気まぐれ日記


 気まぐれなので、(きっと)毎日は書きません……


2018年の日記

12月 9日

 ■日曜は……

 天気がいまいち、冷え込みも厳しいので、午前中は部屋でホムペの更新など。
 午後、クルマを洗車したり、買い物に行くなどした。

12月 8日

 ■土曜は……

 午前中、かかりつけのクリニックに行き、先日の検診結果を聞く。
 先日の検査では、胃カメラ挿入時の反射が激しく、かなり手こずったらしい……どうやら、かなり暴れたので食道を傷つけたようで、検査の後、
 「喉痛くないですか?」
 と聞かれたのはそのせいか……まぁ、麻酔のせいで全く覚えていないのだけど。
 
 その後、水槽の水替えを済ませ、午後、バイク屋に行ってCBRの様子を伺いに行ったのだが、こちらも結構、大変な事になっていた。

 ■「暁に祈れ」

 夕方、ブルク13で映画「暁に祈れ」。
 これは、英国人ボクサー、ビリー・ムーアの自伝小説を「ジョニー・マッド・ドッグ」のジャン=ステファーヌ・ソヴェール監督が映画化したもの。
 まるで地獄のようなタイの刑務所を疑似体験出来る、と言う点での価値は理解するし、その為のリアル追求も結構だが、ドキュメンタリーではないのだから、映画としては、もう少し物語を見せて欲しかったなぁ……

12月 5日

 ■「ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲」

 これは、「Mr.ビーン」のローワン・アトキンソン扮する英国諜報部員が抱腹絶倒の騒動を巻き起こすアクション・コメディ第3弾。
 実は、このローワン・アトキンソンの笑いがあまり好きではなく、これまで敬遠していたのだけど……今回のこれは、最近のIT化の流れを茶化すと共に、返す刀でイギリスのアナクロぶりも笑い飛ばす、なかなか辛辣なもので、なかなか楽しめた。
 尚、ヒロインにはボンドガールも務めたオルガ・キュリレンコ、英国首相役には名女優のエマ・トンプソンとなかなか豪華。
 そして、これまた映画の華となるクルマ、アストンマーティン ヴァンテージは、カーマニアとしても知られるローワン・アトキンソンの私物なのだそうで……

12月 4日

 ■火曜は……

 火曜日は、胃カメラ検診の後、午後、映画を観に行きました。

 この日の1本目は、ブルク13で、「くるみ割り人形と秘密の王国」。
 これは、チャイコフスキーの組曲「くるみ割人形」をディズニーが脚色したファンタジー。クリスマスの夜、少女クララが迷い込む不思議な世界での冒険を描く。
 ディズニーらしい、家族で安心して観られる内容だけど、物語は大幅に脚色されており、尚且つ、先が読めるもの。
 映画コピーの「見た目に惑わされるな」もそうなのだけど、元々の物語のように、ねずみが呪いをかける訳がない。何しろ、ディズニーなのだから、ねずみを悪者に出来る訳がないじゃないか……

 この後、黄金町に移動。ジャック&ベティで、この日2本目は「斬、」。
 これは、「野火」の恂{晋也監督が、池松壮亮と蒼井優を主演に迎え、初めて挑んだ時代劇。
 とは言え、台詞などはほぼ現代劇の趣だったりするし、内容も人を斬る、つまり人を殺す、と言う意味を問うもので、そのテーマは「野火」にも重なるもの。
 見応えのある映画だけど、これは決して娯楽作品ではなく、塚本監督映画だ、と言う事を心して観る必要があると思う。

 次いで、この日3本目の「負け犬の美学」。
 これは、俳優のサミュエル・ジュイ、初の監督作品で、マチュー・カソヴィッツ主演、二流のボクサーの生き様を描く人間ドラマ。

 この映画、如何にもフランス映画らしいボクシング映画。
 これがアメリカ映画であれば、ボクサーとして底辺にいるスティーブが這い上がる様を描くところだが、この映画はそうはしない。
 そして、この映画が心打つ部分、それはスティーブがピアノを買ってやろうとする愛娘、彼女にもピアノの才能はない、と言うこと。
 でも、心から楽しそうにピアノを弾く娘には、好きなだけピアノをやらせてやりたい……それが、己の才能を知りつつ、愛するボクシングにしがみついている男の親心なのだ。

 この日の4本目は「ハナレイ・ベイ」。
 村上春樹の連作短編集「東京奇譚集」の1篇である同名小説を松永大司監督が映画化したもの。
 
 この映画で、主人公のサチを演じるのは吉田羊。
 この映画は、彼女のクールさ、そして年齢不詳さによって成立しているのではないか、と思う。
 物語のテーマとしては、家族の「死」を如何に受入れるか、と言うもの。
 背負って来たもの、歩いて来た人生……家族だからこそ、言えなかった、伝えられなかった想い、それらが吹き出す、後半の慟哭と、もう一度会いたいと言う気持ち。
 その先で、漸く心が繋がったのを振り返った一瞬で見せたラストカットにはゾクリ、と来た。

12月 2日

 ■日曜は……

 今日は天気よければ今日はクルマでひとっ走り、と思っていたけど、朝から曇天、しかも小雨もパラついて来て……出掛ける気喪失、今日は部屋でぐうたらしていよう。

12月 1日

 ■土曜日は……

 この週末は行楽日和、と言う事で好天が予報されていたし、今日は映画の日で鑑賞料¥1000円。
 なので、混雑が予想されるので、予定していた4本の鑑賞は先延ばし。

 土曜は、午前中に行きつけのクリニックに行き、その後、水槽の水替え。
 午後はバイクに乗り、ちょいとひとっ走り。
 夕方、日比谷シャンテで映画「マダムのおかしな晩餐会」。これは関東で2館上映のマイナー映画だけど、こんな作品でも映画の日なので、きっちりチケットは完売していた。やはり、事前予約しておいて正解だったな。
 映画「マダムのおかしな晩餐会」は、パリの上流社会を舞台に繰り広げられるコメディ。
 裕福なアメリカ人夫婦アンとボブは、セレブな友人たちを招いて豪華ディナーを開催。だがひょんなことから身分を隠したメイドが紛れ込み、何も知らない客の紳士が彼女に一目惚れしてしまい……
 身分格差が厳格に存在する欧州社会に、成金のアメリカ人がやって来て、それを引っかき回す、一種のシチュエイションコメディで、内容としてはかなり辛辣。しかし、身分格差と言うのがアメリカ人以上に感覚として判らない日本人にはピンと来ない内容だなぁ、と思ってしまった。また、メイドを演じるロッシ・デ・パルマが、かなり残念な容貌で、これまた感情移入がし辛い……これが、若くて無知なメイドが、馴染のない上流階級社会に翻弄されて、と言う内容であれば、まだしも判り易くなったのでは、と思うのだけれど。

11月30日

 ■金曜は……

 仕事の後で、映画「アース:アメイジング・デイ」。
 これは、BBCによるネイチャー・ドキュメンタリー「アース」シリーズの第2弾。
 ただこれ、映像自体は素晴らしいのだが、切り売りされた映像がNHKの動物ドキュメント番組「ダーウィンは見た!」で紹介されたりもしていて、内容的には目新しさに欠け、切り口も平凡。
 中盤以降からは睡魔との戦いになり、日没以降は熟睡してしまい、劇場が明るくなってからスタッフに起こされる始末……残念。

 ■11月に観た映画

 11月に観た映画は……

 「華氏 119」
 「ビブリア古書堂の事件手帖」
 「エンジェル、見えない恋人」
 「スマホを落としただけなのに」
 「ヴェノム」
 「走れ!T高バスケット部」
 「十年 Ten Years Japan」
 「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第6章「回生篇」」
 「GODZILLA 星を喰う者」
 「生きてるだけで、愛。」
 「ボヘミアン・ラプソディ」
 「きみへの距離、1万キロ」
 「ビリオネア・ボーイズ・クラブ」
 「ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション」
 「アウト&アウト」
 「世界で一番ゴッホを描いた男」
 「人魚の眠る家」
 「鈴木家の嘘」
 「銃」
 「ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ」
 「ポリス・ストーリー/REBORN」
 「ギャングース」
 「エリック・クラプトン 〜12小節の人生」
 「ハード・コア」
 「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」
 「アース:アメイジング・デイ」

 ……26本。
 相変わらずのペースだけど、12月はこうは行かないだろうなぁ……

11月28日

 ■水曜は……

 外出の後で映画2本。
 
 1本目は「ハード・コア」。
 これは、狩撫麻礼原作のいましろたかし漫画「ハード・コア 平成地獄ブラザーズ」を実写映画化したもの。

 この映画、不器用な若者の生き様をオフビートに描く、山下敦弘監督が得意とする物語。
 右近はあまりにも不器用で、ハードボイルドを気取ってはいるけれど、どうしようもないどん底暮らし。
 そこに現われた、外観スクラップ、中身超ハイテクの“ロボオ”の登場により、底辺と最先端が結びつく。
 そこに格差社会や、若者の貧困と言うような社会的要素を持ち込む事をせず、ただただ不器用な男が、結果として巧く立ち回れず、利用され、追い込まれて行く、と言う物語にしたのは山下監督らしいと言えばそうだし、ハードボイルドなこの物語に相応しい。
 ただ、「完」マークを出した後、正に蛇足となるエピローグ、これはむしろなかった方がよかったんじゃないかなぁ、と……

 2本目は「ファンタスティック・ビースト 黒い魔法使いの誕生」。
 これは、J・K・ローリングによる「ハリー・ポッター」の派生シリーズ、5部作の第2作目。

 第1作は様々な魔法動物、そして、ホグワーツを飛び出し、街の中で一般人と繰り広げるドラマに面白味があったのだが……シリーズ2作目になって、明らかになって来たのは、またしても悪の魔法使いと、ホグワーツの善の魔法使いの対決と言う構図。
 魔法使い同士の戦いも、杖から光線のようなものを発して撃ち合う、と言う芸のないもので、これではシリーズを減速させた、「ハリー・ポッター」シリーズ後半の展開と変わらない。
 魔法動物は登場種類も、活躍シーンも少なく、これでは「ハリー・ポッター」の焼き直しに過ぎない印象で、いささかがっかりする仕上がりだった。

11月23日

 ■勤労感謝の日

  ……なので、休暇をとってリフレッシュ。
 天気もいいことだし、今日は海にしよう、と横須賀へ。

 横須賀美術館に行った。
 
 屋上からは浦賀水道を一望。
 美術館を観覧した後は、せっかくなので観音崎公園を散策、観音崎まで行った。
 その後、観音崎自然博物館のレストランでランチ。
 (美術館のランチは行列だったので……)
 
