気まぐれ日記


 気まぐれなので、(きっと)毎日は書きません……


2018年の日記

7月14日

 ■日曜は……

 日曜、昼前にKN’sに行き、状況を伝えて確認して貰うよう、依頼。
 尚、KN’sでは、はらのクルマはちょっと知られている。今日も工場前にクルマを止めたら、現場のメカに、
 「オイル消費は大丈夫ですか?」
 と聞かれる始末……まぁ、確かにいろいろと迷惑かけているからなぁ。

 その後、帰路途中で食事して、帰宅。
 今日も滅茶苦茶暑くて、もうこうなるとバイクに跨がる気にもなれない……

7月13日

 ■土曜は……

 土曜日、午前中に通院と水槽の水替え。
 昼は妹が麻婆豆腐を作ってくれたのだが、量が多くて……その後胸焼けがして、気持ちも悪くなってゴロゴロ。暑かったせいもあり、結局、バイクに乗らず終い。
 
 夕方、ららぽーと横浜で友人と待ち合わせ、
 「ジュラッシク・ワールド」
 を観ることに。

 ららぽーと横浜にはクルマで行ったのだけど、駐車場でエンジン切る時にチェックエンジンランプが点灯しているのに気づいた。
 また、キーOFFからONにすると、タコメーターがぴくぴく動く。何だ?ノイズでも拾ってる??……気になるが、映画の時間も迫っていたので、対応は後回しとした。

 「ジュラッシク・ワールド」は、正にジェットコースタームービー。
 冒頭からいきなりサスペンスを盛り上げ、最後まで息も継がせぬ怒濤の展開……まぁ、面白いは面白いんだけど、何と言うか、話の繋がりと言うか、登場人物の動機付けが曖昧だし、最後も(更なる続編を意識したのか)どうなったのか判然とせず、何となくもやもや。

 映画の後は、友人と食事しながら映画談義……って言うか、あれこれ話が飛んで脈絡もなかったけど、こう言うのは楽しい。
 で、帰ろうとクルマに乗り込んで、エンジンかけようとしたら、もう調子最悪。アイドリングを維持出来ない。
 そこで、手持ちのROMに交換し、事態は解決したように思えるが……原因が判らないのはちょっと不安。
 丁度、6ヶ月点検の案内も来ていたし、定期点検も兼ねて、KN’sに診て貰うか……まぁ、明日、様子見として首都高ぐるっと走ってみてからだな、とか思っていたのだけど、帰りの横浜新道で4→3のシフトダウンの途中でエンジンストールして肝を冷やした。
 ……やはり、無理せずにまずはKN’sに診て貰おう。

7月 8日

 ■日曜は……

 今日は、午前中、クルマで買い物に出掛ける。
 クルマのサンシェードと、消臭剤を買う……その際、TV−CMでもやっているファブリーズのエアコン送風口につけるやつを買ったのだが、これが失敗。
 匂いがキツく、何だか頭痛くなってしまった。

 午後、「菊とギロチン」。
 これは、「64-ロクヨン- 」や「友罪」の瀬々敬久監督が、構想30年の企画を実現させた入魂の作品。
 大正末期。自由な雰囲気が失われつつある世相の中、東京近郊で出会った女相撲一座の女力士たちとアナキスト・グループ“ギロチン社”のメンバーが惹かれ合っていく・・・と言う異色の青春ドラマ。
 これまた、“弱者”のドラマで、女性や朝鮮人、そして貧困層と言う弱い人間が、世界を変えよう、として強くなろうと足掻く物語だ。
 それが、女相撲と、爆弾闘争、と言うのが異色だけど、内容としては、これはまぁ、青春群像劇となるのだろう。
 関東大震災での朝鮮人虐殺が背景にあり、国家によって抑圧された暴力が、更に弱い者に降りかかる不条理を盛り込んだりもしているが……強い、と言うこと、そして、世の中をどう生きるか、と言う事を考えさせられる力作だ。

 ■「ガンダム」実写化

 先日、「機動戦士ガンダム」がハリウッドで実写映画化、と言うニュースが。
 まぁ、レジェンドリーだし、デルトロが指揮とれば変なものにはならないだろう……

7月 7日

 ■7月の映画

 7月に入り、夏休み興業体制となったせいで、今週は公開される映画が少ない……
 (なぜ、「7月7日公開作品の情報がないのか?」とMOVIE Walkerに問い合わせしたけど「公開作品がない」とは思わなかった)

 とりあえず、昨日は、
 「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」
 を観た。
 今日は、 この後、
 「セラヴィ!」
 「君が君で君だ」
 明日の日曜は、
 「菊とギロチン」
 そして、水曜に
 「スウィンダラーズ」
 単館公開作品など、マイナー映画まで含めてこれか……MOVIE Walkerの情報通り、この週末には
 「新作映画はない」
 と言うのが世間の見方になるんだろうな……

 まぁ、来週になれば、
 「ジュラシック・ワールド」
 「ポケモン」
 と注目作が公開されて、劇場はお祭り騒ぎになるけど、今週はパッとしないなぁ。

 ■土曜は……

 今日は、午前中病院に行った後で水槽の水替えを済ませ、午後、シネマジャック&ベティで映画「セラヴィ!」。
 これは、ウェディングプランナーを主人公に、結婚式当日を舞台に繰り広げられる人間模様をユーモアたっぷりに綴るコメディ。
 コメディと言っても、言葉遊びのギャグではなく、ポンコツなスタッフが次々に引き起こすシチュエイションコメディで笑わせるタイプで、その中に人間関係の機微を盛り込んで、人情喜劇とするタイプで、これは日本人ウケしそうだけどなぁ……
 期待しないで観に行ったのだけど、これは予想以上の面白さ。ラストも収まる所に収まって、これは満足。
 
