気まぐれ日記


 気まぐれなので、(きっと)毎日は書きません……


2018年の日記

8月11日

 ■夏休み第1目

 夏休み初日。今日は1日、家でのんびり、のつもり。
 ……とは言え、CBRのヘッドランプのLED化など、あれこれ作業。 

8月 6日

 ■久々の休暇

 今日は、休暇を取ってかかりつけのクリニックで検診。
 前回の検査で、胃にポリープが見つかっているので、今回はその経過観察に加え、悪質腫瘍でないか組織を採取して調べるそうだ。
 胃カメラの際は麻酔をかけるのだけど、今回は注射直後に意識をなくし、検査中の苦痛も記憶もなし……でも、自力で待合室まで戻った、と言うんだよなぁ……クスリってコワい。
 あと、今回のナース、麻酔の他、採血でも失敗し、結果、両腕注射針の跡だらけ……ジャンキーみたいで体裁悪いな、もう。

 検査の後、新宿へ。
 組織採取した、と言うことは胃の中に傷がある訳で、刺激が強いもの、脂っこいものは控えて、と言うことだったので、今日の昼は「広州市場」の雲呑。
 中国風雲呑で、大きめのレンゲで雲呑を掬い、醤油やタレなので好みに味付けして食べる……ほぼ、皮が薄い水餃子だな。
 これはミニ雲呑とミニ煮豚丼のセットだが……丼は確かにミニサイズだが、雲呑の方はあまりミニに見えない。尋ねてみると、
 「普通は雲呑10個、ミニは7個ネ」
 とのこと。それで普通の雲呑単品の+50円だから、確かにお得だな。

 ■今日の映画

 今日は、テアトル新宿で「詩季織々」。
 これは、「君の名は。」など新海誠作品で知られるコミックス・ウェーブ・フィルムが贈る中国の三都市を舞台にしたオムニバス。
 この映画、「秒速5センチメートル」を観て以来、新海誠に憧れ続けていたHaolinersを率いるリ・ハオリン監督が、念願かなってコミックス・ウェーブ・フィルムとジョイントして製作した作品。
 アニメーションとしては、「君の名は。」と同様、“実写よりも美しい”風景描写に、日本の劇場版アニメならではの丁寧な作画、それが、中国を舞台としたアニメと言う事に違和感を感じたりもしたが……新海アニメが、日本の風景の美しさを再確認させたように、これは中国の観客に同様の想いを抱かせるものになっているように思った。
 また、中国の暮らしの基である「衣食住行」の考えに基づき、3つの作品が、それぞれ「食」・「衣」・「住」になっている辺りも中国らしさ、だろうか。
 3つの作品のうち、竹内良貴が監督を務めた「小さなファッションショー」だけがちょっと異色で、これは東京を舞台にしても成立しそう。
 残り2作は、急速な経済発展と引き替えに失われつつあるかつての中国への郷愁を感じさせるもので、これには現代中国人の抱える想いを見せられたような感じだ。
 また、リ・ハオリン監督による「上海恋」は、正に中国版「秒速5センチメートル」で、新海誠の影響力を強く感じさせるものだった。

 そして、本日2本目は「ミッションインポッシブル:フォールアウト」。
 これは、トム・クルーズ主演のスパイアクションシリーズ第6弾で、この映画、そんな難解な物語ではないのだが、どうにも話がギクシャクしていて判り辛い……どうやら、プロデューサーも務めているトム・クルーズ自身が、危険なアクションシーンを自分でやりたがり、そんなアクションシーンを繋げていった結果、こうなってしまったのだとか……
 実際、パリのグラン・パレでのパーティーに潜入するにしても、普通にクルマで行けばよく、わざわざ高高度降下する必要はない。(でも、これ、トム・クルーズが気に入ったらしく100回くらい飛び降りているらしい……)
 そんな不必要なアクションを盛り込み、しかも、脚本自体、クランクインした後で撮影状況によってどんどん変わっていく有様で、俳優自身、自分が悪役なのかそうでないのかが判っていなかった、と言うのだから、こりゃ難解、と言うか辻褄が合ってないのも当然か……
 ただ、まるで往年の香港映画のような、物語は二の次、見せ場との連続で見せる内容は、面白いは面白く、それこそ大衆娯楽映画に求められていることだ、と自らも楽しみながら映画を作っているトム・クルーズには参った、と言う他はない。 

8月 5日

 ■日曜は……

 昨日、修理&点検に出していたクルマを引き取り、今日は、様子を見る為に久々に首都高へ。
 
 最初は調子よかったのだが、芝浦PAで休憩後、エンジンをかけると、チェックエンジンランプ(排気温度警告灯)が点滅……またか。
 とりあえず、走行に支障はなさそう、と走り出すものの、その後も点滅は止まらず……大黒パーキングにクルマを止め、故障コードを確認。
 その後、 チェックエンジンランプは消えたけど……そろそろ年貢の納め時か。
 