 東京湾口を望む風景もいい。
 ランチは、しらすのステーキ。
 大きなきのこにシラスを詰めて焼いたもの。

 ……いやぁ、いい気分転換になったなぁ、と。
 さて、これから逗子・葉山経由で帰宅、その後、映画を観に行こう、と思ったのだけど……海沿いの国道134号、景色はいいのだけど、渋滞が酷い。
 ……漸く江ノ島が見えて来た。
 この時点で2時過ぎ、15:10の「ギャングース」には間に合わない。16:40の「ポリス・ストーリー/REBORN」に変更。
 なんと、35km走るのに4時間、時速10km/hのノロノロ運転で……参った。

 でも、映画にはギリギリ間に合った。
 それで、「ポリス・ストーリー/REBORN」を見る。

 映画の後、飯食って帰るか、と思ったのだけど、これまた行列だらけで混雑。
 ……まぁ、自分は休暇で来たけど、世間は三連休だからねぇ。

 結局、家に帰って、近所の中華屋で夕食。
 帰宅後、かなり疲れていて、何もしないうちに椅子に座ったままダウン。  

11月19日

 ■久々の、ホムペ更新

 中身はまだまだだが……漸く、日記だけでも追いついた。やれやれ。

11月18日

 ■日曜日は……

 午前中、昨日、12ヶ月点検に出したCBRの様子伺いにバイク屋に行く。
 あまり走っていないので、何もないか、と思っていたが……試乗の結果、低回転域の具合がよくないらしい。点火系だけではないようなので、キャブを確認、必要とあらばOHしよう、と言う事になった。
 結構な費用と時間がかかりそうだ……やれやれ。

 ■本日の映画

 午後、川崎の109シネマズで映画2本。

 1本目、「人魚の眠る家」。
 これは、東野圭吾による同題小説を堤幸彦監督が映画化したもの。

 IT機器メーカーの社長・播磨和昌と、妻の薫子は、現在別居中。娘の小学校受験が終わったら離婚すると約束していた。だがある日、娘の瑞穂がプールで溺れ、脳死状態になってしまう。回復の見込みがない娘を前に、生かし続けるか、死を受け入れるかという究極の選択を迫られた二人は、和昌の会社の生化学エンジニア・星野の研究する技術により、前例のない延命治療を開始。娘は肉体的には健康を取り戻して行くが……

 これは、脳死状態に陥った娘を巡る人間模様を通して、人の「死」と言うものを描き出すドラマ。
 人の「死」とは何か、心臓が動いている、それだけを以て生きていると言えるのか・・・それは同時に人間とは何かを問う重いテーマを抱えている。
 娘の「死」を受け止める、夫婦のドラマとしても見応えあるのに、そこに科学技術を重ね、科学倫理をも問う内容も含むなど、内容は充実。
 その、科学技術が暴走をし始める辺りの描写には、慄然とさせられ、最早、ホラー映画に近いものがある。
 感動的なドラマではあるけれど、決して“お涙頂戴”ではなく、むしろ抑えた描写であるのも好印象で、クライマックスでは、それ故に素直に感動させられた。

 キャストも充実、私生活でも同年齢の子供を持つ篠原涼子は、母の強さと、時にそれが狂気に肉薄する様子を迫真の演技で見せるし、受けに回った西島秀俊も見事。
 星野役の坂口健太郎は、持ち前の“爽やかな変態”っぷりでマッドサイエンティストを好演してはいるが・・・篠原涼子、西島秀俊相手だと、お子様扱いなのが惜しい。もうちょっと年嵩の役者(例えばディーン・フジオカとか)ならば、和昌に「妻を寝取ったのでは?」と言う嫉妬心と疑惑を抱かせ、ドラマを更に盛り上げられただろうに……

 2本目、「鈴木家の嘘」。
 これは、作家主義・俳優発掘をテーマにした松竹ブロードキャスティングのオリジナル映画プロジェクト第6弾となる人間ドラマ。
 監督は、これがデビュー作となる野尻克己で、監督自身によるオリジナル脚本になる。

 鈴木家で、ある日、ひきこもりの長男、浩一が自殺する。ショックで記憶を失った母のために、娘の富美はとっさに「お兄ちゃんは仕事でアルゼンチンに行った」と嘘をつくが……
 
 これは長男の死を、家族がどのように受入れるかを描いたホームドラマであり、実際、兄を自殺で失った野尻監督の経験に基づくもの。
 野尻監督は、これまで娯楽作に多く参加してきており、この映画も、何とも言えないユーモアに満ちたものになっている。
 娘のついた嘘のアリバイ作りに奔走する辺りは時にコメディに近づくし、実力派揃いの演技合戦も見物。 
 そして、事実上の主役である富美役の木竜麻生は、「菊とギロチン」でも好演していたが、本作でも魅力的。彼女には注目だ。

11月17日

 ■土曜日は……

 土曜日は、なかなか忙しい。
 午前中にかかりつけのクリニック。診察受けて、来月の検査の予約を入れた。
 その後、水槽の水替え。

 午後は、CBRを12ヶ月点検に出しに行き、その後はCBのプラグ交換、そして、様子を見る為に試運転。
 始動性はよくなっているし、アイドリング、そして低速の回転安定性ははっきり高まった。
 走ってみても、エンジン回転は静かで滑らかで、これは気持ちいい……が、これが本来のCBで、コレを維持出来るようにしなきゃいかんのだ、反省。

 試運転の後、先週購入した礼服とブレザーを引き取りに行く。
 礼服を新調したのだから、と合わせてネクタイとポケットチーフも買ってしまった……
 (やはり買い過ぎるなぁ)
 ブレザーはネイビーブレザーが欲しかったのだが、最近は残念ながら見当たらない。そんな訳で、今回購入したブレザーの生地はウール100%ではなく、混紡なのだけど、シルクが入っていて手触りは上々だし、着心地も軽い……まぁ、これはこれでいいな。

 ■「世界で一番ゴッホを描いた男」

 これは、中国、深セン市近郊にある、世界市場の6割もの複製画を生産する大芬(ダーフェン)油画村を取り上げたドキュメンタリー。

 コピー品の盛んな中国とは言え、1万人を超える画工が年間数百万枚の複製油絵を送り出していた、と言う事に驚く。
 そして、彼らは、本物の油絵同様に絵具と筆を用い、これまた驚くべき事に僅か数時間のうちに絵を描き上げてしまう。
 そんな画工房の主、趙小勇はオランダの取引先に招かれてアムステルダムに赴く。初めてのヨーロッパ旅行に喜ぶ趙小勇だが、画廊に並んでいると思っていた彼の絵は土産物屋に並べられ、しかも、その価格は想像以上に高かった。
 自分たちが画家ではなく、複製品を製作する画工だと言う現実を突きつけられ、趙小勇の表情は曇る。
 そして、美術館で見た本物のゴッホの絵……本物の“芸術”の迫力が画工を打ちのめす。
 己の存在意義に悩む趙小勇だが、数万もの絵を本物さながらに仕上げた、その技量だけは本物だ。
 帰国した趙小勇はオリジナルを描き始める。
 磨き上げられたゴッホさながらの筆遣いで描き出された肖像、風景、そして、働く人々――その絵は最早複製画ではない。生み出される“本物”の輝きに人は目を見張るだろう。
 これは、ひとりの“職人”が“芸術家”になる姿を描いた作品で、仕事ではなく、情熱を以て活き活きと絵筆を揮う趙小勇の姿には感動を覚える。
 そして、無数のコピーの果てに本物が生まれる、そこに現代の中国の縮図を見たような思いがした。

11月16日

 ■「アウト&アウト」

 これは「ビー・パップ・ハイスクール」のきうちかずひろ(現・木内一裕)が自身の小説を遠藤憲一主演で映画化したもの。
 小学2年生の少女・栞と探偵事務所を営む元ヤクザの矢能の、ちょっと変わったバディ・ムービー。
 これ、話の作りは結構粗く、正直、Vシネマレベル。
 ただ、正にハマリ役とも言える遠藤憲一を始め、登場人物、それぞれにキャラクターが立っていて、その掛け合いだけでも楽しい。
 また、白鳥玉季演じる栞は、そのかわいらしさに加え、独特の陰のあるキャラクターで、これまたいい。
 2人が共に暮らす事になった事、そして矢能がヤクザから足を洗った事など、謎を残した展開で、これは続編と言うかシリーズ化を意図したもののようだが……この矢能と栞、2人の行く末はまだまだ観たいので、これはシリーズ化に期待。

11月11日

 ■日曜日は……

 今日は、久々にCBRに乗った。
 これまた久々のレザーウェアのせいで動き難くいせいもあって、バイクのコントロールが思うようにならない。思うように走らせられないのがもどかしい。
 (CBRはポジションの自由度が少ないし、軽いので誤魔化しが効かない)
 そろそろ、潮時かなぁ……とも思ったが、首都高に乗ってアクセル開けると、そんな気分もすっ飛ぶ。
 まるでF-1のような高回転サウンド、10000rpm以上回して巡行、と言うのが平気なのがさすがCBR。 

 午後、CBに乗り換えてブルク13に映画を観に行くが、またしても駐輪場満車で入れず……足止め食ったものの、今日は時間に余裕を持たせて行ったので、上映時間には間に合った。
 やはり、ブルク13にはバイクで行けないなぁ。

 ■「ボヘミアン・ラプソディ」

 これは、伝説のロックバンド“クイーン”のリード・ヴォーカル、フレディ・マーキュリーの生き様を描く音楽ドラマ。
 これは、IMAXで観たのだけど、正に圧巻としか言えない、望みうる最高の仕上がりを見せるクライマックスのライブ・エイドでの渾身の歌声で感動する為にも、これはIMAX必須とは言わないが、大スクリーン・大音量で観るべき。
 ほんと、これは正に心が震える、感動ものだ。
 これは「発声上映」したらウケるんじゃないかな……

 物語は、フレディ・マーキュリーの人生を描くものだけど、ゲイならではの苦悩が生生しく描かれていると思ったら……そうか、これ、ガチでゲイのブライアン・シンガーが監督だったか。
 ブライアン・シンガー、これは己の人生も投影しているのではないか?と思ってしまった。