 「セラヴィ!」の後、ブルク13に移動し、今度は、「君が君で君だ」。
 これは、「アズミ・ハルコは行方不明」の松居大悟による完全オリジナルラブストーリー。
 愛する女性の好きな人物である尾崎豊、ブラッド・ピット、坂本龍馬になり切る3人の男たち。彼らは自分の名前さえ捨て去り、10年に渡り彼女を見守ってきた、と言う、ちょいと異常な物語だ。
 だが、「彼女には接触しない。見守り続け、その全てを受入れる」のが「愛」とする3人の男たち……これは一種のフェティシズムであろうとは思うけれど、決して実力行使せず、ただ見るだけ、と言う、その姿勢が歪みの見える現代の恋愛、いや、社会情勢を反映して興味深い。
 (クライマックスでは、自殺しようとする彼女を「それが彼女の意思ならば見守ろう」と言うのだから)
 ただ、余りに異常なだけに、これは「ひく」人の方が多いだろう、とは思う。
 でも、男が見守る事をやめた、と宣言する最後のシーン、あれは現実になって欲しいけどなぁ……

 映画の後、帰宅途中の電車の中で地震に遭遇。
 電車の中でこの大きさの地震と言うのはあまり体験してないが、長くゆらゆら揺れて、震度以上に大きく感じた。
 (電車は、震度のみ確認後、すぐ走り出したが)
 帰宅後、家の90cm水槽から水漏れ……地震の揺れでシールがやられたか?慌ててシリコンシーラントで水漏れ措置を行う羽目になった。

7月 6日

 ■「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」

 今日はは仕事の後、レイトショーでこの日公開の「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」。

 これは、1973年、男女平等を求めて女子テニス協会を立ち上げた女子テニス世界チャンピオンビリー・ジーン・キングが、元男子世界王者のボビー・リッグスと対決した実話を元にした映画。
 ビリー・ジーンは、優勝賞金が男子1万5000ドルなのに対し女子がその1/8でしかないのに不服を訴え、テニス協会を脱退。 自ら女子テニス協会を立ち上げるのだけど、これからも判るように、映画はボビー・リッグスひとりが敵なのではなく、社会そのものが敵なのだ、と言う事が判る。
 映画は、女性差別だけでなく、更にLGBT差別問題も盛り込んで行くが……それで狙いが分散してしまったような感があり、また、敵が大き過ぎて“勝利”を実感出来ず、カタルシスが不十分なのも物足りない。ちょっと不完全燃焼って感じだったなぁ。

 ただ、先日公開された映画「ゲティ家の身代金」でも、主演女優であるミシェル・ウィリアムズの出演料が、助演のマット・ディモンの1割でしかなかった、と言う相変わらずの女性蔑視が横行(それを指摘されてマット・ディモンはギャラを女性人権団体に寄付した)しているハリウッドでは、これを映画化する意味はあったのだろうけど。

6月30日

 ■6月に観た映画

 6月に観た映画は……

 「OVER DRIVE オーバードライブ」
 「妻よ薔薇のように 家族はつらいよIII」
 「ファントム・スレッド」
 「50回目のファーストキス」
 「レディ・バード」
 「デッドプール2」
 「万引き家族」
 「ビューティフル・デイ」
 「羊と鋼の森」
 「終わった人」
 「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」
 「30年後の同窓会」
 「ゆれる人魚」
 「軍中楽園」
 「空飛ぶタイヤ」
 「V.I.P. 修羅の獣たち」
 「リミット・オブ・アサシン」
 「海を駆ける」
 「メイズ・ランナー:最期の迷宮」
 「それから」
 「ワンダー 君は太陽」
 「焼肉ドラゴン」
 「オンリー・ザ・ブレイブ」
 「猫は抱くもの」
 「29歳問題」
 「天命の城」
 「男と女の観覧車」
 「フューチャーワールド」
 「アメリカン・アサシン」
 「ブリグズビー・ベア」

 ……30本か。
 30日で30本。さすがによく観たなぁ……

6月23日

 ■土曜日の映画

 土曜は、映画3本。

 1本目は、 「オンリー・ザ・ブレイブ」。
 これはアメリカの森林消防隊の活躍を事実に基づき描く映画。
 消火に当たっては山林の中、と言うこともあって放水はせず、溝を掘り、その手前の灌木や草木を切り、場合によっては燃やし、「火を以て火を制す」と言う活動も興味深かったし、ジャンキーの青年が子供が生まれた事をきっかけに消防隊員として立ち直って行くと言うドラマもいい。
 クライマックスは奇跡を描いてハッピーエンドにするのかと思っていたら……これ、実話だったか、やられた。

 2本目は「猫は抱くもの」。
 これは沢尻エリカ主演、犬童一心監督による野心作。元アイドルのアラサー女性が新たな一歩を踏み出すまでのドラマを、猫との交流を通して描くもの。
 しかも、猫を擬人化、映画も舞台劇を撮影したような演出となっている。
 ただ、舞台劇のような演出は、却って切実でありがちなヒロインの悩みの現実味を削ぐ感じで、どうにも乗れず……
 映画後味は決して悪くないが……これはもっと素直に見せてくれた方がよかったのではないか?

 3本目は、 「29歳問題」。
 これは、香港の舞台演出家、キーレン・パンが12年に渡って公演してて来た舞台劇「29+1」を、キーレン・パン自身が監督して映画化したもの。
 これは、人生をどう生きるか、と言う物語。
 社会的な地位と報酬……そうした“成功”を求めて心をすり減らす日々と、夢に向き合って笑顔で暮らす日々を対比させるのは確かに巧みで、この物語が根強い人気を以てロングランを続けているのにも納得。
 ただ、終盤で明かされる秘密は、いかにもお涙頂戴的な感じで、ちょっとあざとい感じもしたが……
 ヨックワンを演じるクリッシー・チャウは、顔立ち(特に起き抜けのすっぴん顔)が長澤まさみを思わせ、これは、長澤まさみで日本版リメイクしてもいいかも、とか思ってしまった。
 
 気になったのは、終盤の展開――先に述べた秘密が明らかになる場面――の不自然さ。
 この舞台劇、元々はヨックワンとティンロの二役をキーレン・パンが演じていたそうで、それならば、と納得。だとしたら、映画版でもクリッシー・チャウの二役でよかったんじゃないか、と……

6月22日

 ■「焼肉ドラゴン」

 金曜日、歓迎会の飲み会の後で、横浜ブルク13で映画「焼肉ドラゴン」。

 これは、数々の演劇賞に輝いた日韓合作の戯曲を、初演から10周年を迎える今年、原作者の鄭義信が監督を手がけて映画化したもの。
 昭和40年代、万博に向けて盛り上がる大阪を舞台に、世間から取り残されたかのように生きる在日韓国人家族の姿を描く人間ドラマだ。

