気まぐれ日記


 気まぐれなので、(きっと)毎日は書きません・・・


2017年の日記

7月20日

 ■水曜は……

 昨日の水曜は、仕事で市ヶ谷外出。
 その帰りに、ブルク13で「カーズ/クロスロード」。
 この映画、奥田民生の歌う予告編や、クラッシュシーンを描くポスターからも、これはもうお子様向けではない、と言う雰囲気を出しまくっていて、これは、と期待していたのだけど、確かに悪くはない、決して悪い出来じゃないのだけど、この映画には、クロスロードの名に相応しい、中年男の心を震わせる人生の岐路を描いて欲しかった……ピクサーにはそれが出来ると思えるだけに、ちょっと残念。

 帰宅後、レビューを書いたものの、アップロードするまで至らず、椅子に座ったまま、エアコンもかけたままで寝落ちして、気づいたら4時……うう、喉が痛い。

 ■本日は命日です

 今日、7月20日は、永遠のアクションスター、ブルース・リーの命日。
 と言う事で、友人に誘われ、新宿ピカデリーで特別公開される「ドラゴンへの道」を観て来た。
 この映画、ブルース・リー自身が監督を務めた初の映画で、しかも、彼の肉体コンディションも最高レベルにあり、もっともブルース・リーらしさの出ている映画ではないだろうか?
 彼の命日の日の特別上映で観た本作、その早過ぎる死をあらためて惜しい、と感じた。

7月16日

 ■週末は……

 金曜夜に、
 「魂」 。
 これは、空知英秋の人気コミックを実写化したもの。
 原作コミックは未読だけれど、なるほど、これは面白い。
 盛り沢山のギャグで笑わせ、パロディはもうギリギリのレベルで・・・これをよくもまぁ米映画メジャーの製作でやったもの。
 劇場内でこれだけ笑いが起きる映画も久しぶりだな。

 土曜日は午前中に病院に行き、午後から映画3本。
 1本目、「ありがとう、トニ・エルドマン」は、ドイツのコミカルなヒューマンドラマ。
 キャリアウーマンとして消耗している娘を心配する父親の物語なのだけど、このイタズラ好きの父親の行動がとんでもなく――まぁ、笑いをとるシーンなのだろうけど、ここは、ドイツ人との感性の差なのか、あまり笑えるようには思えなかった。
 ただ、途中、父が娘に歌わせた「Greatest Love of All」は、正に、彼女が抱える問題を自ら見つめさせる、と言う部分で効果的。これには思わず涙してしまいそうになった。
 その後、娘はパーティー準備中にブチ切れ、自分が何をやっていたのかに気づいて、とんでもない行動に走るのだが……なるほど、この父にしてこの娘あり、だな。 

 2本目は、「夜空はいつでも最高密度の青色だ」。
 これは、最果タヒの同名詩集を原作に「舟を編む」の石井裕也監督が映画化したもの。
 ヒロインの新人、石橋静河の知名度がなく、詩の映画化、と言う馴染みにくさもあって注目していなかったのだけど、これは出演者がかなり豪華。
 最果タヒの詩のイメージを元に、荒涼とした心象風景を生きる、生き詰まった若者たちを描く青春群像……と言うか恋愛映画になっている。
 池松壮亮の巧さは勿論だが、本作のヒロイン・石橋静河の存在感は新人らしからぬものがあるな、と思って調べて見たら、父親が石橋凌で母親が原田美枝子だって?こりゃ、サラブレッドじゃないか!

 3本目、「彼女の人生は間違いじゃない」。
 これは、廣木隆一監督が、震災から5年後の故郷・福島を舞台にした自身の処女小説を映画化したもの。
 ヒロインのみゆきは、いわき市の市役所で働きながら週末は渋谷のデリヘルでバイトをしている、と言う設定。
 これも、みゆき演じる瀧内公美にあまり馴染みがなく、単館系の小品か、と思っていたのですが、それ以外のキャストが何れも主役級で……映画を観て納得したのは、これだけの脱ぎっぷりと濡れ場度胸。なるほど、これが出来る女優、って事だったのか、と。

 この「夜空はいつでも最高密度の青色だ」と「彼女の人生は間違いじゃない」、2本に共通しているのは、当たり前の事を当たり前にやろう、と言う事。
 朝起きたら、おはようと言おう、食事をする前にはいただきます、と言おう……先の見えない時代だからこそ、こうした日常のひとつひとつの積み重ねが大切と言う事か……

 日曜は、午前中にクルマを引き取ったら、午後、
 「ノーゲーム ノーライフ ゼロ」。
 これは、榎宮祐のライトノベルを原作にしたテレビアニメ「ノーゲーム・ノーライフ」の前日譚。流行のエピソード0ってやつだ。
 原作小説・アニメ共未見ではあったけど、人工知能の少女トノコミュニケーションが面白く、予想以上に引き込まれた。
 クライマックス、最後のゲームが引き分けに終わったのには、危うく本泣きしてしまう所だった。 

7月10日

 ■あれ?

