕事始め。
 年末出張していたので、久々に感じるなぁ……それにしても、会社に脅迫文が送りつけられたとかで、関連管理会社のガードマンに加え、社外の警備員まで門を固める事になっているとはなぁ……やれやれ。

 仕事は初日からドタバタ。初日で金曜と言うのに仕事終わらずいきなり残業となった。

 仕事の後、海老名の東宝で映画「傷物語 III 冷血編
 これは、西尾維新の同題小説の映画版三部作の第三弾にして完結編。
 予想以上の出来で、この三作目で大分印象をよくしたな、と言う感じ。

 帰宅後、さすがに疲れていて、食事後、着替えもせず灯りも暖房もそのままに寝入ってしまった。

1月 5日

 ■冬休み9日目

 冬休みも今日でお終い。

 そんな最終日、午前中は、かかりつけの病院へ行って診察。
 まだ、腹具合の悪い状態は続いているが……今回、もう1週間分、薬を貰って引き続き様子見となった。

 午後は有楽町で映画。
 1本目は、「MILES AHEAD/マイルス・デイヴィス 空白の5年間」。
 これは “ジャズの帝王”と称された伝説のトランペッター、マイルス・デイヴィス。その半世紀に及ぶキャリアの中、音楽活動を休止した“空白の5年間”のマイルス・デイヴィスを描くべく、俳優ドン・チードルが、自ら製作・監督・主演をして映画化したもの。
 まぁ、確かに普通に伝記映画を作っても、それがマイルス・デイヴィスの人生を示すものとはならない以上、この映画のようなぶっ飛んだ方向性は確かにありだが……ただ、この映画を観ても、その5年間に何があったのかはさっぱり判らず……その点では不満を感じる人もいるのでないか、と言う印象。

 2本目は「ピートと秘密の友達」。
 これは、1977年のディズニー映画「ピートとドラゴン」(日本未公開)をリメイクしたもの。
 物語としては、いかにも子供向けらしくシンプルだけど、さすがはディズニーだけに、なかなか感動的に仕立てていた。

 映画の後、駅前でキネ旬の最新号を買って、読みながら帰宅。

 さて、明日から仕事だ。

1月 4日

 ■冬休み8日目

 今日は、映画三昧。

 朝一番で、黄金町に行き、シネマジャック&ベティで、まずは、「こころに剣士を」。
 これは、第二次大戦後のエストニアを舞台に、秘密警察に追われる元フェンシング選手と、子供たちを巡る実話を元に映画化したもの。
 この映画、子供たちにフェンシングを教えながら、過去や国家と向き合う覚悟を固めて行くエンデル、と言う図式はなかなか巧みで、決して逃げない剣士の精神を取り戻したエンデルに胸を打たれました。
 
 1本目を見終わったら、場内、凄い混雑……しかも、女性ばかりで……あ、今日はレディスデーか。
 そんな中、2本目は「ミス・シェパードをお手本に」。
 これは、イギリスの劇作家アラン・ベネットの回想録を元にした映画。
 この映画にはどうにも乗れず、面白く思える部分もなかった、と言うのが率直な感想。
 舞台版から主演のマギー・スミスは文句なしの演技だけど、そもそも凜として筋の通った女性のイメージがある(しかも、この人、若い時は凄い美人だったんだよ)彼女が演じるべきだったのかも疑問を覚えた。

 3本目、丁度「この世界の片隅に」を観られるタイミングだったけど、それだと上映まで5分しかなく、その次の映画とも10分しかない。さすがにぶっ通しで4本はキツい、しかもチケットも完売だったので、ここで食事をしに外へ。
 その後、関内駅前までぶらぶらし、カフェでお茶した後に映画館に戻る。

 本日3本目は「ヒトラーの忘れもの」。
 これは第二次大戦後のデンマークで起きた地雷処理に関する悲劇を取り上げた、異色の戦争映画。
 地雷処理の映画なので、ひりひりするようなサスペンスが冒頭からたっぷり続くし、内容も重い……ただ、「戦争映画」と言うことで、派手なアクションを求めて来た観客には退屈な内容だったのか、劇場内にはいびきが響いていた。