11月10日

 ■土曜日は……

 ロドスタを初回点検に持って行った。
 基本点検+オイル交換だけど、簡易計測とは言え、アライメントもチェックするんだね……感心。

 その後、ブレザーと礼服を購入。
 割引活用だけど8万超え……うーん、 余り買わないけど、服屋に行くとついつい買い過ぎるなぁ。

 夕方、シネマジャックで、「生きてるだけで、愛」。
 これは、本谷有希子の同名小説を映画化したもの。

 躁鬱病で過眠症で引きこもり気味の寧子は、ゴシップ雑誌の編集部に勤める津奈木の部屋で同棲中。ある日、津奈木とヨリを戻したい元恋人の安堂が現れ、寧子を部屋から追い出そうとするが……

 これは……寧子を演じた趣里がスゴいね。(彼女、実は水谷豊の娘さんだそう)
 キャストも豪華……純文を映画にしたような内容だけど、その語り口と映像美で、ちゃんと「文学」してる印象だ。

11月 9日

 ■「GODZZILA 星を喰う者」

 これは、ゴジラ映画で初のアニメーション三部作完結編。

 ゴジラ・アースによりメカゴジラを構成していたナノメタルを焼き尽くされた人類に敗北感と虚無感が広がる中、エクシフらがその企みを実行に移す。彼らは、神と崇め、彼らの母星を破滅させた滅びの王を呼び寄せる。そして、金色の閃光を纏ったギドラが降臨し……

 まぁ、エクシフがX星人と判った時点でこうなるわな。
 しかし、主人公のハルオ、あそこまでブレまくり、揺れまくってる男が、
 「復讐の権化」
 としてギドラの依り代になるものかね……このストーリーにするなら、そうした男と最初っから描かなければならないのではないか?
 ラストはああなるか――まぁ、虚淵だからなぁ。

 しかし、ハルオと来たら据え膳出されて、一度目は突っぱねるものの、「据え膳食わぬは男の恥」と言う言葉を思い出したか、2杯目は喰っちまうあたりがお茶目。  

11月 8日

 ■最近……

 ……何だかやたらと眠くなる。
 
 先週は、遅くとも仕事を20時には切り上げ、21時過ぎには帰宅するようにしていたのだけど、ほとんど何も出来ず仕舞い。
 なので、最近、映画レビューもほとんど書けず、ホムペも更新出来ずで……困ったものだ。

11月 4日

 ■日曜日は……

 いつもの場所で、お披露目。 

 午後、横浜ブルク13で、映画3本。

 1本目は、「ヴェノム」。
 これは、スパイダーマンの宿敵であるヴィラン、ヴェノムの誕生を、トム・ハーディ主演で映画化したもの。

 敏腕記者エディ・ブロックは、人体実験で死者を出しているというライフ財団の真相を追う中、“シンビオート”と呼ばれる地球外生命体を発見し、寄生されてしまう……

 ヴェノムは“マーベル史上、最も残虐なキャラクター”とは言うものの、所詮はディズニー。
 獲物は生きたまま食べないと受け付けない、と言うシンビオートの食事シーンが口を開けるまでで、流血シーンも皆無なのでは、「残虐」もクソもないと思うのだが。
 物語はどうにもお粗末だ。
 人間相手には無敵のヴェノムも、シンビオートの中では弱くてイジメられていた過去があり、その一方で、地球では意地悪な仲間もおらず、のびのび暮らせそうだから、その暮らしを守る為に戦う、と言う……邪悪と言うか、どちらかと言うとヘタレの理屈で戦うヒーロー……って言うか、コイツ、ヴィランだったか。
 
 「ヴェノム」の後、「十年」まで丁度2時間空いていたので、それを利用して「走れ!T高バスケット部」を観た。
 これは、実話を基にした松崎洋による同題小説を「覆面系ノイズ」の志尊淳主演で映画化した青春ドラマ。

 バスケットボールの強豪校に入学するも、いじめに遭い自主退学した陽一。失意のままT校に編入した彼が、連戦連敗の弱小バスケ部の仲間と出会い、共に全国大会を目指す事になって……

 この映画、観終わって既視感。
 あれ?……これさっき観たような??
 あ、この話、「ヴェノム」と同じなんだ!
 「ヴェノム」も「走れ!〜」も、主人公は、強者の中でイジメられており、新天地で新たな仲間を得て、かつての仲間と戦う、と言う……
 ああ、「ヴェノム」は青春映画であったのだな……まぁ、ディズニーだからなぁ(爆)

 「十年」。
 これは、アジアを舞台に、10年後の社会、人間を描く国際共同プロジェクトの日本版で、「万引き家族」の是枝裕和が総合監修を務めたオムニバス映画。
 既に、各国で製作が進んでおり、香港版は、現地では中国中央政府により上映禁止になるなど、大きな問題となった。
 取り上げるテーマとしては、「老人福祉」、「管理社会」、「デジタルデータ」、「原発」、「戦争」と言うものだが、何れも踏み込みが浅く、インパクトも弱い。
 香港版のように、政府から釘を刺され、社会に一石を投じるようなものが作れない、と言うのが日本の限界か……
 でもまぁ、その中で原発問題を扱った「その空気は見えない」には力があったが――これは、そんな現場、いわきで撮られているからかもしれないな。

11月 3日

 ■横浜駅で……

 今日午後、映画を観に行こう、と横浜から電車に乗った際、ちょっとした騒ぎが。
 電車が発車する寸前、親子連れの父親が、白杖ついた視覚障害者をホームに突き飛ばしたのだ。
 その男性、何でそんな事をしたのか、と言う事を、連れていた子供に説明。
 「あいつはメクラだか何だか知らないが、列に割り込んだ。しかも、お前たちのような子供を杖で押しのけて乗ろうとした。
 障害など言い訳にはならない。メクラだろうと何だろうとルールは守らなければならない。メクラでも列が出来ているのは判るだろうし、子供がいるのも判るだろう。見れば判るじゃないか。
 いかなる時でも列に割り込もうとするのはけしからん。電車が来たからホームに突き飛ばしたが、電車が来なかったら線路に突き落としてやった。
 お前たちもルールは守らなければならん」
 だと。

 なかなか立派な考えをお持ちのようで……子供が杖で押しのけられたのに立腹したのは判る。
 だが、子供が社会的弱者だから優遇されるのと同様、障害者も弱者として優遇される、と言う観点が持てないようだ。
 しかも、視覚障害なのだから、列が出来ているのも子供がいるのも判らない、と言う事も想像すら出来ないか……

 これが、不寛容社会と言うヤツか……
 こうした“立派”な父親に育てられて子供たちも(他人が)如何なる時にもルールを逸脱する事を許さない、“立派な”大人になるのであろう。
 世の中、どんどんと窮屈になって行くよなぁ……

 ■「エンジェル、見えない恋人」

 これは、透明人間の少年と盲目の少女の恋を幻想的な映像美で綴るラブストーリー。

 心を病み、施設に入ったルイーズは男の子を生む。エンジェルと名付けられた彼は、姿が目に見えなかった。エンジェルは成長すると施設を抜け出し、盲目の少女マドレーヌと出会って……

 特色は、基本、透明人間のPVで撮られている事で……これはなかなか面白い工夫。
 透明人間が盲目の少女に恋をして、少女は盲目故に彼に普通に接しているのだけど。彼女が視力を取り戻した途端にホラーになる面白さ。
 見えないことで見えてくるもの、見えることで見えなくなるもの……と言う人の認知能力を問う物語もなかなかだし、悲恋に終わりそうな内容を、ハッピーエンドにするのも剛腕だ。

 ■「スマホを落としただけなのに」

 これは、「このミステリーがすごい!」大賞・隠し玉に選出された同題小説を「リング」シリーズの中田秀夫監督が映画化したもの。
 物語は、麻美が恋人である富田がスマホ落とした事から始まる。スマホは無事に戻って来たのだが、その日を境に、麻美の周囲では奇妙な出来事が起こり始め……

 この話、多くの人が持ち、その個人情報を詰め込んでいるスマホが他人の手に渡ったら……と言う、誰にでも起きかねない恐怖を題材にしたもので、描き様によっては、多くの人に共感と恐怖をもたらし、もっと面白く出来そうな内容なのだけど……これに連続殺人事件を絡めると言う展開、そして、主人公である麻美の過去と言うエピソードも上手く生かされてるとは言えず、後半のいささか説明不足な展開もあって、ちょっと残念な出来。
 原作は未読だけれど、少なくとも映画版としては、もう少しエピソードを整理し、ネット上の個人情報を他人に握られる恐怖に比重を置いた方がよかったように思う。
 あと、この手の映画のサイコパスな殺人者と言うと、目をひん剥いて高笑い、と言う安っぽい演技からいい加減脱却して欲しいものだ。

11月 2日

 ■金曜日は……

 今日は、会社を少し早めに上がり、映画2本。
 1本目は、「華氏 119」。
 これは、アポなし突撃取材でアメリカ社会に一石を投じ続けるマイケル・ムーアがトランプ大統領に切り込んだドキュメンタリー。

 マイケル・ムーアは、トランプ当選の予測を的中させた数少ない人物のひとりであり、その慧眼を以て、現代アメリカの問題点を描き出して行く。
 興味深いのは、この映画、決して宣伝で紹介されるような「トランプ批判」ではない。
 その立脚点としては、マイケル・ムーアの故郷でもあるミシガンの都市、フリントの水道政策に焦点を当てた、弱者を救済しようとしない、歪んだ格差社会が生んだ政治の腐敗。
 それは、弱者であり、かつ最大勢力である無党派層の意見が政治に反映されていない事が生み出した結果だ、と彼は言う。
 大統領選でトランプに投票したのは6300万人、ヒラリーに投票したのは6600万人。そして、棄権した人1億人――つまり、最も支持者が少ない者が大統領選で勝利した。
 これ自体、民主主義制度としては疑問が残るのだけど、そうして、少数に支持された人間が、その支持層向けの政策ばかりを行い、一般市民の望む政治が行われない、と言うのが問題だ、と指摘する。
 この行き着く先は、先制独裁制……一部人間の為だけの政治を行う独裁国家の誕生だ。
 ただ、さすがはアメリカと言うべきか、女性や若者、そうした無党派層に属する人たちが声を上げつつある、と言う事を紹介し、それを以て「希望」を描くのだが……振り返って我が国の状況を見るに、果たしてそんな動きが出来るのか、と空恐ろしくなったりもするのだった。