 月曜日、さて会社行くか、とクルマに乗ってエンジンかけたら……エンスト。またかけてもまたエンスト。
 だめだ、アイドリングしない。
 確認したけど、配管・配線は繋がってる、警告灯はついてない。A/C、P/Sも動く、クラッチも切れる、となるとISCが死んでるか?
 とりあえず、今日は電車で出勤。

 会社で修理を依頼する……と言っても、あの状況じゃ自走は不可、引き取りに来て貰うしかないが、日産に頼んだらレッカー費用(最大)15万円だと言う。
 もっとも、保険の事故・故障特約が使える、と言うので、保険屋に連絡、夕方車載車を寄越して貰う事にした。

 会社を早めに上がり、6時に駐車場で待ち合わせ。
 アイドルしないクルマを何とか動かして車載車に載せ、ディーラーへ……そして、ディーラーで修理を依頼。

 今日の所は、預けて帰宅。
 明日は休みだそうだから、連絡は明後日以降、か……これで明日からこのクソ暑いのに電車通勤。やれやれ。

7月 9日

 ■日曜は……

 何故か、5時前に目覚めてしまった。
 しかも、天気はいいし……では、箱根に行くか!

 そして、午前中、久々の箱根ドライブ。

 帰りにちょいと寄り道して買い物などし、帰宅後は部屋でごろごろ。
  

7月 8日

 ■土曜は……

 午前中、通院してから水槽の水替え。
 午後は、バイクでひとっ走り、と思っていたのだけど、数日前から喉が痛く、身体もダルい。微熱もあったので、今日は大人しくしておいた方がいいかな……外は暑いし。

 そんな訳で、結局、電車で桜木町まで行き、今日の映画は「ライフ」。
 これは、ISS(国際宇宙ステーション)と言う閉鎖環境で、地球外生命体に襲われる乗員たちを描くSFスリラー。
 これ、キャストは豪華だし、セットや特撮も凝ってる。でも、いろいろと残念な部分も多くて……B級スリラーと見れば満足なのだろうけど、ここまでお金をかけるのなら、もう一工夫欲しかったなぁ、と思ってしまった。

6月30日

 ■水曜は……

 午後、虎ノ門へ外出。

 仕事の後、109シネマズ川崎で映画「結婚」。
 これは結婚詐欺師と欺された女たちを描いた井上荒野の長編小説を、ディーン・フジオカ主演で映画化したもの。
 この映画、犯罪劇ではなく、己の生き様のルーツとなる謎に迫る男の旅路を叙情たっぷりに描くもの、と見るべきだろうし、ディーン・フジオカは華を添える演技を見せているのだけど、それだけに冗長で薄っぺらいのが惜しい。

 ■6月に観た映画

 6月に観た映画は……

 「LOGAN/ローガン」
 「ゴールド 〜金塊の行方」
 「トンネル 〜闇に鎖された男」
 「華戦さ」
 「20センチュリー・ウーマン」
 「ブラッド・ファーザー」
 「武曲 MUKOKU」
 「パトリオット・デイ」
 「22年目の告白 私が殺人犯です」
 「ある決闘 セントヘレナの掟」
 「セールスマン」
 「怪物はささやく」
 「レイルロード・タイガー」
 「リベンジ・リスト」
 「キング・アーサー」
 「劇場版 魔法科高校の劣等生 〜星を呼ぶ少女」
 「ハクソー・リッジ」
 「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第二章 発進篇」
 「ジーサンズ はじめての強盗」
 「結婚」
 「いつまた、君と 〜何日君再来〜」

 ……21本か。
 うーん、少ないなぁ。
 毎年、夏休み興業を前に小品の公開が相次ぐ6月は鑑賞本数が増えるのだけど……なんと言うか、ルーティーンで観ている感があるかなぁ、反省。

6月18日

 ■日曜は……

 昨夜から何だかダルくて熱もあって、今朝も熱が下がらない。
 何だかだるいし、ぼーっとしているので、仕方ない、映画を観に出掛ける。(おい)

 映画1本目は「リベンジ・リスト」。
 これは、妻を殺され、娘も襲われたお父さんが、ブチ切れて、かつての悪友とつるんでギャングどもをぶち殺して行くアクション映画。
 「若いもんにはまだ負けねぇ」
 と言う、オヤジの意地を感じる映画だけど、先日観た「ブラッド・ファーザー」と内容がちとダブるような……
 (コッチはトラボルタだが)

 2本目は「キング・アーサー」。
 これはご存じ、アーサー王伝説なのだが・・・しかし、これを、
 「下克上エンターテイメント!」
 ってのは如何なものか。
 アーサーは育ちは悪いが、王子様だぞ。
 身分の低い者が実力でのし上がるのが下克上だが、流浪の王子様が王権を取り戻すってのは、「貴種流離譚」って言うんだ、日本人なら、そしてコピーライターと言う言葉を操る者なら、日本語はちゃんと使わないといかんなぁ。

6月 9日

 ■金曜日は……

 午前中、虎ノ門で会議、午後は霞ヶ関へ。
 仕事の後、新宿に移動、ちょっと夕食には早かったが、ねぎしで牛タン食べながら一杯ひっかける……明るいうちから飲み始めると何となく罪悪感あるよなぁ。

 その後、新宿武蔵野館で、映画「ブラッド・ファーザー」。
 久々のメル・ギブソン主演のアクション。
 年老いたとは言え、やはりメル・ギブソン、荒野で大型バイクに跨がり、ショットガンを構える姿は絵になる。
 その後、映画をもう1本、「武曲」を観て帰る。

6月 4日

 ■日曜は……

 今日は久々にクルマいじり。

 夕方、横浜・ムービルで映画「花戦さ」。
 これも予告がなぁ……「秀吉をギャフンと言わせたけったいな男」と言うコピーだが、映画はかなり重い作りだ。
 ただ、確かに、池坊の全面協力による数々の生け花は見事なもので、これは確かに眼福ではあった。