 大黒パーキングで昼食後、首都高を横浜西口で降り、マツダの三ツ沢店へ。
 でもって、ロードスターの見積もりを貰う。
 Sスペシャルに工場装着OPのセーフティーパッケージとISSをつけ、ナビやETCを選び、諸費用込、340万円也……まぁ、こんなもんかな。
 もっとも、340万円の買い物ともなれば、はいそうですか、と金は出せない。
 今日は、とりあえず見積もりと、オプションカタログを貰って帰ることにした。 
 ちなみに、下取り車は?と聞かれたけど、
 「28年オチ、走行29万kmのクルマは下取れないでしょ?」
 で終了。
 「ウチもNAのお客さんはいるけど、ウチのクルマじゃここまでは走れないですね」
 と言われる始末……まぁ、そうだよな。
 帰宅後、これも処分予定のタルタルーガを引っ張り出す。
 (この後、久々に乗ってみた……やはり、乗車感覚が独特で面白い)
 それにしても、物置の奥からこれを引っ張り出し、乗れるようにセットアップして、また折り畳んでクルマに積むだけで汗びっしょり。
 いやぁ、暑さが堪えるねぇ。


 そんな訳で、この土日、久々に映画を観ず終い。

8月 3日

 ■金曜は……

 今日は会社の納涼祭。
 今年もまたかぶりつきで花火を堪能。

 納涼祭の後、ブルク13で映画「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE」を観る。 

7月31日

 ■7月に観た映画

 7月に観た映画は……

 「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」
 「パンク侍、斬られて候」
 「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」
 「セラヴィ!」
 「君が君で君だ」
 「菊とギロチン」
 「スウィンダラーズ」
 「告白小説、その結末」
 「グッバイ・ゴダール!」
 「ジュラシック・ワールド/炎の王国」
 「カメラを止めるな!」
 「フェリーニに恋して」
 「大和(カリフォルニア)」
 「BLEACH」
 「未来のミライ」
 「私の人生なのに」
 「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」
 「ウインド・リバー」
 「マイナス21℃」
 「クレイジー・フォー・マウンテン」
 「ヒトラーを欺いた黄色い星」

 ……21本か。
 夏休み興業に入っているのにこの本数とは結構観たな……ただ、その分、8月は減りそうだなぁ。(夏休み映画はもう観てしまったので)

7月29日

 ■日曜の映画

 日曜日は、新宿武蔵野館で2本。

 1本目は、「クレイジー・フォー・マウンテン」。
 これは、世界の名峰に挑む登山家やアスリートたちを追ったドキュメンタリー。
 荘厳なオーケストラ演奏をバックに、エベレストやモンブラン、デナリなど世界屈指の難関峰に挑む登山家や、ロープを付けずに垂直の岩壁を登頂するクライマー、テーブルマウンテンの間にワイヤーを張って綱渡りをする姿など、息を呑む、と言うか身が竦むような映像が続く。
 この映画、予告編映像はいささかミスリードをさせるもので、山を舞台にしたエクストリームスポーツの映画か、と思うとそんな描写は一部でしかなく、母なる地球が数億年もの歳月を費やし創り上げてきた岩と氷からなる造形である山と、それに向き合う人々の姿を描くもの。
 古来、尊厳たる山は神々の居場所であり、同時に悪魔の居場所。高山で空気が薄くなり、力を奪われて行くのは古の人々には悪魔の技としか思えなかったのだろう。また、悪魔が山羊の顔を持つ、と言う事にあらためて納得してしまったり……
 また、高所恐怖症の人には見ていられないようなシーンの連続で、高いところが平気な自分でも、ぞくっとするようなシーンが幾度もあった。

 2本目は、「ヒトラーを欺いた黄色い星」。
 第二次世界大戦下のベルリンで、ナチスの迫害を逃れて戦後まで生き抜いたユダヤ人4人の実話を、本人たちへのインタビューや記録映像を交えて映画化したもの。
 1943年、ナチスはベルリンからユダヤ人が一掃されたと発表したが、その時点でベルリン市内には7000人のユダヤ人が潜伏。そのうち、1500人が終戦まで生き延びている。 
 潜伏ユダヤ人の存在は「アンネの日記」のアンネ・フランクがよく知られているけれど、子供だった彼女はただ身を潜めていればよかったが、大人はそうは行かない。
 身分を偽り、協力者の元を転々とし、そして、どのように食い扶持を確保していたのか――ある者は書類偽造で稼ぎ(その稼ぎでヨットを購入して船遊びを楽しんでいた!)、反抗組織として活動し、何とドイツ軍将校の家で家政婦として働いてさえいた――そんな、歴史の彼方に埋もれて行こうとしていたエピソードを、掘り起こし、世界に知らしめ、後生に伝えて行こうとするのは重要な事だと思う。
 それにしても、第二次大戦中のドイツを描く映画に、一々「ヒトラー」の名前を出すのはそろそろ止めにした方がいいのではないか、と……

