気まぐれ日記


 気まぐれなので、(きっと)毎日は書きません……


2018年の日記

4月15日

 ■週末は……

 叔母が入院している事もあり、この週末は自宅であれこれ。

 ■ホムペ

 このサイトだけど、この1ヶ月のアクセス数はこれまでに最低なくらい落ち込んでる……まぁ、今や個人での情報発信はブログやSNS、ホムペなど「情報の墓場」と言われて久しいが、それにしても放置してたら誰も来ないわな。
 とりあえず、今日はこれから久々の更新にかかろう……

4月13日

 ■リカバリー

 今日は午前半休取って、免許証の再交付と銀行キャッシュカードの再発行手続きに行く。
 午後の仕事の後で、新しく財布も買って、これで漸くリカバリ、だ。
 やれやれ。

 ■「パシフィック・リム アップライジング」

 夜はブルク13で「パシフィック・リム アップライジング」。
 今度の映画、まるで日本のロボットアニメを実写化したような、燃える「パシフィック・リム」からすると、ちょっと雰囲気が変わったなぁ、と。
 アクションがより明快に、判り易いものとなった反面、追い詰められた悲壮感が薄れ、ハリウッド風アクション映画の印象が強まったのは意見が割れるかな、と。
 また、今度の監督、登場人物への愛が足りないと思う。

4月12日

 ■4月の映画

 4月、これからの映画だけど、水曜に、
 「娼年」
 を観てしまったので、現在公開中で要チェックの映画なし。明日、金曜に
 「パシフィック・リム アップライジング」
 を観てしまったら、週末の映画鑑賞予定はなし。 
 他の週末公開作品も、火曜に、
 「女は二度決断する」
 水曜に、
 「名探偵コナン」
 と、これしかない。

 来週金曜、20日からは、
 「レディ・プレイヤー1」
 「いぬやしき」
 「アンロック」
 「リスと青い鳥」
 「タクシー運転手」
 と、観たい映画が並ぶけど……ただ、翌週が、
 「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」
 だけで、そのままGW突入では――GW中、観る映画がないではないか!

4月11日

 ■「娼年」

 今日は「娼年」を観賞。 

 これは、石田衣良の小説を「愛の渦」の三浦大輔が映画化したもので、映画化に先立ち松坂桃李で舞台劇にもなっている。
 (松坂桃李が「壊れそうになるくらい腰を使った」ってヤツ)
 映画は同じく松坂桃李主演、最初っから最後までヤリまくりだ。
 (リハでは1日7〜8回、5日間ヤってたそうで、これまた腰がイきそうだ)

 確かに松坂桃李、これは大熱演。
 特に射精した後の尻の痙攣、あれを演技でやっているとしたら、大したもの。正に迫真の演技。

 この映画、まぁ、ほんとヤりまくる場面ばかりで、冒頭の2カラミはちょっと退屈だったが……まぁ、これは桃李くんの「つまらないセックス」を見せる、と言う狙いで敢てしている、と納得した。
 その後は、それなりに盛り上げるが……それにしてもセックスシーンのウェイトが過剰。舞台劇のようなライブ感もない映画では、やはりドラマをもっと見せて欲しかったな、と思ってしまった。

 あと、ちょっと女優に力がない、かなぁ。
 舞台版は高岡早紀に佐津川愛美が出演していた訳で、映画版も元宝塚の真飛聖に元AKB研究生の富手麻妙(「アンチポルノ」の主演女優)だけどちょっと存在感が……あとは見知った顔は桜井ユキくらいで、ちょっと物足りない。
 (あ、ただ、”2人目”の大谷麻衣は映画初出演のようだけど、すごくよかった)
 確かに「脱げる」と言う事で安易にAV女優の起用に走らなかった姿勢は認めるとしても、映画ならではの華やかさが欲しかった所。
 真飛聖の役を真矢ミキが演じる、とかしてよかったんじゃないかなぁ……やはり、日本だと映画で「脱げる」女優が少ないなぁ。

