気まぐれ日記


 気まぐれなので、(きっと)毎日は書きません……


2024年の日記

7月 5日

 ■「先生の白い嘘」感想

 金曜日、イオンシネマ港北NT、久々のレイトショーで。
 「先生の白い嘘」。

 これは、男女の性の不平等に切り込んだ鳥飼茜の同題漫画を、「“かくれビッチ”やってました」の三木康一郎監督が実写化した人間ドラマ。
 主演は奈緒。共演は、「HiHi Jets」のメンバー、猪狩蒼弥と、三吉彩花、風間俊介。

 高校教師の原美鈴は、地味目で物静か。対照的に派手で快活な親友の渕野美奈子から、早藤雅巳と婚約したと告げられるが、その早藤は、美鈴をレイプし、その後も彼女を屈辱的な性のはけ口として来た男だった。そんな、誰にも言えない不平等な性の問題が、美鈴を鬱状態にまで追い込んでいた。
 そんある日、美鈴の担任するクラスの男子生徒の新妻祐希からある性の悩みを打ち明けられ、思わず本音を漏らしてしまった事から、新妻は逆に美鈴に魅かれるようになって行き……

 これは、男女の性行為の不平等さを描くもの。性の快楽が男女それぞれにあるとしても、現実的には体格や腕力で優位に立つ男性が優位になるし、社会的にも経済的・文化的さまざまな格差が、女性が、その性を一方的に搾取され、消費されている、と――そうした現実を踏まえ、これは、そうした問題を女性目線で描くものとなっている。
 これは、男性にとって、いささか居心地悪く感じるものだろう。しかも、主人公の美鈴が、体力的にも性格的にも相手に強く出られるタイプではなく、だからこそ、その思いと感情は徹底的に弱者(この場合は女性)に偏る――「そのくらいのこと、許されるだろう」と言う男性の言い分に対し、「許すかどうかを決めるのはわたしたちの方」と返されるのには、自身、男性の傲慢さを痛感した部分だ。

 映画は、そんな美鈴と、今時ありえないくらいに女性を蔑視し、暴力的に性を搾取する早藤との対峙をクライマックスに、この問題に苦悩する美鈴を描いていく。
 レイプシーンを含む濡れ場も辞さず、性の生々しいドラマに挑んだ奈緒も挑戦的だが、これまで好人物の印象の強い風間俊介が、早藤を嫌らしく演じているのも大したものだ、と思う。
 残念なのは、日本映画らしい諸事情によるものなのだろうが、カラミの際にもブラジャーを外さない違和感と、登場人物の背景描写の希薄さ。これでは、登場人物の行動原理が掴めず、全てが唐突に感じられるだけだ。
 そして、最大の問題は、主演の奈緒が望んだ、インティマシー・コーディネーターを入れる事を三木監督が却下した事――撮影時に第三者を介在させたくない、問題の有無は自身で判断するからいい、と言うのは、正に作品中でも語られる強者である男性側の理屈であり、それを決めるのは、奈緒の側にある。監督が、それを理解していなかったとすれば、原作、そして脚本に書かれた女性の立場から見えるものを果たして理解していたものかどうか……映画を観た印象としても、正直、何を言いたいのか判らないものになっているのは、監督自身が問題の本質を理解していなかった証のように思えた。

7月 3日

 ■「ルックバック」感想

 これは、「チェンソーマン」の藤本タツキが、コミック配信サイト「ジャンプ+」に発表した同題の青春物語をアニメ化したもの。
 監督は、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」などに主要スタッフとして携わってきた押山清高。声の出演は、「あんのこと」の河合優実、「あつい胸さわぎ」の吉田美月喜。

 小学4年生の藤野は、学校新聞で4コマ漫画を連載し、クラスメートからは絶賛を受けていた。
 ある日、先生から不登校の同級生・京本の4コマを載せたいと告げられ、彼女の絵を見た藤本はその画力に打ちのめされる。だが、京本は藤本の描くマンガの熱狂的ファンだった。二人の少女は漫画へのひたむきな思いによってつながり、中学・高校の6年を共に漫画を描いて過ごし、卒業後は漫画週刊誌への連載も決まった。
 だが、京本は、更なる絵の高みを目指して美大へ進学、そして、ある日、すべてを打ち砕く出来事が起こる……

 これは、絵描きの物語であり、本作製作に集結したのは日本でも屈指のアニメーターたち。その画力には圧倒されます――なにしろ、藤本タツキの絵が動く、躍動感が凄い。特に、京本に初めて会って、思いを伝えられた藤本の走りは特筆するに値するでしょう。また、藤本タツキ自体の画力も相当なもの、と思えたのは、回想シーンで使われた止め絵でさえ動いている、と錯覚させられるほど。正に絵描きによって命を吹き込まれた絵がそこにあります。
 物語は、熱く、ひたむきな青春もの……ただし、これは前述したように絵描きの話であり、そこで少々観る人を選ぶかもしれない――自分も、中学~高校にかけて、白紙の自由帳何冊も習作をしており、痛いくらいに感情移入してしまったのだが……

 藤本にとって、京本はライバルにしてファン、絵描きにとってかけがえのない存在であると共に、親友でもある。そんなふたりを襲った悲劇には胸が痛くなる。それでも、
 「ふたりの過ごした時間を”意味がなかった”ことには出来ない」
 だから、藤本は再びペンをとる。描き続けるしかない、と言う感動の物語なのだ。

 この悲劇だが、京都アニメーション放火殺人事件を連想する人も多いだろうし、作者も明確にそれを狙っている……それを非難する向きもあるが、クリエイターが衝撃を受けたなら、それを語るのは作品なのだ。批判はあるだろうが、これは藤本タツキ、そして押山清高と言うクリエイターの事件に対する声として、これを受け止めた。

 映画は58分しかない(なので、特別料金¥1700円)、でも見応え十分、むしろ間延びさせる事なく、物語本来の間合いまで形にした製作姿勢を評価したいと思う。これは傑作だ。

6月30日

 ■「ありふれた教室」感想

 これは、2023年のドイツ映画賞にて作品賞、監督賞、脚本賞、主演女優賞、編集賞を受賞。アカデミー賞国際長編映画賞にもノミネートされた、ドイツの新鋭イルケル・チャタク監督による学校を舞台としたサスペンス。

 若い女性教師カーラが、新たに赴任した学校では校内で盗難事件が頻発しており、みな神経を尖らせていた。
 ある日、カーラが担任を務める7年生のクラスの生徒が疑われ、生徒を一方的に疑う校長らのやり方に反発を覚えたカーラは自ら真相解明に乗り出す。
 カーラは職員室の様子をPCのカメラでこっそり撮影、窃盗シーンを記録――だが、これを校長に報告したことから、事態は思わぬ方向に転じ、カーラは孤立無援の状態に陥っていく……

 主人公カーラが勤務する学校の方針が「ゼロ・トレランス(不寛容)」……つまり、“ルールは絶対”と言うのが、何ともドイツらしい……そして、そんなルールの徹底が、関連法規、関係者の人権、と言う所にまで徹底するが故に、現場では何も言えない・何も出来ない、と言う自縄自縛となっている、皮肉な状況が描かれる。
 これは、そんな身動きの取れない中で、「正義」を通そうとする教師が陥る泥沼を描くものなのだ。
 特色としては、非常にテンポがよく、描写に淀みがない。しかも、描かれるのは学校内に限定され、教師・生徒共にプライベートを一切描かない事で、テーマを先鋭化させていくのだ。また、描写に殆ど無駄がなく、描かれる事象が、次に起きる事に波及し、やがて雪崩のように校内を吞み込んで行く……と言う展開にも圧倒される。

 「不寛容」がルールとなった社会においては、「真実」や「正義」などに意味はなく、ただ、ルールさえ遵守すればいい――そんなギスギスした、息が詰まるような人間関係の中で、己の「正義」を通そうとしたカーラに勝ち目はなく、皮肉な事に、カーラから「法則性(ルール)を見つける事」を教わった者が勝つ事になる……そんなラストシーンには言葉を失うしかない。

 ■6月に観た映画

 6月に観た映画は……

 「FARANG ファラン」
 「ライド・オン」
 「ユニコーン・ウォーズ」
 「マッドマックス:フュリオサ」
 「わたくしどもは。」
 「あんのこと」
 「ドライブアウェイ・ドールズ」
 「違国日記」
 「かくしごと」
 「チャレンジャーズ」
 「明日を綴る写真館」
 「ハロルド・フライのまさかの旅立ち」
 「劇場総集編ぼっち・ざ・ろっく! Re:」
 「ブルー きみは大丈夫」
 「ディア・ファミリー」
 「東京カウボーイ」
 「HOW TO BLOW UP」
 「オールド・フォックス 11歳の選択」
 「蛇の道」
 「システム・クラッシャー」
 「バッドボーイズ RIDE OR DIE」
 「フィリップ」
 「ホールドオーパーズ 置いてけぼりのホリディ」
 「ザ・ウォッチャーズ」
 「朽ちないサクラ」
 「ONE LIFE ~奇跡が繋いだ6000の命」
 「Ike Boys イケボーイズ」
 「九十歳。何がめでたい」
 「ふたごのユーとミー 忘れられない夏」
 「ありふれた教室」
 「おかしなおかしな大冒険」

 ……31本か。とりあえず、1日1本ペース。

6月21日

 ■「システム・クラッシャー」感想

 これは、社会に居場所を失った少女の姿を繊細かつ強烈に描いて、ベルリン国際映画祭2冠を含む37冠を獲得したドラマ。

 9歳の少女ベニーは幼少期に父親から受けたトラウマのせいで、とんでもない問題児となっていた。母親は育児放棄し、里親、グループホーム、特別支援学校など、どこに行っても問題を起こして追い出されるか逃げ出してしまう。
 ベニーの願いは、ただ、ママのもとに帰りたいと言う事。しかし、母親はベニーにどう接していいのかわからず、施設に彼女を押し付け続ける。
 そんなある日、通学支援担当のミヒャが、森深くの山小屋で3週間の隔離療法を受けさせることを提案する。当初抵抗していたベニーだが、徐々にミヒャへ心を開いて行くが……

 この映画、実際に児童養護施設を転々としている問題児を取材して製作した、と言う事で、養護施設に収容される児童が、“DVやネグレクトで居場所をなくした可哀そうな子”と、一括りに出来ない事を描いている。
 予備知識があまりない状態で観たので、“野生の獣のような問題児”と言う情報と、チュッパチャプスをくわえて不敵な表情を見せる写真から、ベニーを5歳くらい、と思っていたので、彼女が9歳、と言うのが意外だった。
 9歳なので、既に会話もちゃんと出来るし、落ち着いてる時には(ベニーの許容範囲内で)言う事にも従う――だからこそ、スイッチの入った時の暴れっぷりは正に「手が付けられない」、と言う印象を受けた。

 そんなベニーを演じるへレナ・ツェンゲルは、あれを演じてみせる訳だから凄い、としか言いようがない。ドイツ映画賞で、史上最年少の主演女優賞を獲った、と言うのも当然と思える。

 ベニーの感情の爆発は、全てを破壊する勢いだ――何しろ、何よりも大切な筈のママだって、ベニーを警察に通報したと判るや花瓶で殴りつけるのがベニーなのだ――それは、ベニー自身と、その未来さえも破壊してしまう……でも、自身の為に用意されたもの、作り上げられたものを破壊し、逃げ出して走り出したベニーは笑っているように見える。世界を蹴飛ばして逃げる、その一瞬の開放感、その為にベニーは走る……その行き先に希望などなくても。
 9歳と言う無限の可能性がある筈の少女に、そんな破滅への道を歩ませたのは何か、と言う事を考えさせられてしまう映画だ。

6月 8日

 ■「かくしごと」感想

 これは、「生きてるだけで、愛。」の関根光才監督の長編第2作目となる映画で、北國浩二の小説「嘘」を、杏主演で実写映画化したものとなる。

 絵本作家の千紗子は、長年絶縁状態にあった父の孝蔵が、認知症で徘徊しているとの知らせを受け、渋々実家に戻っていた。実の娘の見分けもつかない父に辟易しつつ、幼馴染の久江と共に父の高齢者施設への入居の段取りを進めていたある日、久江が起こした交通事故で記憶を失った少年を保護した千紗子は、その身体にDVによると思しき痕跡を発見。少年を守るため、千紗子は自分が母親だと偽り、少年と暮らし始める。
 ひとつの“嘘”から始まった千紗子と少年、認知症が進行する父親の3人の生活――次第に心を通わせ、家族のかたちを育んでいくが、その幸せな生活は長くは続かなかった……

 これは、幾つもの“嘘”が重複しつつ紡ぎ出す物語で、原作原題の「嘘」は正にそうした構造を表しているのだろう。
 少年の継父の“嘘”に始まり、父は、娘の事など判らない、と“嘘”をつき、“嘘”で久江の事故を隠蔽し、少年には、「わたしがあなたの母親なの」と“嘘”をつく――嘘も方便、と言われるが、そんな“嘘”が、人を傷つけもするし、救いもする、と言うのが、この物語のテーマとなるだろうか?