7月28日

 ■週末の映画

 この週末……拡大公開系でめぼしい映画なし。「コード・ブルー」の1本きりだものな……こうなると、今週は単館公開系の小品を追いかけるしかない。
 そうなると都内に出ないとならない訳で、結局、昨日の金曜は映画を観に行こうにも行けず、家に直行。
 今日は、台風が来る中、まずは有楽町へ……

 そして、本日の1本目「ウインド・リバー」を観る。
 これは、「ボーダーライン」脚本のテイラー・シェリダン初監督作品。
 出演は、ジェレミー・レナーにエリザベス・オルセンと言う、「アベンジャーズ」出演俳優コンビ。

 これは、テイラー・シェリダン監督が先住民居留地の差別的な状況を告発する目的で製作したもの。
 何しろ、このウインド・リバー居留地は鹿児島県程の面積で、警官が6人しかいない有様。しかも、その地元警察には、居留地内での捜査は認められていない。居留地は連邦直轄となっているので州政府は関与出来ず、連邦警察であるFBIに出動して貰わないとならず、しかも、FBIは連邦法により殺人など第一級犯罪にしか関われず、レイプなどは対象外。
 その為、先住民女性に対する性犯罪やそれに関連する行方不明などは捜査の対象にさえならず、全米の平均の数倍で発生……と言うよりも捜査対象にならないので統計すら取られていない、と言う状況なのだとか。
 そんな、目に余る地域、と言うよりも、人種格差を訴える目的で作られたこの物語――ある意味、こうした予備知識なしでは日本人には理解しがたいものなのかも知れない。
 ただ、そんな土地故、未だに全員が武装し、公権力に頼る前に実力で何とかしよう、と言う……殆ど西部劇の世界になっているのは、ある意味で見物。これもまたアメリカの現実なのだ、と言う点で、映画の中の光景以上に薄ら寒い思いをさせられる映画だった。

 今日の昼食はタイメシ。

 久々のガパオは美味しかったけど、トムヤンスープがちょっと辛かった。 
 そして、2本目は、これまた寒い映画、「マイナス21℃」。
 これは、厳寒の山で遭難した元プロアイスホッケー選手の実話を「ニード・フォー・スピード」のスコット・ウォー監督がジョシュ・ハートネット主演で映画化したもの。

 これは実際に起きた遭難譚なのだけど、物語としてはプロのプレッシャーに負けて薬物に溺れた男の再生譚になっているのがミソ。
 まぁ、それまでの人生を棒に振った薬物への依存を断ち切るには、この位の試練が必要だった、と言う事か……それにしても、凍った湖に転落、びしょ濡れになった衣服を乾かさないと凍死する、と全裸になると言う判断も凄いし、凍傷で壊死した自分の足の肉を食って飢えを凌ぐ、と言うのも凄まじい。
 そして、氷点下の中、8日間にも及ぶ彷徨を生き延びたのもプロアスリートの体力あっての事か……
 ただ、この映画、日本では妙に評価が厳しい。
 やはり、主人公が薬物中毒である、と言う所にひっかかり、これを機に立ち直る事が出来た、と言うのがやはり気に入らないのだろう。
 日本は「薬止めますか、人間止めますか」と言うように、薬物に一度手を出したら、「もう人間ではない」と言う“潔癖社会”だからかなぁ……

 尚、この日は台風の中を移動したのだけど、何と傘は一度も使わず終い。

7月22日

 ■日曜は……

 今日は、午前中に久々にクルマ屋に行く……そうだな、もう20年ぶりくらいだろうか……

 バイクで行き、クルマを見せて貰うが……新車ディーラーなのに、いきなり中古車を勧められる。
 まったく、人の足下見やがって――まぁ、新車を買うようには見えなかった、と言うことか……

 とりあえず、カタログは貰って来た。


 午後、シネマジャック&ベティで映画「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」。
 これは、押見修造の同題コミックを、本作が長編劇場版映画デビューとなる湯浅弘章監督が映画化した青春映画。