4月10日

 ■本日……

 ……帰宅すると家の様子が変。
 聞くと、同居している叔母が脳梗塞で倒れて入院、と言う。

4月 9日

 ■「ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル」

 今日は「ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル」をガラガラのブルク13で鑑賞。

 この映画、予告編から中身カラッポの視覚効果だけの映画か、と思っていたんだけど……これが意外にも真っ当な青春映画。
 アメフト部とイケてるモテ女子と言うスクールカースト上位者と、ゲームオタクと意識高い系女子、と言うスクールカースト下位、そんな4人が力を合わせる中で友情が生まれる、と言うのもいいし、ゲーム世界ではオタク少年が体力自慢のタフガイになり、体育会系が学者となって、お互いにないものの力を知ることになる展開もまた上手くできてる。
 キャストもなかなかで、ドゥエイン・ジョンソンのオタクトークにビビリ演技も見物だけど、圧巻は、ジャック・ブラック。中身イケてる女子高生、外観中年オヤジと言う役柄を巧みに演じ、セクシー演技をすれば、ヒゲメガネのジャック・ブラックが可愛く、セクシーに見えるのだから凄い……ジャック・ブラック、演技上手すぎだろう。
 自分がかわいいセルフィー女子の本気の恋とその結末には思わず涙を誘われたりで、いやいや、これはなかなか。世界中で大ヒットしていると言うのにも頷ける面白さだ。
 これは予想外に楽しめた。

 「マジ!?ジュマンジ!」と、女子高生の間での流行語「マジまんじ」にひっかけた若者にコビ売る宣伝政策をとっているけれど、これは普通に面白いと思うがなぁ……

4月 8日

 ■日曜は……

 天気はいいのだけど、免許証もないのでクルマにもバイクにも乗れない、仕方ないので映画を観に行く。

 1本目は「ダンガル きっと、つよくなる」。
 これは、2016年にインドの歴代興行成績を塗り替えた大ヒット映画(ただし、その後、「バーフバリ」に抜かれた)で、海外でも人気となったスポ根映画。
 一言で言ってしまえば、インドにもアニマル浜口のようなお父さんがいて、娘を女子レスリング選手にしました……と言う映画なのだけど、これが燃える。
 内容は新鮮でなく、展開も読めるのだけど、それでも音楽ガンガン鳴らしてお祭りの如く盛り上げ、強引にでも気分をアゲてしまうと言う力技は、さすがインド映画だ。
 (ただし、インド映画ならではのダンスシーンはなく、上映時間も比較的短い)
 前半はコメディタッチ、それがシリアスさを増して、クライマックスでは泣かせる辺りも上手く、なるほど、これはヒットする訳だ。

 ちなみに、これは実話。
 なので、残念な事に「世界選手権でインド国旗を背負って金メダルを獲る」と言うお父さんの夢は適えられていない。
 何故か、と言うと、娘のギータは55kg級。デビューが2008年、と言う事は、その階級には”霊長類最強”と謳われる正真正銘の怪物、吉田沙保里がいるからだ。
 吉田沙保里の全盛期と重なっちゃ残念ながら世界選手権でもオリンピックでも金メダルには届かない。
 (映画試写会に呼ばれた吉田沙保里には「(ギータは)やりやすい相手だった」と一蹴されてる)
 なので、映画クライマックスは、英連邦選手権であるコモンウェルズゲーム。
 これを「世界大会」として映画を盛り上げてはいたが……なるほどねぇ。

 もう1本は、「ワンダーストラック」。
 これは、「キャロル」のトッド・ヘインズ監督の新作で、ニューヨーク自然史博物館(あ、「ナイト・ミュージアム」だ)が繋ぐ、聴覚障害の少年と少女を繋ぐ不思議な縁の話。
 2人が引き寄せられるように博物館を訪れるのだけど、同じ場所を訪れているのに、2人の間には50年の歳月が――誰だ、「君の名は。」に対し「こんな複雑な構成の話、アメリカでウケる訳がない」とか言ってたのは?――この2つの異なる時間の物語をどうまとめるのか……と思っていたのだけど、終盤の風呂敷の畳み方がちょっと雑な感じで、ちょっと物足りない印象だった。