 主演の杏は、相変わらずのきりっとした美貌を見せてくれるが、いささか強い感じで、劇中で「大人になり切れず、親になる覚悟もなかった」と言われるのにちょっと違和感があった。
 ただ、久江役の佐津川愛美、父役には奥田瑛二と、演技巧者で固めたキャストは全体としては手堅いのだが。

 映画で気になったのは、伏線がかなり露骨で、先が読めてしまうのと、いささか強引な展開……ある意味、あざとい作りでもあるのだが、この辺は、関根監督の経験の少なさが出てしまった感じだろうか?もう少し脚本を練って欲しい感じ。
 あと、終盤の裁判シーンも食い足りない印象だ。アメリカ映画なら、ここは見せ場だとして、しっかり尺を取るだろう。
 ただ、最後の最後、少年の最後の言葉にはやはり泣かされてしまった。あれはちょっとずるい、と言う感じ。

6月 7日

 ■「あんのこと」感想

 これは、2020年、コロナ禍の最中に報じられたひとりの少女についての新聞記事着想を得た人間ドラマ。
 主演は、「少女は卒業しない」の河合優実。共演に「さがす」の佐藤二朗、「正欲」の稲垣吾郎。監督は、「聖地X」の入江悠。

 香川杏は、ホステスの母親と足の悪い祖母と3人で暮らしている。幼い頃から母親のDVとネグレクトを受け、万引きで食いつないでいたので小学4年生で不登校になった。12歳で母親の紹介で初めて体を売り、16歳で覚せい剤を使うようになった。
 だが、売春のトラブルで補導され、人情味あふれる型破りな刑事・多々羅に出会ったのがきっかけで更生の道を歩み出す事になる。多々羅の友人で雑誌記者の桐野も加わり、杏の薄暗闇の世界が少しずつ変わり始めるが、ある雑誌記事と、コロナ禍が彼女の生活を一変させる事になる――

 これは、コロナ禍における、ある悲劇を元にしたドラマ。救いのない話だが、映画は終盤、杏が幼児を預かる、と言うエピソードを除き、ほぼ現実をそのまま描いているのだ、と言う。
 男女の生活格差、シングルマザーの貧困に、DVに売春、薬物に加え、ネグレクトにヤングケアラーと、女性が直面する社会問題の数多くを一身に背負ってしまったような杏の人生は、壮絶、と言うしかなく、それが現実と言う事に言葉を失う。
 そんな境遇に生まれながらも、杏は生真面目で聡明で、だからこそ、更生の道を歩み始めた彼女を、観る人は自然に応援したくなるし、そんな彼女を、多々羅と桐野と言う2人の男性が支えるのも無理のない事に思える。

 だが、多々羅のある行為と、コロナ禍が杏の居場所を奪い、更に母親の共依存からの理不尽な暴力が杏に襲いかかる……それは、希望を掴みかけたからこそ感じる本物の絶望。これには胸を締め付けられる。

 河合優実は、現在、若手女優ではピカイチの存在だが、これは間違いなく彼女の代表作になるだろう。彼女自身が、杏のモデルとなった女性について調べたと言う徹底した役作りで、杏と言う少女の生き様をフィルムに焼き付けている。薬物濫用で焦点の合わない視線、そして、更生した彼女が見せるあどけない程の笑顔……元々役の振れ幅の大きな河合優実だが、これはあらためて見事と言うしかない。
 共演の佐藤二朗、稲垣吾郎は、ある意味、“駄目な大人”を見せないといけない役柄だが、これは持ち味を巧く生かしていると思う。

 考えさせられるのは、こうした悲劇をどうやって防ぐ事が出来るのか――つまり、子供たちに、社会が、その行く道をちゃんと示してやれるのか、と言う事……これは、決して、コロナ禍が生んだ悲劇ではなく、母親のDVと、それに気づけなかった社会、歪んだ欲望が生んだ、多々羅の二面性と、正義の名の下に、それを“商品”にした桐野の仕事……つまり、大人たちが寄ってたかって杏の未来を奪ったのだ。
 その事実を突きつけられれば、沈黙をするしかない――勿論、多々羅の台詞を借りて「そんなこと、わかんねぇよ」と言ってしまうのは簡単だが。

 これは、ひとりの少女の悲劇ではなく、この社会と、それを作り出す大人たち、その掲げる“正義”の意味を問う物語だと思う。

 ■「違国日記」感想

 これは、多くの漫画賞を受賞したヤマシタトモコによる同題コミックを、「PARKS パークス」の瀬田なつき監督が実写映画化したもの。
 出演は「正欲」の新垣結衣と、本作のオーディションで選ばれた新星・早瀬憩がW主演。他、夏帆、瀬戸康史など。

 両親を交通事故で亡くした15歳の朝。突然のことに涙さえ流れず、朝は呆然としたまま葬式に参列する。葬儀の席での朝に対する親戚らの他人事のような態度に、朝の叔母の槇生は、「うちにおいで」と言ってしまう。
 槇生は、姉で、朝の母の実里とは子供の頃から折り合いが悪く、最近では会う事さえなかったし、極度の人見知りで、「他人と同居など出来ない」と独身を貫いて来たが、誰も引き取ろうとしない朝と同居することをその時決めたのだった。
 こうしてほぼ初対面の2人の共同生活が始まったのだが……

 原作漫画は11巻になると言うが、映画はそのうちの7巻くらいまでを描くものらしい。勿論、漫画をそのまま映画にしようとするなら、2時間もので漫画3巻が限界、と言うのが定説であり、映画は、かなり思い切った脚色をしているようだ――たとえば、朝の父親の描写は殆ど省略され、父方の親戚なども登場しない……いささか不自然ではあるが、父母を失い、居場所をなくした朝の、居場所作りを、槇生との関係性を通して描く、と言う映画の中心となる部分を重視した、と言う事であれば納得するしかない。

 そんな朝を演じた早瀬憩は、正に子供から大人の狭間にいる朝を、その全身で好演している。だが、本作で、中心となる存在感を見せるのは、やはり、槇生を演じた新垣結衣。人付き合いが苦手で、活性と体温が低そうな槇生は。正に新垣結衣の素が生きる役だったのではないだろうか?「ガッキーには、もっと明るく楽しい映画に出て欲しい、人間ドラマなど安藤サクラか江口のりこに演らせておけばいい」と言う声もあるが、それでも、この役はハマリ役だと思う。

 映画は、槇生が「柔らかな年頃」と言う朝と、手探りのように少しずつ人間関係を築いて行き、その中で、映画に殆ど登場しない、朝の母・実里と言う人物が形作られて行く、と言う巧妙な構成……その中で、しっかり朝の成長が描かれて行き、何処か閉塞していた槇生の暮らしも変わって行く、と言うもの。
 ドラマチックな展開がない事を物足りなく感じる人も少なくないだろうし、自分自身、もう少し踏み込んだ部分が欲しいな、とも思うが、それでもこれはなかなか見応えあり。
 優しくて、和かな、いい映画だった、と思う。

6月 5日

 ■「わたくしどもは。」感想

 これは、ブルー・ウインド・ブローズ」の富名哲也監督の新作で、小松菜奈と松田龍平がダブル主演を務める“彷徨える魂”の物語。

 佐渡金山の展示施設で、倒れている女が目を覚ます。清掃の女性が彼女を介抱し、家へ連れて帰る。
 過去も名前も覚えていない彼女は、ミドリと名付けられ、施設で清掃の仕事に就く事になる。そんな中、ミドリは猫の気配に導かれ、構内で暮らす男と出会って……

 現実感を欠く、ふわふわとした物語に、台詞の棒読みだけではない、感情に靄をかけたような演技に戸惑っていると、これが実は死後の世界を描いたものだと判って来る……つまり、これは幽霊譚なのだ。
 しかしこの映画、描こうとするものは理解は出来たのだが、物語に最後までどうにも乗れなかった、と言うのが正直な所。
 1枚の絵のように構図を決めた、いくつかのカットにはセンスを感じはしたが、物語に入っていけなかったために、妙に格好をつけただけのように感じられてしまった。

 まぁ、佐渡の金山観光が出来たのと、久々にスクリーンで小松菜奈を鑑賞できたのが収穫ではあるが……


PS
 久々に映画で観る小松菜奈だが、顔つきが菅田将暉に重なるような……やはり、夫婦と言うのは似通って来るものなのだろうか? 

6月 2日

 ■「マッドマックス:フュリオサ」感想

 これは、ジョージ・ミラー監督による、「マッドマックス」シリーズの第5弾。2015年、30年ぶりに復活した前作「マッドマックス 怒りのデス・ロード」でシャーリーズ・セロンが演じた。女戦士フュリオサの若き日の物語だ。
 主人公・フュリオサを演じるのは、「ラストナイト・イン・ソーホー」のアニャ・テイラー=ジョイ。宿敵ディメンタス将軍役には「アベンジャーズ」シリーズのクリス・ヘムズワース。

 世界崩壊の後、残された“実りの地”で秩序ある生活を維持していた人々の暮らす村で生まれた少女、フュリオサは、侵入者であるバイク軍団に攫われ、彼女を救おうとした母が殺されてしまう。
 バイク軍団を率いるディメンタス将軍は、白塗りの兵隊ウォーボーイズたちが神と崇めるイモータン・ジョーの砦<シタデル>に攻め入るが撃退され、代わりにガスタウンを攻略して、イモータン・ジョーと取引をする事になる。
 その取引の際に、イモータン・ジョーに目を付けられ<シタデル>で暮らすようになったフュリオサは、ジョーの花嫁候補となる事から逃れ、ウォーボーイズに紛れて<シタデル>からの脱出の機会をうかがうのだが……

 本作は、「怒りのデスロード」の前日譚で、そこで説明されなかれなかった女戦士フュリオサの過去を描くものとなる。
 つまり、「実りの地出身の彼女が、なぜ<シタデル>にいたのか?」、「実りの地とは?」、「どうして義手になったか?」などが描かれ、「怒りのデスロード」のファンムービーとしては上々の出来だろう。
 そんな説明描写や、人間ドラマを、フュリオサが10歳から、母の復讐を果たす26歳になるまでの16年を振り返りながら描くものだから、怒涛のノンストップアクションを見せた「怒りのデスロード」の程の勢いはないが、アニャ・テイラー=ジョイの美しさ、凛々しさが、それを補って余りある。
 アクションの方も、ディメンタスのバイク軍団によるバイクアクション、更に、今回は前作になかった工夫として、ハンググライダーを用いたスカイアクションを盛り込んでいるのだ。
 登場人物のイカレっぷりに、ハイテク無視の鉄と油まみれのカーアクションは、正に「マッドマックス」世界。
 確かに「怒りのデスロード」のインパクトと熱狂はないとしても、これはこれで、なかなかのものだと思う。

6月 1日

 ■「FARANG ファラン」感想

 これは、「ヒットマン」のザヴィエ・ジャン監督による肉弾アクション。
 主演は、キックボクシング選手権の優勝経験を持つナシム・リエス。共演は、「オンリー・ゴッド」のヴィタヤ・パンスリンガム。

 フランス人格闘家のサムは、ギャング稼業から足を洗い、今はタイのビーチリゾートで働いていた。そこで、フランス系タイ人女性のミアと結婚、彼女の連れ子のダラと3人で暮らしていた。そして、いつか自分の店を持ちたいというミアの夢を叶えるため、サムは、ムエタイの賭け試合で戦い日銭を稼いでいた。
 だが、開店に向けた土地購入で、厄介な事に巻き込まれたサムは、フランス人で、裏稼業を営むナロンから危険な仕事を引き受けることになるが……

 これは、妻を殺され、娘を奪われた男の復讐譚。話としてはバイオレンス・アクションによくあるもので、新味はないが、格闘家だったナシム・リエスの鍛え上げられた肉体と、それが生み出す身体能力の高さに、キックボクサーならではの足技、そして、タイ流のガチンコ・アクション演出も相まって、見応えのある格闘アクションを見せる。終盤の、サムの復讐シーンは、流血に加え、人体破壊描写も辞さない、血みどろアクション。成人指定にはなってしまったが、刃物を振り回してもろくに流血さえない、昨今のぬるいアクションとは一線を画すものであるのは確かだ。
 難点は、物語部分の出来が今一つで、テンポも悪いし、ご都合主義丸出しの展開も目立つ事。ナシム・リエスのアクションを見せるのが主目的の本作だけに、物語は、もっとシンプルでもよかったような……

 ■「ライド・オン」感想

 これは、ジャッキー・チェンが伝説のスタントマンを演じるアクション。

 かつて香港映画界で伝説のスタントマンと称されたルオ・ジーロンだが、ある事故をきっかけに第一線を退き、愛馬・チートゥとともに、撮影所見学者への撮影サービスなどの地味な仕事をこなしている。
 だが、借金取りに追われ、更に、元の会社の債務トラブルによりチートゥが競売にかけられることになり、困ったルオは、疎遠になっていた法学部の学生でひとり娘のシャオバオに助けを求めることに。仕事に熱中して家庭を顧みず、離婚した父を受け入れられずにいたシャオバオだったが、母の遺言もあって、恋人の新米弁護士ナイホァをルオに紹介する。
 そんなある日、旧知の縁で、ルオにスタントの仕事が入る、チートゥの活躍もあって、再注目されたルオは再びスタントの仕事で引っ張りだことなって行くが……

 本作は、ジャッキー・チェン主演50周年記念作品となる。
 内容は、ジャッキー・チェン本人とも重なる、香港映画で身体を張ってアクションシーンを演じ続けた男の物語で、そこに、疎遠だった娘との家族再生のエピソードに、思わず目頭が熱くなる愛馬チートゥとの人と馬との絆をも盛り込む、盛りだくさんの内容となっている。
 その中でも、やはり、物語の中心となるのは、映画と、アクションシーンに全身全霊を注ぐ、主人公・ルオの物語で、そこには、ジャッキーの過去の出演作のアクションシーンも多く盛り込まれているだけでなく、本作内でもテーブルや椅子を使い、ジャッキーが得意とする、時にコミカルな立ち回りが幾度もあるし、そもそもルオの住む馬小屋兼住居が、アクションを見せる為に巧妙に作られた構造体になっていると言うのも、往年の香港・カンフー映画を知る者には懐かしく思えるもの。
 また、終盤には現在中国のアクション・スターのウー・ジンが登場、CGを駆使した最新技術のアクション撮影に、ルオが「実際に挑戦をしなくて、観客に何を見せるつもりだ?」と問うシーンなどは、これはカンフー映画で一時代を築いたジャッキーの本音ではないか、と思ってしまった、
 そして、ルオにスタントマンの誇りと自負を語らせるのだが、この辺りはもう、ジャッキーひとりで、映画「カンフー・フタントマン」が描いた、香港アクション映画を支えたスタントマンたちの代弁をしているような感じだ。それを、違和感なく出来るのは確かにジャッキー・チェンの他にはいないだろう。