6月 3日

 ■土曜日の映画

 土曜日は映画2本。
 1本目の「ゴールド」だけど、「ラスト10秒の逆転劇」と宣伝してはいるものの、これは、そんな文句から連想される痛快な逆転劇ではないんじゃないか。
 尚、本作ではマシュー・マコノヒーがメタボで落ち武者禿、と言う肉体改造をした事が話題となっているが、かつての、病的とさえ言えた青白い少女イメージのブライス・ダラス・ハワードが、太めむっちりおばちゃんになっているのにもびっくり、であった。 

 もう1本は「トンネル」。
 韓国で大ヒットしたトンネル落盤事故からの救出劇で、韓国では大ヒットしたらしい。
 この映画で描かれる、韓国人の公共工事と行政に対する不信感、と言うのは日本ではちょっとない感じだなぁ……
 あ、ペ・ドゥナの年齢不詳っぷりも相変わらずだ。

 ■エコドライブ・ワン

  映画の後、ヨドバシカメラに寄って、先日、取り寄せて貰った腕時計、シチズンのエコドライブ・ワンを引き取る。
 これ、元々生産数も少ないのか、人気のツートンはメーカー在庫すらない状態だった。
 (どうやら、ほとんどハンドメイドに近い状態らしい)
 結局、ヨドバシカメラの東北地区に流通在庫があったので引っ張って来てもらった。

 それにしても、本体は薄くて軽いのに、ずいぶんと立派な箱に入っているよなぁ……
 まぁ、シチズンのフラッグシップ機だから仕方ないけど。
 つけてみる。
 厚さ2.98mmってのは嘘みたいにボリューム感がない……自分は手首が太いのでスーツを着る際、腕時計がシャツの袖にひっかかって往生するのだけど、これならまず大丈夫だろう。
 まぁ、薄くて軽いだけなら、以前持っていたチプカシでもいいのだが……まぁ、今回はちょっと思い切ってしまった。

6月 2日

 ■「LOGAN/ローガン」

 金曜、仕事の後で「LOGAN/ローガン」。
 マーベルコミックスの実写化シリーズでも長く続いた「X−MEN」の最後となる映画だが……自分的には、あの「X−MEN」をこれで終わりにしてよいのか、というのがちょっと引っかかる所。
 でも、物語としては悪くない。
 クライマックスの戦い、ローラに「オレの後にいろ」と言うのは盾になるのは勿論、父の最後の戦いを見せる、と言う事だろうし、最後、初めて「家族」を持った事を実感して目を閉じるのには涙する。
 そして、最後、ローラが墓標の十字架を引き抜いて斜めにし、「父はX−MENだった」と無言で主張するのにも感動してしまった。

5月31日

 ■5月に観た映画

 5月に観た映画は……

 「無限の住人」
 「帝一の國」
 「PARKS パークス」
 「ノー・エスケープ 〜自由への国境」
 「カフェ・ソサエティ」
 「赤毛のアン」
 「おとなの事情」
 「追憶」
 「ガーディアン・オブ・ギャラクシー リミックス」
 「マンチェスター・バイ・ザ・シー」
 「パーソナル・ショッパー」
 「メッセージ」
 「スプリット」
 「皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ」
 「作家、本当のJ.T.リロイ」
 「夜明け告げるルーの歌」
 「バッド・バディ! 私とカレの暗殺デート」
 「夜に生きる」
 「BLAME!」
 「美しい星」
 「ちょっと今から仕事やめてくる」
 「光」
 「家族はつらいよ 2」
 
 ……23本か。
 まぁ、こんなものかなぁ……それにしてもレビューが全然書けていないな。

5月28日

 ■週末は……

 土曜日は、映画2本。
 1本目は「美しい星」。
 これは三島由紀夫異色SFを映画化したもの。
 原作の核戦争による人類滅亡の危機を、地球温暖化に改変したので。ちょっと危機感は薄れたように思うけど、“日常的にある嘘”と“信じがたい真実”を織り交ぜて描く、現実と言うものの認識、そして近代科学文明批判を盛り込んだ内容には見るべきものがあり、特に終盤の対決シーンはなかなかの見物だ。
 また、最近、「劣化した」と酷評される橋本愛の見せる、“周囲から浮くくらいの美貌”にも納得。
 2本目は「ちょっと今から仕事やめてくる」。
 この映画、ネット掲示板のスレッドタイトルのような題名だけど、これがなかなかの社会派。
 ブラック企業の中で人間性をすり減らしていく若者たちの姿には現実味があるし、そこから抜け出すために、
  「仕事やめていいんだ」
 と言う選択肢を示す内容は確かに悪くない。
 惜しかったのは、エピローグはいささか説明的で長く、くどく感じられた事と、最後の選択。
 異国の子供たちを救うよりも、自分たちの同僚を含めた、日本社会の為に何かするようにして欲しかったな、と。

 日曜は、午前中、CBRでひとっ走り。
 午後は、バイクいじりするつもりだったけど、暑かったのでイジるのはそこそこで切り上げ、今度はCBでひとっ走り。
 その後、夕方からブルク13で「光」。
 これは、今年のカンヌのコンペティション部門に出品された河瀬直美監督の新作で、視覚障害をテーマにした映画。
 これも見応えのある映画だったが、前作「あん」ほどのインパクトはなかったなぁ……

5月21日

 ■週末の映画

 この週末、金曜夜に、
 「スプリット」
 「メッセージ」
 土曜日は、
 「皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ」
 「作家 本当のT.J.リロイ」
 日曜に、
 「夜明け告げるルーの歌」。