 描かれるのは、在日朝鮮人の苦難の歴史。
 戦争で片腕を失い、四・三事件で故郷と親族を失って、韓国からは事実上“棄民”扱いされた韓国難民一家。
 彼らが更に息子を失い、住んでいた家ごとコミュニティをも失っていく物語は悲劇と言っていい内容だが、そんな中でも、「明日はきっとえぇ日になる」と笑顔を見せられるのが、韓国+大阪と言うバイタリティか……

 主要登場人物は全て韓国人設定で、演じる俳優も韓国人的演技を見せているが、とにかく、泣くにしても怒るにしても、感情を抑えない韓国流。まるで韓国映画を観ているようなもので、喧嘩となると引いてしまう程の迫力だ。
 短気で喧嘩っ早く、面白みのない男を大泉洋が演じるのもかなりのイメージチェンジだが、出色の存在感を見せていたのが次女役の井上真央。
 長女役の真木よう子がドスの利いた凄みを出せるのはよく判っているけれど、この映画の井上真央も負けず劣らず、ふてぶてしい態度で、低くドスの利いた声で啖呵を切り、すげぇ迫力だ。 
 尚、 「万引き家族」に対し、「在日家族の映画だ」とか「在日監督による反日プロバガンダ」と根も葉もない中傷を繰り返していた“日本人”だが、「在日家族」を描き、在日韓国人監督が撮影たこの映画については無視、と言うこれまた日本人らしい攻撃に出ているようだ。
 昨日の公開初日も、ブルク13で二番目の大きなスクリーンで、観客数人だったからなぁ……

6月15日

 ■「空飛ぶタイヤ」

 今日は、仕事の後で映画「空飛ぶタイヤ」。
 これは、M社によるタイヤ脱落事故など一連のリコール隠蔽事件を元にした池井戸潤の小説を映画化したもの。
 池井戸潤の小説は読み始めると止まらない面白さとテンポのよさがあるのだけど、この映画も実にテンポがいい。多くのエピソードに多くの登場人物、それに膨大な台詞と情報量を以て押し、これには原作小説同様、引き込まれた。
 事故の発生から、追い込まれる主人公、そして絶対絶命の状態からの大逆転は痛快だ。
 内容としては自動車会社の内幕を描くもので――何と言うか、身につまされる部分もあり、現実と違う所がどうにも気になったり――いやまぁ、かなりリアルには出来ているのだけど。
 これはよい映画だった。

 尚、映画中でホープ自動車トラック役を務めているのは日野プロフィア。
 さすがにM社が貸してくれる訳もないか……

 ちなみに、この物語のベースとなった事故を起こした運輸会社は、廃業に追い込まれたのだとか。
 また、被害者遺族が行った損害賠償請求訴訟にM社は退け、賠償金は払わなかったのだとか。
 本当に酷い事件で、池井戸潤が物語の中だけでもやり返したかった、と言うのが判るなぁ……

6月 8日

 ■「万引き家族」

 金曜は、仕事の後、川崎チネチッタで映画「万引き家族」。
 この映画は今年のカンヌ映画祭でパルムドール(最高賞)を取得した事が話題となった是枝裕和監督の最新作。
 カンヌのパルムドールと言えば、日本映画では21年ぶり(「うなぎ」以来)、アジア映画まで広げても今世紀初。今年は、「Me Too」運動で、女性監督が獲得するもの、と言う下馬評をひっくり返しての受賞は大きな話題となった。
 また、国内では、映画も観ず、内容も知らずに、
 「犯罪を賛美する映画だ、けしからん」
 また、日本の貧困を描く内容から、
 「国の恥」
 だとする著名人も多く、また、アベノミクスの成果を誇る安倍首相としても好ましくないようで黙殺した事が、フランスメディアに揶揄される事態にもなった。

 内容としては、年金不正受給事件を元とした物語で、身寄りのない高齢者宅に転がり込んで血縁がないながらも疑似家族となった一家の暮らしを描いている。
 一家の犯罪は万引きに留まらず、年金不正受給に、強請、死体遺棄、誘拐……更に家族の“父親”の治は、過去に殺人までしている、と言う犯罪のオンパレード。
 しかし、その何れも社会的弱者が底辺の暮らしの中で行った事であると共に、家庭内の暖かくほのぼのとした空気がそれを緩和する。
 映画の軸となるのは、両親から虐待されていた5歳の少女、樹里を一家の“父親”が救い出し、新しい家族になって行くエピソード。
 確かに、他家の子供を勝手に連れ帰ってしまうのは誘拐以外の何者でもないが……両親の暴力で体中傷だらけになり、食事も与えられずに雪の舞う寒空にベランダに放置されている少女を見れば、温もりと食事を与えたいと思うのは人情で、それだけを見れば治の行為を咎めるのは難しい。
 そして、治が作った疑似家族、それは映画コピーにあるように「犯罪が繋いだ絆」などではなく、治の優しさが作ったものだ、と言うのが判って来る。
 そうした得られた繋がりは、時に血縁を超えるのではないか?と言う是枝監督お馴染みのテーマが浮かび上がる展開は見事で、そして、そんな疑似家族には限界があると言うのを示すのもまた辛辣。
 最後には、両親の元に戻された樹里が再び虐待を受け、またしても玩具などと共にゴミのようにベランダに放り出されるのが描かれる。
 ラストシーン、そんな樹里がまた治が救い出しに来てくれないか、と外を見回すのには胸が痛くなる。
 (先日、同じ5歳の少女が虐待死したニュースが報じられただけに尚更だろう)

 この映画、そうして社会弱者と日本の貧困を描き、家族とは、と言う事を問いかけるテーマを持つ見応えのある映画。
 これは、今、観るべき1本となのだろうけど、世論としては、
 「犯罪を肯定するお涙頂戴ものなど観たくない」
 であり、カンヌで政権批判と言うした是枝監督には、
 「在日の作る反日映画など観ない」
 「売国野郎」
 と言う罵声が浴びせられているのが現状で、それがこの国の世論であり良識なのだろう。
 映画終盤、家族の取り調べを行う警察官が、正にこうした態度で家族を断罪していくのを観る時、是枝監督は、そこまで承知でこの映画を製作したように思う。