 2本目は、「ビブリア古書堂の事件手帖」。
 これは、三上延による同名ミステリーを、「幼な子われらに生まれ」の三島有紀子監督が実写映画化したもの。

 原作小説、普段はぼーっとしてるが、本の事になるとやたらと冴える栞子の推理を楽しむミステリーなのだが……この映画はその魅力を再現しているとは言い難い。
 確かに、黒木華はさすがの役作りで、栞子に存在感を持たせてはいるのだが……過去パートと現代パートのかみ合いがいささか悪く、何とも歯がゆい感じでテンポが悪い。
 また、クライマックスの真犯人判明、あれはかなり明白で栞子がそこに気づかないのが抜けているように思えてしまうし、クライマックスの追走劇は全く意味がない――倒れた本棚に潰された犯人を大輔が取り押さえれば、この事件、終了だったのに……
 しかも、逃げたと行っても行き先なく、警察に駆け込むでもなく、自ら袋小路に入り込んでしまうと言う間抜けな描写では白ける。
 この静かな物語にアクションシーンなど不要、と言う事くらい気づいて欲しかったものだが……

10月31日

 ■「search/サーチ」

 これは、映画に映るもの全てがPC、もしくはスマホの画面に映ったもの、と言う描写が話題となって、今年のサンダンス映画祭で観客賞を受賞した話題作。
 16歳の女子高生マーゴットが忽然と姿を消し、行方不明事件として捜査が始まる。
 家出なのか、誘拐なのかわからないまま、時間だけが経過する中、父デビッドは、彼女のPCにログインしSNSにアクセスを試みる。だが、そこに映し出されたのは、いつも明るく活発だったはずのマーゴットとはまるで異なる、別人のような娘の姿だった……

 この映画、その描写で話題となったのだが、面白いのは、ドラマがしっかりしていること。
 Windows98の起動画面で時代を表し、家族の記憶をリピートするオープニングで家族をしっかり描き・・・その上で、娘の失踪に繋げる辺りがいい。
 その後も、幾度もドンデン返しがあり、全く予測がつかない。
 オチとしては、かなり外連味のあるものだけど、これも、二組の(そして対照的な)親子関係が生み出したものとなっていて、非常に巧妙な作り。
 見た目だけでなく、中身もしっかり、そして最後にはほっとする、これは面白かった。

 ■10月に観た映画

 10月に観た映画は……

 「ガールズ&パンツァー 第63回戦車道全国高校生大会 総集編」
 「純平、考え直せ」
 「判決、ふたつの希望」
 「教誨師」
 「ガチ星」
 「チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛」
 「オペレーション:レッド・シー」
 「スカイハンター 空天猟」
 「太陽の塔」
 「運命は踊る」
 「音量を上げるタコ! なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!」
 「バッド・ジーニアス 危険な天才たち」
 「アンダー・ザ・シルバーレイク」
 「ナミヤ雑貨店の奇蹟 再生」
 「バーバラと心の巨人」
 「止められるか、俺たちを」
 「ピッチ・パーフェクト ラストステージ」
 「マイ・プレシャス・リスト」
 「億男」
 「日日是好日」
 「デス・ウィッシュ」
 「ここは退屈迎えに来て」
 「チャーチル ノルマンディーの決断」
 「オズランド 笑顔の魔法おしえます。」
 「殺る女」
 「REVENGE/リベンジ」
 「search/サーチ」

 ……27本。結構なペースだな。

10月30日

 ■火曜日は……

 お台場のユナイテッド・シネマで映画。

  まずは、1本目「オズランド 笑顔の魔法おしえます。」。
 これは、熊本にある遊園地「グリーンランド」をモデルにした小説「オズの世界」を映画化したもの。
 この物語、世間知らずの女の子が「仕事」と「人生」を見出す、と言う青春ドラマであり、遊園地のお仕事ムービーとしてもよく出来てる。
 個人的に波瑠が好きなので、彼女がかわいく撮れているので、そこも文句なし。
 (でも橋本愛の扱いには不満あり……この使い方じゃ勿体ない)
 恋愛モノとしちゃ落第だけど、お仕事紹介系の青春映画としては、爽やかな仕上がりで上々の出来だろう。

 そして、2本目は「殺る女」。
 これは、KARAのメンバーだった知英を主演に、国際色豊かなキャストが顔を揃えたバイオレンスアクションだが、正直、駄作。
 これ作者が全く社会と常識を知らない。マンガやアクション映画のカッコいい所を繋げば映画が出来る、と言う訳ではない。登場人物が全員頓珍漢でやる事が常識外れ、そもそもこれが日本でリアリティがあるのか、と問いたい。
 知英は確かにきれいでカッコよく撮れてる。でも、それだけ。
 それに、武田梨奈を起用して、見せ場は濡れ場だけ。アクションシーンでは銃の引き金に指をかけるだけ、と言う使い方じゃ、「もったいないオバケ」が出るぞ。
 低予算、と言う制約は理解するけど、製作陣には映画作りのいろはからやり直して欲しい。
 その後、黄金町に移動。
 この日、3本目は 「REVENGE/リベンジ」。
 これは、フランスのバイオレンスアクション。
 こちらも荒唐無稽さにかけては無茶苦茶レベル……ヒロインのジェニファーは崖から転落、立木に腹を貫かれるのだけど、そこから逆襲する、と言う驚きの展開。確かに、幻覚剤の助けを借りたとは言え、さすがにアレは医学的にあり得ないだろう。
 その後、ジェニファーの復讐で人体破壊の様子をこれでもかと見せ、クライマックスの流血は悪ふざけ状態の園子温並み。
 これを女性監督が作った、と言う事に驚くが、だからこそ、女性が受ける理不尽な扱いにはリアリティがあり、そんな男共をかたっぱしからやっつける描写に痛快さが生まれるのだろう。
 フランス映画で、女性監督で、さぞかしお洒落な映画だろうと思っていたら、こんなのが出て来て、びっくりする人もいるのではないか。

10月27日

 ■ツインリンクもてぎ

 今日は、友人とツインリンクもてぎまでドライブ。「ホンダ・コレクションホール」を見に行った。
 昼はツインリンクもてぎ内のホテルでランチ。
 お洒落なワンプレートランチで、これで¥1000円は安い。 
 で、コレクションホール。
 幾度も行っているけれど、展示物の入れ替えもあって飽きない。

10月25日

 ■木曜は……

 仕事の後、映画「ムタフカズ」を観に行こう、と。
 22時からなので、余裕、と思っていたのだけど、残業時間に入って明日の資料の直しが入ってドタバタ。しかも、20時過ぎに問い合わせも入って、終わったら21時。
 いやでも、ぎりぎり間に合う、と慌てて会社を出て映画館に急ぐが……戸塚で事故渋滞に掴まり、これでお終い。
 「ムタフカズ」、今日で上映終了だったのにぃ……まぁ、チケットを事前に買っておかないでいたのはよかったよ。

10月24日

 ■「ここは退屈迎えに来て」

 これは、地方都市に住む女性の心象をリアルに綴った山内マリコの同題の連作短編小説を、名手・廣木隆一が映画化したもの。

 何者かになりたいと東京に出てから10年、「私」は何となく実家に戻り、フリーライターとして地元のタウン誌に記事を書いている。
 冴えない日々を過ごしていた「私」は、高校時代の友人と久々に会った勢いで当時の憧れの的だった椎名くんに連絡して会いに行くことになる。その道すがら、「私」の脳裏に椎名くんとの忘れられない思い出が蘇って……

 高校時代の憧れの男子、“椎名くん”を忘れられない「私」を軸に、「私」と“椎名くん”の周囲の人々の人間模様を描く青春群像劇、と言う物語で、連作短編集だった原作小説を、そのまま映画化すればオムニバスになってしまう所を、クルマが変わるごとに乗る人と、時間軸を切り替えて行く構成、イメージソングとなっている「茜色の夕日」を、登場人物それぞれがアカペラで歌い上げるクライマックスと、様々な工夫によってひとつの映画としてまとめて行く辺りは巧みではあるが、だらだらした会話を工夫のない長回しで撮る、それぞれのシーンはいささか退屈で、物語がどうにも弾まない。
 輝いていた高校時代がくすんで行き、閉塞した地方都市の社会に埋没して行く……と言う物語のテーマも、まだまだ若い主人公らを見ると苛々させられるばかり――20代の若者が「昔はよかった」などと言うのは10年早い、と思ってしまう。

 「私」には橋本愛。久々に橋本愛のパッツン前髪が見られる、と言うのは見物(ただし、さすがに高校生役は苦しい)だし、その他キャストもなかなか豪華ではあるのだけど、いささか退屈な映画で、これでは橋本愛と門脇麦の無駄遣いではないか、と思ってしまった。

10月23日

 ■「デス・ウィッシュ」

 これは、1974年に製作されたチャールズ・ブロンソンの「狼よさらば」を、ブルース・ウィリス主演でリメイクしたもの。
 監督は’70年代映画のリメイクばかりを手掛けるイーライ・ロス。

 シカゴの緊急外来で働く医師ポールの留守中に家族が強盗に遭い、妻は殺され娘は昏睡状態になってしまう。
 一向に捜査が進展しない最中、ポールは偶然、手にした拳銃を以て自ら犯人を追い、復讐に乗り出すが……

 治安の悪化、多発する凶悪犯罪……その中で、一般市民が平和に暮らすにはどうすればよいのか。現代の米国社会が抱える問題に迫る社会派にも出来そうなテーマを抱えながら、そこは、さすがイーライ・ロス、そんな事には興味はない。
 偶然、手に入れた拳銃が事態を解決に導く、と言う安易な展開には、いささか呆れてしまうものの、まぁ、イーライ・ロスの映画で、ブルース・ウィリスが主役ならば、それも仕方ない所か。もっとも、犯人のひとりを拷問し、主犯格を吐かせるのに用いられたのは銃ではなく、ポールの医者としての知識と医療器具である、と言う辺りに、「銃が人を殺すのではない。人が殺すのだ」と言うのを逆説的に描いているようにも思えたが……買い被りかもしれないな。

 主人公のポールを演じるのはブルース・ウィリスだが……やはり、銃を構えるのが様になりすぎていて、“即席仕事人”に見えないのが惜しい。むしろ、ポール・ジアマッティとか、ガンアクションのイメージがない俳優の方がよかったのでは、と思ってしまった。

 イーライ・ロスならではの人体破壊の残酷描写(エロではなく、これでR15)もあり、インターネットやSNSの多用など現在社会ならではの描写も盛り込まれ、いささかブラックな部分もあるが、ユーモアもたっぷり。
 ラストの意外な明るさもあって、娯楽作としてはなかなかの出来ではあるが、さすがにこれは如何なものか、と言う部分を多分に持つ映画だ。