 「皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ」だけど、これは、意外と言ったら失礼かも知れないけれど、真っ当で本格的なマスクヒーローの誕生秘話になっている。
 やってることは、殆ど「スパイダーマン」。でも、主人公を中年男とした事で、決してアクションだけじゃない、大人向けの物語となっているし、SNSを有効なアイテムとして活用しているのもいいし、ギャングまでもがYoutubeするなどの風刺も効いていて、なかなか現代的。
 これはおもしろかった。

 「夜明け告げるルーの歌」(これ正しくは「夜明け告げるルーへの歌」だよなぁ)は、「夜は短し歩けよ乙女」の湯浅監督の新作。
 京都+酒飲み+人外+こじらせ童貞と言う、マニアック設定の「夜は短し歩けよ乙女」に対し、少年と人魚の歌を通じたファンタジーと言う一般的なものとなり、 その内容と展開は、「崖の上のポニョ」と大差ない。
 しかし、そのビジュアルインパクトは、「ポニョ」以上。 凄く面白いし、見応えがある。
 湯浅監督の才能は本物だ――でも、劇場はガラガラだった。
 ま、確かに、昨年はアニメ映画の当たり年だったし、今年も好調だけど、先日の「ひるね姫」も不発だったように、ブランド確立してないオリジナルアニメなど、誰も観ないのが現実。
 湯浅監督の才能が本物だけに、勿体ない気もするけれど、結局、現在のアニメ映画は、原作付き(「コナン」、「ワンピース」、「ドラえもん」)か、国民アニメ(ジブリ、地図)しか観て貰えない。
 湯浅監督の売り出し方を間違えた、と言うか……これで、この才能が埋もれてしまう事がないといいけどなぁ。

5月17日

 ■「パーソナル・ショッパー」

 今日は、、TOHOシネマズららぽーと横浜のレイトで「パーソナル・ショッパー」。

 これは、「トワイライト」シリーズのクリステン・スチュワート主演、世界を飛び回る多忙なセレブの代わりに服やアクセサリーを買い付けるパーソナル・ショッパーとして働きながらパリで過ごす女性を主人公にしたサスペンス。
 予告編からは、心理ミステリーのような内容を予想していたのだけど、これが、降霊師でもある主人公が亡くなった双子の兄の霊と交信しようとして、思わぬトラブルを呼んでしまう、と言うオカルト・サスペンスであった。しかも、結構、ホラー要素が強く、個人的には苦手なタイプ。
 ただ、中盤以降のサスペンスはなかなか見応えあったし、クリステン・スチュワートの綺麗なちっぱい鑑賞も出来るのは眼福で、なかなか楽しめた。
 それにしても、クリステン・スチュワート、アメリカではトップ女優なのに脱ぎっぷりのいいこと。こう言うとこ、ハリウッドの女優はよくやるよなぁ。

5月14日

 ■日曜は……

 午前中はのんびり、そんでもって水槽の水替え。

 午後は、バイクをちょっとイジった後で、ららぽーと横浜へ行き、「マンチェスター・バイ・ザ・シー」を観る。
 これ、何故か判らないけど、人気の映画。昨日もほぼ満席だったし、今日もそう。
 物語としては、普通の人々の織り成すドラマ。この映画には、苦難に打ち勝つヒーローはおらず、悲劇は不意に訪れるし、人はそれから逃げようともがく。
 物語としては、問題が解決するとか、一歩前に踏み出すとかではなく……どちらかと言うと、問題解決から逃げてしまっているような映画で……悪くはないのだけど、こんな人気になる映画なのかなぁ?

5月13日

 ■久々の箱根

 この週末は、自動車技術会のメンバーによる一泊二日のツーリングだったけど、今回は泊まりはパスし、土曜日だけ顔出しする事にしたが……この日は雨。
 結局、みんなクルマで集まる事になった。

 この日は、御殿場で集合、乙女峠の「ふじみ茶屋」で昼食。
 (そう言えば、箱根も久々だなぁ)

 その後、伊豆の方に向かったのだけど、結局、つき合ったそこまでで、そこからUターンして戻る事にした。

 そして、戻った後の夕方、ららぽーと横浜に映画を観に行く。
 「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」は、日曜にIMAXで観るつもりでいたので、今日の所は、「マンチェスター・オブ・ザ・シー」。
 ところが、この地味な映画がほぼチケット完売!
 ここでアタマ冷やして考えて、仕方ないので、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」のIMAX版にしたのだが、こちらの方はカガラガラであった……と言う事は、混雑は天気のせいではないらしい。やはり、SFやアクション映画はウケないと言う事か。

 その「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」だが、今回のVOL.2(邦題は「リミックス」)は、曲者ばかりのキャラクターを揃えた第一作に対し、各キャラクターの内面、そして生まれに迫る内容。
 スター・ロードこと、ピーター・クイルの出生の秘密と、ピーターが「父親」を認めて受け入れる辺りは、これは感動のドラマだろう。
 他にもガモーラやロケットにも泣かせる設定があり、「GOG」の結束が確かなものになっていく、2作目にして手堅い作りだ。
 勿論、笑えるシーンも多いし、下ネタ含む、「アベンジャーズ」的マーベル世界より、ちょっとお行儀が悪い辺りも相変わらずの魅力だし、音楽のチョイスは抜群だ。(何せ、母の手による「最強リミックス VOL.2」なのだ!)
 来年には「アベンジャーズ」の第三弾に「ガーディアンズ」も参戦、と言う事だけど……それもまた楽しみ。