6月 3日

 ■日曜は……

 日曜は映画3本。

 その1本目は、
 「妻よ薔薇のように 家族はつらいよ 3」。
 これは、山田洋次監督による喜劇「家族はつらいよ」シリーズ第3弾。
 巨匠によるお馴染みの人情喜劇で、綺麗な日本語を使っているのには感心するが、若い世代は今時こんなしゃべり方をしないだろう……蒼井優より若い俳優が喋る台詞にあまりにもリアリティがないのが気になる。

 尚、映画内容的に高齢者が多く……おばさん方はTV観ているノリで映画上映中もお喋りが止まらない。
 まぁ、お笑いシーンではどっと受けたりするノリのよさもあって、これはこれで楽しい雰囲気ではあるのだけどね。

 2本目は、
 「ファントム・スレッド」。
 これは、名優、ダニエル・デイ・=ルイス主演の異色のラブストーリーで、これが彼の引退作となる、と言うことらしい。
 内容としては「女は怖い」と言う事に尽きるね、こりゃ……かつての「魔女」とは、こう言う事をする女の事だったんだろうなぁ・・・

 3本目は、
 「50回目のファーストキス」。
 これは、アメリカ映画「50回目のファースト・キス」をリメイクしたラブストーリー。
 主演は、山田孝之と長澤まさみ。
 まぁ、長澤まさみが出てなきゃ観に行かない種類の映画だが……これは予想外に楽しめた。
 勿論、長澤まさみは、いかにも彼女らしい、華美に飾らない、素朴な魅力を見せていてよかったのだけど、勿論、そこまでは予想の範囲内。
 オリジナルでは海洋生物学者だった設定を天文学者に変え、ロマンチックさを増した映像もよかったのだが、予想外だったのは、そのコメディ要素。
 佐藤二朗、ムロツヨシと言った役者を揃えただけではなく、主演のふたりまでもが隙あらばギャグを突っ込んで来ると言う……それも時にすべり気味のくだらないギャグの連打で、いくら「ラブコメ」と言っても、その“コメディ”ってのはこうしたもんじゃないだろう、と思って、エンドロールで監督を確認したら――福田雄一か、それじゃ仕方ない。納得。

6月 2日

 ■帰国後……

 アメリカ行ってた間、やはり気になるのは新作映画が観られないこと。
 早速、リカバリしないとな……

 と言う訳で、本日早速、
 「OVER DRIVE!」
 を観に行く事にしよう。

 ■「OVER DRIVE」

 これは、ラリー選手権に挑む兄弟の姿を描くドラマ。
 日本で、ラリーが人気のモータースポーツになり、公道SSを含むラリー選手権が開催されていたら……と言うifに基づくドラマ。
 実際のラリー競技の映像を多用、それを大スクリーンで観るだけでも迫力があるが、更に、VFXによる日本の公道でのラリー競技を描いている。
 その中でも首都高をSSにする、と言う映像はなかなかの迫力。正面に首都高の側壁が見えるドリフト走行のオンボードカメラ映像などのシーンには思わず鳥肌が立つ。
 物語は、ある事をきっかけに壊れた兄弟の絆を取り戻す、と言うのを軸にラリー選手権制覇と重ねて描くものなのだが……ドライバーである弟の「走る」理由が、思い人に振り向いて貰う為、と言う陳腐なドラマには失望した――ただ、「走る」事、「スピード」を求める事に、そんな理由など要らない・・・ただ、走りたいから走るんだ、と言う事を判っていない、と言うのにはがっかりだ。
 だが、最終戦でのクラッシュで水没したクルマを「すぐ直してやる」と言う兄、そして クラッシュで負傷しながらも「アニキがクルマ直したんなら、オレは走るんだよ」と言う弟の絆の復活には思わず涙が出た。
 (尚、水没車の復活についてはWRCで実例があるので不可能ではない)
 また、ここで兄弟の絆の再生を描くのであれば、最後、来シーズン、WRCに挑戦する弟が、兄貴をWRCにも連れていかないといけないだろう。
 まぁ、内容についてはあれこれ言いたい事もあるけれど、なかなか見応えのある映画でしたが、封切り日だと言うのに劇場はガラガラ――まぁ、今時、カーアクション映画などやってもやっぱ客は入らないだろうなぁ……

5月31日

 ■5月に観た映画

 5月に観た映画は……

 「映画 クレヨンしんちゃん 〜爆盛り!カンフーボーイズ 拉麺大乱」
 「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」
 「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」
 「ザ・スクエア 思いやりの聖域」
 「機動戦士ガンダム THE ORIGIN 誕生 赤い彗星」
 「ラプラスの魔女」
 「ホース・ソルジャー」
 「孤狼の血」
 「サバービコン 仮面を被った街」
 「フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法」
 「ミッドナイト・サン 〜タイヨウのうた」
 「モリーズ・ゲーム」
 「ランペイジ 巨獣大乱闘」
 「私はあなたのニグロではない」
 「蚤とり侍」
 「GODZILLA 決戦機動増殖都市」
 「ゲティ家の身代金」
 「友罪」
 「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第五章「煉獄篇」」
 「犬ヶ島」
 「恋は雨上がりのように」

 ……21本か。

5月29日〜6月2日

 ■アメリカ出張

 5月29日〜6月2日にかけて、アメリカ出張。
 今回、訪れたのはテキサス州サンアントニオ。
 観光名所になっているのは、あのアラモ砦だ、と言うので仕事の後で見に行った。 
 やはり、アメリカと言えばステーキである。

5月13日

 ■週末の映画

 週末、
 「孤狼の血」
 「サバービコン」
 「フロリダ・プロジェクト」
 の映画3本。

 「孤狼の血」は、ムービルで観たのだけど、さすがに東映ヤクザ映画、観に来るのは年配の人ばかり。
 しかし、「孤狼の血」が読めず……チケット売り場の受付嬢がチラシを用意して
 「これですか?」
 と確認をとっていたのが情けない……ここは年配の貫禄見せてこのくらいの漢字は読もうよ。