 映画の後、帰宅すると、60cm水槽から水漏れ?している。
 ちょっと様子を見ながら暫く観察……いや、これはポンプ部分からのようだな、水槽本体は大丈夫そう。
 これは明日、フィルター掃除を兼ねて確認しよう。ま、何にせよ水槽交換にならなかったのは助かった。

 その後は、映画レビューを書いて、ホムペの更新。

1月 3日

 ■冬休み7日目

 今日も箱根駅伝・復路をTV観戦。
 青山学院大の三連覇に向けての戦いだけど、箱根の山下りで順調に差を広げられ、7区ランナーが脱水症状で失速した時にはあわや、と思ったけれども、それでも粘られて追いつくまでには至らず、結果としては首位を全く譲らずに完全勝利とは……なるほど、強いと言うのはこう言うことか、と納得。
 シード権争いも早々に見えてしまい、後はシード圏内での争いにとどまり、今日のレースは手に汗握るような展開がなく、ちょっと盛り上がりには欠けたかな……

 さて、箱根駅伝終わると正月も終わり、と言う気分。
 今日は、その後で映画に行こうと思っていたけど、よく考えたら、明日の映画につなげた方が効率がいい。
 っては訳で、今日はあとはのんびりしよう、と。年末からずっと腹具合もおかしいし……

 夜は池上彰のニュース解説番組を観て、それからホムペの更新。

1月 2日

 ■冬休み6日目

 今日は、毎年恒例の箱根駅伝・往路をTV観戦。
 やはり、これを見ないと正月じゃない。

 今年は、青山学院大の三連覇に加え、出雲・全日本と制した青山学院大が箱根も制して三冠なるか、と言うのが見所だろう。
 その青山、1区、2区から上位に絡み、3区で逆転してそのまま往路優勝してしまった。 
 でも、2位、早稲田との差は33秒、数分以内に有力校がずらりと言う接戦で、これは明日が楽しみだ。

 その後、今日は渋谷のヒューマントラストシネマで、「聖杯たちの騎士」。
 これは、「ツリー・オブ・ライフ」や「トゥ・ザ・ワンダー」のテレンス・マリック監督の新作だ。
 この映画、物語性は希薄で、寓意を含んだ映像詩、と言う所。確かに映像の魅力は確かにあるものの、「物語」ではない「詩」としての作品に118分はいささか長く、途中で集中力が切れてしまったのが正直な所で、そんな所からも、これは観客を選ぶ作品だと思う。
 
 映画の後、空を見上げると、三日月の傍らに宵の明星……金星か。

1月 1日

 ■あけましておめでとうございます

 あけましておめでとうございます。
 
 2017年、これからの1年が幸多きものでありますように。
 謹んで祈願し、新年の挨拶とさせていただきます。

 ■年の始めは……

 新年は、今年も「年の始めはさだまさし」で始まった。
 今年は2:30までだったのだけど、しっかり最後まで見てしまった。

 そして、新年恒例のお参りに行った後、今年は「スシロー」で昼食。

 ■「ポッピンQ」

 さて、毎年恒例の元旦の映画、今年は「ポッピンQ」を予定しているのだけど、何とか、14:45からに間に合わないかなぁ?……と思っていたのだけど、さすが元旦、交通の流れはスムーズで、13:40には帰宅、それからクルマを家に置き、オンラインチケット予約をしてから電車でブルク13に行って悠々セーフ。

 そんな訳で、今年最初の映画は「ポッピンQ」。

 これは東映アニメーションの創立60周年記念として作られた劇場版オリジナルアニメ。
 この映画、ノリは正に青春もので、それぞれに抱える悩みや問題を克服、仲間と絆を結んで戦いに臨む、と言う展開は殆ど青春・スポ根の定番。各自が胸に抱えたものを吐露するシーンでは思わず涙してしまった程だし、そこを乗り越え、能力を開花させていく辺りも気持ちよく、圧巻のラストステージまでしっかり楽しめた。満足。