 帰宅後、溜まっているホムペ更新をやろうと思いつつ、ついついYoutubeの動画を見続けてしまい……何にも出来ず。

5月11日

 ■「追憶」

 今日は、あまり気が乗らなかったけど、仕事を早めに上がって海老名で「追憶」。

 これは、降旗康男×木村大作と言う巨匠がタッグを組んで撮った映画で、どうせこの手のは賞レースでいいとこ行くから押さえておかないとな……
 映画の出来は、正に「ザ・日本映画」と言う感じ、
 濃密な人間ドラマ、美しい風景と叙情的な音楽、感情のこもった演技――殆ど昭和の日本映画と言う感じで、これは若い人にはダメだろうな。
 (勿論、場内はガラガラだった)
 殺人事件は起きるのだけど、ミステリー要素は希薄だし、サスペンスの盛り上がりもなく、まぁ、それでも人間ドラマで見せ切るのは大したものなのだけど。

 それにしても、今時、こんな昭和の日本映画の新作を観られるとはねぇ……

5月 7日

 ■5月連休9日目

 今年の5月連休も今日でお終い。

 でもまぁ、いつもの日曜と過ごし方は変わらない。
 朝はのんびり、日が高くなって来たところで、CBにまたがり、幸浦のナップスへ。
 こちらでもタンクキャップボルトとカバーを探すが、こちらの店にもなし……やっぱ、諦めてボルトだけは通販で買って、タンクキャップは塗装するかなぁ……
 結局、以前から探していた、ハンドルポーチを買って帰る。

 CBにつけるとこんな感じ。要は、高速のチケットとETCカードを入れたかったのだけど、透明なポケットはスマホをナビ代わりに使う時にも役立つだろう。
 ちょっとウィンカーインジケーターが見づらくなるが……CBの場合、ウィンカーの点灯はウィンカーを直接目視すればいいから問題にはならない、か。
 昼は、映画「帝一の国」と吉野家のタイアップ企画である、牛丼セット「菅田将暉スペシャル」にした。
 結構なボリュームだ、若いってのはいいねぇ。

 帰り道、ちょっと気になって近所のホームセンターに寄り道。
 以前、気になって購入した鉄魚がまた入荷していた――まぁ、「鉄魚」は天然記念物なので、商品名としては「尾長フナ」となっていたけれど。
 結局、これまた呼ばれたような気がして2匹を購入。

 夕方、ジャック&ベティで映画「おとなの事情」。
 これは、4人の男が妻を連れて集まったパーティーで、ゲームとして着信した電話とメールをすべてオープンにした所、お互いの秘密に触れる拙い電話が次々に入って来て……と言うイタリア映画。
 映画は、月食の夜の夢、と言う形で終わりを迎えるが、彼らの抱える秘密を思うに全部暴露されて、やり直した方が幸せになれるのではないか、と思ってしまう、ちょっともやもやした部分が残る映画だった。
 でもまぁ、そんな風に思ってしまうのは、やはり大人には他人に明かせない秘密があるのだし、その秘密を抱え込んでいるが故に成立している人間関係があるのだなぁ、と共感させられる部分があるからだろうか。
 低予算の小品だが、こうした確かな人間観察の結果描かれる濃密なドラマをさらっと描く辺りがイタリア映画ならでは、か。

 さぁて、明日から仕事、再開。

5月 6日

 ■5月連休8日目

 5月連休8日目の土曜は、ほぼ通常運行。
 午前中に水槽の水替えを済ませ、午後は、ブルク13に映画を観に行く。

 映画は「赤毛のアン」。
 これは児童文学の名作、モンゴメリの「赤毛のアン」を完全実写化した、と言うカナダ映画。
 物語の舞台となるプリンス・エドワート島の風景は文句なしに美しく、キラキラと輝くようで、確かにこれは「赤毛のアン」の完全実写化として文句なし。
 アンを演じるエラ・バレンタインは、そばかすが薄いのが物足りなくはあるものの、これまた様になっている。
 それにしても、空想癖がありおしゃべり好きなアンは、妄想に耽って人の話を聞かず、ひたすらしゃべりまくるので、当初はうざく思えたほど。
 しかし、それが徐々に引き込まれ、物語が終盤を迎える頃にはすっかり好きになってしまっているのが、名作の名作たる所か……判っているはずのラストシーンでは思わず涙してしまった。

5月 5日

 ■5月連休7日目

 5月連休も終盤の金曜、結局、今日も映画を観に行く。
 
 今日はららぽーとで本日公開の「ノー・エスケープ」と「カフェ・ソサエティ」。
 その後、久々にナップスに行って買い物でも、と。

 映画、「ノー・エスケープ」は、メキシコの不法移民が、砂漠で“人間狩り”を楽しむアメリカ人に追われる、と言うサスペンス。
 追走劇としては、手に汗握るサスペンスがあって退屈はしないし、脳天気なアメリカ映画とは違う、余韻を残したラストも悪くないが、物足りなかったのは、追うアメリカ人の設定。ここにもう少しドラマが欲しかったな、と。
 (逆にメキシコ人側のドラマが最小限なのは、これはこれでいい)
 これだったら、アメリカ人を「金持ちのドラ息子が道楽で人間狩りをしている」と言う設定にすれば、何を意味しているかが明白となってよかったようにも思うが……そこまでやるとさすがにやり過ぎか。

 「カフェ・ソサエティ」は、ウディ・アレンの新作で、如何にも“らしい”映画だ。
 恋愛と音楽、それに殺人、と言うお約束の題材で……まぁ、いつも通り。
 他愛のない内容で、特別な盛り上がりもなしに、クスクス程度の笑いと恋物語だけで1本の映画にしてしまうのだから名人芸だ。
 しかし、監督、クリステン・スチュワートを本当に綺麗に撮るなぁ。
 
 映画の後、ナップスに行くも、欲しかったタンクキャップボルトと、タンクキャップカバーはなく、空振り。
 あ、レッツノートのカバーの補修用にシート補修用のレザーを買っておいた。

 その後、ちょっと気になって、ペットショップに寄り道。
 ここで、店頭ストックされていた青ザリガニ購入……そのつもりはなかったんだけど、長期ストックされていたようで、コケが身体に生えている、と言う状況で、何となく気の毒になって買ってしまった――って言うか、コイツに呼ばれたかなぁ?