4月 4日

 ■財布紛失・その後

 昨日の会社の帰りに財布を紛失。
 会社の前のスーパーで買い物をしたから、そこまでは財布はあった、でも、クルマの中にも家にもない、と言う事は、スーパーから駐車場までの間で落としたっぽい。

 とりあえず、その日のうちに警察に届け出を出し、今朝から先ほどまで思い当たる所を探し、どうにもならないので、本日夜、クレジットカードを全部止めた。
 あとは、警察の方で拾得物として出て来るかどうか……まぁ、カードの使用履歴には不正利用されたと思しき形跡はなく、とりあえず悪用はされていない……と言う事は盗難されたのではなく、ただ、なくしただけ、か?
 (警察の手続きに時間がかかってるだけ、と言うのもありそうだ)

 あとは、免許証の再発行、銀行キャッシュカードの再発行だが……これは少し待とう。
 保険証も再発行には警察の紛失証明が要る。ちょっと待ちだな。
 SUICAは新しく買う、これは不便だから週末にでも買おう。
 病院の診察券は再発行、各種ポイントカードも再発行か……面倒だなぁ、これもちょっと保留にしとこう。
 やれやれ……

4月 3日

 ■財布紛失

 ……せっかく早く仕事を終えて帰って来た、と思ったら財布がない。
 どうしよう??

4月 1日

 ■日曜は……

 今日はクルマで首都高へ。
 いつもの芝浦PAには今日は4台が集まった。
 午後は、横浜・大岡川の桜祭りへ。
 露店も出ていて、大変な賑わいだった。

 ■エイプリルフール

 私は今日、嘘をつきませんでした。

3月31日

 ■3月に観た映画

 3月に観た映画は……

 「ナチュラルウーマン」
 「15時17分、パリ行き」
 「シェイプ・オブ・ウォーター」
 「幸せの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス」
 「ブラックパンサー」
 「文豪ストレイドックス DEAD APPLE」
 「ダウンサイズ」
 「去年の冬、きみと別れ」
 「坂道のアポロン」
 「ジュピターズ・ムーン」
 「ちはやふる 結び」
 「リメンバー・ミー」
 「ボス・ベイビー」
 「素敵なダイナマイトスキャンダル」
 「トゥームレイダー ファースト・ミッション」
 「レッド・スパロー」
 「トレイン・ミッション」
 「ヴァレリアン 千の惑星の救世主」

 ……18本か。
 やはり、昨年と比べ、着実に本数減少中である。

 ■今宵はブルームーン

 撮ったどー。 

3月25日

 ■東京モーターサイクルショー

 今日は、毎年恒例の春のイベント「東京モーターショー」に友人らと行く事に。

 いつものように昼前に新橋駅前に集まり、昼飯を駅前で食べてから会場入りしたのだけど、今年はこれまで経験した事がないような混雑ぶりで……日曜に行ったせいなのか、オートバイが広く受入れられる趣味になって多くの人が来るようになったのか、果たしてどちらだったか……? 