 最近のジャッキーは、アクションを若手に任せる事も少なくないが、本作では往年には及ばずとも、相変わらず達者なアクションを見せている。
 ヒロインのシャオパオを演じるのはリウ・ハオツンは、清楚で少女っぽさを残した感じで、これはジャッキーの好みだろうか?さすがに、ロマンスとはならず娘役だが、最早、孫と言っても違和感のないような感じ。
 
 映画は大団円を迎えて気持ち良く終わり、エンドロールにはNG集もついて、最後まで楽しめた。久々に、ジャッキー・チェンらしい映画で、これは満足の1本だった。

5月31日

 ■「告白 コンフェンション」感想

 これは、福本伸行・原作&かわぐちかいじ・作画の同題漫画を「カラオケ行こ!」の山下敦弘監督が映画化した異色の密室サスペンス。
 出演は「渇水」の生田斗真、「あゝ、荒野」のヤン・イクチュン。

 大学の山岳部のOBで親友同士の浅井啓介とリュウ・ジヨンは、16年前、卒業登山中に行方不明となり、遭難死したとされる同級生の西田さゆりの17回忌となる慰霊登山中、猛吹雪によって身動きがとれなくなる。
 脚に大怪我を負い、死を覚悟したジヨンは、さゆりの死の真相について、「自分が殺した」と告白する――だが、その直後、浅井は眼前に山小屋がある事に気づき、ふたりは一命を取り留める。
 山小屋から救助を要請し、救助隊の到着を待って一夜を過ごす事になったふたりの間には、ジヨンの告白により気まずい空気が流れて……

 これは、独特の間を持ち味に、オフビートな笑いが魅力の山下敦弘監督による、密室ヒューマンサスペンス。だが、これは色々な部分に至らなさがあり、残念な映画となっていた。
 まず、浅井とジヨンの友人関係や、実生活の様子など、バックグラウンドが描かれておらず、どうにも物語に入っていけないし、山小屋に避難して、早々に“気まずい空気”を飛び越え、「ジヨンが何か企んでいる、俺を殺そうとしているのでは?」に至る浅井のモノローグも唐突に感じた。
 さゆりの人物像も通り一遍で、どうにもジヨンの「告白」に重みが出て来ないのだ。
 その一方で、中盤、ジヨンがまるでゾンビのような振舞いを見せ、ホラーチックな展開になるなど、後半はかなりドタバタし、密室における心理サスペンスからは大きく逸脱する印象――もっとも本作は最後のオチを見れば幽霊譚でもあり、ホラーチックとなるのもありとは思うが、どうにもとりとめのない印象を受けた。

 主演の生田斗真は悪くはないが、彼の抱える秘密を思うと物足りなくもある……岡田将生なら、とも思ったが、それだと露骨になりすぎるだろうか。競演となるヤン・イクチュンも大熱演で、その演技だけで映画を韓流にしてしまうのはさすが、と言うしかない。

 ■5月に観た映画

 5月に観た映画は……

 「マリウポリの20日間」
 「マリア 怒りの娘」
 「霧の淵」
 「エドガルド・モルターラ ある少年の数奇な運命」
 「バジーノイズ」
 「マイ・スイート・ハニー」
 「水深ゼロメートルから」
 「無名」
 「悪は存在しない」
 「殺人鬼の存在証明」
 「ミセル・クルナス vs.ジョージ・W・ブッシュ」
 「人間の境界」
 「青春18×2 君へと続く道」
 「恋するプリテンダー」
 「ゴッドランド GODLAND」
 「マイマイ新子と千年の魔法」(2回目)
 「猿の惑星 キングダム」
 「トラペジウム」
 「フューチャー・ウォーズ」
 「不死身ラヴァーズ」
 「妖怪の孫」(2回目)
 「ミッシング」
 「ティアーズ・オブ・ブラッド」
 「湖の女たち」
 「ボブ・マーリー:ONE LOVE」
 「ハピネス」
 「家出レスラー」
 「あこがれの色彩」
 「碁盤斬り」
 「辰巳」
 「バティモン5 望まれざる者」
 「好きでも嫌いなあまのじゃく」
 「デッドデッドデーモンズデデデデストラクション 後章」
 「関心領域」
 「告白 コンフェンション」

 ……35本、増えた。
 まぁ、連休もあったしな……

5月29日

 ■「関心領域」感想

 これは、イギリスの作家マーティン・エイミスの同題小説を、「アンダー・ザ・スキン 種の捕食」のジョナサン・グレイザー監督が映画化したもの。
 出演は「ヒトラー暗殺、13分の誤算」のクリスティアン・フリーデル、「落下の解剖学」のザンドラ・ヒュラー。
 第96回アカデミー賞国際長編映画賞&音響賞、第76回カンヌ国際映画祭グランプリ受賞の話題作だ。

 第二次世界大戦中、アウシュビッツ強制収容所の所長ルドルフ・ヘスとその妻ヘドウィグ、そして子供たち家族は、収容所と塀一枚で隔てられた屋敷で暮らしていた。
 広い庭にはプールがあり、花壇には様々な花々が咲き誇る。穏やかで、豊かな日常のすぐ隣、塀の向こうから聞こえて来るのは、悲鳴と銃声、そして焼却炉からは黒い煙があがっていた……

 数多作られた強制収容所映画だが、この映画、塀の向こうにある収容所の中も、そしてユダヤ人のひとりさえも写し出さない、と言うのがアイデアであり、本作の最大の特色となっている。
 (原作小説はヘスと家族だけでなく、ユダヤ人の収容者の双方を描くものであるらしい)
 現実では、ヘスの屋敷は収容所の塀と建物ひとつ隔てていたそうで、映画の「塀一枚」と言うのは、収容所の中と外の非対称性を象徴するための脚色であるのだろう。
 映画は、そんなグロテスクなまでに歪んだ状況で暮らす、ヘス一家の、軋みにも似た静かな狂気を描いて行く……それはそうだろう、あの状況では――孫の顔を見に来たヘドウィグの母が、一晩も越せずに逃げ帰ってしまったけれど、それが正常な人間の筈なのだ。
 そして終盤、映画は突如“現在”にリンクする。そこで、知らしめるのだ。本作が描く“塀”は物理的なものであるけれど、現実には、様々な“塀”がある事を――目を覆いたくなるような悲劇と、我々を隔てる“塀”、それを作り出しているのは、“距離”か“日常”か“時間”なのか……それは、今を生きる我々が正に問われている事であり、ジョナサン・グレイザー監督がアカデミー賞の表彰式で語った真意でもあるのだろう。


PS
 映画「オッペンハイマー」は、「広島・長崎の惨状を写し出さないのは原爆の悲惨さに向き合っていないからだ」と非難されたが、同様にホロコーストを写し出さない本作を観ても「ホロコーストの悲劇に向き合っていない」と非難するのだろうか?
 直接描写がなければ問題に向き合っているのと認識出来ないと言う、正にそれが「関心領域」の狭さを示しているようにも思えるのだが。

5月26日

 ■「デッドデッドデーモンズデデデデストラクション 後章」感想

 これは、浅野いにおの同題コミックを長編アニメーション映画化したもので、3月公開の「前章」に続く第二部で完結編となる。
 監督の黒川智之、幾田りら、あのを始めとする声優陣も続投。特に、幾田りらとあのは、W主演に主題歌と大活躍だ。

 突然現れた円盤形宇宙船が上空に浮かび続けている東京で、小山門出と“おんたん”こと中川凰蘭は無事、大学入試に合格し、共に駿米大学に通うことになった。大学ではオカルト研究会に入会し、新たなキャンパスライフが始まる。
 一方、上空の宇宙船は、傾いて煙を上げ始め、都内で目撃される<侵略者>の数も日に日に増えていた。破滅を予感させる不穏な空気の下で、凰蘭は、不思議な少年・大葉圭太に遭遇して……

 何かが起きそうな不穏さの中の日常を描いて来た前章に対し、この後章は、主人公らが大学生になった事もあり、描写の範囲を広げて行く……宇宙船のエネルギーを応用し、要人らが脱出する“箱舟”を建造しようとする政府、その政府転覆を狙って<侵略者>狩りと破壊を繰り返す反政府グループ・青共闘の暗躍……その中で、おんたんは、大葉圭太との接触から、無意識に畳んでいた記憶を呼び起こす――それは、前章で描かれた、今現在と繋がらない小学生時代のおんたんと門出の物語の謎を解くものだった。
 「門出のいない世界には耐えられない。門出と一緒にいられるなら、ボクはこの世界が滅びたって構わない」
 これで、おんたんは、門出にもう1度会って、やり直す為に、世界の破滅を背負う覚悟をした――なぜなら、門出は「絶対」だから。
 そんなおんたんが、最後、門出から「だって、おんタンはわたしの『絶対』だから」と言われるんだ、これは泣く。

 この展開は、かつての「セカイ系」と呼ばれた作品群が示した、主人公の閉じた人間関係を”セカイ”と等価とする、と言う構造を超え、きちんと大きな世界を描いた上で、それでも自分と大切な人との関係を選ぶと言うものなのだ。
 この代表作は、新海誠の「天気の子」だが、本作もまた、主人公であるおんたんの選択が、東京を破滅させてしまう事になる……だが、そんな物語が成立し、それを受け入れてしまうのが、21世紀の現代なのだろう。

 映画は、終盤、ちょっとまとめ切れなかったように感じた。
 まき散らされた〝赤い光”の後始末や、“箱舟”がどうなったのかもそうだし、宇宙船動力炉の爆発威力も、なんだかつじつまが合っていないような気がして、「??」となってしまった。
 それでも、浅野いにお自身が新たに描いたラストシーンは、思わず胸が熱くなる見事なものだった。

5月24日

 ■「碁盤斬り」

  これは、古典落語「柳田格之進」を元にした加藤正人の小説「碁盤斬り 柳田格之進異聞」を、「孤狼の血」の白石和彌監督が映画化したもの。
 主演は草なぎ剛。共演は「青春18×2」の清原果耶、國村隼、中川大志。

 柳田格之進は、身に覚えのない罪を着せられ、更に妻をも喪って故郷の彦根藩を追われ、今は、娘の絹とふたり、江戸の貧乏長屋暮らしを送っていた。
 清廉潔白である事を信条とする格之進は、かねてから嗜む囲碁でも嘘偽りない勝負を貫き、打ち合った萬屋源兵衛の人柄さえ変えてしまうのだった。
 そんなある日、旧知の藩士によって、藩を追われた事件の真相を知らされた格之進と絹は、妻の仇でもある柴田兵庫への復讐を決意するのだが……

 この物語の元となった落語「柳田格之進」は、あの立川談志が「今の時代には合わない」と演目から外したと言われるもの。それを、本作の脚本も手掛けた加藤正人は、復讐譚としての要素を加える事で、現代の物語として蘇らせた。時代劇としての定番でもある、陥穽と復讐の物語とした事に加え、現代社会に蔓延る「不寛容さ」を柳田に顧みさせる、と言う描写も併せ、現在に通じるものとしたのは、まず見事、と言っていいと思う。
 これが自身初の時代劇だと言う白石和彌監督だが、本作はなかなか本格的な作り。真っ直ぐな主人公に、対峙する悪役との関係で描かれる復讐譚に、周囲の人々と織りなす人情劇、と時代劇に期待されるものをしっかりと押さえつつ、白石監督ならではのバイオレンス描写は抑えられ、これは幅広い観客が身構えずに観られるものとなっている。

 気になったのは、元々の落語の人情譚と、アレンジで付け加えられた復讐譚との違いが悪目立ちしている事で、映画としても、妙に堅苦しく作っているように思えた事。
 白石監督も、初の時代劇と言う事で身構えてしまったのかもしれないが、ここは、落語の人情譚らしく軽妙さが欲しかった所――先日公開された「身代わり忠臣蔵」のような、コメディ仕立てにしてもよかったのではないか、と思う。

5月18日

 ■「ミッシング」感想

 これは、「空白」の吉田恵輔が監督・脚本、自ら名乗りを上げた石原さとみ主演によるヒューマンドラマ。
 共演は、中村倫也、青木崇高、森優作。

 6歳の少女・美羽が突如失踪してから3か月……母親の沙織里は、情報提供を求めるビラ配りなどの活動を続けながら娘の帰りを待ち続けていたが、世間の関心が薄れていくことに焦って、夫の豊との温度差から夫婦喧嘩が絶えず、また、SNSでの誹謗中傷にも晒されていた。
 そんな中、唯一取材を続けてくれる地元テレビ局の記者・砂田だけが頼りだったが……

 本作は、映画「空白」と対になるもの――当初は、「空白」で少女を撥ねたのが、沙織里の弟、と言う考えだったらしい。
 「空白」同様に、娘を失った親を描くのだが、本作は「空白」が語らなかった、「事件をどのように語り、伝えるのか」が大きな要素となっている。
 自ら望んで本作を主演した石原さとみの熱演は素晴らしく、ほとんどすっぴんで、泣き、喚き、暴れ回り、果てには失禁する――古田新太ではなく、これを石原さとみが演るのだから、インパクトは大きく、これは彼女の代表作になるのは間違いないだろう――だが、それでも尚、本作の中で確かな存在感を見せるのは対照的に決して熱くなる様子を見せない中村倫也の方なのだ。
 中村倫也演じる砂田が見せる、事件報道の姿勢――務めて被写体となる人物に寄り添うと言う、それは、ジャーナリストとして果たして適格なのか?と言う疑問と、そんな彼でさえ、取材に当たり“演出”をしてしまうと言うTVのあり様……時にそれが世論を炎上させ、取材対象者を苦しめる事になってしまう事までもまざまざと描き出すのだ。