 帰宅後、夕食は年末の残りの焼きそばだった……夜は「ダーウィンが来た!」の特別編と、「NHKスペシャル」を観る。

2016年の日記

12月31日

 ■冬休み4日目・大晦日

 今年最後の日は土曜日。
 なので、いつもの土曜日同様、午前中は水槽の水替え。

 午後、今年のしめくくりとなる映画を観に行く。
 今年最後の映画に選んだのは、「土竜の唄 香港狂騒曲」。
 これは、高橋のぼるの同題の人気コミックスを、三池崇史と宮藤官九郎がタッグを組んで映画化したアクション・コメディ「土竜の唄 潜入捜査官 REIJI」の続編。
 この映画、どうにもテンポが悪い。そもそも、この話と内容で128分は長過ぎる印象で、もっとテンポアップして小気味よく展開していけばずっと印象はよくなったと思うのだが、だらだらした展開でギャグの切れまで悪くなったような感じ。それも、三池監督らしい所ではあるのだけど、ちょっと残念な仕上がりだった。

 帰宅後、夕食は例年通りエビ天蕎麦。

 あと30分で紅白が始まるな……あとは、これまた例年通り、紅白横目にホムペ更新しながら年を越す事になるでしょうか。 

 ■12月に観た映画

 12月に観た映画は……

 「CYBORG009 〜CALL OF JUSTICE 第2章」
 「マダム・フローレンス! 〜夢見るふたり」
 「アズミ・ハルコは行方不明」
 「シークレット・オブ・モンスター」
 「五日物語 〜3つの王国と3人の女」
 「ザ・ギフト」
 「CYBORG009 〜CALL OF JUSTICE 第3章」
 「変態だ」
 「海賊とよばれた男」
 「この世界の片隅に」(2回目)
 「小さな園の大きな奇跡」
 「風に濡れた女」
 「ローグ・ワン / スター・ウォーズ ストーリー」
 「アイ・イン・ザ・スカイ 〜世界一安全な戦場」
 「ドント・プリーズ」
 「土竜の唄 香港狂騒曲」

 なんと15本しか観てない。これは今年の月間最小本数だなぁ。
 「この世界の片隅に」は2回目だし、「ザ・ギフト」や「小さな園の大きな奇跡」は11月公開で見送っていたのを追いかけて12月に観ている……毎年の事だけど、12月は冬休み興業で公開本数減るので、どうしても観る映画なくなってしまうんだよなぁ。

 実際、
 「バイオハザード」も観ない、
 「妖怪ウォッチ」も観ない、
 「僕は明日、昨日の君とデートする」も観ない、
 えり好みして観てないだけじゃないか、と言われればその通りなんだけど……それにしても15本とは……今年は最後に大失速したなぁ。 

 ■今年の映画ベスト10

 今年観た映画は284本、もとい284回。「ガールズ&パンツァー」は3回、「シン・ゴジラ」も3回、「君の名は。」は4回、「聲の形」は2回、「この世界の片隅に」も2回、と今年は複数回観た映画が多く、鑑賞本数は275本になってしまうのだけど……今年はとうとう250本を突破。
  それでは、毎年恒例のいつものヤツをやりますか……今年は、275本から選ばない鵜といけないから大変だ。

 とりあえず、まずは心に残ったもの、印象の強かったものを絞り込んでいく。

  「ザ・ウォーク」
  「オデッセイ」
  「リップヴァンウィンクルの花嫁」
  「アイアムアヒーロー」
  「ズートピア」
  「シチズンフォー 〜スノーデンの暴露」
  「エクス・マキナ」
  「帰ってきたヒトラー」
  「日本で一番悪い奴ら」
  「ブルックリン」
  「シン・ゴジラ」
  「ベトナムの怪しい彼女」
  「君の名は。」
  「映画 聲の形」
  「ハドソン川の奇跡」
  「SCOOP!」
  「グッドモーニングショー」
  「GANTZ:O」
  「何者」
  「PK」
  「ソーセージ・パーティー」
  「この世界の片隅に」
  「オケ老人!」
  「華麗なるリベンジ」
  「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」
  「ザ・ギフト」
  「小さな園の大きな奇跡」
  「ローグ・ワン / スター・ウォーズ ストーリー」
  「アイ・イン・ザ・スカイ 〜世界一安全な戦場」
  「ドント・プリーズ」