  帰宅後、レッツノートのカバーの修理を行い、その後、通販でタンクキャップボルトとカバーを探すが……まぁ、これは日曜日にでも幸浦のナップスに行ってからでもいいか、とか思っているうちに眠くなり、ダウン。

5月 4日

 ■5月連休6日目

 今日は、午前中にCBRに跨がる。
 横浜駅西口から首都高に乗って、横羽線で川崎まで行って、湾岸で戻るコースだった……が、川崎で渋滞にはまってしまう……この辺がやはり、連休か。
 取り締まりの覆面パトカーも見かけたので、走行車線を(それでもエンジンを回し気味にしながら)流れに乗って走って、50kmほど走って帰宅。

 家で昼食の後、ムービルで映画「帝一の国」。
 これは、お気軽コメディかと思いきや、男子校の生徒会選挙を、現実の政治をカリカチュアライズして描くものとなってる。
 金を使うものは金に裏切られるし、人脈と人望、そして、ここは負けても大局で勝つ、と言う戦略眼・・・これを娯楽作としてまとめる力量はなかなかのものだ。
 出演者は紅一点の永野芽郁以外は男ばっかり、それも人気のイケメン俳優を揃え、褌ひとつで太鼓を打つと言うサービスシーン(?)もあるので、婦女子向けと思われるかもしれないけれど、そのテンション高めの演技含め、これは見応えある映画だった。

 その後、黄金町に移動し、この日2本目は、「PARKS」。
 これは、今年100年目を迎える井の頭公園を舞台とした青春群像劇。
 主演は、橋本愛。
 橋本愛は、かつての謎めいた美少女っぷりは薄れたものの、等身大の女子大生を自然体を演じて好印象。独習した、と言うギターの弾き語りもなかなかだったけど、惜しいのは歌唱シーンでの声がちょっと弱いこと。これでちゃんと歌えれば、「はじまりの歌」のキーラ・ナイトレイに匹敵する存在感だったんだけどなぁ……
 (あらためて思うけど、この子、鼻は鷲鼻だし、頬骨は高いし、顎は尖って突き出してるし、年をとったら魔女みたいな顔立ちになるのではないだろうか、と)
 映画としては低予算の単館系インディーズ作なんだけど、そんな小品にも出演しちゃう染谷将太もまた大したもの。映画と音楽が、ホント、好きなんだろうなぁ――そうそう、染谷将太と橋本愛の2人に既視感があったのは、「寄生獣」の共演があったからか……
 ただ、物語の方はちょっともやもや。
 ラストの歌のシーンは素晴らしいのだけど、そこに辿り着くまでを、もっとすっきり、気持ちよくして欲しかったなぁ、と思ってしまった。

 映画の後、伊勢崎町のやよい軒で夕食後、帰宅。

 うー、この日も部屋に戻ってぐったり、何も出来ず。
 いかんなぁ、ホムペを放置しっ放しだ。

5月 3日

 ■5月連休5日目

 連休、やっとで休み。

 さて、今日は何しよう……と思いついたのが、この2日、部屋で仕事をしていたので太陽を浴びてない、では出かけよう、と。
 でも、何処も混んでいるよなぁ・・・どうせ混むなら、今日、5月3日は横浜仮装行列だ。久々に行ってみよう。

 そこで、久々にデジイチを引っ張り出す。
 280mm、F2.8望遠ズームをセットし……それが掌に乗るのだからQ7ってのは恐ろしい。
 勿論、レンズは単焦点に広角、魚眼まで5本持って行く。でも、全部で600gと言うのがQ7の……
 で、出掛けたのだが・・・あいにく、ちょっと天気はよくない。まぁ、あまりピーカンでも暑いので、これはこれでいいか……

 最初は山下公園まで行こう、と思っていたのだけど、人の流れに押されるように、横浜税関前に陣取る事となった。
 左の写真は神奈川県警のカラーガード隊。

 とりあえず、写真は公務員と、プロと思しき人々に留めておこう……肖像権とか最近ではうるさいし。
 横浜の仮装行列と言えば、やはりコレが出て来ないと。
 そして、鳴らされる爆竹――
 横浜ベイスターズ。 
 ブラジリアンサンバに……
 
 ……おや、仮面ライダーがいる。
 これは日産のフロート。
 行列見物の後、お昼は中華街で、と思ったのだが……この混雑で何処も行列。
 仕方ないので、中華街の片隅でラーメン店に入った――まぁ、これも中華料理と言えない事はないが……

 
 その後、山下公園で写真撮りながら散策。

 夕方、ブルク13で映画「無限の住人」。
 この映画、長い原作を三池監督が好きなように料理し、ほぼオリジナルストーリーにしてしまった。
 まぁ、正直、コスプレチャンバラで、登場人物の言葉遣いから所作まで時代劇としての体裁もおざなりで……時代劇としても、マンガの実写映画化としても「?」な出来ではあるけれど、一面、血の海で人体パーツの散乱する凄惨なクライマックスも含め、三池監督らしい、と言うべきか。
 しかし、キムタクは結局キムタクである。