 映画のモデルとなったのは、キャンプ場からの女児失踪事件で、だとすれば決定的な事態と、終焉を描く事も出来た筈だが、映画はそこには至らず。沙織里と、家族の再生への兆しを描く。更に、SNSの誹謗中傷書き込みを「便所の落書き」と見た沙織里が、美羽の落書きで心癒されるのを描いて終劇を迎える……美しく、感動的でもあるが、娘の絵に泣かされた「空白」の焼き直しにも思え、いささか物足りなく感じた。

5月17日

 ■「妖怪の孫」感想

 これは、2023年に公開された、内山雄人監督の政治ドキュメンタリー第2弾で、公開から1年余りを経て監督メッセージを添えてリバイバル上映された。

 2022年、凶弾に斃れた元総理大臣・故安倍晋三。そんな彼の母方の祖父で、第56・57代内閣総理大臣を務めたのが岸信介。その風貌と、政財界を操る実力者としての顔の双方から、“昭和の妖怪”と呼ばれた男だ。
 この映画は、"妖怪”と呼ばれた男の孫で、“美しき国、日本”をスローガンに掲げていた安倍晋三とはいったい何者であったのか、この国に遺したものは何だったのかを描き出して行く。

 この映画、現在の政治様相に加え、安倍晋三の生い立ちと人生、更に母親との関係に代表される家族図まで、盛り沢山の内容で……やはり、初見ではついていけない部分があり、それ故に2回目鑑賞でより理解が深まった感がある。

 その中でも強い印象を受けたのが、安倍晋三が、そのライフワークとして祖父・岸信介を超え、母を見返す為に目指した憲法改正――岸が目指していたのは明治政府の「大日本帝国憲法」の復活だったが、それを超えると安部が自賛する自主憲法への改正――安倍は言う。「占領軍から押し付けられたみっともない憲法」と。
 そこで、安倍と自民党は、「現行憲法の三大原則(国民主権・平和主義・基本的人権の尊重)は破棄しなければならない」と主張する――つまり、安倍を始めとする世襲議員の「我々選良を縛る憲法は認めない。主権が国民にある方がおかしい」と言う主張、平和主義をかなぐり捨て、「敵基地攻撃」を理由とする先制攻撃すら辞さない〝積極的平和主義”、そして「人権を主張する輩が国を亡ぼす」とする、社会的弱者の人権無視と切り捨て……こんな国になってしまった事が改めて恐ろしく思えた。

 そして、最後に内山監督の手が止まり、結論を出さずに終わった映画に対し、今回、リバイバル上映に当たり付け加えられた監督のメッセージが語りかける。この国に取り憑いた“妖怪”の正体……それに向き合う事が、今こそ国民には求められているのではないだろうか?

5月12日

 ■「トラペジウム」感想

 これは、アイドルグループ・乃木坂46の1期生、高山一実が、現役アイドル時代に執筆した初の長編小説をアニメ映画化したもの。
 監督は、「アニメミライ2013『アルヴ・レズル』」の篠原正寛。

 城州東高校に通う高校1年生の東ゆうは、子供の頃に観たアイドルに憧れ、「城州の東西南北の美少女を集めてアイドルグループを結成する」と言う計画を練り上げた。その計画の実現に向け、ゆうは、城州を駆け回り、お嬢様学校の聖南テネリタス女学院2年生の華鳥蘭子、高専ロボコン優勝を目指す西テクノ工業高等専門学校2年生の大河くるみ、ボランティア活動に勤しむ城州北高校1年生の亀井美嘉と次々に友達になった。そして、ロボコン大会や文化祭といったイベントを通して、ゆうは着々と“東西南北”4人の結束を固めていく。
 そして、人気の観光地のガイドボランティア活動が注目され、ゆうたちはテレビ出演の機会を得る。さらに、番組制作会社のAD・古賀萌香との出会いから、“東西南北”4人のアイドルデビュープロジェクトが始動、ゆうの野望は実現に向けて動き出したのだが……

 これは、女子高生がアイドルになる映画で、絵面的にも女の子ばかりの一見、よくある萌えアニメと見せて、決してキラキラした映画ではなく、結構どす黒い内容――粗筋で判るかもしれないが、これは単体ではアイドルになれない少女がグループを組んでアイドルデビューを目指すと言うもので、自己実現の為には、他の女の子を利用し、その人生を捻じ曲げる事さえ正当化する、東ゆうと言う主人公の暗い野望の物語なのだ。これを、少女マンガタッチのこの絵柄で見せるのはちょっとエグいのでは、と思ったが……芸能界に関心を持つ少女向けなら、この位は当然なのかもしれない。
 また、物語の原作と監修が、元・乃木坂の高山一実なので、そんな内容には現実が少なからず投影されているのだろう。

 ただ、この映画、いささか構成が悪い。
 “東西南北”によるステージ歌唱をクライマックスにすべく、これを後半まで引っ張ったので、その後の挫折と再出発が駆け足になってしまった感があるのだ。展開上、“東西南北”がアイドルとしてステージに立つのはミエミエなので、そこまではもっとテンポよく描き、挫折からの再出発をしっかり描けば、これは王道の青春映画の展開となり、感動も深まったように思う。
 また、最後に10年後に飛び、“東西南北”の4人それぞれが歩んだ人生と、夢の実現を描くのは巧いが、そこにひとり、不在の人物がいるのは画竜点睛を欠くように思えた。

5月10日

 ■「恋するプリテンダー」感想

 これは、「クレイジー・リッチ!」以来となる興行成績2億ドルの大台突破を記録したハリウッド発王道ラブコメディ。
 監督は「ピーターラビット」シリーズなどのウィル・グラック。
 出演は、「リアリティ」のシドニー・スウィーニーに「トップガン マーヴェリック」のグレン・パウエル。

 弁護士を目指しているビーは、街角のカフェで出会った金融マンのベンと最高の初デートをするが、ちょっとした行き違いによって燃え上がったはずの恋心が一気に凍りついてしまう。
 数年後、そんな2人はオーストラリアで同じ結婚式に出席することになり、思わぬ形での再会を果たす。
 険悪ムードな2人だったが、復縁を迫る元カレから逃げたいビーと、元カノの気を引いてヨリを戻したいベンは、お互いの望みを叶えるために恋人のフリをする事に合意して……

 これは、最近人気の若手女優、シドニー・スウィニー主演のお気軽ロマコメ。
 シドニー・スウィニーは、出演したドラマで主役を食う人気となったそうですが、自分としては、「リアリティ」の彼女しか印象になく、「なんで?」と思っていたのだけど、冒頭、その美巨乳ゆさゆさ揺らして走る彼女に目が釘付けになり、その後も、ビーチリゾートで露出高めのカッコばかり……それにしても、最近では、こうした女性のセックスアピールを前面に押し出すのは批判の対象となり勝ちで、これ、今時の製作陣はOKなの?と思っていたら――この映画、製作総指揮がシドニー・スウィーニー。トム・クルーズが好きでアクション盛り込むのと同じで、シドニーが「おっぱいゆさゆさ」をやりたくてやってるんじゃ仕方ないか……

 内容としては、適度に下ネタ散りばめたロマコメで、往年のデートムービーの趣。最近、あれこれ批判を浴びて、下火となっていたジャンルだけど、それを自ら望んでやりたいと言うシドニー・スウィニーの心意気は感じる。
 一方、オーストラリアのシドニーを舞台としているのに、観光名所案内的には弱さを感じるけれど、この映画、シドニーが舞台なのは、シドニー・スウィニーの名前に重ねているのだろうから、仕方ない所か……
 とにかく、あまり難しい事は考えず、気楽に楽しめる映画としては上々の1本だろう。

5月 8日

 ■「青春18×2 君へと続く道」感想

 これは、「余命十年」の藤井道人監督が台湾の人気紀行エッセイ「青春18×2 日本慢車流浪記」を映画化した、日台合作映画。
 出演は「僕と幽霊が家族になった件」のシュー・グァンハン、「1秒先の彼」の清原果耶。

 始まりは18年前の台湾。カラオケ店でバイトする高校生のジミーは、日本から来たバックパッカーのアミと出会う。なくした旅費を稼ぐ為にカラオケ店で働き始めたアミは、たちまち店の人気者になり、ジミーも何時しか恋心を覚える――
 それから18年後、人生につまずき故郷に戻ったジミーは、かつてアミから届いた絵ハガキを手に取る。初恋の記憶、そして、あの日の約束を果たす為、ジミーは、彼女が生まれ育った日本への旅を決意する……

 注目されている若手監督の藤井道人だが、自分的には評価していない。リアリティに欠き、時に物語の説得力さえ失う描写をしてしまう、彼の危うさが、どうにも気になってしまうのだ。
 本作も、そんな藤井監督の新作となるだけに、危惧してはいたのだが、そこはベタな青春ラブストーリーの本作だけに、大きな破綻はなく(後半のランタンを見に行く辺りの時間経過くらい)、映画評もまずまずのようだ。

 映画は、自身が作り育て上げた会社を失った36歳のジミーが過去を振り返る回想方式で、現在の日本を旅するジミーが、18年前の初恋を辿り、彼女の最期の想いに辿り着く、と言うもの。
 この構成から、先は読めるし、泣かせる話だと言う予想は出来る――問題は、予想のつかない事がまるでなく、予告編で見せている以上の内容が殆どと言う工夫のなさで、こうした恋愛映画をあまり観ない人にはいいのだろうが、自分的には満足のいくものではなかった。
 物語としては、現実に直面する事を躊躇い、彼女の生家に赴くのを逡巡するシーンがあってもいいだろう。そこで彼の背を後押しするのが、黒木華演じるネカフェ店員――「幸せの黄色いハンカチ」の武田鉄矢の役回り――とでもすれば、踏み出せなかった一歩を踏み出す動機にもなったろうに……やはり、藤井道人だな、と思わざるを得ない。
 また、最後の舞台が福島であるのに、震災にも原発もスルー、と言うのは、本作が海外を指向している事からしても違和感がある。

 ジミー役のシュー・グァンハンは18歳と36歳をまずまず違和感なく演じ分けているし、アミ役の清原果耶も好演しており、まずまずの映画とはなっているが、やはり藤井道人監督には、周囲の期待を超えて来るようなものを見せて欲しい、と思う。

5月 7日

 ■「人間の境界」感想

 これは、「ソハの地下水道」で知られるポーランドの巨匠アグニエシュカ・ホランド監督が描く衝撃作。世界各国の映画祭で数多の賞を受賞している。

 2021年12月、幼い子供を連れたシリア人家族、アフガニスタン人女性、クルド系トルコ人ら、欧州に亡命を希望する人々がベラルーシに向かっていた。
 彼らは「ベラルーシを経由してポーランドとの国境を越えれば、安全にEU圏に入ることができる」と聞かされていた。だが、国境地域の森の中で国境のフェンスを越え、人里を目指して森の中を彷徨う彼らを待ち構えていたのは、ポーランドの国境警備隊。彼らは難民らを拘束すると、再び国境まで戻ってベラルーシ領に放り出した……

 これはEUからの制裁に対抗するため、ベラルーシによる〝難民兵器”攻撃の現場を描くもの。
 ベラルーシは、数万人とも言われる難民を、ポーランドに送り込み、移民と難民を嫌うポーランドの保守政権は軍を使って極秘裏に(EUの協定上、難民の審査なしの送還は許されていない)難民を押し返す、と言う戦いが繰り広げられた。
 アグニエシュカ・ホランド監督は、綿密なリサーチの上で、その実態を描き出している。難民たち、ポーランド国境警備隊員、人権活動家、と言う3つのパートで、それぞれの立場から事態を描くのは、判り易くあると共に、映画を重層化し、見応えのあるものとしている。
 そして最後のパートは、「ユリア」と言う個人名を出し、この事態を知った時、市民としてどうするか、を描いていくのだ。

 描かれるのは、人間を人間として見ない、政治と行政の残酷さ――その前線に立つ兵士らもひとりひとりは善良な市民である筈だが、難民たちから搾取し、虐待し、国境を巡る争いの武器として用いる。抵抗する妊婦を、トラックの荷台から国境線の向こうへ放り出す(妊婦はそれで流産してりまう)とか、歩き疲れて動けない老人を撲殺するとか……そして、そんな死体も、「領内で死なれては困る」と国境線の向こうに放り投げる、と言う死体を用いたキャッチボールが繰り広げられるに至っては、既に人道危機を超えた悪質なブラックジョークとしか思えない。
 そこでは正に、人間としてどうあるべきかが問われる”人間の境界”が存在する――と言うのは、久々に秀逸な邦題だと思う。

 尚、ベラルーシによる難民兵器による攻撃は、映画が描いた2021年末の2か月後には終わる……ウクライナ戦争の開戦で、それどころではなくなり、数万人の難民を押し返す事に執心していたポーランドは開戦後の1か月だけで300万人のウクライナ難民を受け入れる事になったのだ。
 (ただし、その後もベラルーシとの国境では難民の押し付け合いにより多くの死者を出している)

 これは、世界で1億人とも言われる難民が生まれている現在、決して他人事には出来ないものだろう。
 そして、日本の入管では、国境の森と大差ない事が今も続いているのだから……