 今年はここで大分絞った。でも30本もある。多分、普通の人が観る映画、1年分くらいはある……しかし、ここからが本当に難しい。
 しかも、今年はキネ旬に投稿するので順位をつけないとならない。

 そこで、結果としてはこうなった。

  「君の名は。
  「この世界の片隅に
  「シン・ゴジラ
  「映画 聲の形
  「エクス・マキナ
  「ザ・ウォーク
  「ローグ・ワン / スター・ウォーズ ストーリー
  「アイアムアヒーロー」 
  「SCOOP!
  「グッドモーニングショー

 今年は、実は「君の名は。」を一番にするのは決めていた。(ミーハーだけどね)
 そして、「この世界の片隅に」、「シン・ゴジラ」、「聲の形」を入れるのは確定。
 後の6本は、映画として視覚効果優先、ビジュアルインパクトの高かったものを残した。
 感動させられた、泣いた、という点では、「小さな園の大きな奇跡」や「オケ老人!」は迷ったし、脚本の巧みさとしては「ザ・ギフト」や「ドンド・ブリーズ」も迷ったのだけど、評価軸がブレると選べないないからなぁ……

 まぁ、迷うだけ面白かった映画が多かったのは何より。

 来年もまた面白い映画が観られるとよいなぁ、と思いつつ、今年はこんなところで。

 ■今年もあと僅か

 紅白も終わった……もう、今年もあと僅かなんだなぁ……

 あとは例年通り、ホムペ更新しながら新年を迎えるとするか。

 それでは、みなさん、よいお年を。

12月30日

 ■冬休み3日目

 今日、午前中は腹具合がまだよくならないのでかかりつけの病院へ。
 まだ、腸にガスが溜まって腹に張りがある、と言う事で、引き続き薬を貰う。
 次は、休み明けの木曜って事は……バイクでは出かけられないな――ま、身体の具合には勝てないので仕方ないか。

 午後は、部屋と玄関の掃除。ガラスを始め拭き掃除をし、網戸と外壁、玄関は高圧洗浄機で洗ってしまう。
 その後、注連飾りを玄関に飾って一段落。

 夕食後、今日は「土竜の唄」を観に行くつもりだったが、頭痛くなって来たのと寒い中、出かけるのが嫌になって映画鑑賞予定を見直す。
 いろいろと考えた結果、「土竜の唄」を明日観る事にし、「ピートと秘密の友人」は休み明け、日比谷シャンテで字幕版を観る事にする。

 と、言う事で、あとは溜まっているホムペの更新。

12月29日

 ■冬休み2日目

 冬休み2日目、今日は午前中、かかりつけの病院に行き、午後は、まずは玄関の60cm水槽のポンプのオーバーホール、その後、90cm水槽のヒーター交換。
 それから、部屋の片付け……と言うかゴミ出し。
 玄関掃除と正月飾りは明日、やるとしよう。

 正月の映画は、明日夜に、
 「土竜の唄」
 大晦日は、ららぽーとで
 「ピートと秘密の友達」。
 元旦に
 「ポッピンQ」。
 2日は渋谷で、
 「聖杯たちの騎士」
 3日は黄金町で
 「ヒトラーのわすれもの」
 4日に、
 「こころに剣士を」
 「ミス・シェパードをお手本に」
 を観て、5日は午前中にバイクに乗って、午後、
 「MILES AHED」
 って感じかなぁ・・・で、6日は仕事始め、と。