 まぁ、それでも終了ギリギリまで粘って、今年もたっぷり楽しんだ。

 ■ショーの後は……

 今年は、ショーの後、千鳥ヶ淵の夜桜見物。
 桜は見事だったけど、人混みもスゴかったなぁ。
 桜を見た後、そのまま市ヶ谷まで歩いて、「市ヶ谷牛楽」で焼き肉。
 食べ放題だったせいもあり、苦しくなるほど食った。

3月18日

 ■体調不良

 暫く日記も書いていなかったのだけど……実は先週から風邪で体調不良が続いている。
 先週、土日大人しくしていてよくなったか、と思っていたら週明けにぶり返し、月曜の無理が祟って火曜には血痰吐く始末。
 それでもあれこれ立て込んでいて休めずで……まぁ、それでもなんとか乗り切って、昨日の土曜に漸く病院へ。
 まぁ、既に大分よくはなっていたけど、念のために検査して、今週土日も静養。
 明日、会社午前半休にして検査結果を聞きに行こう……まぁ、身体は随分と楽になったし、もう大丈夫とは思うんだけど。

3月 4日

 ■日曜は……

 今日は、久々に首都高・芝浦へ。
 いつもの場所で、いつものみんなと顔を合わせるのも久しぶり。 
 昼過ぎに帰宅、昼食は近所の中華料理屋に行く。

 海鮮五目ソバ+半炒飯、デザートまでついて¥750……安くて美味い、でも客が誰も入っていない、と言うのはお気の毒。

 その後、ブルク13に映画「ブラック・パンサー」を観に行こう、ともう1台のバイク、CBのキーを探すが出て来ない。
 行きがけに必要なものが出て来ない、と言うのは縁起が悪い(ヒデヨシもそれで死んだしね)……時間もないので、とりあえずはスペアキー持って出発。
 が、なんとブルク13の駐輪場、「満車」とゲート封鎖されて入れない。
 (こんなのは初めて)
 結構焦るが、ぎりぎりの所で1台出て来て滑り込み、何とかセーフ――とはいえ、飲み物を買って、席についたら「3Dメガネをかけてください」と言うギリギリのタイミングだったが。
 全米で記録的大ヒット、と言う「ブラック・パンサー」だが……この映画、出演は黒人ばっかり、しかも、アフリカの黒人が密かに超文明を築いていた、と言う内容で……これはアメリカでも黒人だけにウケたんでははいかなぁ?

 映画見終わって、帰宅途中、エプソンのパルセンスがない事に気づく。
 あれ?と思ってあちこち探すも何処にもなく……そうか、映画観てる最中、何か落としたと思ったのはアレだったか。
 ブルク13に電話すると、どうやらそれっぽいのが届けられている、と言う事で一安心はしたけれど、既に夜だし引き取りに行く気になれず、今度映画を観に行く時に取りに行こう、と……

 今日は、午後になってあれこればたばた、何だがツイてない。
 先週は会社バッチをなくすし、最近、なくしものばかりだな……こうして何だかツイてない時は気をつけないと。

3月 3日

 ■「CP+」

 今日は、パシフィコ横浜で開催されている写真とカメラの展示会、「CP+」に行って来た。 
 今回は、東京オリンピックを意識してか、会場でこのようなスポーツデモンストレーションを行い、それを実際にカメラで撮影してみる、と言う展示が行われているのが目立った。

2月28日

 ■2月に観た映画

 2月に観た映画は……

 「スリー・ビルボード」
 「不能犯」
 「ライオンは今夜死ぬ」
 「花筺/HANAGATAMI」
 「THE PROMISE/君への誓い」
 「スリープレス・ナイト」
 「アバウト・レイ 16歳の決断」
 「羊の木」
 「マンハント」
 「ロープ/戦場の生命線」
 「悪女/AKUJO」
 「ぼくの名前はズッキーニ」
 「今夜、ロマンス劇場で」
 「長江 愛の詩」
 「リバーズ・エッジ」
 「グレイテスト・ショーマン」
 「サニー/32」
 「空海 KU−KAI 〜美しき王妃の謎」
 「ザ・シークレットマン」
 「The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ」
 「さよならの朝に約束の花をかざろう」
 「青春夜話 Amazing Place」