5月 4日

 ■「悪は存在しない」感想

 これは、「ドライブ・マイ・カー」の濱口竜介監督と音楽の石橋英子による共同企画作品。
 第80回ヴェネチア国際映画祭銀獅子賞受賞。

 自然豊かな高原にある水挽町。その町で便利屋のような仕事をしている巧は、ひとり娘の花と静かで慎ましい生活を送っていた。
 だが、そんな町に、グランピング場の建設計画が持ち込まれる。コロナ禍で経営難に陥った芸能事務所が政府からの補助金を得る為に計画した急造企画で、施設が町の水源に汚水を排水しようとしていることが判って、説明会は紛糾する――

 これは、語るのが難しい映画だ。
 濱口竜介監督らしい、丁寧に作られた映画で、主体となる会話劇を移動の中で行う事で映画としての動きをつけるのも巧み。
 主演の巧を演じる大美賀均は、濱口監督のスタッフで、演技経験は殆どないそうだが、浜口作品への理解度はさすがで、期待される存在感をきっちり出している。
 物語を動かして行くのは急造グランピング場建設なのだが、それを進めようとする会社の2人も決して悪人ではなく、途中の車内のシーンで、観客に感情移入を促し、事態を転回させるのも濱口監督らしい。

 しかし、悪人はおらず、誰もがやるべき事をやっている、と思っているのに、この社会は、そして世界は、どうしてこうなってしまったのだろう?と言う疑問、そして、やるせない思いが、この映画のテーマとなるだろうか?
 巧が口にする「バランスだ」と言う言葉と、そんな巧が最後にした事……それを受け止め、理解して、言葉にするには正直時間を要した。
 その理解さえ、正しいかどうかは判らない。ただ、事態を破綻させず、バランスをとる為に「落とし前をつける」と言うのは、こうしたものなのかもしれない、とは思った。

5月 2日

 ■5月連休6日目

 連休6日目、木曜。昨夜は4時間少々しか寝ていないので、やはり朝からキツい……この連休、連日7時間以上寝ていたからなぁ……

 今日は、午前中に通院、先日の検査結果を聞く。
 胃カメラ検診の結果も、悪くはなかった。

 昼食は、素麵を茹で、鶏ささみのマヨネーズソテーを作った。

 午後、近所のホームセンターへ買い出し。
 金属用のエポキシパテを購入、取り付け部が割れてグラグラしている郵便受けを修理する……本当は取り付け部の部品を交換したいのだが、丁度合うサイズが手に入らない……ならば、とりあえず亀裂の入っている部分をパテで固めてしまえばなんとかなるだろう、と。
 結果としては、思った通りグラつきもなくなり、剛性も出た。不安は耐久性だが、場所的に水も紫外線も当たらない、そうそう劣化はしないはずだ。

 その後、クルマの清掃とメンテ……ボンネット開けるのも半年ぶりくらいじゃないか、と思ってしまったり……
 はらのロドスタは10月車検なので、4月が6か月定期点検のタイミング。だが、マツダは整備能力が貧弱で、3月に点検の予約を入れたのだけど、工場に入れられるのは6月になる、と言われてしまった。
 実は昨年の車検も、本来なら車検が切れるのが10月なので、そこで受ければよかったのだけど、工場が空かず、8月末に受ける、と言う有様だった。
 (予約もせず、連絡も入れず、飛び込みでサービス工場に行って、いつでも受け入れてくれた日産とは大違い)
 つまり、点検間隔がもう6か月をとうに過ぎている訳だからね……

 一通り点検し、清掃もし、洗車まではしなかったけど、まぁこれで6月までは行けるか……6か月点検の際には、12か月点検の先取り予約をしておいた方がよさそうだなぁ……

 夕方、ブルク13で、映画1本。今日の映画は、
 「エドガルド・モルターラ ある少年の数奇な運命」。

 これは、「シチリアーノ 裏切りの美学」のマルコ・ベロッキオが“エドガルド・モルターラ誘拐事件”の史実を元に描くサスペンス。

 1858年。ボローニャ。裕福なユダヤ人一家、ルターラ家に兵士が押し入る。枢機卿の命令で、何者かに洗礼を受けたとされる6歳になる息子エドガルドを連行しようとする。その場をとりなし、2日の猶予を得たエドガルドの両親は手を尽くすが、結果としてエドガルドは誘拐も同然に連れ去られてしまう。
 世論と国際的なユダヤ人社会に支えられ、モルターラ夫妻の息子を取り返す闘いは社会的・政治的な様相を見せるが、教会とローマ教皇は決してエドガルドの返還に応じようとせず、むしろモルターラ家にキリスト教への改宗を迫り……

 映画の元となったエピソードは欧州では有名な事件だそうで、本国では衝撃作、と受け止められたようだが、キリスト教とユダヤ教の宗教対立と言うのは、やはりピンと来ない、と言うのが正直な所。
 このエピソードのキーとなるのは「洗礼」で、洗礼を受けて信徒となった子供は、非キリスト教徒が育てる事は許されない、と言うのが当時の教会の教え。
 その為、敬虔な信徒が善意でユダヤの子供に洗礼を施し、教会は7歳になるとその子供を連れ去って神学校で育てる、と言う事態が多発していた、と言うのだ。子供を取られたくなければ、親がキリスト教に改宗するしかない……そうして、信者を広げていったのだ、と言う史実が、ユダヤ教徒の側から描かれる。

 まぁ、そうした宗教間の諍いを含む歴史を知らなったとしても、見応えがあるのは、誘拐されたエドガルドと、彼のその後の人生だ。
 人間、「洗脳」などと言う物騒なものを持ち出さなくとも、周囲の環境や人間関係から、完全に自由でいる事など出来る訳がない。
 映画で描かれるのは、キリスト教の内幕ではあるのだが、これは伝統宗教、新興宗教……いや、人間社会なら何処でも起こり得る事ではないだろうか?
 映画終盤、母の臨終の場で見せた、エドガルドの行為には驚かされる。

 エドガルド・モルターラは、その後、カソリックの司祭となりベルギーで暮らし、1940年まで生きた、と言う。
 晩年、彼はナチスによるユダヤ人迫害を目の当たりにしただろうが、その思いは如何なるものだったのかを考えてしまった。

5月 1日

 ■5月連休5日目

 水曜、午前中に部屋の片づけ……と思うが、これがなかなか進まず。
 
 昼食は、炒飯を作ったが……やはり、2人分を一気に作ろうとすると、火力が飯の量に足りないのか、パラパラの仕上がりにならなかった……やはり、手を抜いてはいかん、と言う事か。

 昼過ぎから出かけ、今日は、Kinoシネマみなとみらいで、映画3本。

 1本目は、
 「マリウポリの20日間」。

 これは、ロシアがウクライナに侵攻を開始した直後から、戦火に見舞われた人々の惨状をAP通信取材班が撮影、世界に発信した記録映画。
 監督・撮影はウクライナ出身で、AP通信社のビデオジャーナリスト、ミスティスラフ・チェルノフ。スチル撮影のエフゲニー・マロレトカと、プロデューサーのワシリーサ・ステパネンコの3人のチームで、命がけでマリウポリ包囲戦の取材を行った。
 第96回アカデミー賞長篇ドキュメンタリー賞受賞。2023年ピューリッツァー賞公益賞も受賞した。

 2022年2月、ロシアがウクライナに侵攻。東部の要衝、港湾都市マリウポリに危機が迫る。これを察知したAP通信のミスティスラフ・チェルノフは、仲間とともに現地に向かった。
 ロシア軍の絶え間ない空爆で、交通路と通信は遮断され、マリウポリは孤立していく。海外メディアが次々と脱出して行く中、彼らは現地に残り、死にゆく子どもたちや遺体の山、産院への爆撃など、侵攻するロシアによる残虐行為を命がけで記録、世界に発信し続けた。
 これは取材チームが、命からがら戦場から脱出するまでの20日間の記録である。
 
 ミスティスラフ・チェルノフによる現地の取材映像は世界中に配信されたので、映画で紹介されているシーンには見覚えがあるものが幾つもあります。
 しかし、この映画は、それ以外の、ニュースとして報道していない、むしろ報道出来ない部分まで含む、生々しい戦場の実態を知らしめるもの。
 ミスティスラフ・チェルノフが、信頼出来るジャーナリストと思えたのは、正に、ウクライナがロシア侵攻に対してひとつにならなければならない戦時において、それに水を差すような事実からも逃げない事。
 空爆の最中に、「これはウクライナ軍の攻撃だ」とデマを叫ぶ者、そして、混乱した街で商店からの略奪をする市民の姿――それらもまた修羅場の現実なのだ、と……

 映像には子供や赤ん坊など市民の死、そして死体も映し出される……それを「世界に、ロシア人に見せてやってくれ」と言う、医師や、取材クルーを護衛する警官らの言葉が重い。それに引き換え、日本のジャーナリズムは「お茶の間に流せない」と、こうした映像を流すのはご法度なのだ。そんな何処か他人事のような、その姿勢にも今更ながら考えさせられる。

 取材クルーは、マリウポリ陥落前の、侵攻後20日で脱出した。未だ行き場のない市民が多く残る中で、彼らを見捨てて逃げる事には抵抗もあったろうが、ロシア軍に捕まれば、拷問されて、これまで撮影した映像は全てフェイクだった、と“証言”させられるのだから、それも仕方のない事だろう。
 こうした映像までもが、戦争、更に国際社会における情報戦の武器になる、と言う時代でもあるのだから。

 映画は、今更ながら、そして今からでも遅くはない、ウクライナ戦争について考えさせられるものとなっているし、そのインパクト、情報量としても稀有なもの。これは多くの人に観て欲しいものだと思う。
 だが、アカデミー賞の授賞式で、ミスティスラフ・チェルノフ監督は「この映画、作られなければよかった」と述懐した――それは正にその通り、とは思うが、その言葉はこの映画の価値を損なうものではない、と思う。


 この後、次の映画までは1時間。少し早いが、その間に夕食を済ませてしまおう、とKinoシネマ向かいのビルの蕎麦屋に行く。
 この蕎麦屋、揚げたて天ぷらが売り。今日は、雨で肌寒かったせいもあってカケにしたのだが、カケだと汁がちょっと薄味だなぁ……でもまぁ、かき揚げは、具沢山でサクサク、文句なし。


 で、蕎麦を手繰った後に、今日の2本目は、
 「マリア 怒りの娘」。

 これは、ニカラグアで製作された5本目の映画で、女性監督による初の長編映画となる。
 監督のローラ・バウマイスターは、勿論これが映画デビュー作。

 巨大なゴミ集積場の近くで母と共に暮らす11歳の少女マリア。生活は苦しく、母は、農場から犬の繁殖を請け負って売って暮らしの足しにしようとするが、生まれた仔犬にマリアがゴミ捨て場で拾った残飯を与えて死なせてしまい、窮地に追い込まれる。母はマリアを知り合いのリサイクル施設に預け、街を離れて巨大農場に身を隠す事にする。
 そんな事情を知らないマリアは、何日経っても戻らない母に戸惑い、混乱し、言葉にならない怒りを募らせて周囲に当たり散らすのだが……

 冒頭、鳥たちが群がる巨大なゴミ捨て場の光景に息をのむ。その先に描かれる格差と貧困、暴力と性差別。そして児童労働――ニカラグアの社会問題をあからさまにスクリーンに叩きつける……主人公・マリア同様、ローラ・バウマイスター監督の怒りを感じる描写インパクトだ。

 物語は、そんな逆境とも言える境遇の中、主人公のマリアが11歳にして少女から女になる、と言うもの。
 母が娘に言う、「猫女が来たら女になる」と言う言葉、獣同士のような母娘のじゃれ合い、そしてマリアの夢の中に登場する猫女……監督が、女性を母なる大地と自由に生きる獣になぞらえ、そんな大自然が、男性主導の人間社会によって汚されている、と言う現実に、虐げられる女性の姿を重ねているのは判るが、その描写は余りに粗削りだ。
 ただ、ローラ・バウマイスターが切り取った映像の力、そして、そんな監督の意図に応え、作品内で確かな成長を見せるマリア役のアラ・アレハンドラ・メダルの存在感が、この映画を見応えのあるものとしている。
 
 ラストシーン、怒りの感情を生きる意志に変えて行き先を見つめるマリアの瞳の力強さに圧倒される。

 続いて3本目、
 「霧の淵」。

 これは、なら国際映画祭2020で、観客賞を受賞した村瀬大智監督が、同映画祭の映画製作プロジェクト「NARAtive2022」にて手がけた人間ドラマ。
 主演は、本作のオーディションで抜擢された三宅朱莉。共演は水川あさみ。

 12歳のイヒカは、奈良の山村の旅館を営む家に生まれた。かつては林業で賑わったある集落だが、最近はすっかり寂れてしまっている。
 数年前からイヒカの父、良治は旅館経営に見切りをつけて家を出、旅館は母の咲と、良治の父のシゲと共に切り盛りしていた。そんなある日、シゲが姿を消してしまい……

 予備知識なしに観たのだが……何だ、これは?と言う印象。
 エンドロールで、河瀨直美がエクゼクティブ・プロデューサーとなっていたので納得はしたのだが、まるで河瀨直美映画の劣化コピーとでも言うべき内容で、映像時を気取るカットも気に障るし、スローで物語性が希薄な内容で、はっきり言って退屈だ。
 テーマとなるのは、かつて栄えた山村と、古き良き日本社会へのノスタルジーなのだが、その想いを抱くのが、そんな時代など知り様もない、12歳の少女だと言うのだから説得力がまるでない。せめて、シゲ爺が、初恋の人によく似た幻の少女に導かれて、賑わうかつての村に迷い込み……と言うようにするなら判るのだが……