 喋れないけど歌は歌える志乃と、喋れるけれど歌は音程を外れてしまう加代、そんな2人が互いを補うようにしてバンドを組んで学園祭で演奏する事を目指す、夏休みの特訓は、正に青春の“陽の当たる”部分で、それまで孤独だった2人の少女が、あたかも失われた半身に巡り会ったように2人の世界を作るのは微笑ましく――このまま学園祭でクラスメイトに歌声を披露すれば、よくあるドラマで終わる所だが、そこにもう一捻り加え、志乃と加代の関係性が上手く行かなくなるのを描くのが、この物語の深い所。
 そう、誰かに助けて貰うのは楽だけれど、それは逃げでしかない。
 志乃は、吃音症を理由にするのではなく、己と向き合い、その問題を口にしなければならない――言えない「自分の名前」は、自分で言うしかない。 
 そして、加代は調子っ外れだろうが何だろうが、歌いたい事、伝えたい事があるなら、自ら歌わなければならない。(加代の部屋にボブ・ディランのポスターが貼ってあったのが象徴的だ)
 そんな2人のそれぞれのクライマックスを描いて、安易なハッピーエンドではなく、ひとつの壁を、自力で乗り越えた2人(いや、3人か)を静かに描いたラストは、むしろ心に響いた。

7月21日

 ■土曜は……

 今日は、映画2本。

 1本目は、「未来のミライ」。
 これは、「サマー・ウォーズ」以降、夏の日本映画の風物詩となりつつある細田守の新作。
 幼子にとって、妹(あるいは弟)は初めて出会う他者。それまで、両親の愛情を一身に受け、思うがままに生きて来た子供が、初めて“自分の思い通りにならない存在”に出会う事で、自分ではない他者が存在することを知り、その中で自己を確立して行く……これはそんなありふれたエピソードを、思いっ切りファンタジックに描くもの。
 自分と言う存在が、遥か遠い過去から列なる人々の出会いと偶然の末にあること、そんな奇跡のドラマを、これから自分自身が生きて行く事……そんな、下手すると説教臭くなる物語を4歳児の目を通して描くことで受入れ易くする工夫もさすがだし、これまでの細田作品の集大成とも言える、「家族」の話になっているのも、夏休み映画として文句なしの出来……ただ、いささか新鮮味に欠けるのは気になりるが。
 予告編では気になった上白石萌歌の声が幼児の声に聞こえない、と言うのも、思ったよりは悪くなく……ただ、今回はちゃんと子役演技の出来る声優を使った方がよかったんじゃないか、とは最後まで思った。

 2本目は「わたしの人生なのに」。
 これは、元韓国アイドルグループ「KARA」の知英主演の青春ドラマ。
 この映画、事実上、知英のアイドル映画であり、彼女中心の描写が物語のバランスを崩している感がある。
 物語の中心となるべきは、突然の下半身不随により、絶望して自死さえ考えた彼女を、献身的に支え、そして生きる希望を取り戻させた家族や、周囲の人々であるのに、知英中心で描くが故に、この周囲の人々の苦悩や葛藤が描写されず、意外にもあっさりと瑞穂が立ち直ってしまったように思えてしまうのには、違和感あり――まぁ、これも伏線になっていると言えばそうなのだが……
 ただ、これ青春映画であると共に、音楽映画であるのがミソで、そんな映画における音楽の魔法を遣い、クライマックスとなる公演でのライブの瑞穂の歌で泣かせてしまうのは、さすがにずるい、と思った。

7月20日

 ■「BLEACH」

 金曜日は、映画「BLEACH」。
 これは、久保帯人原作の同題の人気コミックを「アイアムアヒーロー」や「GANTZ」の佐藤信介監督が映画化したもの。

 霊感が強く、幽霊が見える高校生・黒崎一護は、突然現れた死神・朽木ルキアから死神の力を与えられ、虚(ホロウ)と呼ばれる悪霊たちと戦うことになるが……

 原作コミックは未読だけど……やはり、気になるのはヒロインの朽木ルキアを演じる杉咲花。彼女のトレードマークである、長髪を真ん中で分けてひっつめ髪に結い、原作のイメージと大分異なる。
 他の出演ドラマの撮影があって髪を切れなかった、と言う事情のようだが……コスプレが命のコミック実写化で髪型さえ合わせない、と言うのはどうにかして欲しいもの。ただ、杉咲花は演技はなかなかだし、アクションもまずまず、頑張っているのが判るだけに惜しい所だ。
 映画としては、コミック実写化の多い佐藤信介監督だけに手慣れた感があり、また、悪癖のテンポの悪さもあまり感じず、楽しめた。
 クライマックスの駅前ロータリーを破壊しての戦いもなかなかだ。

 ただ、真野恵里菜が女子高生と言うのは止めなさい。

7月19日

 ■木曜は……

 今日は早めに仕事を上がり、シネマジャック&ベティで映画2本。

 1本目は「フェリーニに恋して」。
 これは、イタリア各地を舞台に、世間知らずの少女が、ひとりの自立した女性となる成長譚を、巨匠フェデリコ・フェリーニへのオマージュを散りばめつつ、ファンタジックに描く異色の映画だ。