 夜は池上彰のニュース解説番組を観ながら、ホムペ更新……だけど、あまり進まず。

12月28日

 ■冬休み1日目

 冬休み1日目は、基本のんびりしていようか、と――まぁ、体調もよくないしな。

 午前中、SZ導入後のサブマシンを考える。
 勿論、SZは優秀なモバイルPCなのだけど、やはり40万円に迫る価格の機械を気軽に持ち運べるのか?と、考えてしまったのだ。
 そこで、軽量PCをあれこれ物色。
 候補になったのは、以前から気になっていたキングジムのポータブック。
 キングジムはポメラを2代に渡って愛用して来た。あのキーボード付きのPCは魅力あるし、最近値崩れしていて、実売価格は2万円を切る。ポメラより安い。(爆)
 そこで、思わずポチりかけ、ふと冷静になる……いや待て、その時、メインマシンとして比較しちゃうのがSZだぞ。 納得出来るのか?
 じゃあ、レッツノートRZかなぁ。一気に値が張るけど……と考えて、以前、パナソニックの販売員に言われた言葉を思い出す。
 「J10を持っているならRZを買う意味ないです」
 そうか。
 J10がある、これをモバイル用にすればいい……って、今までと余り変わらないなぁ。
 結局、J10のジャケットがボロボロになっているのが気になっていたので、ジャケットの代わりにPCケースを購入して、これに入れて持ち運ぶ事にし、外出時には用途に合わせてSZとJ10を使い分ける事とした。

 そして、体制を構築し、居場所のなくなったDELLを処分する。これは友人に譲る事にし、午後、引き取りに来て貰った。
 さすがに大きさにはびっくりしていた……まぁ、17インチノートと言う狂った機械だからな。

 その後、近所のホームセンターに買い物。
 実は、先週の水替え時、90cm水槽のヒーターが不動状態、と言う事が判明、今は予備のヒーターで加温している状況なので……
 ついでに、甥っ子がブレーキフルードのエア抜きをするので、ビニールチューブを買って来て欲しい、と言われたので、それも買う事にした。
 だが、いいサイズのものがなく、その後、結局、港北のナップスに出直し、エア抜きキットを買う事になってしまった。
 結局、この日はそれからエア抜きに取りかかり、終わったら辺りはすっかり真っ暗。

 片付けも進んでない、溜まっているホムペの更新も出来ていない、やれやれ。
 年末特番を見ているうちに寝落ちして、冬休みの初日は終了。

12月27日

 ■仕事納め

 今日で今年の仕事納め。
 でも大阪出張。

12月26日

 ■体調不良

 夕べは腹痛の上に発熱による悪寒、その後は体が火照ってよく眠れず……今朝、食欲ないのでジュースを一杯飲んだ所で、吐き気を催し、胃の中のものを全部出してしまった。
 (まぁ、それでスッキリしたのだけど)
 この体調ではやむを得ず、午前半休とってかかりつけの病院に行き、診察を受けて薬を処方して貰う。
 その後、会社に行く。
 昨日の夕食は戻してしまったし、朝も食べず、昼も食べずだけど、不思議と空腹を覚えない――胃腸が食べ物を受け付けない、と言うことか――ただ、さすがにダルく集中力も出ないので、仕事は早めに切り上げ、帰宅。
 軽く夕食をしてから早めに寝たので、今日は目覚めスッキリ、通常運行、と行きたい所だが……
 
12月25日

 ■日曜は……

 朝起きると、ちょっとダルい、と言うか熱っぽい、お腹の調子も悪くて下り気味なのでバイクで出かけるのを断念。午後に映画を観に行くだけとした。
 そこで、シネマシャンテ、12:50からの「アイ・イン・ザ・スカイ」を観る事とする。(と言うかここでしか上映してないので選択肢はない)
 劇場着は12時、そうしたら行列が出来ていて、12時だと言うのに16:00の「君の名は。」はチケット完売か!……まだこんな人気なのか。

 そして、入場後に気づく。
 シャンテってTOHO系列……さっき、1800円払ったけど、先日貰ったフリーパスでタダで観られたよな……

 「アイ・イン・ザ・スカイ」は、「ドローン・オブ・ウォー」に近い作品だけど、主になるのは、操縦士ではなく、命令を下す司令部、さらにその背後にいる政府高官の集う会議室の描写を中心にしているのが特徴。
 その点で、会議室映画だった「シン・ゴジラ」に近い。
 イギリス映画らしい深い人物洞察に、シニカルなユーモア、最後の「軍人に『犠牲を払っていない』と言ってはならん」と言う台詞がズシリと重い、見応えのある映画だった。