 まぁ、河瀨直美譲りの端正な映像と、かつての日本文化と郷愁を誘う内容は海外ではウケそうだが、これは到底楽しめるものではなかった。


 帰宅後、今日はしっかり感想を書こう、と思って飲んだエナドリのカフェインが効き過ぎて、今夜は眠くならない……久々に日付またいだので、こりゃ次の日キツいぞ、と……

4月30日

 ■5月連休4日目

 連休4日目の火曜、今日も映画3本。

 あ、その前に、昨日、早寝してしまったので、映画感想を少し書いておこう……と、こんな感じで、朝を過ごし、時間を見て出かける。

 まず、1本目は、シネマジャック&ベティで、
 「アバウト・ライフ」。

 これは、結婚に悩む若いカップルと、その家族を描くロマンティック・コメディ。
 若いふたりを演じるは、ジュリア・ロバーツの姪のエマ・ロバーツと、ルーク・ブレイシーだが、その家族役が超豪華。ダイアン・キートン、リチャード・ギア、スーザン・サランドンにウィリアム・H・メイシーと、名優揃いだ。

 ミシェルとアレンのふたりは同棲中だが、アレンは結婚に消極的。友人の結婚式で、それがきっかけで衝突した2人は実家に戻ってしまう。
 翌日、よりを戻す為、ミシェルの実家で家族揃っての食事会を開く事にしたのだが、ミシェルの両親グレースとハワード、アレンの両親サムとモニカは、顔を合わせてびっくり――実は、グレースとサム、ハワードとモニカは不倫関係にあったのだ……

 この物語、同棲カップルが家族揃っての食事会をしたら両親が互いに不倫関係で……と言う図式から、ドタバタコメディになるか、と思いきや、これだけの名優が揃うと、さすがにそうはならない。
 基本は、男女関係と結婚、そして家族の事について、相手を変えながら語り合う会話劇で、艶笑譚にもなり兼ねないそれを、品良く、人生の教訓を含めて語って退屈させずに見せてしまうのだから、まぁ、凄い。これが名優の力、と言うものか……
 ただ、両親役の名優らに比べると、さすがに子供ふたりがちょっと弱い――それでも、映画主演作もあるエマ・ロバーツはまだよいが、アレン役のルーク・ブレイシーはあまり名も知られていない俳優で、本作でも影が薄く感じてしまったのはお気の毒。


 続く2本目は。
 「正義の行方」

 これは、福岡県飯塚市で2人の女児が殺害された飯塚事件の全体像を多面的に捉えて高く評価された、NHK・BS1スペシャル「正義の行方~飯塚事件 30年後の迷宮~」を映画化したもの。
 監督は、NHKで数々のドキュメンタリー番組を手がけた木寺一孝。

 1992年、福岡県飯塚市で2人の女児が殺害された。DNA型鑑定などにより久間三千年が犯人とされ、2008年、死刑判決後2年と言う異例の早さで刑が執行された。しかし、久間三千年は最後まで犯行を認めておらず、物的証拠のみで裁かれた判決を冤罪だと訴える再審請求が提起され、飯塚事件の余波は今も続いている。
 映画は、弁護士や警察官、新聞記者といった立場の異なる当事者たちが語る真実と正義を突き合わせ、事件の全体像を多面的に描き、この国の司法の姿を浮き彫りにする――

 この映画、1992年の事件から死刑が執行されるまでの経緯の振り返り、再審請求する弁護士の懸念、そして、自身の報道姿勢を含め検証する新聞、と言う3つの視点から、事件を掘り下げていく。
 取材姿勢はさすがNHKと言う公正なもので、捜査の正当性を主張する警察、問題点を指摘する弁護士、双方の主張と、彼らの抱く“正義”の形を歪める事無く映像に記録している――そして、その双方の主張に乖離がある事、それが正に、この事件の“歪み”であり、永遠に解けない謎なのだ、としているのだ。

 見応えがあるのは、やはり3つめの西日本新聞による検証報道で、地元紙として他紙には負けられないと言う意地が生んだ、行き過ぎた報道を、当時の記者自身が「ペンを持ったお巡りさんになてしまった」と言う言葉を引き出しているのには重みがあるし、この「事件報道とはどうあるべきか」と言うジャーナリズムの本質を問う内容こそ、本作が存在する理由ともなっている――実は、このシーンは、BS版には含まれていないのだ。

 印象的なのは、裁判を司る正義の女神テミスは、正邪を計る天秤のみを信じるために目隠しをしているが、日本の最高裁の前に立つテミス像には目隠しがない――日本の裁判は右顧左眄して判決を下しているのだ、と言う言葉が重く心に残る。

 
 「正義の行方」は3時間近くあり、次の「メメント」までは、徒歩移動だとギリギリだな……仕方ない、今日は昼食抜き、終わったらしっかり食べる事としよう。
 で、本日3本目、Kinoシネマみなとみらいでリバイバル上映される、
 「メメント」。

 これは、クリストファー・ノーラン監督の出世作で、前向性健忘(発症以前の記憶はあるものの、それ以降は数分前の出来事さえ記憶できない症状)という記憶障害に見舞われた男が、最愛の妻を殺した犯人を追う異色サスペンス。
 時間軸を解体して再構築された複雑な構成と巧みな脚本が話題となり、当時、日本でもロングラン・ヒットとなった。

 保険の調査員レナードの家に何者かが侵入し、妻がレイプされたうえ殺害される。その際に殴打された彼は、前向性健忘と言う記憶障害になってしまい、10分間しか記憶を保つことが出来なくなってしまう。レナードは、ポラロイドにメモを書き、体にタトゥーを刻みながら、復讐の為に、妻を殺した犯人を追うのだが……

 この映画、ある時点からの“過去がない”と言う前向性健忘と言う設定を活かし、結末から、少しずつ時間を遡るうちに、事態が明らかになっていく……と言う構成で、発症以前の過去を、こちらはモノクロで描く辺りも含め、公開当時は、その斬新さに驚嘆した事を思い出した。

 勿論、今となっては、追従する作品も多いし、クリストファー・ノーラン自身は更に先へ、と進んでいるのだが。時間を巻き戻し、そして遡り、映画の中で“時間”をコントロールしようとする狙いはこの当時からのものだったのだ、と改めて認識した。
 あと、映画の中の世界は“仕組まれたもの”と言う、映画の虚構性、そのものをテーマとするのもクリストファー・ノーランらしさだろう。

 今観ても、その映画的才能には感嘆するしかない。
 

 映画の後、横浜駅地下で、酸辣湯麺と半炒飯のセット。
 
 帰宅後、頑張って映画感想と、レビューを書こうとするが……今日もまた21時過ぎに寝てしまった。

 ■4月に観た映画

 4月に観た映画は……

 「パリ・ブレスト 夢をかなえたスイーツ」
 「RHEINGOLD ラインゴールド」
 「ラブリセット 30日後、離婚します」
 「毒娘」
 「パスト ライブス 再会」
 「ブルックリンでオペラを」
 「アイアンクロー」
 「ソウルフル・ワールド」
 「フォロウィング」
 「プリシラ」
 「クラメルカガリ」
 「クラユカバ」
 「マンティコア 怪物」
 「ザ・タワー」
 「陰陽師 0」
 「異人たち」
 「ナチ刑法175条」
 「海街奇譚」
 「劇場版ブルーロック -EPISODE 凪-」
 「オッペンハイマー」(2回目)
 「ソウルメイト」(2回目)
 「ゴジラ×コング 新たなる帝国」
 「あまろっく」
 「リバウンド」
 「映画〇月〇日、区長になる女。」
 「アバウト・ライフ ~幸せの選択肢」
 「正義の行方」
 「メメント」(2回目)

 ……28本か。ただ、4月は2回目となる映画が多く、本数としては25本となる。
 まぁ、毎年4月の鑑賞本数は減るんだよなぁ……

4月29日

 ■5月連休3日目

 連休3日目の月曜、今日は朝から映画3本。

 まず、1本目は、ブルク13で、
 「あまろっく」

 これは、兵庫県尼崎市を舞台に、年齢も性格も異なる“ツギハギだらけ”の家族の在り方を描く人生賛歌。
 主演は江口のりこ。共演は中条あやみに笑福亭鶴瓶と関西出身者で固めている。

 近松優子は兵庫県尼崎出身。“人生に起こることはなんでも楽しまな”が口グセの能天気な楽天家でぐうたらな父に反発し、大学卒業後、大企業でバリバリ働いてきたが、突然のリストラで、会社をくびになってしまう。
 鉄工所を営む尼崎の実家に戻った優子は、糸が切れたようにダラダラとニートのような生活を続け、そして8年……母を亡くし、独り身の父が、ある日、再婚する、と告げる。その父が再婚相手として家に連れて来たのは、まだ二十歳だと言う美女・早希だった。
 早希は、若い癖に世話焼きで、毎日食事の支度をするだけでなく、優子に縁談を持ち込んだりもする。
 だがそんなにぎやかな暮らしは、父の急死で突然終わってしまった……

 “あまろっく”とは、海抜ゼロメートル地帯の尼崎市を水害から守るために作られた尼崎閘門――通称、尼ロックの事。
 そんな尼ロックに守られ、「オレは我が家の尼ロックや」が口癖のぐうたらな父親と、才走る余りに人の機微が判らない娘、そこに飛び込んで来た、あり得ないくらい若く美しい後妻、と言う設定の人情コメディ――還暦過ぎたおっさんのもとに中条あやみが嫁としてやって来る、と言う。中年男性にとっては、夢としか思えない設定に惹かれて観る事にした次第。
 予告編から、そんな設定を活かした関西風ドタバタコメディを予測していたのだが……意外な事に、鶴瓶演じる父は早々に退場してしまい、映画は、そこから回想シーンを織り交ぜながら、父と言う要を失った家族の再生を描く人間ドラマとなる。
 これはなかなか見応えのあるドラマで、時にホロリともさせつつ、先の読めない展開でハラハラさせた挙句に、急転直下のハッピーエンドを迎える、と言う力技……これは思っていた以上に見応えがあった。

 惜しいのは、タイトルにもなっている尼ロックを始め、尼崎ならではのロケーションの活かし方がイマイチに感じられた所……ここはもう一工夫、もしくはもうひとひねり欲しかった所。
 キャストとしては、やはり江口のりこがいい。珍しい主演で、これは個性を巧く活かした作品になっていると思う。あと、父の若い頃を、尼崎出身の松尾諭が演じているのだが、これがちゃんと鶴瓶の若い頃に見えるのだから、やはり、大したものだ。
 ただ、中条あやみが惜しい……美人なのに文句はないし、実は大阪出身なだけでに関西弁もネイティブで違和感はないのだが、さすがに20歳には見えないし、この役には上品で、おっとりしている感じ……ここは、江口のりこの圧力にも負けない、はっちゃけた若手を起用した方がよかったのではないだろうか?


 続いて2本目もブルク13で、
 「リバウンド」

 これは部員数僅か6名の弱小高校バスケットボール部が全国大会で活躍するに至った実話を基に映画化したもの。

 高校バスケではMVPにも輝いたカン・ヤンヒョンは、プロにはなれず公益勤務要員の職に就いていた。そんな彼が、廃部の危機に瀕した釜山中央高校バスケットボール部の新任コーチに抜擢される。
 学校からは期待されず、歴史あるOB会へ面目を保つために部を存続させればよい、と言われたが、ヤンヒョンは選手をかき集め、大会出場に漕ぎつける。初戦の相手は、高校バスケットボール最強と謳われるソウルの龍山高校だったが……

 消耗の激しさ故に、局面に応じ選手を交代させながら戦うバスケットボールで、部員数6名、しかも途中から負傷により5名となって交代枠がないチームが、全国大会の決勝を戦った、と言う漫画でも描かれないようなエピソードが実話だ、と言う所に驚く。
 映画は、その実話である全国大会決勝まで、チームの誕生から描いている。
 韓国映画らしく、前半はコメディタッチの軽い入り方をし、最後に盛り上げるのは勿論、チーム編成、そのドタバタ、手痛い敗戦と、そこからの再起……と言うのは、スポ根映画として定番の作り。意外だったのは、ロマンス描写が一切ない事だが、これは登場人物の多くが実在の人物(コーチと選手は全員がそう)なので、プライベートな部分には踏み込めなかった、と言う事か……
 選手間の因縁などドラマ作り込みながら、迫力ある試合を描いているのも素晴らしく、クライマックスの試合シーンなど、劇場版「スラムダンク」を実写でやっているような感じで、これもまた韓国映画の力量を思い知らされる1本だと言えるだろう。


PS
 エンドロールで、実際の試合のシーンが映し出されるが、映画はそれを忠実に再現している事にも感心……


 その後、桜木町から伊勢佐木町まで、移動途中にケンタでチキンをつまんで今日の昼食とし、3本目の映画は、シネマリンで、
 「〇月〇日、区長になる女。」

 これは、2022年に人口57万人・有権者数47万人を擁する東京都杉並区長選挙で、僅か187票差の僅差で勝利した岸本聡子と、彼女を支えた住民たちに密着したドキュメンタリー。
 監督は、杉並区在住の劇作家・ペヤンヌマキ。

 東京都西端に位置する特別区・杉並区に在住するペヤンヌマキは、ある日、道路整備と区画整理により自宅アパートが取り壊され、区民から愛された川沿いの緑地帯が車道になる、と言う事を知る。散歩道の途中にある樹齢100年の杉の木も伐採されるのだ、と言う……70年前に決まった、今や必然もない工事を推進しようとする区政に疑問を覚えた彼女は、市民運動に参加。その中で、住民たちが2022年の区長選に向け、ひとりの候補者を擁立しようとしている事を知る――岸本聡子。長年欧州で暮らし、NGO職員として世界の自治体における“公共の再生”を調査してきた人物だ。
 そして、金なし、地盤なし、政治経験なし、支えるのは住民たちのみ、と言う岸本聡子の戦いが始まる――