 1993年。永遠の夢見る少女なシングルマザーのクレアに過保護に育てられ、男の子とキスしたことも、働いたことも、友人を持ったこともなかった20歳のルーシー。
 しかし、母の病気に気づいたルーシーは自立することを決意するが、上手く行かずに途方に暮れる。そんな彼女の目に、「フェリーニ映画祭」と題された煌びやかで怪しい劇場案内が飛び込んで来た。
 映画好きなルーシーは引き寄せられるように劇場に足を進め……

 この映画、なんと言ってもルーシーを演じたクセニア・ソロがいい。撮影時30歳目前だった筈だが、20歳と言う役年齢に違和感なく、カットによってはもっと幼く見え、その佇まいはほぼ少女。アメリカ人には珍しいタイプだよな、と思ったらロシア系か……納得。

 2本目は「大和(カリフォルニア)」。
 これは、米軍厚木基地に隣接する大和市を舞台に、ラップで自分の“言葉”を模索する少女を描く青春音楽ドラマ。

 ラップの練習と喧嘩に明け暮れるサクラ。ある日母の恋人である米兵アビーの娘レイが来日し、二人は音楽の話を通じ距離を縮めるが……
 サクラは怒っている。社会に、そして現実に。それは怒っている、と言う感情よりは、自分と言うもの、そして、生きて行く事の違和感のようなものであるかもしれない。
 そんな若者が、地に足をつけて生きて行くまでを描くとすれば、これは立派な青春映画なのだけど……映画を観ただけでは、そんなサクラに寄り添うのが難しく、また、彼女が“言葉”を得る課程がファンタジーがかっていて、ちょっと乗れなかった、と言うのが正直な印象。
 まぁ、ラップ、あるいはヒップホップ系ミュージックの持つオフビートな感じが性に合わなかった、と言うことかもしれないが。

 あと、この映画でも主演の韓英恵が10代の役を演っている。彼女、柳楽優弥と共演した「だれも知らない」で本格デビューしただけに、そろそろ30歳になる筈だがなぁ……

7月17日

 ■「カメラを止めるな!」

 今日は、霞ヶ関で打ち合わせの後、チネチッタで、
 「カメラを止めるな!」。
 これは、本作が初の長編映画となる上田慎一郎監督のホラー&コメディ。
 昨年、イベント上映された後は上映機会に恵まれず、今年になってからゆうばり国際ファンタスティック映画祭を始めとする国内外の映画祭で公開されて話題となり、6月公開以降、上映館のKs’cinemaでは公開から連日全席全回完売が続くと言う人気ぶりに上映館が拡大。漸く観る事が出来た。

 これもまた「映画を作る」話。
 モノづくり映画に面白いものは多く、それが映画となれば傑作になるのも当然だが、コレはスゴい。
 冒頭37分の劇中内映画、「ワンカット・オブ・ザ・デッド」は失笑を促し出来で、そのネタバレになる最後30分は逆に爆笑。
 スタッフ&俳優の総力を結集、親子愛が実現をさせた渾身のラストショットには笑いがこみ上げると共に、思わず感動の涙まで出て来るほど。
 映画を撮る姿を映し出す映画の、更にメイキング映像からなるエンドロール画像は、いわば“三重入れ子”で、ここもまた気が抜けない。
 全てが終わり明るくなった劇場内では、(それまで、まだ何かあるんじゃないか、と皆、息を詰めて見守っていた)あらためて笑いが巻き起こると共に拍手が沸き起こった――これ、海外の映画祭ならスタンディングオーベーションものだな。
 
 コイツは面白い、なるほど、コレは映画ファンなら必見の1本だ。

7月15日

 ■日曜は……

 日曜、昼前にKN’sに行き、状況を伝えて確認して貰うよう、依頼。
 尚、KN’sでは、はらのクルマはちょっと知られている。今日も工場前にクルマを止めたら、現場のメカに、
 「オイル消費は大丈夫ですか?」
 と聞かれる始末……まぁ、確かにいろいろと迷惑かけているからなぁ。

 その後、帰路途中で食事して、帰宅。
 今日も滅茶苦茶暑くて、もうこうなるとバイクに跨がる気にもなれない……

7月14日

 ■土曜は……

 土曜日、午前中に通院と水槽の水替え。
 昼は妹が麻婆豆腐を作ってくれたのだが、量が多くて……その後胸焼けがして、気持ちも悪くなってゴロゴロ。暑かったせいもあり、結局、バイクに乗らず終い。
 