 帰宅後、腹痛が激しくなり、食事後、さらに酷くなる。しかも、発熱し、部屋の暖房を入れ、布団にくるまっていても寒くて仕方なく……そのまま寝落ち。

12月24日

 ■土曜は……

 夕べの金曜夜は毎年恒例の“野郎だけのクリスマス”。今年は牡蠣を食いに行った。

 土曜日は、年末の部屋の片付けの第一弾。まずは書籍の整理。
 今年は、遂に「はじめの一歩」を処分。あと、「キネマ旬報」も3年以上前のバックナンバーを涙をのんで処分……いや、ほんと置き場がないのだ。キネ旬も早いとこ電子版を出してもらえないものだろうか。

12月22日

 ■12月の映画

 毎年、12月の映画鑑賞本数は減る……冬休みの特別興業で大作・家族向けにシフトするし、公開本数も減るから、観る映画がなくなってしまうのだ。
 そんな訳で、昨日の水曜も定時退社日と言うのに映画も観ずに直帰してしまった次第。

 今月、ここまでの鑑賞本数は僅か12本。今月はあと4本上乗せ出来るかどうか、と言う所か。
 (勿論、今年の月間鑑賞本数としては最小)
  
 現状、
 「アイ・イン・ザ・スカイ」
 が今週末で、後は、当初観るつもりではなかったが、出来がよいと評判のスリラー、
 「ドント・ブリーズ」
 を来週。そして、
 「土竜の唄」
 「ピートと秘密の友達」
 を予定、ここまでが年内かな。
 「ポッピンQ」
 が元旦。

 あとは、ジャック&ベティで、
 「こころに剣士を」
 「ミス・シェパードをお手本に」
 「ヒトラーのわすれもの」
 かな……まぁ、これらは年を越してからだろうけど。

12月18日

 ■日曜は……

 この日曜は映画三昧。

 まずは朝イチで湘南新宿ラインに乗り、新宿へ。 新宿武蔵野館、10:00〜の「小さな園の大きな奇跡」を観る。

 この映画だが……
 小さな女の子を使うのは反則だ。
 物語の方は、実話ベースだし、ある意味予定調和。
 貧しい家の子たちなんだけど、子供たちも親も何故か物わかりがよくて、とちょっと食い足りないような感じもするけれど、5歳の女の子の澄んだ瞳に涙を貯めて健気な事を言われたら……ねぇ。
 だから、小さな女の子を使うのは反則だ。
 物語は、感動仕立てだけど、まぁ、これがよく泣かせる。もうラストシーンは涙なくしては見られない。
 本当に、小さな女の子を使うのは反則だ。
 気になったのは、新入生獲得と園の存続をテロップで処理してしまったこと。
 (エンドロールのスチルを見る限り撮影はしてるようだが)
 あと、あのダンナがあそこまでギロチンに拘るのはなぁ……
 首の手術をしたヨメに嬉しそうにギロチン見せに来る辺りは、「何かの皮肉?」と思えるくらいで正直、トンデモ展開だと思ってしまった。

 映画の後、駅前の横浜家系ラーメンで昼食。その後、映画館に戻って、この日2本目は、「風に濡れた女」。  
 
 これは、日活のロマンポルノ リブート企画の第二弾。監督は塩田明彦。
 まぁ、往年のロマンポルノに比べれば、女優も若くてスタイルいいし、映像も綺麗。
 これだけ裸とカラミを見せているのにボカシを殆ど使わず、綺麗な絵を見せる名人芸はさすが塩田明彦、と言うところか。
 それにしても「10分に1度カラミを入れれば、後は好きにしていい」と言う企画、既に名声ある監督じゃなく、若手にやらせて欲しいもの……だって、みんなそれで力をつけて来たんじゃないか。