 ……22本か。今年は厳選して月20本程度にしようとしているけど、そのペースは維持出来ているか……

2月25日

 ■日曜は……

 日曜は映画2本。
 1本目は「ザ・シークレットマン」。
 これはウォーターゲート事件も舞台裏を、内部告発者であったFBI副長官、マーク・フェルトの視点で描いたポリティカルサスペンス。
 題材は面白いのだが、この映画、展開が平板、物語としては盛り上がりに欠け、やや退屈な仕上がり。
 それにしても、今時、ポリティカルサスペンスを見ようなどと言う観客は老人ばかりで……加齢臭の充満する劇場と言うのにも困ったもんだが。
 (まぁ、自分もその発生源かも、なのだが)
 1本目の後、川崎へ移動。

 今日は、「空海」でラーメンを食べよう、としたら…… ま、これは案の定、か。そりゃ、タイアップするわな、さすがに。  
 この日2本目は、「ビガイルド/欲望のめざめ」。
 これは、1971年に製作されたクリント・イーストウッド主演のミステリー、「白い肌の異常な夜」のリメイク。
 学長から教師、生徒まで全て女性の寄宿制女学院に瀕死の兵士が担ぎ込まれて……と言う話で、女ばかりの共同体に男が入る事で起きる、好奇心、そして欲望――それを女性目線で描くサスペンスはなかなか見応えあり。
 ただ、兵士が「これまでに出会った事がない」と絶賛する程の美女の役をキルスティン・ダンストが演じると言うのはどうか、と思ってしまったり……

2月24日

 ■「空海 KU−KAI」

 土曜、午前中にかかりつけのクリニックに行き、それから水槽の水替え。

 午後は映画「空海 KU−KAI」。
 これは、夢枕獏の小説を元に、製作費160億円をかけて作られた日中合作映画。
 映画としては、夢枕獏らしく、ちょっとおどろおどろしい伝奇物語で、幻術なども登場、大胆な視覚効果も取り入れたファンタジックな作品だ。
 ただ、観客には年配客も多く、猫が喋る展開に面食らった人も少なくない様子……まぁ、空海の生涯を描く、宗教映画か、伝記映画を期待していた客にはびっくりするような映画だろうなぁ。

2月23日

 ■「サニー/32」

 金曜日、仕事の後で「サニー/32」を観賞。

 これは、「凶悪」や「日本で一番悪いやつら」の白石和彌監督の新作。
 NGT48卒業を発表したアイドル、北原里英を主演に、NGT48の地元・新潟で撮影した映画。
 北原里英は撮影中、「4回くらい死ぬかと思った」と言うけれど、アイドルのステージ衣装のような薄いドレスで豪雪の新潟山中を走り回らせられたら、そりゃそう思うだろう……そんな彼女の頑張りはあるのだけど、映画としてはかなり残念が仕上がりだった。

2月18日

 ■日曜は……

 今日は午後、「グレイテスト・ショーマン」を観るつもり。
 昨日、桜木町に行った時に、「CP+」のポスターを見かけたので、よく確認もせずに、映画観る前に見てみよう、と。
 で、パシフィコ横浜まで行ったのだが、やっていたのは「ノスタルジック・2デイズ」。「CP+」は来月だった……
 ……でもまぁ、せっかくなので見て行くことに。 
 これは、クラッシックカー(と言っても、昭和40〜60年代くらい)の展示・即売イベント。
 世代的にもドンピシャだし、これはなかなか楽しい。
 (自分のクルマもそろそろこの仲間入りだし)
 なにせ、イベントステージも「ピンクレディー」メドレーだったりするのだ。
 おお、「サーキットの狼」。
 こちらは、「マッドマックス」……インターセプターのレプリカか。よく出来てる。

 ■「グレイテスト・ショーマン」

 一通り見て回った後、ブルク13に向かい「グレイテスト・ショーマン」を観る。
 これは楽しい!華やかなだけでなく、現在社会に向けたメッセージをも持つ上質のエンターテイメント。これはお勧め。