 夕方、ららぽーと横浜で友人と待ち合わせ、
 「ジュラシック・ワールド」
 を観ることに。

 ららぽーと横浜にはクルマで行ったのだけど、駐車場でエンジン切る時にチェックエンジンランプが点灯しているのに気づいた。
 また、キーOFFからONにすると、タコメーターがぴくぴく動く。何だ?ノイズでも拾ってる??……気になるが、映画の時間も迫っていたので、対応は後回しとした。

 「ジュラッシク・ワールド」は、正にジェットコースタームービー。
 冒頭からいきなりサスペンスを盛り上げ、最後まで息も継がせぬ怒濤の展開……まぁ、面白いは面白いんだけど、何と言うか、話の繋がりと言うか、登場人物の動機付けが曖昧だし、最後も(更なる続編を意識したのか)どうなったのか判然とせず、何となくもやもや。

 映画の後は、友人と食事しながら映画談義……って言うか、あれこれ話が飛んで脈絡もなかったけど、こう言うのは楽しい。
 で、帰ろうとクルマに乗り込んで、エンジンかけようとしたら、もう調子最悪。アイドリングを維持出来ない。
 そこで、手持ちのROMに交換し、事態は解決したように思えるが……原因が判らないのはちょっと不安。
 丁度、6ヶ月点検の案内も来ていたし、定期点検も兼ねて、KN’sに診て貰うか……まぁ、明日、様子見として首都高ぐるっと走ってみてからだな、とか思っていたのだけど、帰りの横浜新道で4→3のシフトダウンの途中でエンジンストールして肝を冷やした。
 ……やはり、無理せずにまずはKN’sに診て貰おう。

7月 8日

 ■日曜は……

 今日は、午前中、クルマで買い物に出掛ける。
 クルマのサンシェードと、消臭剤を買う……その際、TV−CMでもやっているファブリーズのエアコン送風口につけるやつを買ったのだが、これが失敗。
 匂いがキツく、何だか頭痛くなってしまった。

 午後、「菊とギロチン」。
 これは、「64-ロクヨン- 」や「友罪」の瀬々敬久監督が、構想30年の企画を実現させた入魂の作品。
 大正末期。自由な雰囲気が失われつつある世相の中、東京近郊で出会った女相撲一座の女力士たちとアナキスト・グループ“ギロチン社”のメンバーが惹かれ合っていく・・・と言う異色の青春ドラマ。
 これまた、“弱者”のドラマで、女性や朝鮮人、そして貧困層と言う弱い人間が、世界を変えよう、として強くなろうと足掻く物語だ。
 それが、女相撲と、爆弾闘争、と言うのが異色だけど、内容としては、これはまぁ、青春群像劇となるのだろう。
 関東大震災での朝鮮人虐殺が背景にあり、国家によって抑圧された暴力が、更に弱い者に降りかかる不条理を盛り込んだりもしているが……強い、と言うこと、そして、世の中をどう生きるか、と言う事を考えさせられる力作だ。

 ■「ガンダム」実写化

 先日、「機動戦士ガンダム」がハリウッドで実写映画化、と言うニュースが。
 まぁ、レジェンドリーだし、デルトロが指揮とれば変なものにはならないだろう……

7月 7日

 ■7月の映画

 7月に入り、夏休み興業体制となったせいで、今週は公開される映画が少ない……
 (なぜ、「7月7日公開作品の情報がないのか?」とMOVIE Walkerに問い合わせしたけど「公開作品がない」とは思わなかった)

 とりあえず、昨日は、
 「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」
 を観た。
 今日は、 この後、
 「セラヴィ!」
 「君が君で君だ」
 明日の日曜は、
 「菊とギロチン」
 そして、水曜に
 「スウィンダラーズ」
 単館公開作品など、マイナー映画まで含めてこれか……MOVIE Walkerの情報通り、この週末には
 「新作映画はない」
 と言うのが世間の見方になるんだろうな……

 まぁ、来週になれば、
 「ジュラシック・ワールド」
 「ポケモン」
 と注目作が公開されて、劇場はお祭り騒ぎになるけど、今週はパッとしないなぁ。

 ■土曜は……

 今日は、午前中病院に行った後で水槽の水替えを済ませ、午後、シネマジャック&ベティで映画「セラヴィ!」。
 これは、ウェディングプランナーを主人公に、結婚式当日を舞台に繰り広げられる人間模様をユーモアたっぷりに綴るコメディ。
 コメディと言っても、言葉遊びのギャグではなく、ポンコツなスタッフが次々に引き起こすシチュエイションコメディで笑わせるタイプで、その中に人間関係の機微を盛り込んで、人情喜劇とするタイプで、これは日本人ウケしそうだけどなぁ……
 期待しないで観に行ったのだけど、これは予想以上の面白さ。ラストも収まる所に収まって、これは満足。
 