10月21日

 ■再び、箱根

  今日は、天気がよいので、朝から箱根へ。
 
 今週は気持ちのいい快晴。
 富士山もばっちりだ。

 ■「日日是好日」

 帰宅後、午後は映画「日日是好日」。
 先日亡くなった樹木希林の出演作と言うこともあって、劇場はほぼ満席だった。

 内容としては、茶道と言うものを時間をかけて描いており、 「すぐわかるものは通り過ぎて行けばよい。すぐわからないものは一生かけてわかるようにすればよい」 と言うのが正にその核か……
 それを説明するのに、フェリーニの「道」を引き合いに出す辺りはさすが映画ならでは、か。

 そして、茶道とは、
 「まずは形から入り、それから心を込める」
 ものであり、なんで、そうした手順を踏むのか、は考えても判らない。
 これを、
 「考えるな、感じろ」
 と言う某映画の名セリフで理解する人が多いのは、やはり映画ファンだよなぁ……

10月18日

 ■「止められるか、俺たちを」

 これは、「孤狼の血」の白石和彌監督が、1970年代初期の社会運動盛んな時代を背景に、彼の映画作りの師でもある映画監督・若松孝二が立ち上げた若松プロダクションの映画作りを描く青春群像劇。

 物語は、実際に若松プロで助監督を務めていた女性、吉積めぐみを主人公に、彼女を狂言回しにして若松プロの映画作りを描いて行く。
 モノづくりをする映画と言うのは大体が面白く、それが映画となれば、傑作になるのも当然。
 この映画も、1970年代と言う時代における映画製作の“リアル”に迫っており、興味深い。
 そして、この若松孝二と言うのは、徹底した自由思想家であり、製作する映画にはその思いが込められている。 そんな彼が選んだのはピンク映画の世界だ。当時のピンク映画と言うのは、女の裸さえ出せば、あとは何をやってもいい、と言う世界。
 だから、70年安保に反対、となれば、羽田空港を爆破する、と言う爆弾テロを映画で描くし、1972年にはパレスチナに行き、日本赤軍の活動を撮影。それを日本国内でキャラバン上映する、と言う事で左派・世界革命を支援する活動までしていた。

 当時、映画の中では何をやってもいい、そうして、様々なメッセージを伝える事が出来た。
 しかし現在。映画は不自由なものになってしまった。なにしろ、「万引き家族」と言うタイトルをつけただけで「国辱映画」だの「反日プロバガンダ」だなどとされ、「非国民」と罵られる。
 いや、映画だけでなく、創作全般がそうだ。 犯罪どころか、倫理的に好ましくないものまでが、創作することさえ憚られる、そんな窮屈な時代――「不寛容の時代」になっているのが現状だ。
 創作や言論までも、政府が、そして社会が認めたガイドラインの中でしか認められない……ひとつの政府、ひとつの国民、ならば思想や思考、倫理観もひとつであるべき。それが「美しい国」だと言うのだろう。
 だがそれは、自由がない、頭の中までもが統一された、究極の全体主義、かつて、いかなる独裁国家でさえ成し遂げられなかったものだ。
 それを、社会と国民が望んでいる、と言うおかしな世の中になっているこの国で、だからこそ、若松プロダクションはこんな映画を作るのだろう。

10月14日

 ■初めての箱根

 今日は、朝から箱根に行って来た。
 ……ただ、残念な事に天気はいまいちだっけど。

 それでもトップを下すと解放感は素晴らしい。やはり、オープンはいい。
 オープンにすると排気音も聞こえて、これは回せないのがもどかしい……

 燃費はいい。
 これまでの平均燃費は15Km/L超え。
  

 ■「ナミヤ雑貨店の奇蹟 再生」

 箱根からは昼過ぎに戻り、その後、有楽町で「ナミヤ雑貨店の奇蹟 再生」を観る。
 これは東野圭吾の小説の映画化、と言うか映画版のリメイク。
 構成がオカシイのは相変わらずだが、少年たちの人数減らして整理し、ひとりを女の子にしてキャラを立てるなどの工夫もあって、見やすくなったのと、雑貨店店主の自己満足じゃないか、と言う印象を変えた人生のとらえ方もあって、こちらの方が感動は出来るかな。
 ただ、雑貨店店主を演じたジャッキー・チェンはなぁ……日本版の西田敏行よりも老け込んだ印象で、こんなよぼよぼのジャッキーは見たくない。
 むしろ、少年たちと丁々発止のやり取りをするなど、らしさを見せておいてそれが病気で倒れてから老け込んだ、と言うように出来なかったものだろうか?

10月13日

 ■納車

 土曜は、午前中にロードスター納車。

 新車なのでまずはナラシをしないといけないので回してないせいもあるのだけど、第一印象としては意外に静かだな、と。
 エンジンは乗用車用の実用エンジン。低回転からしっかりトルクが出て回さなくとも十分速い――サスがかなり柔らかく、加速の際に結構リヤが沈むので、その演出にダマされてるのかも、だけど。
 あと、MT車にしては珍しくシフトインジケーターがついているのだけど、これが、2000rpmも回せばシフトアップを促し、1800rpm以下で走らせようとする――まったく、トラックでもあるまいし。
 (まぁ、そのおかげで燃費はよさそう)

 帰宅後、装備を調えた。  

 ■今日の映画

 午後、シネマジャック&ベティで、「バッド・ジーニアス 危険な天才たち」。
 これはタイ映画で、天才女子高校生の繰り広げるカンニングのあれこれを描くクライム・サスペンス。
 これはなかなかスリリングで楽しい。ただし、苦学生の天才を闇落ちさせてしまう展開がいささか後味悪いか……
 ヒロインは、モデル出身のチュティモン・ジョンジャルーンスックジンで、これが映画初出演。奥二重で切れ長の目が印象的で、南方系の顔立ちじゃない。蒼井優をちょっと地味にしたような感じだが、元モデルだけにプロポーションは比較にならないくらいいい。
 英語もしっかり喋れるし、これは国際的にも注目されるのではないか。

 それから品川に移動、夜、「アンダー・ザ・シルバーレイク」。
 これは、「イット・フォローズ」のデヴィッド・ロバート・ミッチェルが描くミステリー……とは言っても、これは、オタク青年の妄想が暴走したような話で……そんな妄想の地獄巡り、と言った様相。

10月12日

 ■金曜日は……

 今日は、仕事の後で映画、 「音量を上げろタコ!何歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!」。
 これは、「俺俺」の三木聡監督がバンド・グループ魂のボーカリストでもある阿部サダヲと、吉岡里帆のW主演で描くロック・コメディ。
 この映画、阿部サダヲも吉岡里帆もちゃんと歌ってる。吹き替えじゃない。
 吉岡はギターもマスターして役作りも十分……なのだが、描写がくどい、ギャグがスベる、テンポが悪くて観てられない。確かに“ロック”なメッセージはあるものの、リズムが悪くちゃノれないぜ、と言うのが正直なところだ。

10月10日

 ■水曜日は……

 今日は、仕事の後、ジャック&ベティで映画2本。

 1本目は、「太陽の塔」。
 これは、EXPO’70のシンボルタワー「太陽の塔」についてのドキュメンタ リー。
 その生い立ちから、岡本太郎の人となりを描く内容は見応えがある。
 「人類の進歩と調和」
 と言う万博テーマに対し、
 「人類は進歩していないし、この世界に調和など何処にある!?」
 と真っ向から食ってかかった岡本太郎・・・アーティストとしての慧眼は、既に科学技術、特に原子力への危険性を見抜いていた。
 (太陽の塔の背面の“黒い太陽”は、人類の作り出した悪魔の火、人類に不幸をもたらす暗黒の存在だ)
 こんな万博テーマに反発し、政府、いや現代社会そのものに対する警鐘と批判を含んだパピリオンを、万博テーマ館として中央に据えた、と言うのは1960年代の日本人の度量の広さを示すものだろう。
 振り返って現在、“忖度”や“自主規制”と言う様々なしがらみにより、真っ当な事でも口にするが出来ない、あるいは許されない。そんな窮屈な社会になっている事を考えると、あの塔の存在そのものが日本社会として奇蹟のようなものだ、と思えてくる。

 2本目、「運命は踊る」。
 これは、イスラエル映画。
 原題の「フォックストロット」とは、ダンスステップで必ず元に戻る特徴がある。
 映画は、そのフォックストロットのように循環する運命の連鎖を描く。
 そこに込められた社会批判は、この映画がイスラエルで公開禁止になっているのにも納得だ。
 つまり、イスラエル自身が、このフォックストロット、運命の連鎖に捕らわれてしまっているのだから……

10月 8日

 ■東京モーターフェス

 月曜日、東京モーターフェスに行って来た。
 確かにまぁ、天気はイマイチであったけど。
 でも……こんなんもやってたし。
 (自工会的にはやってほしくないハズだが)
 毎度お馴染みの1台。
 ランクルによる走破性のデモンストレーション。
 やはり、自分的に楽しかったのはバブル期のクルマ。
 
 Be−1に……
 スカイラインGT−R。
 ロードスター。
 シルビア。
 そして、シーマ。
 こんなクルマもあった。
 100系カローラだが、アチコチ変。
 ……おやおやぁ?

 ■今日の映画

 東京モーターフェスの後、新宿に移動。
 シネマート新宿で、中国映画2本。

 1本目は、 「オペレーション・レッドシー」。
 これは中国海軍全面協力、海兵隊員による人質救出作戦を描く映画だが……冒頭の海賊に制圧された船舶の奪還に始まり、人質救出の市街戦、砂漠地域での迫撃砲陣地攻略、スナイパー同士の闘い、敵アジトに乗り込んでの大乱戦、しかも戦車戦まで――しかも、最初っから最後まで戦場、テンション上げっぱ、気を抜ける箇所・笑える箇所皆無。
 いやまぁ、すごいわ、コレ。
 ただ、戦闘シーンばかりなので、キャラ立ちが弱く、人間ドラマとしてはいささか物足りない出来。
 そして最後の1シーンは帰国した中国艦隊が、南シナ海でアメリカ艦隊を蹴散らす、と言う――今の中国、ここまで露骨なプロバガンダと国際情勢無視が出来るんだ、と言う事に唖然とした。

 2本目は、「スカイハンター 空天猟」。
 こちらは中国空軍協力の下、空軍特殊部隊による人質奪還作戦を描くもので……似たような内容だけど、「オペレーション・レッドシー」に比べれば、アクションだけでなく、ロマンスあり、コメディありでちゃんと娯楽映画してる。
 「トップガン」みたいなものが作りたかったのね、と言うのはよくわかるし、微笑ましい。
 (日本だって、かつて織田裕二で「ベストガイ」とか作っているしね)
 自分的には、J10の他、J16にステルス戦闘機のJ20まで飛ばしてくれてるので、結構満足度高かった。
 (他にも、救難ヘリコプター、無人偵察機、AWACS、レシプロの初等練習機にJ−10アクロバットチームと、こちらもいろいろ見られて楽しい)