 これは、2022年以降、密かに盛り上がりを見せている選挙を取り上げたドキュメンタリー映画で、2022年の杉波区長選を描いている。
 ただし、これはネツゲンによる一連の映画とは無縁で、映画も、ドキュメンタリーも初めて、と言う劇作家のペヤンヌマキが自ら撮影・監督したもの、となっており、他の映画とは色合いが大分異なる。
 なにより、この映画は、ジャーナリスティックなドキュメンタリーではなく、岸本聡子と、彼女の周囲の人の姿を記録したもので、主張も、ペヤンヌマキを始め、岸本陣営のもののみになる。
 選挙報道では絶対に許されない、その内容を「偏っている」と批判するのは簡単だが、これは選挙報道ではなく、岸本陣営の、いや、彼女を支える杉並区民の声を記録したものだから、これはこれでいい、と言う事なのだろう。
 (制作側は、ドキュメンタリー映画ではなく、「市民映画」だと言っている)

 ただ、そうして記録されているのは、既定の、昭和の男たちによる政治を、女性たちが否定しようとしている、と言う状況だ。
 これは、もう、世の中が変わり始めている、と言うその兆しと見ていいのかも知れない。
 当選した岸本区長には、区議会で既存勢力の上に立つ自民党の男性議員からのバッシングが浴びせられた。それを見た支援者の女性たちは次々に区議会選挙に立候補、現職の男性議員15名が落選して、12名の女性が区議会に入り、杉並区は日本の自治体の中で初めて女性の割合が男性を上回る事になったと言う……

 しかし、ペヤンヌマキ監督は、そんな現状を力んで伝えるのではなく、道路整備が見直され、どうやら杉の木は生き残れそうだ、と言う事の方が嬉しそうではある。


 映画の後、買い物をして帰宅。
 今日の夕食は皿うどん。

 食事後、映画感想を書こうとするも手がつかず、21時前に寝入ってしまった……

4月28日

 ■5月連休2日目

 日曜は、父親が「ズボンを買いたい」と言うので、それに付き合う。
 ユニクロでもなんでもいい、と言うが、ウチは父の代までは高級紳士服店のお針子をしていたのだ。ユニクロでいい訳がない……そこで、みなとみらいの紳士服店へ。
 ちょっと前に流行ったパジャマスーツも買ったので、予算はかさんだが、まぁ、そんなもんだろう。

 昼はみなとみらいの蕎麦屋で天ざる。
 その後、天気もいいので、軽く市内ドライブ洒落込む……赤レンガ倉庫に、横浜を象徴する3タワー…G.W最初の日曜だけに結構な人出で、
 「よくもまあ、観光にこれだけ出て来るもんだ」
 と父親が呆れたように言うので、
 「こんな所をオープンカーで流してる自分らも傍から見れば立派な観光客だ」
 と……そりゃそうとしか言いようがないだろ。

 その後、久々にロドスタをらしく走らせてやろう、と首都高に上がり、横羽線を上がり、大師で湾岸に入って、つばさ橋、そして大黒パーキングを一回りし、ベイブリッジ通って帰宅。
 ……ちょっとしたドライブになった。

 帰宅後、あれこれ用事を片付けようと思うが……G.Wの映画鑑賞計画を立てたくらいで何も出来ず。
 夕食時、初ガツオを肴に友人から貰ったベルギービールを飲んだりしたせいで、その後も早くに寝入ってしまった。
 

4月27日

 ■5月連休1日目

 連休1日目となる土曜は、午後、ブルク13で、
 「ゴジラ×コング 新たなる帝国」。 

 これは、ゴジラに加え、キングコングと言う日米を代表する怪獣が激突する怪獣映画の新作。
 2014年の「GODZILLA ゴジラ」に始まる、ワーナー・ブラザース&レジェンダリー・ピクチャーズ&東宝が展開する「モンスター・ヴァース」シリーズの10周年記念作となる。

 怪獣と人間が共に生きる世界。地上ではゴジラが人類の手に負えない怪獣を退治して怪獣王として君臨、キングコングは地下空洞をその住処として失われた仲間を探していた。
 そんなある日、未確認生物特務機関モナークが察知した異常なシグナルを検知。更に、髑髏島の先住民の唯一の生き残りでコングと交信出来る少女・ジアも、予知夢に悩まされていた。
 そして、コングは地下空洞の未知の領域で、巨大猿“タイタン”の群れに遭遇するが……

 この映画だが、もう冒頭から最後まで、殆どが見せ場の連続と言える巨大怪獣の激突の連続――本作では、ゴジラもキングコングも人類の敵ではなく、コングはジアを通じて会話が出来る仲間であり、ゴジラとて、その存在を認め、モナークに至っては利用しよう、と言う立場で、人類の味方の立ち位置である。
 アクションとしてはかなり荒唐無稽、SF的にもどうか、と思われるものだが、迫力だけは物凄い――これを観ると、確かに「ゴジラー1.0」はチープと言わざるを得ない。ハリウッド怪獣映画ならではのとんでもないスケールの破壊のスペクタクル……確かに、これは劇場の大スクリーンで観る価値がある。

 違和感を感じるのは、ゴジラのアクションで、重厚さを出す日本のゴジラ演出に対し、ハリウッド版はとにかくスピーディー。あの巨体が、走り、そして跳ぶのだ。また、着ぐるみからは離れたものの、モーションキャプチャーに基づくその動きは妙に人間臭く、走る時に腕を振っちゃいかんだろ、と思ってしまった。
 あと、今回の物語、はっきり言って、巨大・“猿の惑星”だよなぁ……と思ってしまった。

4月26日

 ■金曜は……

 金曜は、休暇を取って、先週の続きの定期健診。今日は胃カメラ。
 自分の場合、反応が大きいらしく、この日はスタッフが少ないせいもあって、医師が麻酔を通常の倍量入れたせいもあって、注射直後に意識喪失……回復まで時間がかった。

 その後、(朝食抜きだったので)遅い朝食を、といつものジョナサンに行ったら……あらー、閉店だ。
 仕方ないので、今回は駅前のモスバーガーへ……

 食事を済ませたら、ほぼ昼……今日は、午後映画2本の予定。
 いずれも2回目なので、麻酔が抜けきれずにぼーっとしてても大丈夫だろう……

 1本目は、ムービルで、
 「オッペンハイマー」。
 今回は通常のスクリーンで鑑賞。
 しかし、こうして通常スクリーンで観ると、「CGを使わない」と言うノーランの限界も感じるなぁ……「トリニティ実験」がちょっとしょぼいものに見え、禁断の力を解放した、と言うインパクトに欠けているのではないだろうか?

 2本目は、シネマジャック&ベティで、
 「ソウルメイト」。
 ……うん、これはやはりいい物語だ。

 帰宅後、何も出来ず就寝……最近、やたらと寝入りが早くなって、しかも、7時間前後寝ているので、どうにもやりたい事に手がつかない……

4月24日

 ■「劇場版ブルーロック EPISODE 凪」

 これは、「史上最もイカれたサッカー漫画」の異名を持つ原作:金城宗幸、作画:ノ村優介による漫画「ブルーロック」の三宮宏太によるスピンオフ作品「ブルーロック-EPISODE 凪-」をアニメ映画化したもの。
 監督はTVアニメ版で副監督を務めた石川俊介。

 何をするのも面倒で無気力な高校2年生・凪誠士郎は、W杯優勝を夢見る同級生・御影玲王にその才能を見出されてサッカーを始める事になる。
 天性の身体能力とトラップ力を武器に、常人には真似出来ないようなプレーを披露する凪を擁するチームは連戦連勝を重ね、やがて日本サッカー連盟の特別強化組織“ブルーロック(青い監獄)”から強化選手として招かれて……

 これは、「スラムダンク」、「ハイキュー」に続く、スポーツ青春映画の第三弾。
 映画となったのは、28巻にもなる原作漫画本編ではなく、現在、4巻が刊行されているスピンオフ作品。本編では主人公のライバルとなる、無気力な高校生・凪がサッカーの面白さに目覚め、それと共に、彼をサッカーに引き込んだ親友・御影との関係が変化して行く……と言う物語の展開も、青春映画としては定番で、この着目点はいいと思う。

 しかし、これは前述した2作品に到底及ばないものだと思う。長いエピソードの中から、印象的な一試合を切り取った先の2作品に対し、本作はスピンオフ作品のダイジェストで、終盤は断片的なシーンとエピソードの連続の、殆ど予告編のような内容で、予備知識がないこちらには全く流れについていけないものになっており、1本の映画としては問題あり。終盤は殆ど破綻していると言っていい。
 また、スピンオフ故の事なのだが、本編の登場人物には人物・背景描写がしっかりされるのに、本編登場人物は表面的な紹介に留まり、これでは感情移入も難しい――勿論、本編をよく知る人なら問題ないのであろうが……

 そんな内容故、これは原作漫画、そしてTV版の本編アニメを観て来た人の為のファンムービーとしては成立するものの、劇場公開される映画としては評価出来るものではないだろうと思う。

4月21日

 ■「ナチ刑法175条」感想

 これは、1871年に制定され、1994年まで存在した同性愛を禁止するドイツの刑法175条により、ナチス・ドイツ時代に迫害された同性愛者たちを追ったドキュメンタリー。
 本作は、2000年製作、日本では2001年の山形国際ドキュメンタリー映画祭にて「刑法175条」のタイトルで上映されたが、その後、一般上映なく、今年、デジタルリマスター版公開に合わせ、劇場公開される事となった。

 かつて、ドイツで施行されていた同性愛者を差別する刑法175条。同法により、ナチス支配下で男性同性愛者が弾圧されていた事実を、6人のゲイとひとりのレズビアンが証言する。
 当時、約10万人が逮捕され、1万5千人が強制収容所に送られ、第二次大戦後の生存者はおよそ4000人。(尚、彼らは戦後、そのまま刑務所に収監された)本作製作時には生存が確認出来たのは僅か10名に満たなかったと言う……

 本作は、映画「大いなる自由」でも描かれた、同性愛を禁じる法律による弾圧を描くもの。同様の法律は多くの国に存在したが、ドイツが特異なのは、やはりナチスによる苛烈な弾圧が存在したからだろう。
 むしろ、意外だったのは、第一次大戦後のワイマール時代――日本だと丁度“大正モダン”時代か――は、法律で禁じられていたものの、野放し状態でゲイやレズビアンの社交場の存在する程度には認められていた、と言う事実。それが、ナチス政権下、ある事件をきっかけに弾圧に転じた、と言う急変ぶり。そこで語られる「人々はすぐ無関心になる」と言うのは、現代にもそのまま通じる、重い言葉だと思う。
 
 あと、意外だったのは、レズビアンに対する扱いで、19世紀に法が制定された当時は、「女性には性欲がない」と見なされ、法の適用が男性のみであったのは頷けるが、ワイマール時代を経た後では、そうも行かない(実際、法は改正されて男女共に適用されるようになっていた)と思ったのだが、その理由としては、「女性同性愛者でも、子供を産む役には立つから」と言うのがナチスらしい……つまり、レズビアンだろうが、種付けしてしまえばいい、と言う事か……

 貴重な証言や、当時の映像記録を集めた本作の製作は有意義なもので、実際、本作は国立博物館のライブラリーに収蔵された、と言うが、映画としてはあっさりした出来で、物足りなさも残る。
 しかしながら、商業映画としてエンタメ化するのをよしとせず、記録映像としてまとめ上げた、その真面目さもドイツらしくあるが……

4月19日

 ■金曜は……

 本日は、休暇取得し、朝イチでかかりつけのクリニックへ。
 半年に一度の定期健診だが、今回は胃カメラとその他の検査を別の日に受ける事になった。
 今回が、諸々の検査で、来週が胃カメラ。

 検診の後、免許更新の為、試験場へ……で、ちゃんと準備していたのに、免許更新の案内はがきを忘れる……何をやっているんだか。
 (もっとも、自動化が進んだ今の免許更新でははがきを使用する事はなかったのだが)
 かつては、長い行列に並んだ免許更新も、今やスムーズな流れ作業、せいぜい2~3人の順番待ちをするだけで、手続き自体は20分で終了、その後、1時間の講習を受けているうちに免許が出来上がり、受領して終わり……昼前には済んでしまった。

 午後の映画は15:00にKinoシネマ。
 大分時間があるので、せっかくだから、献血をしてから行くことにした。

 午後は映画2本。
 まずは、Kinoシネマみなとみらいで、
 「マンティコア 怪物」

 これは、「マジカル・ガール」で注目された、カルロス・ベルムト監督の最新作。

 ゲーム会社で、モンスターデザインを担当するフリアンは、社交性に欠ける部分があるものの、才能は確かで、会社の機材を自宅に持ち込んで作業する事を認められていた。そんなフリアンは、隣人の少年を火事から救って以来、原因不明のパニック発作に苦しんでいた。
 ある日、同僚の誕生パーティーで美術史を学ぶ学生のディアナに出会ったフリアンは、聡明でボーイッシュな彼女に魅かれていくが……

 この映画だが、テーマとなるのは、アブノーマルな性嗜好となる。その点で、昨年公開の「正欲」と同じテーマを扱うものとなる。
 フリアンの嗜好は、少年愛であり、決して許されないその欲望を、その技術と才能を活かして、仮想空間で満たしていたのだ、
 これは、二次元のロリコン嗜好者が、「被害者がいる訳ではない。絵に欲情を解消する事が、何故咎められるのか?」と開き直るのと似ており、この辺り、「マジカル・ガール」でも見せた、カルロス・ベルムト監督の日本のアニメ・マンガ文化への理解が活かされたもの、と言えるのではないだろうか、