 映画の後、寄り道せずに帰宅。
 さすがに、疲れた……

5月 2日

 ■5月連休4日目

 連休4日目の火曜も仕事。
 朝8時から仕事を始め、メールチェックし、会議日程を調整して案内を出し、報告書を書き、レビュー資料を作って送り込み、一段落したら21時か……これじゃ、普通に仕事してるのと変わらない。

 それにしても、同じように机に向かって座っていても、仕事していると腰が痛くなる、遊んでいると気にならない、ってのは現金なもんだ。

 さて……仕事の方はまぁ、片付いた。
 (でもまぁ、メールチェックくらいはせんとイカンな)
 これで明日からのんびりだ……って、恐らくどうせのんびりなどしないのだろうけど。

5月 1日

 ■5月連休3日目

 今日は天気も不安定だし、何より世間は平日。役所は出勤しているので、ちと怖い……ので部屋で仕事する。
 いつもと同じ、8時過ぎから始業、メールを確認、金曜日の打ち合わせの報告文書を作って報告を上げ、情報展開し、必要なメールも打って……午後、一段落した所で、モバイル環境の整備などを行う。

 さて、後は先日の海外出張の報告をまとめ、資料をひとつまとめたらよいか……それは明日にしよう、っと。

 ■モバイル環境整備

 出先でのネット接続やPC作業など、長いこと試行錯誤の挙げ句、この所、落ち着いて来たのが「メインPCを持ち歩く(爆)」と言う方策。
 バカみたいな対応なんだけど、これなら家でも出先でも環境変わらず、データの同期も問題ない……その場合、PCには1kgの重さでデスクトップ機並の性能を求めるの事になるけれど、これはレッツノートと言う奢った機種を運用する事で何とかなる。
 確かに金額は張るけど、その分、モバイル端末が不要なのだから、結果としては安上がりだろう、と。

 だけど、最近、会社PCを持ち帰り、持ち歩く機会が増えた。
 会社PCは重量3kgに近く、荷物が重くて仕方ない。さすがに重量セーブの観点から私物PCは持ち歩くのを断念する事が増えた。何しろ通勤鞄の中には、手帳の他に、ノート代わりのポメラDM100、移動時の暇つぶし用の電子書籍端末としてタブレットが1台入ってる。身につけているのはスマホ1台、それにガラケー1台……私物PCを外し、その代わりをタブレットでカバー出来ないか、と。

 そこで、まず考えたのが、タブレット(キンドルHDX)をコンパーチブルPCにすること。
 出先で作業するのがちょっとしたテキスト入力と、ネットが主で、ホムペ更新や画像処理まではやらないし、仕事は会社PCでやる。
 このくらいなら、と思って、ここ暫くあれこれ物色していた。

 まず、浮上したのが、ASUSのChromebook、C100PA。
 これなら890gと軽く、データはクラウド保管出来るので同期も容易い。
 Chromebookの提唱するクラウドコンピューティングも気になるので、これは買う直前まで行った。
 (結局、5月に新型が出る、と言う情報に思いとどまった)
 ただ、気になるのが、Choromebook特有のファンクションキーのないキー配列。
 これ、日本語入力する時にひっかかるんだよなぁ……

 そこで、次にキンドルにキーボードカバーをつける事を思いついた。
 ベルキンのキーボードカバーを持っているので、これをキンドルにつけると、丁度、小さなノートPCのようになる。
 これでいいかな、と思ったのだけど……やはり、日本語入力がどうも上手くない。
 それにエラーが頻発するので嫌になってしまった。

 やはり、ここは日本製のキーボードを、と思ったのだけど、なかなかいいのがない。
 その中で気になるのが、キーボードに定評のあるポメラのキーボードを転用したブルートゥースキーボード。これはよさそうだ――と、ここまで考えて来て、はたと気づく。
 ポメラは持ってる。
 DM100なら確かブルートゥース機能があったよな。
 これをキンドルに繋ぐ……すげぇ入力し易い。こいつは最高だ。
 大体、ポメラはテキスト入力専用機、と言うことでテキスト入力は凄くし易い。B5サイズのレッツノートは勿論、A4サイズの会社PCより打ち易いくらい。
 これをキンドルに繋げる、いや、スマホに繋いでもいい。
 おお、これで出先での入力が一気に快適になるな……しかも、重量も嵩まない、いい事だらけ。

 テキスト入力と管理にはEvernoteを使う事にした。
 これでデータをクラウドに置いておけば、スマホでも、キンドルでもアクセス出来る、テキスト入力はポメラで楽ちん、あとは家でクラウドから引き出せばいい。
 おー、これでなんとか格好になったか。
 しかも、有り物で格好になったのはありがたい限り。

4月30日

 ■5月連休2日目

 連休2日目の今日は、映画を観に行く。

 シネマジャック&ベティで、
 「タレンタイム」
 「わたしは、ダニエル・ブレイク」
 の2本。

 「タレンタイム」は、マレーシアの高校で行われる芸能コンテストと、その出場者が織り成す群像劇。
 多民族・多宗教・多言語が混在するマレーシアの暮らしは興味深く、ドラマとしても心に響くものはあったが……ちょっと筋運びや展開、場面切り替えにひっかかるところがあって、映画に没入出来なかった感じ。ちょっと残念。

 これを観ている際、普通に座っていたら、後ろから「見えない」と声。
 それで椅子に浅く座って頭を下げたのだけど、そのせいで腰が痛くなった……今時のシネコンじゃない、昔のスタイルの映画館であるジャック&ベティは客席傾斜が小さく、画面に観客の頭がかかるのは当たり前だろっ!そのせいで、こっちは前の観客の頭が字幕に被ってしまうんだぞ!!と言い返すのも不毛なので、その通りにしたが何だかもやもや。