 物語は「トップガン」+「エリア88」と言う所か。
 「トップガン」でもやった背面で領空侵犯機に接触、と言うシーンもあり、ここで、「ハリウッド映画みたいだな!」
 とセリフを入れてくるのだから、これは確信犯。

 ヒロインは先日、失踪報道のあったファン・ビンビンで、これは、彼女のアイドル映画として成立してるんじゃないだろうか。
 出来れば、主人公にトム・クルーズ級とは言わないけど、それなりに人気のある俳優を置けばよかったんじゃないか、とは思うが……まぁ、これはこれでなかなか面白かった 。

10月 7日

 ■日曜日は……

 今日は、天気もよいのでCBRに跨がり、ちょいと走った後で、日産に行って、クルマを処分した事を伝え、保険の契約解約を申し入れた。

 その後、ブルク13で、本日の映画は、「チューリップ・フィーバー」。
 これは、作家デボラ・モガーがフェルメールの絵画から着想を得た小説を、アリシア・ヴィッキャンデル主演で映画化したもの。
 チューリップへの投機が盛んだった16世紀のオランダ。孤児だったソフィアは成人して、有力な商人コルネリスの後妻として嫁ぐ。ある日、コルネリアスは、若く美しい妻を自慢する為に肖像画を描かせるべく、若手画家ヤンを家に招くが……

 この映画、冒頭の独白でソフィアの結婚が上手く行かない事は示されており、その意味では、結論は見えているのだが……それにしても、物語はあちらへ転がりこちらへ転がり、怪しげな医師なども加わって、コルネリアスを騙すシーンなど、サスペンスと言うよりもギャグにしか見えない有様で、この辺り、描写は時にコメディに近づく。
 それにしても、初老の男性に嫁いだ若妻の不倫劇、と言うありきたりの内容をここまで見せるのはキャストの豪華さに加え、アリシア・ヴィッキャンデルの美貌。しかも、脱ぎっぷりもいい。日本の若い女優が「乳首が見える/見えない」で論争になるのがバカらしくなる有様で、ハリウッドのトップ女優がよくもまぁ、と思ったのだけど……確認してみたら、これ本国では2015年公開の映画で、彼女がアカデミー賞ノミネートされる前だったか、なるほど。

10月 6日

 ■土曜日は……

 今日は午後、映画3本をジャック&ベティで。
 チケットは金曜のうちに買った、ので食事をしてから行けばいい、と思って最寄りの相鉄駅に行くと……電車が来ない。
 どうやら、線路に人が入ったようだが、駅員つかまえて聞くと「現在、救護活動中」と言う事で、どうやら工事区間で接触事故でも起こしたらしい……これじゃいつ動き出すのか判らないので、慌てて駅を出て、タクシー掴まえ……何とか間に合った。

 1本目の映画は、「判決、ふたつの希望」。
 第90回アカデミー賞で、外国語映画賞にノミネートされた社会派ドラマ。
 人種も宗教も異なるふたりの男性の間に起きた些細な口論が、ある侮辱的な言動をきっかけに裁判沙汰となり、メディア報道は過熱、国家を揺るがす騒乱にまで発展していく……
 映画を製作したレバノンは、中東の国としては珍しくキリスト教徒が多数派を占める国。それ故に、レバノンはパレスチナ難民に厳しい政策をとっている。
 物語は、パレスチナ難民の現場労働者に、キリスト教徒である主人公が水をかけた事に始まり(って、正に“水掛け論”だな……)、暴言から暴力、そして裁判、とエスカレートして行く。
 映画としては、かなりブラックユーモアを含んでおり、笑える部分もあるのだが、軽々しく笑い飛ばせない内容である事も事実。
 最後に2人は「人として」和解するのだけど、戦争と暴力、と言う歴史が、「民族」や「国家」の間に、退くに退けない、理解も妥協も出来ない状況を生んでしまう、と言う事を見せつける、非常に考えさせられる内容を含んだ映画だ。

 2本目は、「教誨師」。
 これは、2018年に急逝した俳優・大杉漣が初めて自らプロデュースした最後の主演作。
 6人の死刑囚と面会する教誨師――受刑者の心の救済につとめ、彼らが改心できるよう導くキリスト教牧師――の佐伯。
 死刑囚たちは彼に真剣に思いを吐露する者もいれば、くだらない話に終始する者もいる。佐伯は彼らに寄り添いながらも葛藤し、自らの人生と向き合っていくが……
 この映画、基本的に椅子とテーブルがあるだけの個室での対話劇。
 まるで舞台劇に出来そうな内容で、映画ならではの場面切り替え、カメラワークなどもあるけれど、映像的な面白みには欠け、物語も単調に感じる。(実際、劇場では結構寝息も聞こえた)
 確かに、「死」に向き合う死刑囚を描く事で、人が人を裁く、と言う事を問う映画にはなっているが……それよりも見所は、主演の大杉漣も含め、正に日本映画界の「バイプレイヤーズ」となる俳優の演技合戦か。
 あ、そうそう、“ザ・大阪のオバチャン”みたいな中年女性を演じているのが、かつてセクシーさで知られた女優、烏丸せつこだったのには時の流れを感じた。

 3本目、「ガチ星」。
 これは、江口カン監督の映画デビュー作となる映画で、この日は監督の舞台挨拶もあった。
 監督曰く、
 「この映画の主人公にはずっと苛々させられると思う」
 と言うように、主人公のダメっぷりを徹底的に描いた映画になる。
 その主人公、濱島浩司はプロ野球選手として活躍しながらも30過ぎた所で引退勧告されてしまう。
 酒とタバコとギャンブルが好きで、プロ野球選手でなくなってもそれが止められない。妻は子供を連れて出て行き、幼馴染みが営む居酒屋で手伝いをするものの、その妻と浮気して居場所を無くしてしまう。
 そんなダメ男全開の濱島は、馴染のラーメン屋で「競輪学校なら幾つでも入学できる」と聞いて入学はしたものの……
 これは、そんなダメ男の再生、と言うか人生の岐路を描く映画。
 濱島は、ライバル・久松の、
 「これっきゃない」
 と言う言葉に彼の背中を追う事になる。
 やがて、ある事故をきっかけに、濱島は、酒もタバコもラーメンすら止めて、練習に没頭し、やがて同期トップの久松とガチで戦うクライマックスのレースはさすがに盛り上がるし、人生、何時からでもきっかけひとつで変わる、と言うのはドラマティックである。
 物足りなかったのは、レースシーンで競輪場のスタンドに誰もおらず、観客一体のレースの盛り上がりを描けていない事。
 確かに、エキストラの動員も出来ず、CGで書き込む事も出来なかったのは低予算故の事でしょうが……それでも、ここは工夫を見せて欲しかった所。
 (実際のレースシーンの観客席を写すとか、観客席に「ダンケルク」よろしく書き割りの観客を配置するとか……)
 また、クライマックスの勝負もガチの体力勝負ではなく、ラインにおけるポジション取りなど頭脳戦でもある競輪競技で、濱島の40男ならではの人生経験ってのも見せて欲しかったようにも思う。

10月 5日

 ■「純平、考え直せ」

 金曜日、仕事の後で映画に行こうと思ったのだけど、残業時間に会議が食い込んで帰れず(今朝は6:30に出社したのに!)……結局、予定していた2本のうち、レイトで観られる、
 「純平、考え直せ」
 だけを観る事になった。
 これは、奥田英朗による同題小説を、森岡利行監督が映画化したもの。
 歌舞伎町で、いつか一人前の男になることを夢見るチンピラ・純平が、鉄砲玉になることを命じられ、偶然出会ったOLの加奈と共に過ごす、最後の3日間を描く。
 この映画、内容としては「ヤクザ」と言うよりも「任侠」に憧れる、見た目よりも古臭い男・純平が、現実に翻弄され、夢破れ、傷ついて行く――まるで、アメリカン・ニューシネマのような内容。
 何とも無情で、やるせない気にもさせる内容になりかねない映画に、正に天使のように舞い降りた、ヒロイン・加奈の脳天気なまでの無邪気さと、それ故の真っ直ぐな瞳が彩りを添える。そんな加奈を演じるのは柳ゆり菜で、思っていたよりもいい脱ぎっぷりには感心。
 また、現在の映画らしい所として、2人の行動が加奈のSNSへの書き込みによって多くの目に晒されてあれこれと書き込みがされる事で、その書き込みが全く純平へ影響を与えない事、そして、その書き込みが、書き込んだ人の人生を変える方に働く、と言うのも面白い着眼点。
 ラストシーンの抑えた描写も、やたら感動をウリにする昨今の映画と比べ好意を持てる部分だ。

 あと、この映画、現代版の「チ・ン・ピ・ラ」(ではないか、と思ってしまったり……

10月 3日

 ■「ガールズ&パンツァー第63回戦車道全国高校生大会 総集編」

 水曜日、「ガールズ&パンツァー第63回戦車道全国高校生大会 総集編」 を鑑賞。
 これはTVシリーズの総集編で、タイトルから全国高校戦車道大会のダイジェストを予想していたのだけど、内容は、TVシリーズ全+「これが本当のアンツィオ戦です!」のダイジェストで、みほら5名がその出会いから戦車道大会優勝までを振り返る、と言うものになっていた。
 その結果、かなりの駆け足での展開となり、期待していた黒森峰戦でのパンツァーリートをバックに独重戦車が大口径長砲身砲を振りかざして進撃する、勇壮この上ないシーンが削られていたのは残念――カチューシャの“雪の進軍”はいらないから、これを大スクリーンで見せて欲しかったんだよ……

9月30日

 ■日曜日は……

 日曜日、台風が接近していると言うのに、午前中は晴れて、青空が見えた。
 そこで、昨日買った充電器で、CBのエンジンをかけてみることに。

 充電式で、これでエンジン始動の他、エアポンプにもなる。
 バッテリー容量も大きいし、これはあれこれ便利に使えるかも。

 午後は映画2本。
 1本目は、「クワイエット・プレイス」。
 これは静寂に包まれた世界を舞台に、家族のサバイバルを描いて全米で大ヒットとなったホラー&サスペンス。
 監督・主演はジョン・クランシス。ヒロインのエミリー・ブラントは彼の妻だから、これ、家族で作っているようなもんか。
 音を出したらお終い、と言うサスペンスの盛り上げ方は巧みで、伏線の張り方も上手い。ホラー映画のような、ビックリさせるためのショック演出が気になるが、これはなかなかよかった。