 「セラヴィ!」の後、ブルク13に移動し、今度は、「君が君で君だ」。
 これは、「アズミ・ハルコは行方不明」の松居大悟による完全オリジナルラブストーリー。
 愛する女性の好きな人物である尾崎豊、ブラッド・ピット、坂本龍馬になり切る3人の男たち。彼らは自分の名前さえ捨て去り、10年に渡り彼女を見守ってきた、と言う、ちょいと異常な物語だ。
 だが、「彼女には接触しない。見守り続け、その全てを受入れる」のが「愛」とする3人の男たち……これは一種のフェティシズムであろうとは思うけれど、決して実力行使せず、ただ見るだけ、と言う、その姿勢が歪みの見える現代の恋愛、いや、社会情勢を反映して興味深い。
 (クライマックスでは、自殺しようとする彼女を「それが彼女の意思ならば見守ろう」と言うのだから)
 ただ、余りに異常なだけに、これは「ひく」人の方が多いだろう、とは思う。
 でも、男が見守る事をやめた、と宣言する最後のシーン、あれは現実になって欲しいけどなぁ……

 映画の後、帰宅途中の電車の中で地震に遭遇。
 電車の中でこの大きさの地震と言うのはあまり体験してないが、長くゆらゆら揺れて、震度以上に大きく感じた。
 (電車は、震度のみ確認後、すぐ走り出したが)
 帰宅後、家の90cm水槽から水漏れ……地震の揺れでシールがやられたか?慌ててシリコンシーラントで水漏れ措置を行う羽目になった。

7月 6日

 ■「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」

 今日は仕事の後、レイトショーでこの日公開の「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」。

 これは、1973年、男女平等を求めて女子テニス協会を立ち上げた女子テニス世界チャンピオンビリー・ジーン・キングが、元男子世界王者のボビー・リッグスと対決した実話を元にした映画。
 ビリー・ジーンは、優勝賞金が男子1万5000ドルなのに対し女子がその1/8でしかないのに不服を訴え、テニス協会を脱退。 自ら女子テニス協会を立ち上げるのだけど、これからも判るように、映画はボビー・リッグスひとりが敵なのではなく、社会そのものが敵なのだ、と言う事が判る。
 映画は、女性差別だけでなく、更にLGBT差別問題も盛り込んで行くが……それで狙いが分散してしまったような感があり、また、敵が大き過ぎて“勝利”を実感出来ず、カタルシスが不十分なのも物足りない。ちょっと不完全燃焼って感じだったなぁ。

 ただ、先日公開された映画「ゲティ家の身代金」でも、主演女優であるミシェル・ウィリアムズの出演料が、助演のマット・ディモンの1割でしかなかった、と言う相変わらずの女性蔑視が横行(それを指摘されてマット・ディモンはギャラを女性人権団体に寄付した)しているハリウッドでは、これを映画化する意味はあったのだろうけど。

6月30日

 ■土曜は……

 映画2本を観るつもり。

 まず、1本目は、「ブリグズビー・ベア」。
 これは、アメリカのコメディ番組「サタデー・ナイト・ライブ」のディレクター、デイブ・マッカリーが監督した映画。

 ジェームスは、外界から遮断されたシェルターで両親と25歳になるまで暮らしてきた。毎週届くSF冒険ドラマ「ブリグズビー・ベア」を見て育ち、現在では「ブリグズビー・ベア」の世界についての研究に力を注いでいた。
 ある日、シェルターに踏み込んで来た警察に、両親だと思って一緒に暮らしてきた男女が逮捕され、2人が自分を誘拐して監禁していたことを知らされるジェームス。
 25歳にして、初めて外の世界に出されたジェームズだが……

 誘拐・監禁されて外の世界を知らない子供の物語として、連想したのは「ホーム」。
 あの少年のように、主人公ジェームズもまた外の世界に向き合うのだが……子供の頃からTVの中の「ブリグズビー・ベア」しか知らず、「ブリグズビー・ベア」だけに意識を向けて来たジェームズは筋金入りの「ブリグズビー・ベア」オタクになっていた、と言うのが、この映画ならではの要素。
 そして、誘拐犯の男が作っていた「ブリグズビー・ベア」の新作がもう観られない、と知ったジェームズは自らその続編を作ろうとするのだ。
 もの作りをする映画はわくわくさせられるものが多く、それが映画となれば尚更。
 それに加え、映画製作を通じて、ジェームズは学び、友を作り、成長して行く……それこそが正に人生であり、前を向いて、生きる喜びを謳歌するかのようなジェームズの表情に、実の両親が心を動かされるのも当然のこと。
 この映画、家族の有り様に加え、それがどんなものであれ、人生の中で積み重ねて来たものがその人を作り、そして、それを土台にしなければ前へと進む一歩を踏み出せない、と言う事を描いて、教育、そして人生――成長し、時に“卒業”する――について考えさせられる内容を含んだもの。
 出演しているのは馴染のない俳優ばかりだし、ちょっと取っつき難さはありますが、これは多くの人に観て欲しい、よい映画だと思う。