2月17日

 ■土曜は……

 今日は、映画2本……ま、TV観ていてもオリンピックばかりだし。

 まずは、シネマジャックで、「長江 愛の詩」。
 これは、中国最長の大河・長江を舞台に描く壮大なファンタジー。
 すごく綺麗な映画で、客の入りもよかったけど、芸術性が高い、その内容はいささか退屈で、大河の流れのようにゆったりとした映画のテンポに中盤以降眠くなってしまった。

 その後、ブルク13に移動して、本日2本目は河繋がりで「リバーズ・エッジ」。
 これは、1980年代から1990年代にかけて活躍、正に時代を代表する漫画家だった岡崎京子の代表作のひとつ「リバーズ・エッジ」を、これまでコミックスの映画化に対して否定的だった行定勲監督が実写映画化したもの。

 この映画製作を行定監督に持ちかけたのは二階堂ふみなのだそうで、結果として主演も二階堂ふみが務めている。
 いじめ、セックス、援助交際、ドラッグ……を演じた原作を逃げずに描き、R指定にはなったものの、そうでもしなきゃ岡崎京子作品を形に出来ない、とした姿勢も潔い。
 これまで、幾度もカラミを見せつつも脱いだ事のない二階堂ふみが、この映画ではおっぱいもお尻も丸出しのオールヌードを見せているのも、その気迫の現われか。

 映画が描くのは、「青春」が持つ、理屈抜きの不満と不安……カッコ悪くても、苦しくても、それでももがき続けるのが青春で、それこそが生きている証だ、と描く。
 現在の若者は何事にもクールでスマートで、もがき苦しむ事を是とはしないだろうが、だからこそ、「生きる」為には鈍感になってはいけない。
 そんな部分が、これを現在の物語として映画にする事の理由だったのかも知れないが……さすがに、大人(と言うかオジサン)には、既に理解出来ない話だよなぁ……

2月16日

 ■金曜は……

 週末、花の金曜だと言うのに仕事が山積み。
 なにしろ、来週は4日間外出が入ってる(ただ、アメリカには行かずに済んだ)。しかも、水曜までに期末に向けた報告をまとめなきゃならん、と言う状況で、今日中に目処をつけなければならなかった。
 その結果、映画が観られる時間には帰れず、帰宅後もそのまま就眠。

2月14日

 ■「今夜、ロマンス劇場で」

 今日は、仕事の後、ららぽーとで「今夜、ロマンス劇場で」。

 これは、映画監督を目指す青年と、映画の中から飛び出したお姫様の純愛を描くラブストーリー。
 この映画、映画ファンと映画の恋愛、と言うアイデアに、そして現在、銀幕のお姫様を演じるに最も相応しい綾瀬はるかを起用、とここまではばっちりだったせいもあり、ちょっと詰めを誤ったのではないか、と言うもどかしさと、あと一息なのに、と言う勿体なさを感じてしまった。

 本当に、途中までは文句なしによかっただけに、自分だったらどうするか、と言うのを(久々に)作ってしまった。

 ――「最後に一度だけ抱きしめて」と言う美雪を抱いた健司の腕の中で、彼女は姿を消す。
 フィルムは売られ、健司は京映を退社し、しばらくは魂が抜けたようにしていたが、やがて具合を悪くした「ロマンス劇場」の支配人に依頼され、劇場支配人の後を継ぐ事になる。
 その後、京映は倒産。
 路頭に迷う塔子に手を差し伸べたのは健司だった。塔子は健司と結ばれ、「ロマンス劇場」を切り盛りし、子供をもうけ、慎ましくも幸せな日々が続いた。
 やがて、時代の波に押されるように、「ロマンス劇場」は閉館となり、それと前後して塔子も息を引き取る。
 遺品を整理する健司は、塔子の遺品の中から、かつて自分が書いた「今夜、ロマンス劇場で」の脚本を見つける。
 目を通した健司の心の中に、美雪の思い出が蘇る。
 まだ、美雪はここにいる、と確信した健司は、残った命の炎を燃やすように、未完だった脚本の続きを書くのだった。
 咲き誇った桜が散る夜、病院のベッドで原稿用紙に「完」と記した健司は、そっと目を閉じる――いつしか健司は、モノクロ世界の森の中にいた。
 懐かしい三獣士が健司を城へと案内する。
 何時しか健司は20代の姿に戻っている。
 お城の豪華な扉を開けると、そこは舞踏会場だ。懐かしい顔が見える。みんな笑顔だ。
 玉座には彼女が座っている。健司は歩み寄って薔薇の花を差し出す。薔薇の花は、美雪の手の中でルビーの指輪になった。
 健司は美雪を抱きしめてキスをする。もう彼女は消えない、モノクロの世界が鮮やかに染まる――今こそ、この恋は成就したのだ……
 ……翌朝ベッドの上でこと切れた健司の手の中には万年筆に代わり、一輪の薔薇の花があった……