 肝心の映画内容の方は、この原作を女性が書いているとはねぇ……男臭い、義理と人情、そして面子と、何より大事な「男の生き様」の物語。
 「仁義なき戦い」以降、男どもがブルって手を出せなかった近代ヤクザの物語を
、警察を絡め、ヤクザとカタギと警察の三つ巴の争いとして見事に成立させた、その手腕、その度胸には感心するばかり……ほんと、世の男は何をしとるんじゃ。
 暴力シーンは過激だし、流血に死体損壊から逃げ出さない描写も腰が据わっている。
 それでいて、不器用な男の生き様で胸を熱くさせるのだから……
 ラストシーン、先輩刑事の遺品の“狼の紋章”が刻まれたライターを手にした若い刑事が、女に、
 「あんた、タバコなんて吸うのん?」
 「おう、吸うとったわ」
 と応えて火を点ける、これが痺れるくらいカッコいい。
 こりゃ、ほんと男の映画だねぇ。

 「サバービコン」は、悪くはなかったけど、一本調子でヒネリも利いておらずで、コーエン兄弟脚本にしちゃちょっと出来が悪いのではないか?

 「フロリダ・プロジェクト」は子役の達者な演技に舌を巻く。
 6歳の女の子に、あれが演技で出来るものなのか……?

5月 6日

 ■日曜の映画

 今日も映画2本。

 1本目、「機動戦士ガンダム ORIGIN 誕生 赤い彗星」。
 これは、安彦良和による同名コミックのアニメ化全6話の完結編。
 今回のエピソードはルウム会戦の後半戦、それから南極条約締結に至る駆け引き、となりる。最後は、エンドロールの後、V作戦始動が描かれ、これで「ガンダム」が始まる、となって終わり、と。
 CGの多用によってリアルに、重厚さを増したメカアクション、そして、安彦全面作画によるキャラクターの微妙な演技、と見応えのあるのは相変わらずだが、今回、前半は戦闘シーンの連続。しかも前線に立つのがドズルなので、もうやかましいったらありゃしない。
 それにしても、これを見せられると、この作画クオリティで「ガンダム」劇場版三部作を絵だけでいいから差し替えたリメイク版を製作してくれないものだろうか、と切に願いたくなる。

 2本目は「ラプラスの魔女」。
 これは東野圭吾の同名小説を、「ヤッターマン」以来のタッグとなる三池崇史監督・櫻井翔主演で映画化したもの。
 温泉地の屋外で硫化水素吸引による2件の不審死が連続して発生。警察から調査を依頼された地球化学の専門家である大学教授・青江は事件現場を念入りに検証し、自然科学的見地から事件性を否定するが……
 「ラプラスの悪魔」とは、「ある瞬間における全ての物質の力学的状態と力を知る事が出来、そのデータを解析出来る知性が存在すれば、この知性にとっては、これから先の将来において不確実なことは何もなくなる」と言うラプラスの主張に基づく概念だが……この物語の中で、その“ラプラスの悪魔”の描写がどうにも……まぁ、これは原作も同じなので映画の責任ではないが、「全ての物質の力学的状態と力」をどうやって計測しているのかも判らない、そんな「決定論」に必須の条件を確認することなく、それを信じてしまう人物が大学教授と言う設定はどうしたものか、と。
 しかも、この主人公となる大学教授・青江は物語の傍観者でしかなく、謎解きもしなければ、狂言回し役ですらなく(それならば事件を追う刑事を狂言回しにした方が……)、一体何の為の主人公なんだか。(ある意味斬新ではあるが)
 謎解きのミステリーの面白さはなく、サスペンスも盛り上がらず、アクションは見せ場なし。SFの面白さもなければ、三池監督ならではのケレン味もなく、中心人物が映画人である、と言う設定も活かさないでは、一体、何のための映画化やら、
 この条件では、櫻井翔、もしくは広瀬すずを観賞する以上のものではないような……

5月 5日

 ■土曜の映画

 今日は、映画2本。

 1本目は、「アイ,トーニャ」。
 これは、’94年に起きたナンシー・ケリガン殴打事件で注目されたフィギュアスケーター、トーニャ・ハーディングの人生を関係者へのインタビューを元にフェイクドキュメンタリー風に仕上げた映画だ。
 トーニャを演じるのはマーゴット・ロビー。
 本人にも会って、話をした(トーニャ本人も映画企画にノリノリで、スケーティングのコーチをしよう、と言う勢いだったそう)彼女の役作りは見事なもの。
 実際にスケートも行い、少なくないシーンを実際に滑っているとか。勿論、スピンやジャンプはスタントダブルを使っているが、ただ、肝心のトリプルアクセルは未だに跳んだ女性が世界で数人しかいない難技で、これはCGでの再現となった、とのこと。
 トーニャは、’91年の全米選手権でアメリカ人女性として初めてトリプルアクセルを成功させ初優勝、2度のオリンピック出場を果たした輝かしい経歴を持つのだけど、その裏側にあるのは、鬼母によるDVと、ダメ人間な夫、ジェフによるDVと言う――その挙げ句にライバルであったナンシーを殴打して選手権出場を妨害したとしてスケート界を永久追放されるのだが……この殴打事件の背景が何ともおバカで笑ってしまう。
 映画は、引きこもりニートのショーンが黒幕となり、ナンシー殴打事件を仕組んだ、とする描写ですが、これはちょっとトーニャに都合よく描いている感があるかな、と。
 実際、ショーンは「対テロ作戦の専門家」を自称、トーニャのボディガードだと主張しているのだけど、高校から不登校の引きこもりがそんな仕事をしている訳もなく、幼なじみジェフは勿論、事情を知っている筈なのにそんな与太話を信じてしまっている辺りに頭の弱さがあるのが見え見え。
 こんな“おバカ大作戦”に全米が振り回された、と言うのは信じ難く、正に事実は小説より奇なり、と言う事か……
 映画のテーマは、「狂気が才能を開花させ、バカが才能を潰した」と言う所だろうが、何れにせよ、これは力作だと思う。