 映画は、終盤、フリアンの性嗜好が会社にバレて、機材を取り上げられたフリアンが、欲望を満たす事が出来なくなった結果、実際に少年を性対象にしようとするサスペンスを描くが、この展開には考えさせられる……マンガで、ゲームで、アニメで、欲望を満たしている者が、それを取り上げられた時にどうなるか、と……
 そして、映画は更にもうひとひねり。ディアナの隠された欲望を明らかにするラスト……蛇足とも思える、このトリッキーさがカルロス・ベルムト監督らしさであるのだろうけど。


 その後、ブルク13で、
 「ザ・タワー」

 これは、謎の“闇”によって外界と隔絶された団地の住人たちが見せる人間模様を描く、シチュエーション・スリラー。
 監督は「この世の果て、数多の終焉」のギョーム・ニクルー。

 様々な人種が暮らすフランスの団地。住民らが、ある朝目覚めると、窓の外が“闇”で覆われていることに気づく。その“闇”に物を投げ入れると物体は、鋭利な刃物で切られたように消えてなくなってしまう。テレビやラジオの電波は途絶え、携帯電話も圏外だが、なぜか電気と水道は使用可能。
 外の世界と遮断され、閉じ込められたままの彼らは、やがて、世代や、人種ごとにグループを形成し、小競り合いを繰り返すようになって行く……

 この映画、ホラーと言うよりも、閉鎖空間内での人間ドラマであり、内容としては、キム・ギドク監督の「人間の時間」に近いものを感じた。
 ただし、ギョーム・ニクルーは、キム・ギドクほどエグくもないし、リアリティの煮詰めも甘い。閉鎖空間で起きるのが、食料の奪い合いに、主導権を誰が握るかの争い――そして、セックスだ、と、人間の欲望を赤裸々に描くキム・ギドクの「人間の時間」に対し、本作はどうにもインパクトに欠ける。また、外部から(何故か)水と電力しか供給されないアパートの一棟で、数十人が数か月、いや数年に渡り、何を食って生きているのかがさっぱり判らないのだ。これはさすがに白けてしまう。
 しかし、そんな中でも、白人、アラブ系、アフリカ系と人種や宗教ごとにグループが出来て、状況が悪くなればなるほど、グループ内の結束と、グループ間の対立が高まる、と言うのは、他民族・移民国家となってしまったフランスの“リアル”だろうか……そうした、リアルさを軸に、無理をせず、数日のドラマとして描けば、もっと面白くなりそうだったのだが……残念。

4月17日

 ■歯医者

 最近、右の奥歯が時折痛み、冷たいものがしみる時がある……そこで、今日は定時日ではあったのだけど、映画に行かずに歯医者へ……

 レントゲンも撮って一通り診察して貰ったのだけど、虫歯の1本もなし、異常なし、とのこと。
 どうやら、親知らずが奥歯を押していて、それで知覚過敏になっているのでは、と……そう言えば、5年前にも同じ事を言われたっけ、と。

 まぁ、異常なしでも、そのままは終わってくれず、次回歯石除去をする、となったけど……連休前に不安を解消、歯石除去も歯の定期メンテと考えればいいか……

4月 7日

 ■日曜は……

 日曜は、昼、また炒飯を作った。
 中華鍋を使うようにしてから、ちゃんとパラパラ炒飯が作れるようになって、最近、少しハマってる……味もまぁ、悪くない。熱々だし、パラパラだし、冷凍炒飯よりいいんじゃないか、とか思うんだけど。

 昼食の後、今日は、Kinoシネマみなとみらいで、
 「アイアン・クロー」。

 これは、1980年代のプロレス界で、その名を知られたフォン・エリック・ファミリーの栄光と悲劇を描く伝記映画。
 監督は、「マーサ、あるいはマーシー・メイ」のショーン・ダーキン。

 手で相手の顔を鷲掴みにする“アイアンクロー=鉄の爪”を得意技とする“悪役(ヒール)”として人気だったプロレスラー、フリッツ・フォン・エリックは、遂に手が届かなかった世界チャンピオンの夢を、次男のケビン、三男デビッド、四男ケリー、末っ子のマイクらに託すべくプロレス英才教育を施した。
 兄弟は絶対的な権力者である父の教えに従いプロレスの道に進み、デビッドは世界ヘビー級王座戦へ指名を受ける。しかし、デビッドは日本での遠征中に急死。その死を皮切りにフォン・エリック家は次々と悲劇に見舞われ、いつしか“呪われた一家”と呼ばれるようになって……

 これもまた“悪しき男らしさ”が生んだ悲劇を描く映画。
 父親が果たせなかった夢を息子に託す、まるで「巨人の星」のような物語は、かつてなら美談にもなり得たのだろうが、最早、そんな時代ではないのだろう。
 そうした観点から描かれる父親像は、決して立派なものでも、筋の通ったものではない。自分の思うように独断で物事を進める癖に、いざ問題が起きると、息子たちのせいにすると言う、何処かの政治家のような描写を見せられては、これもまた時代を反映したものだろう、と思ってしまう。
 だが、それでも主人公であるケヴィンが、どれほど父親に理不尽な目に遭わされても、家族が好きだ、共にいたい、と言うのは、DVと言う問題の深刻さを感じさせる。

 そんなケヴィンを演じたのは、ザック・エフロン。青春もの映画で爽やか青年を演じていた彼が思いっきりビルドアップして、筋骨隆々のレスラーを演じるのだから、これは見事な役作り。
 そのケヴィンの妻となるパムを演じるリリー・ジェームズは、快活なテキサス娘を演じながらも、相変わらずの美貌でやはり目を惹く存在だ。

 また、コダックの16mmフィルムで撮影された本作は、21世紀の映画でありながら、まるでかつてのアメリカン・ニューシネマのような映像世界を作り出している。
 当時の再現にも抜かりなく、これは見応えのある映画だった。

4月 6日

 ■土曜は……

 土曜は、午後から映画。
 まずは、横浜ブルク13で、
 「パスト・ライブス ~再会」。

 これは、離れ離れになった幼なじみの再会を描く大人のラブストーリー。
 監督・脚本は、本作が長編映画デビュー作となるセリーヌ・ソン。

 ソウルに暮らす12歳の少女ノラと幼馴染のヘソン。いつも一緒にいた2人だったが、ノラが海外移住することになり、離れ離れになってしまう。
 12年後、24歳になったふたりは、オンラインで再会を果たし、メールのやり取りをするようになるが、ニューヨークとソウルで歩む、それぞれの人生が2人を何時しか遠ざけてしまう。
 その12年後、36歳になったノラは作家のアーサーと結婚している。ヘソンはそのことを知りながらも、ノラに会うためにニューヨークにやって来る。24年ぶりに再会したノラとヘソンだったが……

 タイトルの“パスト・ライブス”とは「前世」の意味で、輪廻転生の概念のない西欧では、馴染の薄い言葉であるらしい。映画の中では、そうした前世からの”縁――ユリョン”が運命を導くのだ、と説明される。

 映画は、正に“運命じゃない人”との出会いと別れを描くもの、と言えるだろう。
 24歳の時点で、その事を悟ったノラと判らないヘソン……そんな2人の再会と別れを、映画は繊細に描いている。
 それは、ドラマティクでもなければ、殊更に感動させるようなものでもなく、そうした点で、物足りないと思う人もいるかも知れないが、監督自身の経験に基づく物語は静かに心を捉える。
 また、最後の長回しの水平移動シーンは、正に映画ならではのものであり、唸らされた。
 これがデビュー作だ、と言うのだから、セリーヌ・ソン監督、恐るべし。
 本日は、映画をもう1本……だが、これが時間の合う映画館がなかなかなく、川崎まで移動し、チネチッタで、
 「ブルックリンでオペラを」。

 これは、「シラノ」のピーター・ディンクレイジによるロマンティック・コメディ。
 監督は、あのアーサー・ミラーの娘で、ダニエル・デイ=ルイスのパートナーでもあるレベッカ・ミラー。

 ニューヨーク、ブルックリン。現代オペラ作曲家のスティーブンは、スランプに陥り、鬱状態で作曲に手がつかないでいた。そんなある日、妻で精神科医であるパトリシアから「気分転換に」と、愛犬と散歩に送り出されたスティーブンは、バーでタグボート船長のカトリーナと出会う。誘われて彼女の船に乗り込んだスティーブンは、強引にベッドを共にする事になってしまい――そこからの帰路、突如、創作のインスピレーションがスティーブンに舞い降りるのだった。
 そして、その出会いが、やがてスティーブンと、周囲の人々の人生を劇的に変えてゆくことになるのだった……

 この映画、原題は「She come to me」で、直訳すれば「彼女が来た」……これだって、何のことやら判らないけれど、まだ邦題よりマシな気がする。
 これは、ある出会いが運命を変える物語なのだ。

 映画としては、スクリューボールコメディの類で、主人公を巡る三角関係のドタバタに周囲が巻き込まれて……と言うものなのだが、そこはさすがレベッカ・ミラー。トランプ政権以降の現代アメリカに蔓延る、復古主義的な保守派の台頭、悪しき男らしさの発露、と言う問題に、虐げられる女性や子供、それに有色人種やブルーカラー労働者と言う弱者が手を取り合って一杯食わせるのがクライマックスとなる――これは全く予想外の展開で、これはスクリューボールどころか大暴投ではないか、と思ったりもしたけれど、それでも収まるところに収まって大団円を迎えたのは見事と言う他はない、これは面白い映画だった。 

4月 5日

 ■金曜は……

 金曜、仕事の後、イオンシネマ港北NTで、 
 「毒娘」。

 これは、「ミスミソウ」の内藤瑛亮監督が、匿名掲示板サイトで話題になった、ある家族に起きた「馬乗りKちゃん」事件をモチーフにして描くホラー。

 東京近郊の住宅地に引っ越して来た、萩乃と夫の篤紘、娘の萌花の3人家族。篤紘の再婚相手である萩乃は、萌花とは血の繋がりがないけれど、母親と認めて欲しい、と願っていた。
 そんなある日、外出中の萩乃に萌花から、悲痛な声で助けを求める電話がかかって来る。慌てて帰宅した萩乃が見たものは、荒れ果てた居間と、萌花に馬乗りになって大きな鋏を突き付けている見知らぬ少女の姿だった。その少女はかつてこの家に暮らしていたちーちゃんと言い、傷害事件を起こした後、姿をくらましていた、と言うのだが……

 この映画、“毒娘”であるちーちゃんが怪物として幸せな家族を壊して行く話か、と思いきや、その「幸せな家族」と言うのが、穏やかなモラハラ男の篤紘が作り上げた牢獄である、と言うのが見えて来る、二重構造のホラー。
 ちーちゃんを触媒として、血の繋がっていない母娘と言う、違う形で男に拘束され抑圧されてた女2人が、そこから抜け出して自由を得て行く様はむしろ爽快さを覚えてしまう程だった。

 萩乃を演じたのは佐津川愛美で、彼女が夫と娘の顔色を伺うように終始おどおしている萩乃を演じているのだから、これはもう、何処でブチ切れて啖呵を切るのか、観ている側としては待ちかねているような状態でもあった。

 惜しいのは、そうした女性や子供に対する理不尽な抑圧に対抗する、自由さの象徴でもあるちーちゃんが、プロローグとエピローグでは別の行動原理を見せてしまっている事……この辺りを巧く整理出来ていれば、ちーちゃんを、強者が弱者を搾取する構造が変えられない現代日本の現状に突き付ける刃のような存在に出来たように思うのだが……

4月 3日

 ■「パリ・ブレスト 夢をかなえたスイーツ」

 これは、22歳でパティスリー世界選手権でフランスを優勝に導いた天才パティシエ、ヤジッド・イシュムラエンの自伝を映画化した青春サクセスストーリー。
 主演は、アルジェリア出身で、人気インフルエンサーだと言う、リアド・ベライシェ。

 育児放棄の母親の下、里親の家で育ったヤジッド。そんなヤジッドの楽しみは、スイーツ作りだった。やがて児童養護施設で暮らし始めると、機転を利かせて、10代にしてパリの高級レストランで見習いとして働くチャンスを掴む。
 いつしか、パティスリー世界選手権に出場する事を願うヤジットは、生活の全てをスイーツに注ぎ、時に野宿しながら腕を磨いていくのだが……

 この映画、青春サクセスストーリーで、基本的には好きなタイプの映画なのだが、これはどうにも面白く観られなかった。
 その理由は、ヤジットの自伝を巧く整理出来ていない事にあるように思う――育児放棄され、里親に育てられ、児童養護施設で暮らした……ヤジットはアラブ系移民で、母親は生活保護を受けているような底辺の暮らしだから、ヤジットも多少の悪さもしただろう……それは理解出来るにしても、物語はあちこちに寄り道してはひっかかり、どうにも感情移入が出来なかった。
 育児放棄されようが、ヤジットは、チョコの好きな母親に笑顔で褒めて欲しかった、その為に、世界一のパティシエになる――と言う動機をしっかり描き、いかなる困難も乗り越えて夢を掴む……2時間の映画なのだから、原作のエピソードを思い切って整理すべきだったように思う。

 映画としての見所は、様々なスイーツと、それを作り上げる職人の技……あと、意外にも思えるのが、美食の国であり、自国料理に誇りを持っているフランス人が、外国人に寛容な事――ヤジットはアラブ系だし、劇中に登場するコートダジュールのレストランのトップパティシエは日本人だ。銀座の寿司屋で寿司を握るフランス人など皆無、と言う日本からすると、いささか奇異にも思うが、これが多人種・多民族共生の現代フランスの実態、と言う事か……

【過去の日記】

1月) (2月) (3月

2023年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月)  (11月) (12月

2022年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2021年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2020年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2019年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2018年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2017年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2016年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2015年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2014年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2013年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2012年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2011年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2010年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2009年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2008年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2007年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2006年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2005年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2004年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2003年の日記

4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

更新日記


戻る