 ……ってな感じにして欲しかったんだけどなぁ。

2月11日

 ■日曜は……

 今日は、午前中にちょいとお散歩。
 
 てゆーか、こーゆーのはお散歩とは言わないか。

 その後、一度帰宅してからバイクに乗り換え、買い物に出掛ける。
 午後は、シネマジャックで映画「ロープ」。
 これは1995年のユーゴ内戦停戦直後のバルカン半島で、水源の井戸を巡って起きた騒動を描くドラマ。
 「面白い」とは言われるけれど、これはなかなか辛辣な内容だ。

 「ロープ」の後、横浜に移動。ムービルで「悪女/AKUJO」。
 これは凄いアクション映画だ!

2月10日

 ■土曜は……

 午前中、散髪した後でかかりつけのクリニックに行き、その後水槽の水替え。

 午後は先月、12ヶ月点検に出していたクルマを引き取りに行く。
 今回は12ヶ月点検に加え、恒例のリフレッシュプランA実施、 それに気になっていた塗装の補修を行った。
 また、異音の発生源となっていたカム角センサーも交換となった。
 約1ヶ月かかったが……まぁ、こんなものか。
 何れにせよ、思っていた以上に綺麗に仕上がって来たので気分がいい。
 久々のクルマだけど、やはり異音が出ていたセンサーを交換したのでエンジンが静かにスムーズに回る感じでこれまた気持ちがいい。
 ただ、この日は(ちょいと遠回りしたりしたけれど)早めに家に戻ってクルマを置き、横浜駅前まで歩いてムービルで「マンハント」を観る。

 ■「マンハント」

 これは、西村寿行の小説「君よ憤怒の河を渉れ」を香港アクション映画の巨匠、ジョン・ウーが映画化したもの。
 鳩は飛ぶし、炎も上がるし、飛びながら拳銃を撃つシーンをスローモーションで見せるなど、ジョン・ウー節全開。
 ちょっと古くさい作りで、その内容的にはジョン・ウー監督が観て育った、と言う’70年代後半から’80年代にかけての日本の刑事ドラマの影響も見てとれる。
 しかし(いや、だから、と言うべきか)、ストーリーは粗く、作りも結構粗い。
 まぁ、それが香港映画らしい所だよな、とは思うし、それが好きな人もいるだろうとは思うのだが、評判はあまり芳しくないようだ。

2月 8日

 ■消去

 昨今の事情により、このサイトの裏コンテンツを更新停止にすることとした。
 昨日、殆どのデータを削除。

 最初にアップロードしてから9年、こつこつ積み上げては来たけれど……最近、いろいろな問題があり、削除対応などを強いられる事もあり、思い切って削除することに。

 でも、何だかすっきり。
 流行の断捨離と言うのもこう言う心境になれるのかな。

【過去の日記】

1月

2017年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2016年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2015年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2014年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2013年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2012年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2011年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2010年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2009年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2008年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2007年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2006年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2005年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2004年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2003年の日記

4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

更新日記


戻る