 2本目は「ザ・スクエア」。
 これは、「フレンチアルプスで起きたこと」のリューベン・オストルンド監督の新作で、カンヌではパルムドールを獲った話題作。
 スウェーデン王立現代美術館のキュレーター、クリスティアンが発表した展示作品「ザ・スクエア」。それを含む特別展の宣伝ツイートの炎上と、クリスティアンの私的トラブル、その何れも泥沼化して行く様を描いていく、辛辣なコメディ。
 まぁ、双方共クリスティアンの自業自得的なものですし、舞台も現代美術世界と言う馴染のないものなので一般性に欠け、どうにも感情移入しづらいのが難点。
 確かに、思わぬ事態に巻き込まれた時の人間の愚かしさを描くのは、「フレンチアルプスで起きたこと」にも通じるもので、この監督の持ち味なのだろう。小ネタもあちこちに散りばめられていて退屈はしないし、知的でシニカルなブラックコメディ、と言う内容がカンヌではウケたように思うけど、これは日本では受入れられない種類の映画かも知れないなぁ、と。

 尚、この映画、レイティングは「G」なのだけど、露骨なセックスシーンあり。
 カンヌでパルムドールを獲った、現代美術を描いた映画、と言う事で中学生くらいの娘さんを連れた親子連れが観ていたけれど、これはお父さん、困ったのではないかなぁ……

5月 4日

 ■5月連休

 連休も残すところあと3日だが、今年の5月連休は何もやってない……まぁ、具合悪いので仕方ないのだけど、それでも咳は止まり、熱も下がった。
 そこで、今日は叔母の見舞いに行った。

 午後、帰宅してから、ちょいとCBRを引っ張り出して、LEDヘッドランプの換装が出来るかどうかを確認するが、やはり、ちょっと難しいかな?
 今日のところはカウルを磨いて復元してお終い。

 夕方、妹が夕食を作りに来る。
 妹の作る食事も久しぶりだが、相変わらず味が薄い。これはいくら言っても直らないので、諦めて先日はカレー、今日は麻婆豆腐――妹は塩味は薄味だが辛いのは平気なので、辛い味付けなら合格点になる、まぁ、生活の知恵の部類だな。
 明日の夕食は生姜焼きをオーダーした。(これなら焼き肉のタレをかけて食えばよい)
  
 さて、明日からの土日には映画を観に行きたいな、っと。

4月30日

 ■5月連休

 5月連休だが……連休前の木曜日から咳き込むようになり、連休初日、病院に行って診察して貰い、薬を処方して貰って静養。

 叔母の見舞いにも行きたい処だが、さすがにごほごほ咳き込んでる状態じゃマズかろう、と言うことでまずは風邪を治すのが優先。
 それで、3日寝込んでいるのだが・・・咳は収まったが、熱はまだ下がらない……参ったなぁ。

 ■4月に観た映画

 4月に観た映画は……

 「5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生」
 「ペンダコン・ペイパーズ/最高機密文書」
 「ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男」
 「クソ野郎と美しき世界」
 「ラブレス」
 「ミスミソウ」
 「ダンガル 〜きっと、つよくなる」
 「ワンダーストラック」
 「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル」
 「娼年」
 「パシフィック・リム:アップライジング」
 「女は二度決断する」
 「名探偵コナン ゼロの執行人」
 「いぬやしき」
 「タクシー運転手 〜約束は海を越えて」
 「レディ・プレイヤー1」
 「リズと青い鳥」
 「アンロック/陰謀のコード」

 ……18本か。
 連休に入って寝込まなければ20本は行った感じだけど、まぁ、例年4月は本数落ち込むからなぁ。こんなものかな。

4月21日

 ■土曜日は……

 今日は、午前中にかかりつけのクリニックに行き、その後で水槽の水替え。
 午後は、近所のホームセンターまで買い物に行く。 
 そこで、フロリダハマー(北米産のザリガニ)の小さい個体を見つけ、買ってしまった。
 まだ、生まれて間もない2cmにもならない稚エビなのでちょっと不安だが……

 その後、先日、友人から譲り受けたLEDヘッドランプをバイクにつけてみよう、と。
 そこで、3種類譲って貰ったうちの最も簡単なものを取り付けてみるが……試行錯誤の結果、そのうちひとつをギリギリ取り付けられた。
  点灯も問題なし。ただ、ウィンカー作動時にランプが明るくなったり暗くなったりするのがちょっと気になるな……

4月15日

 ■週末は……

 叔母が入院している事もあり、この週末は自宅であれこれ。

 ■ホムペ

 このサイトだけど、この1ヶ月のアクセス数はこれまでに最低なくらい落ち込んでる……まぁ、今や個人での情報発信はブログやSNS、ホムペなど「情報の墓場」と言われて久しいが、それにしても放置してたら誰も来ないわな。
 とりあえず、今日はこれから久々の更新にかかろう……

4月13日

 ■リカバリー

 今日は午前半休取って、免許証の再交付と銀行キャッシュカードの再発行手続きに行く。
 午後の仕事の後で、新しく財布も買って、これで漸くリカバリ、だ。
 やれやれ。

 ■「パシフィック・リム アップライジング」

 夜はブルク13で「パシフィック・リム アップライジング」。
 今度の映画、まるで日本のロボットアニメを実写化したような、燃える「パシフィック・リム」からすると、ちょっと雰囲気が変わったなぁ、と。
 アクションがより明快に、判り易いものとなった反面、追い詰められた悲壮感が薄れ、ハリウッド風アクション映画の印象が強まったのは意見が割れるかな、と。
 また、今度の監督、登場人物への愛が足りないと思う。

4月12日

 ■4月の映画

 4月、これからの映画だけど、水曜に、
 「娼年」
 を観てしまったので、現在公開中で要チェックの映画なし。明日、金曜に
 「パシフィック・リム アップライジング」
 を観てしまったら、週末の映画鑑賞予定はなし。 
 他の週末公開作品も、火曜に、
 「女は二度決断する」
 水曜に、
 「名探偵コナン」
 と、これしかない。

 来週金曜、20日からは、
 「レディ・プレイヤー1」
 「いぬやしき」
 「アンロック」
 「リスと青い鳥」
 「タクシー運転手」
 と、観たい映画が並ぶけど……ただ、翌週が、
 「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」
 だけで、そのままGW突入では――GW中、観る映画がないではないか!