 この後、湘南新宿ラインで横浜に戻り、ブルク13で、この日3本目は、「ローグ・ワン/スター・ウォーズ ストーリー」。

 この映画、基本は復讐譚で、仲間の屍を踏み越えて進む、と言う展開と、それを背景に自己犠牲を全面に押し出す内容はスター・ウォーズらしくない重さ。
 明るく・楽しいスターウォーズじゃないんだな、これは。
 しかし、最後にレイア姫が出て来るんだけど、彼女が誰が判らないヤツが観に来ちゃイカン種類の映画だろう……

12月17日

 ■土曜は……

 昨日は、ららぽーと横浜で2回目となる 「この世界の片隅に」 。

 今日は、 「ローグ・ワン」を観に行くつもりだったのだけど、木曜の時点でアイマックス3D版はいい席で観られない状況で、結局、日曜日のブルク13のチケットを買った。
 そんな訳で、映画を観に行く予定もなく、年末大掃除のために、高圧洗浄機のOリングを交換、使えるようにしておくべく、近所のホームセンターに買い物に。
 その後、年末の大掃除に向けて片付けでも始めるか、と思っていたら、買い物から戻って来たら、甥っ子がドラッグスターのタイヤ交換などしてる。
 しかも、ジャッキも使わず、タイヤレバーもなく……もう見てられないので仕方なく手を出す、って言うか、家の前でやっているので、これを片付けないと自分のバイクを停められないだ。

 そんなんでドタバタして片付いたら夕方。疲れた……

12月11日

 ■レッツノートSZ

 先週、出張から帰ると先月末に通販で買ったレッツノートSZが到着していた。

 これまで使っていたレッツノートJ10はもう5年以上使っている。そろそろ新型導入してもいいだろう、と。

 今度のレッツノートSZも、通販限定のプレミアムモデル。
 CPUはCore i7の7500、メモリ16GB、記憶媒体はSSDで512GB、光学ドライブはブルーレイ、と言うお大尽仕様。
 それでいて、プレミアムモデル専用カラーにはせず、タッチパッドリングをブルーにし、キーボードをすっきりキーボードにしたのだけが外観差異……つまり、開くまでプレミアムモデルとは判らないのだ。
 Lバッテリーをつけ、カタログ値だと23時間動く。実際、1日持ち歩いて、「バッテリー残量90%/残り稼働時間21時間」と出るから、まぁ、相当動くんだろうな。
 それで重さは1kgしかない。モックアップか?と思うくらい軽い。
 正真正銘のハイエンド、値段はすごいんだけど、見た目安っぽいし軽くて小さいので、所有欲を満たされる機械じゃないけど、見栄張る機械じゃないからなぁ……

 あれこれ設定しながら使っていて、漸く落ち着いた。

12月 9日

 ■厦門日記(4日目)

 厦門4日目の金曜は、某石油会社の中国副社長との意見交換。

 その後、飛行場に向かい、夕方の飛行機で上海へ。
 そして、上海で待つ事5時間……1:45発のANAで帰国。

 ANA機内では、多くの人が「君の名は。」を観ているのに苦笑したり……
 (画面つけてる人の半数は観てた)
 ……まぁ、話題の映画だしねぇ。

 羽田着は4:45。
 こんな時間じゃリムジンバスも運行してない。そこで、京急で帰宅。
 帰宅は6時。
 洗濯物を出し、とりあえず仮眠……
  

12月 8日

 ■厦門日記(3日目)

 3日目も当然仕事。 今日は、朝から会議。

 この日、昨日、なくした名刺入れが届けられた。会場スタッフが拾って、日本人の名刺が入っているので、日本人を知っていそうな人を探して届けてくれたのだそうな。ありがたい。
 ……中国、なめてました。申し訳ない。

 この日の昼食は、バスで移動し、日航ホテルのバイキング――昨日は文句も言ったけど、いや、会場スタッフ、なかなか頑張っているよな、と見直した所で、昼食後、ホテルに取り残される。(爆)
 点呼くらいとれーっ。
 結局、ホテルから会議場まで歩いて戻った。

 この日の会議の後、打ち上げ兼の食事会だったのだけど、昨日みたいに遅くなるのが嫌で、そのまま帰った。

 ホテルの窓から見た夕焼け。  
 夕食は、ホテル近くのバーで、中華麺。 やはり、中国に来たからには中華麺を食わねばならぬ。
 しかし……うーん、味は悪くない、けど麺がボソボソだなぁ。日本の拉麺は偉大だ。