 2本目、「かごの中の瞳」。
 これは、事故で視力を失いながらも献身的な夫と幸せに暮らしていた女性が、視力を取り戻した事で生まれるサスペンス。
 盲目だった状態から、視力を取り戻した女性の視界を再現した映像は面白い工夫だが、その心証風景を幻想的に描く映像など、やや凝り過ぎかな、と。それより、夫婦間の心理サスペンスの方をしっかり描いた方が、と思ってしまった。

 ■9月に観た映画

 9月に観た映画は……

 「SUNNY 強い気持ち・強い愛」
 「ストリート・オブ・ファイヤー」
 「英国総督 最後の家」
 「アントマン&ワスプ」
 「寝ても覚めても」
 「ブレス しあわせの呼吸」
 「累 かさね」
 「泣き虫しょったんの奇跡」
 「MEG ザ・モンスター」
 「1987、ある闘いの真実」
 「ヒトラーと戦った22日間」
 「劇場版「フリクリ オルタナ」」
 「響 HIBIKI」
 「きみの鳥はうたえる」
 「500ページの夢の束」
 「響 HIBIKI」(2回目)
 「コーヒーが冷めないうちに」
 「スカイスクレーパー」
 「若おかみは小学生!」
 「愛しのアイリーン」
 「パパはわるものチャンピオン」
 「プーと大人になった僕」
 「劇場版「フリクリ プログレ」」
 「食べる女」
 「散り椿」
 「クレイジー・リッチ!」
 「クワイエット・プレイス」
 「かごの中の瞳」

 ……28本。
 9月は、クルマの引き渡しとその準備などあれこれあったはずだけどなあ……まぁ、天気も悪かったしね。
 まぁ、夏休み明けは夏休み興業中に本数控えていた分、どうしても本数増えるのだけど、その分、普通の人は観ないような映画ばかりで、周囲とはまるで話が合わないのだが。

9月29日

 ■土曜日は……

 今日は、午前中に水槽の水替えを済ませたら、午後、映画3本。

 1本目、「食べる女」。
 これは、中年女性の群像劇、と言う所か……食べる他に、セックス関連ネタも多く、かなり濃厚な濡れ場あり。
 (冒頭のシャーロット・ケイト・フォックスのカラミにはちょっとびっくり)
 あと、前田敦子は、結構いい味出していて、小泉今日子に鈴木京香と言う大物2人を立てつつ自分の立ち位置をしっかり見せる辺り、「不動のセンター」を務めた女はやはり並ではない。また、結婚相手である勝地涼との共演ってのも見逃せないかな。

 2本目、「散り椿」。
 これは、岡田准一主演、木村大作監督の時代劇。
 それにしても、殺陣指導も行う岡田准一、剣さばきも格が違い、西島秀俊とのチャンバラは、同格同士には到底見えない。
 (岡田の方に全然余裕があり、合わせているのが見え見え)
 また、池松壮亮に至っては打ち合いすらカットされてる……三船敏郎のような寡黙で、孤高な存在として描かれているのはちょっと気になるが、それでもここまで格の差を見せつけられると仕方ないかな……

 3本目、「クレイジー・リッチ」。
 これは、アメリカで大ヒットとなったラブコメ映画。
 登場人物が全て東洋系、と言う事がエポックメイキングとなった映画。
 (やはり、最初はヒロインは白人にしようとしたと言うが)
 中国系が殆どだけど、「オーシャンズ8」にも出演したラッパーのオークワフィナは韓国系、ダンサーのソメヤ・ミズノは日系人と、日中韓の俳優をかき集めている所も見所か。

9月28日

 ■金曜日は……

 今日は、クルマもないし、久々にバイクで会社行こうか、と思ってCBに跨がる……が、バッテリー弱っていて始動しない。
 仕方ないのでCBRで会社へ。

 仕事の後、ららぽーとで、
 「フリクリ プログレ」
 を観る。
 確かに「オルタナ」より実験的な要素は強まり、ビジュアル的な見せ場も多いのだが……やはり、エピソード2つで飽きてしまい、疲れているせいもあって、寝た。

9月24日

 ■月曜日は……

 本日は、映画4本。
 「若おかみは小学生!」
 「愛しのアイリーン」
 「パパはわるものチャンピオン」
 「プーと大人になった僕」

 この日の一番は、 「パパはわるものチャンピオン」 。
 これは、覆面のヒールレスラーが子供に認められるまでの話なのだけど、これがまぁ、泣かせる出来。
 小学生だから、そりゃ「カッコいい」のが一番、だから、パパが悪役とは言い出せない。それを伏せていた事で「嘘をついた」とクラスメイトにイジメを受けていた息子が、教室の机の上に立ち、
 「パパはチャンピオンを倒して日本一になるんだ!」
 と宣言、クラスメイトからの悪口と、あれこれ手当たり次第にぶつけられるんだけど、
 (パパはこの何百倍のブーイングを受けてる)
 と耐えるシーンに涙。
 そして、父の最後の試合、自ら
 「ひっこめ、卑怯者!」
 とブーイングを浴びせ、そんなこと言っていいのか、と言うクラスメイトに、
 「いいんだ、これがパパのおしごとだから」
 と言うのにまた涙。
 ラストシーンの将来の夢の絵作文に、パパのマスクを描いて、
 「ぼくはパパのようなわるものになります」
 と言うのにまた涙なのだった。

 ……と言う事で、今日は結局朝から晩まで映画館。
 何もしてないのに疲れて、家に帰ったら10時前に寝てしまった……やれやれ

9月23日

 ■日曜日は……

 本日夕方、クルマの引き渡し。
 引き渡し場所の直前で、オドメーターが30万kmに達した。
 よく走ったものだな。 

9月22日

 ■土曜日は……

 午前中に通院して、水槽の水替え。
 午後明日のクルマ引き渡しに向けての準備。

 ■「スカイスクレーパー」

 ……なるほど。

 この映画、
 「パパ、跳びま〜す」
 のシーンでしか予告で使っていないと思ったら、これまた中国との合作映画。
 舞台は香港、主要登場人物以外は全て中国人。 これは予告で見せられないわ。中国が舞台と判った時点で、劇場には閑古鳥が鳴くだろう。

 映画は割と映画ファンをニヤリとさせる作り。
 「タワーリング・インフェルノ」
 が元ネタ、と言うのは判るけど、
 「ポセイドン・アドベンチャー」
 へのオマージュシーンもあったり……
 「ダイ・ハード」
 と思う人もいるんだろうな。
 クライマックスのアレの元ネタは、
 「燃えよドラゴン」
 だ。

 しかし、脚本は粗く、展開も「?」だらけ。
 中国資本が入ってビッグバジェットにはなったけど、作りはB級だよなぁ……

9月21日

 ■「コーヒーが冷めないうちに」

 今日は、仕事の後で映画「コーヒーが冷めないうちに」を観る。
 これは、2017年の本屋大賞ノミネート作である川口俊和の同題小説を有村架純主演で映画化したもの。
 時間を遡る事が出来ると言う不思議な席がある喫茶店に集う人々を描いたドラマで、「4回泣けます」とコピーにある感動のドラマ……らしい。
 しかし、これが全く泣けない。
 そもそも、「過去に戻っても一度起きてしまった事は変わらない」と言うタイムトラベルものの面白みを奪う設定、喫茶店の店内から広がって行かない狭いドラマ……挙げ句に妙に閉じ籠っているヒロインの、その理由と言うのが「私は母に捨てられた。自分には愛される資格がない」と言う事なのだけど、時間を遡って判る真実と言うのが、余りに母離れの出来ない甘えん坊で、母に過剰なまでに心配かけさせ、その我が儘の結果として母を時間の狭間に置き去りにしてしまった、と言うのが判り、どう見ても、これはヒロインのせいだと思うのだけど、ヒロイン、これで何故か納得してしまう、と言う意味不明の展開――これが泣ける、と言うのが既に理解不能……なんだコレは?

9月15日

 ■土曜は……

 今日は、クルマの処分に向け、関連する片付け&部屋の整理……まぁ、流行の断捨離だな。
 長年使っていたオーディオセットも、この際、処分する事にしよう……

 クルマの方は、予備部品がたんまり。
 ダンパー1台分にスプリング、デフ、インテークパイプ、カムアングルセンサーにエアフロにO2センサー。これらに加え、セッティング機材。ROMライターに空燃比ロガー、それにPC2台。……それらをかき集めてクルマに載せる。
 ……疲れた。

 夜、さすがに疲れ、何もする気になれないので、夕べ観た映画「響」の原作マンガを読む。既刊の10冊を読んだら日付変わっている・・・寝るか。

9月14日

 ■「響」

 今日は、映画「響 ーHIBIKI−」を鑑賞。

 これは、マンガ大賞2017受賞の柳本光晴の「響 〜小説家になる方法」を、欅坂46の平手友梨奈主演で映画化したもの。

 これ、自分としては珍しく原作コミックを読んでいて、それが実写となった映画。
 原作マンガの響の絵からすると、平手友梨奈は、どうかな、と危惧していたのだが、これがなかなか悪くない。 三白眼の刺すような目つき、低く無感情な喋り方と役作りもなかなかで、役を自分に引き寄せた感さえある。これは平手友梨奈、大したもの。
 あと、この映画では、トレードマークの眼鏡を外してヒールに徹した野間口徹や、持ち味の躍動感溢れる溌剌さを封印した小栗旬など、俳優がその持ち味を敢えて抑えた挑戦的な役柄を演じているのも目立っていた。

 映画は原作の1〜6巻までをまとめたもので、原作通りにやるなら映画1本で実写化出来るのはせいぜい単行本2巻分まで、と言うのが常識と照らし合わせても、原作そのままとは行かず、原作のエピソードとキャラクターを大胆にそぎ落としてまとめている。
 思い切ったのは花代子を出さないとしたことで、そうすると映画では花代子のやらかした事から始まるTV局襲撃編は出来ない。その意味ではこれは本作で完結、続編は考えていない、と言うことだろう――平手友梨奈がよかったのでちょっと残念な気もするが。
 また、柔らかな物腰ながら「女は才を見せることなく専業主婦として夫に尽くし子供を育てるのが最大の幸せ」と言う生き方を響に強いようとするイケメンストーカー・涼太郎の“静かな狂気”も描かれる事がなかったのも気になる所。

 結果として、物語は響とリカの、天才に嫉妬する秀才、と言う図式に加え、映画ならではの特色として、“努力の人”である山本春平にスポットを当てて響と彼を対比させ、最後に響が自死しようとする山本を止めると言うのをクライマックスにしている……ただ、そうするなら、テロップで良いので「山本春平。この翌年、5度目の芥川賞ノミネートで悲願の受賞」と入れて彼の物語に区切りをつける必要があるように思う。(続編を作れないのだから)