4月11日

 ■「娼年」

 今日は「娼年」を観賞。 

 これは、石田衣良の小説を「愛の渦」の三浦大輔が映画化したもので、映画化に先立ち松坂桃李で舞台劇にもなっている。
 (松坂桃李が「壊れそうになるくらい腰を使った」ってヤツ)
 映画は同じく松坂桃李主演、最初っから最後までヤリまくりだ。
 (リハでは1日7〜8回、5日間ヤってたそうで、これまた腰がイきそうだ)

 確かに松坂桃李、これは大熱演。
 特に射精した後の尻の痙攣、あれを演技でやっているとしたら、大したもの。正に迫真の演技。

 この映画、まぁ、ほんとヤりまくる場面ばかりで、冒頭の2カラミはちょっと退屈だったが……まぁ、これは桃李くんの「つまらないセックス」を見せる、と言う狙いで敢てしている、と納得した。
 その後は、それなりに盛り上げるが……それにしてもセックスシーンのウェイトが過剰。舞台劇のようなライブ感もない映画では、やはりドラマをもっと見せて欲しかったな、と思ってしまった。

 あと、ちょっと女優に力がない、かなぁ。
 舞台版は高岡早紀に佐津川愛美が出演していた訳で、映画版も元宝塚の真飛聖に元AKB研究生の富手麻妙(「アンチポルノ」の主演女優)だけどちょっと存在感が……あとは見知った顔は桜井ユキくらいで、ちょっと物足りない。
 (あ、ただ、”2人目”の大谷麻衣は映画初出演のようだけど、すごくよかった)
 確かに「脱げる」と言う事で安易にAV女優の起用に走らなかった姿勢は認めるとしても、映画ならではの華やかさが欲しかった所。
 真飛聖の役を真矢ミキが演じる、とかしてよかったんじゃないかなぁ……やはり、日本だと映画で「脱げる」女優が少ないなぁ。

4月10日

 ■本日……

 ……帰宅すると家の様子が変。
 聞くと、同居している叔母が脳梗塞で倒れて入院、と言う。

4月 9日

 ■「ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル」

 今日は「ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル」をガラガラのブルク13で鑑賞。

 この映画、予告編から中身カラッポの視覚効果だけの映画か、と思っていたんだけど……これが意外にも真っ当な青春映画。
 アメフト部とイケてるモテ女子と言うスクールカースト上位者と、ゲームオタクと意識高い系女子、と言うスクールカースト下位、そんな4人が力を合わせる中で友情が生まれる、と言うのもいいし、ゲーム世界ではオタク少年が体力自慢のタフガイになり、体育会系が学者となって、お互いにないものの力を知ることになる展開もまた上手くできてる。
 キャストもなかなかで、ドゥエイン・ジョンソンのオタクトークにビビリ演技も見物だけど、圧巻は、ジャック・ブラック。中身イケてる女子高生、外観中年オヤジと言う役柄を巧みに演じ、セクシー演技をすれば、ヒゲメガネのジャック・ブラックが可愛く、セクシーに見えるのだから凄い……ジャック・ブラック、演技上手すぎだろう。
 自分がかわいいセルフィー女子の本気の恋とその結末には思わず涙を誘われたりで、いやいや、これはなかなか。世界中で大ヒットしていると言うのにも頷ける面白さだ。
 これは予想外に楽しめた。

 「マジ!?ジュマンジ!」と、女子高生の間での流行語「マジまんじ」にひっかけた若者にコビ売る宣伝政策をとっているけれど、これは普通に面白いと思うがなぁ……

4月 8日

 ■日曜は……

 天気はいいのだけど、免許証もないのでクルマにもバイクにも乗れない、仕方ないので映画を観に行く。

 1本目は「ダンガル きっと、つよくなる」。
 これは、2016年にインドの歴代興行成績を塗り替えた大ヒット映画(ただし、その後、「バーフバリ」に抜かれた)で、海外でも人気となったスポ根映画。
 一言で言ってしまえば、インドにもアニマル浜口のようなお父さんがいて、娘を女子レスリング選手にしました……と言う映画なのだけど、これが燃える。
 内容は新鮮でなく、展開も読めるのだけど、それでも音楽ガンガン鳴らしてお祭りの如く盛り上げ、強引にでも気分をアゲてしまうと言う力技は、さすがインド映画だ。
 (ただし、インド映画ならではのダンスシーンはなく、上映時間も比較的短い)
 前半はコメディタッチ、それがシリアスさを増して、クライマックスでは泣かせる辺りも上手く、なるほど、これはヒットする訳だ。

 ちなみに、これは実話。
 なので、残念な事に「世界選手権でインド国旗を背負って金メダルを獲る」と言うお父さんの夢は適えられていない。
 何故か、と言うと、娘のギータは55kg級。デビューが2008年、と言う事は、その階級には”霊長類最強”と謳われる正真正銘の怪物、吉田沙保里がいるからだ。
 吉田沙保里の全盛期と重なっちゃ残念ながら世界選手権でもオリンピックでも金メダルには届かない。
 (映画試写会に呼ばれた吉田沙保里には「(ギータは)やりやすい相手だった」と一蹴されてる)
 なので、映画クライマックスは、英連邦選手権であるコモンウェルズゲーム。
 これを「世界大会」として映画を盛り上げてはいたが……なるほどねぇ。

 もう1本は、「ワンダーストラック」。
 これは、「キャロル」のトッド・ヘインズ監督の新作で、ニューヨーク自然史博物館(あ、「ナイト・ミュージアム」だ)が繋ぐ、聴覚障害の少年と少女を繋ぐ不思議な縁の話。
 2人が引き寄せられるように博物館を訪れるのだけど、同じ場所を訪れているのに、2人の間には50年の歳月が――誰だ、「君の名は。」に対し「こんな複雑な構成の話、アメリカでウケる訳がない」とか言ってたのは?――この2つの異なる時間の物語をどうまとめるのか……と思っていたのだけど、終盤の風呂敷の畳み方がちょっと雑な感じで、ちょっと物足りない印象だった。

4月 4日

 ■財布紛失・その後

 昨日の会社の帰りに財布を紛失。
 会社の前のスーパーで買い物をしたから、そこまでは財布はあった、でも、クルマの中にも家にもない、と言う事は、スーパーから駐車場までの間で落としたっぽい。