 「わたしは、ダニエル・ブレイク」は、ケン・ローチ監督が引退宣言を撤回して撮った映画で……その怒りとやるせなさが伝わってくる力作だ。
 イギリスの話だけど、これは決して他人事では済まされないものだろう。

  映画の後、天気がいいので、黄金町から桜木町まで散策。
 鯉のぼりも大岡川を泳いでいるしねぇ。
 
 夕方に帰宅、あとはのんびり。

 ■4月に観た映画

 4月に観た映画は……

 「暗黒女子」
 「ムーンライト」
 「ワイルド 〜わたしの中の獣」
 「ジャッキー 〜ファーストレディ 最後の使命」
 「島々清しゃ」
 「東京ウィンドオーケストラ」
 「LION 〜25年目のただいま」
 「ゴースト・イン・ザ・シェル」
 「はじまりへの旅」
 「夜は短し歩けよ乙女」
 「ハードコア」
 「グレートウォール」
 「午後8時の訪問者」
 「T2 トレインスポッティング」
 「バーニング・オーシャン」
 「3月のライオン 後編」
 「人類遺産」
 「美女と野獣」
 「ワイルド・スピード ICE BREAK」
 「タレンタイム 〜優しい歌」
 「わたしは、ダニエル・ブレイク」

 ……21本。まぁ、こんなもんか。
 4月は毎年観る本数が減るんだけど、今年はあまり落ち込んでない。ただ、レビューが全然書けてない。3月、むちゃくちゃ忙しかったし、4月に入ったら楽になるかと思ったんだけど、これが全然変わらずで……困ったもんだ。

4月29日

 ■5月連休1日目

 今年の5月連休は9連休……とは言え、会社PCと共に仕事持ち帰りじゃ、ちょっと憂鬱だが……

 その初日は、午前中に水槽の水替え。
 午後は、バイクをメンテ。
 まぁ、タイヤ空気圧を確認、ブレーキキャリパーを外して洗浄する、くらいだけど。
 (CBRはそろそろパッド交換だな)
 あと、先日、雨の中を走ったCBRは泥はねを拭いてワックスをかけ、アルミパーツの雨染みはコンパウンドで磨き直す……鏡面にしてるとコレが面倒だよな。

 夕食後は、会社PCを起動してメールチェック――金曜日、外出していたのだけど、その間はまぁ、なんとかなったみたいだ。
 これなら役所が出勤する1日までは静観でいいだろう。明日は休めるな、と思った所で気が抜けて、そのまま寝落ち。

4月23日

 ■春紅葉

 今日は、毎年恒例、大井松田に春紅葉を見に行ったのだが……今年は既にピークを過ぎ、緑色が強くなっていた。
 うーん、残念。

4月15日

 ■週末

 風邪でボロボロになっていた今週もお終い、これで休める……

 金曜日は、仕事の後でブルク13のレイトショーで「ハードコア」。
 これは、全編POVにしてほぼノンストップのウルトラバイオレンス。
 最初っから最後まで、主人公の目線にカメラがあるので、何と、主人公を演じる主演俳優がいない。現場ではシーンによって、スタントマンやカメラマン、監督までが主役を演じていたと言う。
 「映画史に残る映像表現」と言うことで、「これは必見」と思って観に行ったのだが……始まって10分で後悔。これは酔う、絶対映像酔いする。
 大体、POV映像で酔う質なので――もう、「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」などゲロ酔いして映画官から出た後、歩けなかったほど。
 失敗した、これは観るんじゃなかった。

 そんなので思いっきり気分悪くして帰宅、食事もろくに喉を通らず、横になったら、そのままダウンして朝5時……やれやれ。

 今日は、身体休めないといかんのだが、いろいろ用事もあるし、バイクにも乗りたい。午後出かけることにし、夕方「グレート・ウォール」を観に行こう。
 夜は、アマゾン・プライムで明日の予習として「トレイン・スポッティング」を観る。

 明日は、ジャック&ベティで、「午後8時の訪問者」。
 その後、「T2 トレイン・スポッティング」を観るつもり。

4月 7日

 ■「エマ」

 今更ながら森薫のコミック「エマ」にハマってしまいまった。
 きっかけは「乙嫁語」だった。これが面白くて、森薫の他のコミックを読みたくなり、あらためて読み始めて、はまってしまった次第。
 それにしても、「エマ」を見ると、初期の絵に比べ終盤の描き込み量の増加が半端じゃない……これだけ、連載中に進歩と言うか変化を見せていたのか、と通して読むとよく判る。

 内容は身分違いの恋、と言うテーマ自体も19世紀モノなのだけど……そこに引き込まれるのは、やはりヒロインのエマの魅力か……
 「美人・無口・メガネ・照れ屋」
 と言う4強特性全部持ちのヒロインだからなぁ。

 しかし、よくよく考えてみると。このテーマと展開、「キャンディ・キャンディ」じゃないか、と思ってしまったり。
 
 まぁ、古典的な内容、しかもありがち、と言えばそうなんだけど、面白いものは面白い。
 やはり、作者が面白がって、打ち込んで描いているものは違うなぁ、と……


【過去の日記】

1月) (2月) (3月

2016年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2015年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2014年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2013年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2012年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2011年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2010年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2009年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2008年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2007年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2006年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2005年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2004年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2003年の日記

4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

更新日記


戻る