 響と言うのはとかく破天荒で、学校で先輩男子に”殺すぞ”と凄まれたらその小指をへし折る。友人が絡まれて困っているとみれば、絡んでいる相手が芥川賞作家だろうと構わず、その顔面を蹴る。 自分の作品を読みもしないで否定した同期の新人作家を、新人賞授賞式の式場でパイプ椅子で殴り倒す――芥川・直木W受賞の本物のバケモノ・響の言語能力を以てすれば、罵倒するだけで相手に死にたくなるくらいのダメージを与えられそうなものだが、そこはまぁ、響には己の才を人を傷つける為には使わない分別がある、としている、と言うことか――実際には、それを創作するにはハードルが高すぎる、と言う事なのだけど。
 勿論、響がそうした行動に出るに至る、その理由は彼女にとっては何れも真っ当なもので、彼女は自分らしいやり方で筋を通しているだけ。それ故に、いかなる場合でも、どんな相手でも、我と我の真実を通す響の生き方は痛快さがあり、それがこの物語の魅力となっているように思う。
 ただ、ちょっと惜しいのは、映画では響の小説が人の心を動かし、その人生までも変えて行く、と言う描写がやや希薄なこと。
 屋上から転落しても無傷、警報機の鳴る踏切内に立ち止まっても電車の方が止まる、などの説明がされない響の強運――まさに、天がその才を与えたもの故の強運――を含め、映画の描写では、響と言う怪物が暴れまわる、一種の怪獣映画と受け止められられる可能性がありそうだ。

9月 9日

 ■日曜は……

日曜はクルマで箱根から伊豆スカイラインを走った。
 西湘から見る箱根。
 やはり、山の上には雲がかかっているな……
 久々の椿ラインも雨……まぁ、別れの涙雨だと思うことにしよう。

 大観山は霧……と言うか雲の中。
 左の写真、この先に芦ノ湖と富士山が見えるはずなのだが、何も見えない。

 箱根スカイランも霧に包まれ、そろそろ走るしかない状態。
 そして、韮山までは霧の中だったのだけど……
 その先で晴れた!
 天候がそんなんだったのでクルマも少ない。 気持ちよく走れて、気分は最高……ここまでいいとさすがに未練が残るなぁ。

 ただ、その後、だるま山から、戸田峠へ――この下り、以前、頭ン中真っ白になるくらい楽しかったのだが――この日は、コーナーを幾つか過ぎた処でエンジンせき込み始めた。アクセルに反応しない場面が散発してリズムが崩れ、思うように走れない。

 その後、戸田から沼津に向かう途中で、症状は更にひどくなった。 エンジンは思うように動かず、終いにはアクセルに反応しなくなり……これは、家に帰れるのだろうか、と不安になったほど。
 結局、路肩にクルマを止めてECUリセット。
 まぁ、それで帰って来られたのだけど、帰りの東名でも息つき、ハンチングが不意に出る時があり、やはり、こりゃもうダメかなぁ……
 以前、トランザルプに見切りをつけたのも伊豆スカイラインだったけど……このスカイラインもこれが最後のツーリングになったかな……

 ■「1987、ある闘いの真実」

  帰宅後、映画「1987、ある闘いの真実」を観に行った。
 これは、1987年、軍事政権下の韓国で起きた民主化闘争の実話を映画化したもの。
 ……こりゃ日本映画にゃ真似出来ないな。
 韓国映画の力量と言うか、社会として抱え込んだものには歯が立たない、と思わされる。

9月 8日

 ■土曜は……

 映画3本。

 1本目、「累」。
 これは、松浦だるまの同名コミックを実写映画化したもの。
 あまり気が進まなかったのだけど、こりゃなかなか凄い映画ではあった。
 こりゃ、間違いなく土屋大鳳の代表作になるな。

 2本目は、「泣き虫しょったんの奇跡」。
 これは、一度はプロ棋士となる事を断念、その後、アマチュア名人からプロ棋士になった瀬川晶司の自伝を「空中庭園」の豊田利晃が映画化したもの。
 この映画は呆れるほどの豪華キャスト――主演は松田龍平なのだけど、その脇を、永山絢斗, 染谷将太, 渋川清彦, 駒木根隆介, 新井浩文, 松たか子, 美保純, イッセー尾形, 小林薫, 國村隼らが固め、数シーンだけのちょい役にも早乙女太一, 妻夫木聡, 上白石萌音, 石橋静河,, 藤原竜也と、主役級がズラリ。これは日本映画オールスターじゃないか……
 しかし、このタイトルは失敗だろう。
 この映画を、児童向けのアニメか何かだろう、と思って入った親子連れが多数おり、上映30分もしないうちに未就学児を連れた親子連れが幾組も出て行った。
 大体、対戦相手を立ち直れないくらい叩きのめし、絶望の余り死にたくなるように仕向ける……そんな、勝負師の世界なんぞ、子供に見せるもんじゃないよ。

 3本目は、「MEG ザ・モンスター」。
 これは、ジェイソン・ステイサム主演で、太古に滅びた筈の超巨大ザメ“メガロドン”の恐怖を描く海洋パニック。
 それにしても、客はステイサムと巨大サメの戦いを見たくて来ている訳で、別れた妻を助けに駆けつけたステイサムが、元妻がいる場所で、子連れバツイチのヒロインといちゃつくラブコメを見に来ている訳ではないと思うのだが。
 あと、研究者が集う海洋研究施設で、一番頭がキレるのが飲んだくれのステイサムで、一番の情報通がヒロインの娘の8歳児、と言う……全員が物分かりが悪く、情報も持たず、段取りも出来ない、と言う設定にイライラ。
 サメ退治の映画で、サメの方が頭よさそう、と言う映画を初めて観た。

9月 7日

 ■「ブレス しあわせの呼吸」

 金曜日、仕事の後で映画 「ブレス しあわせの呼吸」。
 これは、「ブリジッド・ジョーンズの日記」など製作した映画プロデューサーのジョナサン・カヴェンディッシュが、ポリオに感染して首から下が完全に麻痺した父と、それを支えた母の半生を映画化したもの。監督は、誰もが観た事があって、しかも殆ど素顔を観た事がない隠れた名優アンディ・サーキス。
 この映画、内容は難病モノなんだけど……お涙頂戴の映画になっていない所がスゴい。(かなり笑えるんである、コレ)
 その点では、ちょっとラストが不満。
 「お別れ会」でエンディングを迎えていたらよかったのになぁ……

9月 2日

 ■日曜は……

 日曜は「アントマン&ワスプ」。
 これは、ちょっと頼りないヒーロー、アントマンの活躍を描いたマーベル製アクション第2弾。
 宇宙規模でとんでも無いことになりつつある「アベンジャーズ」からちょっと外れ、こちらは、2組の親と子の物語へと物語の方も極小化。
 でも、それだけに気楽に観られるのがこの話のいい所で、コミカルでトリッキーなアクションを盛大に盛り込み、でも誰も死なない、流血も少ない、と言う家族向けにも安心の展開。
 全篇、マクガフィンを巡っての争奪戦の繰り返しで、一本調子な所が気になりますが、娯楽作としては上々の出来だろう。

 帰宅後、アマゾン・プライムビデオで、
 「サニー 永遠の仲間たち」
 を観る。

9月 1日

 ■土曜は……

 土曜は、午前中に水槽の水替え。 
 その際に先日、買ったばかりのスマホを水の入ったバケツに落としてしまう……防水じゃないのに大丈夫か、と心配したのだけど、完全水没した割に作動に異常なし。よかった。

 午後、映画3本。
 1本目は、「SUNNY 強い気持ち・強い愛」。
 これは2008年に公開されて本国では大ヒットとなった「サニー 永遠の仲間たち」をリメイクしたもの。
 映画はオリジナルをほぼ忠実にコピーしている。
 ただ、時代設定が主人公の高校時代が1998年頃、そして現代パートはその20年後の現在、となると……現代パートを演じる篠原涼子、板屋由香はちょっと年齢が合わないか? ……まぁ、このキャストは難しいけどね。
 キャラクターはオリジナルのイメージを活かしており、1名減らしてドラマを濃くしたのも悪くないアレンジだと思う。
 ただ、オリジナルにあった時代背景としての自由化運動を、コギャル文化とオタク、と言う設定に置き換えたのも悪くはないが……アレンジとしてはもう一工夫欲しかったようにも思った。
 あと、現代パートでのサニーの大暴れは、やはり、奈美の娘のためで欲しかったと思う。それで、奈美の家族関係もよくなった、と言うのが欲しい。
 ラストのアレンジもあれはあれで悪くない。
 面白かったけど、期待し過ぎた感もあって、オリジナルを超える、とは思えなかったのが残念であった。

 2本目は「ストリート・オブ・ファイヤー」。
 これは、往年の名作のデジタルリマスター版上映。

 3本目は「英国総督 最後の家」。
 これは、独立前夜の激動のインドを舞台に、歴史に翻弄された人々を描くヒューマンドラマ。
 第二次大戦後、インドへのイギリスの主権委譲を巡る物語で、中心となるのは、ムスリム系住民によるイスラム国家、パキスタンを認めて国を分割するかどうかだ。
 この騒動を、500人ものインド人使用人が働く、総督の邸宅を舞台に、その使用人に国内の様子を代弁させる仕組みが巧み。
 ガンジーを支持するヒンドゥー教徒が分割を否定するのに対し、少数派であるムスリムはパキスタン建国を喜び、使用人間での対立が起きる、と言うのは映画のスケールで、その時起きていた事を表現する工夫としてなかなかだし、その中で、ヒンドゥー教徒とイスラム教徒の若い恋人が、「ロミオとジュリエット」のように許されぬ恋に悩む、と言うのもドラマを盛り上げる。

 パキスタン建国は、イギリスが極秘裏に決めた国境線での国土分割によってなされる事になる。それによりパキスタンの国力は弱まり、イギリスの影響力を無視出来なくなり、ソ連はインド洋への進出手段を失った。
 しかし、その結果、1700万人が移住を強いられ、その混乱と衝突の結果、100万人が死んだ。
 そうしたイギリスの企みを、イギリス政府を黒幕として描いてしまうのがイギリス映画らしさ、と言う事か……

【過去の日記】

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月

2017年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2016年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2015年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2014年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2013年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2012年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2011年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2010年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2009年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2008年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2007年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2006年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2005年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2004年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2003年の日記

4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

更新日記


戻る