 その後、ホテルのバーで一杯ひっかけ、部屋で荷物をまとめていると……ノックがあって、
 「ルームクリーニングです」
 もう20:00だぞ、今頃かよ!――当然、帰って貰う。それにしても、中国って、なんかこう言う部分があるよな。
 
 明日は、某石油会社の中国副社長とのMTGとランチ。
 それを済ませたら、深夜便で帰国。

12月 7日

 ■厦門日記(2日目)

 2日目からは勿論仕事。
 こちらが会場。

 こう言う展示。
 本会議だが、厦門での開催は初めてだと言う事で、現地スタッフが不慣れで、何を聞いても判らない状態。
 この辺は経験なのだろうが、それにしても、海外からもゲストを招いているんだから、しっかりして欲しいもの。

 あと、この日、会場で名刺入れをなくした。
 日本じゃあるまいし、さすがに出て来ないだろう、と諦める……まぁ、これがパスポートや、財布でなくてよかったよ。やれやれ。

 夜は、参加者出席の食事会。

 勿論、中華料理で、当然のように食べきれないくらい出る。
 内容は、厦門名物の海鮮。海苔と牡蠣のスープが絶品だった。
 更に名物の家鴨ソバが出た。
 つけ麺のように麺にスープをかけて食べるのだが……左の写真のようにスープの中には家鴨の頭がくちばしごと入っている。
 さすが、中華料理。
 カブトガニだ。
 ……食うのか、やはり。 
 勿論、シロギスやイシモチ、馴染みのある魚も並んでいるのだけど。
 食事の後、厦門港からのナイトクルーズの予定が組まれていた。
 
 
 ……こんな予定があったのなら、昨日、船乗らなくともよかったんだが……でも、夜景は綺麗だったけどね。

 ホテルに戻ったのは、21時過ぎで、さすがに疲れた……

12月 6日

 ■厦門日記(1日目)

 今日から12月9日まで厦門で開催される国際会議に出席のため、出張。

 朝6時発のNEXで成田空港へ……

 車内の楽しみのひとつが駅弁。
 勿論、横浜と言えば、崎陽軒の「シウマイ弁当」だ。
 小ぶりなシウマイ6個(シウマイと言えばコレだ!)、筍の煮物(逸品)、鶏の唐揚げ、卵焼きにカマボコ、それにマグロの照り焼き(絶品)に、刻みショウガに昆布の佃煮。
 杉板の入れ物はご飯がべたつかずに香りよく……これ大好き。
 成田空港。
 
 ……お、スター・ウォーズ塗装の飛行機だ。
 厦門着は14:00。

 台湾ととほぼ同じ緯度だけに、道路の街路樹は椰子の木ですっかり南国ムード。
 まだ陽が高いので、せっかくだから市内の観光コースを巡り、それから夕食を兼ねた打ち合わせをしよう、となった。
 そこで、市内に出てから、船に乗って島に渡る。
 町並み。

 とりあえず、辺りを散策。
 海岸の街だけに海産物がいっぱい。
 「海螺」を、「サザエ」と説明してくれたけど、絶対違うと思う。
 これは真珠貝だそうだ。
 (日本の真珠貝、アコヤガイではない……多分、ドブガイの仲間、川真珠じゃないかなぁ……)

 この店では、貝を買って、中に入っている真珠を取り出し、磨いてネックレスなどにして貰う、と言う売り方らしい。
 日本と違ってあまり高級なものではなく、綺麗な貝殻扱い、のようだ。
 道端では魚を干していた。
 夕食は、やはり中華海鮮料理。
 ……観光地価格なのか、価格はちょっと高め。
 
 夜の厦門の繁華街。

 左の写真は結構名物の建物らしい…… 

【過去の日記】

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月

2015年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2014年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2013年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2012年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2011年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2010年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2009年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2008年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2007年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2006年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2005年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2004年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2003年の日記

4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

更新日記


戻る