 とりあえず、その日のうちに警察に届け出を出し、今朝から先ほどまで思い当たる所を探し、どうにもならないので、本日夜、クレジットカードを全部止めた。
 あとは、警察の方で拾得物として出て来るかどうか……まぁ、カードの使用履歴には不正利用されたと思しき形跡はなく、とりあえず悪用はされていない……と言う事は盗難されたのではなく、ただ、なくしただけ、か?
 (警察の手続きに時間がかかってるだけ、と言うのもありそうだ)

 あとは、免許証の再発行、銀行キャッシュカードの再発行だが……これは少し待とう。
 保険証も再発行には警察の紛失証明が要る。ちょっと待ちだな。
 SUICAは新しく買う、これは不便だから週末にでも買おう。
 病院の診察券は再発行、各種ポイントカードも再発行か……面倒だなぁ、これもちょっと保留にしとこう。
 やれやれ……

4月 3日

 ■財布紛失

 ……せっかく早く仕事を終えて帰って来た、と思ったら財布がない。
 どうしよう??

4月 1日

 ■日曜は……

 今日はクルマで首都高へ。
 いつもの芝浦PAには今日は4台が集まった。
 午後は、横浜・大岡川の桜祭りへ。
 露店も出ていて、大変な賑わいだった。

 ■エイプリルフール

 私は今日、嘘をつきませんでした。

3月31日

 ■3月に観た映画

 3月に観た映画は……

 「ナチュラルウーマン」
 「15時17分、パリ行き」
 「シェイプ・オブ・ウォーター」
 「幸せの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス」
 「ブラックパンサー」
 「文豪ストレイドックス DEAD APPLE」
 「ダウンサイズ」
 「去年の冬、きみと別れ」
 「坂道のアポロン」
 「ジュピターズ・ムーン」
 「ちはやふる 結び」
 「リメンバー・ミー」
 「ボス・ベイビー」
 「素敵なダイナマイトスキャンダル」
 「トゥームレイダー ファースト・ミッション」
 「レッド・スパロー」
 「トレイン・ミッション」
 「ヴァレリアン 千の惑星の救世主」

 ……18本か。
 やはり、昨年と比べ、着実に本数減少中である。

 ■今宵はブルームーン

 撮ったどー。 

3月25日

 ■東京モーターサイクルショー

 今日は、毎年恒例の春のイベント「東京モーターショー」に友人らと行く事に。

 いつものように昼前に新橋駅前に集まり、昼飯を駅前で食べてから会場入りしたのだけど、今年はこれまで経験した事がないような混雑ぶりで……日曜に行ったせいなのか、オートバイが広く受入れられる趣味になって多くの人が来るようになったのか、果たしてどちらだったか……? 

 まぁ、それでも終了ギリギリまで粘って、今年もたっぷり楽しんだ。

 ■ショーの後は……

 今年は、ショーの後、千鳥ヶ淵の夜桜見物。
 桜は見事だったけど、人混みもスゴかったなぁ。
 桜を見た後、そのまま市ヶ谷まで歩いて、「市ヶ谷牛楽」で焼き肉。
 食べ放題だったせいもあり、苦しくなるほど食った。

3月18日

 ■体調不良

 暫く日記も書いていなかったのだけど……実は先週から風邪で体調不良が続いている。
 先週、土日大人しくしていてよくなったか、と思っていたら週明けにぶり返し、月曜の無理が祟って火曜には血痰吐く始末。
 それでもあれこれ立て込んでいて休めずで……まぁ、それでもなんとか乗り切って、昨日の土曜に漸く病院へ。
 まぁ、既に大分よくはなっていたけど、念のために検査して、今週土日も静養。
 明日、会社午前半休にして検査結果を聞きに行こう……まぁ、身体は随分と楽になったし、もう大丈夫とは思うんだけど。

3月 4日

 ■日曜は……

 今日は、久々に首都高・芝浦へ。
 いつもの場所で、いつものみんなと顔を合わせるのも久しぶり。 
 昼過ぎに帰宅、昼食は近所の中華料理屋に行く。

 海鮮五目ソバ+半炒飯、デザートまでついて¥750……安くて美味い、でも客が誰も入っていない、と言うのはお気の毒。

 その後、ブルク13に映画「ブラック・パンサー」を観に行こう、ともう1台のバイク、CBのキーを探すが出て来ない。
 行きがけに必要なものが出て来ない、と言うのは縁起が悪い(ヒデヨシもそれで死んだしね)……時間もないので、とりあえずはスペアキー持って出発。
 が、なんとブルク13の駐輪場、「満車」とゲート封鎖されて入れない。
 (こんなのは初めて)
 結構焦るが、ぎりぎりの所で1台出て来て滑り込み、何とかセーフ――とはいえ、飲み物を買って、席についたら「3Dメガネをかけてください」と言うギリギリのタイミングだったが。
 全米で記録的大ヒット、と言う「ブラック・パンサー」だが……この映画、出演は黒人ばっかり、しかも、アフリカの黒人が密かに超文明を築いていた、と言う内容で……これはアメリカでも黒人だけにウケたんでははいかなぁ?

 映画見終わって、帰宅途中、エプソンのパルセンスがない事に気づく。
 あれ?と思ってあちこち探すも何処にもなく……そうか、映画観てる最中、何か落としたと思ったのはアレだったか。
 ブルク13に電話すると、どうやらそれっぽいのが届けられている、と言う事で一安心はしたけれど、既に夜だし引き取りに行く気になれず、今度映画を観に行く時に取りに行こう、と……

 今日は、午後になってあれこればたばた、何だがツイてない。
 先週は会社バッチをなくすし、最近、なくしものばかりだな……こうして何だかツイてない時は気をつけないと。

3月 3日

 ■「CP+」

 今日は、パシフィコ横浜で開催されている写真とカメラの展示会、「CP+」に行って来た。 
 今回は、東京オリンピックを意識してか、会場でこのようなスポーツデモンストレーションを行い、それを実際にカメラで撮影してみる、と言う展示が行われているのが目立った。

【過去の日記】

1月) (2月

2017年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2016年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2015年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2014年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2013年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2012年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2011年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2010年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2009年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2008年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2007年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2006年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2005年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2004年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2003年の日記

4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

更新日記


戻る