 2本目は、「カメラを止めるな!」で、これを新宿K’s Cinemaに観に行ったのだが……映画館着15:00で、16:40は勿論、その後の18:40の回までチケット完売で観られず。
 確かに、評判のいい映画だけど、ここまでの人気とは……
 
 K’s Cinemaは予約販売がないので、これ観たい、となったら朝イチで行列並んでチケット買うしかない、と言う事か……まったく、映画館も、「ハン・ソロ」ばっかり上映せずに、こうした人気のある映画を上映して欲しいものだが……
 (この映画、日本中で都内2館しか上映してない)

 それにしても、先週日曜も映画観られなかった、2週連続で空振りとは……とほほ。
 何の事はない、半日使って、新宿まで電車で往復しただけとは……

 ■6月に観た映画

 6月に観た映画は……

 「OVER DRIVE オーバードライブ」
 「妻よ薔薇のように 家族はつらいよIII」
 「ファントム・スレッド」
 「50回目のファーストキス」
 「レディ・バード」
 「デッドプール2」
 「万引き家族」
 「ビューティフル・デイ」
 「羊と鋼の森」
 「終わった人」
 「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」
 「30年後の同窓会」
 「ゆれる人魚」
 「軍中楽園」
 「空飛ぶタイヤ」
 「V.I.P. 修羅の獣たち」
 「リミット・オブ・アサシン」
 「海を駆ける」
 「メイズ・ランナー:最期の迷宮」
 「それから」
 「ワンダー 君は太陽」
 「焼肉ドラゴン」
 「オンリー・ザ・ブレイブ」
 「猫は抱くもの」
 「29歳問題」
 「天命の城」
 「男と女の観覧車」
 「フューチャーワールド」
 「アメリカン・アサシン」
 「ブリグズビー・ベア」

 ……30本か。
 30日で30本。さすがによく観たなぁ……

6月23日

 ■土曜日の映画

 土曜は、映画3本。

 1本目は、 「オンリー・ザ・ブレイブ」。
 これはアメリカの森林消防隊の活躍を事実に基づき描く映画。
 消火に当たっては山林の中、と言うこともあって放水はせず、溝を掘り、その手前の灌木や草木を切り、場合によっては燃やし、「火を以て火を制す」と言う活動も興味深かったし、ジャンキーの青年が子供が生まれた事をきっかけに消防隊員として立ち直って行くと言うドラマもいい。
 クライマックスは奇跡を描いてハッピーエンドにするのかと思っていたら……これ、実話だったか、やられた。

 2本目は「猫は抱くもの」。
 これは沢尻エリカ主演、犬童一心監督による野心作。元アイドルのアラサー女性が新たな一歩を踏み出すまでのドラマを、猫との交流を通して描くもの。
 しかも、猫を擬人化、映画も舞台劇を撮影したような演出となっている。
 ただ、舞台劇のような演出は、却って切実でありがちなヒロインの悩みの現実味を削ぐ感じで、どうにも乗れず……
 映画後味は決して悪くないが……これはもっと素直に見せてくれた方がよかったのではないか?

 3本目は、 「29歳問題」。
 これは、香港の舞台演出家、キーレン・パンが12年に渡って公演してて来た舞台劇「29+1」を、キーレン・パン自身が監督して映画化したもの。
 これは、人生をどう生きるか、と言う物語。
 社会的な地位と報酬……そうした“成功”を求めて心をすり減らす日々と、夢に向き合って笑顔で暮らす日々を対比させるのは確かに巧みで、この物語が根強い人気を以てロングランを続けているのにも納得。
 ただ、終盤で明かされる秘密は、いかにもお涙頂戴的な感じで、ちょっとあざとい感じもしたが……
 ヨックワンを演じるクリッシー・チャウは、顔立ち(特に起き抜けのすっぴん顔)が長澤まさみを思わせ、これは、長澤まさみで日本版リメイクしてもいいかも、とか思ってしまった。
 
 気になったのは、終盤の展開――先に述べた秘密が明らかになる場面――の不自然さ。
 この舞台劇、元々はヨックワンとティンロの二役をキーレン・パンが演じていたそうで、それならば、と納得。だとしたら、映画版でもクリッシー・チャウの二役でよかったんじゃないか、と……

6月22日

 ■「焼肉ドラゴン」

 金曜日、歓迎会の飲み会の後で、横浜ブルク13で映画「焼肉ドラゴン」。

 これは、数々の演劇賞に輝いた日韓合作の戯曲を、初演から10周年を迎える今年、原作者の鄭義信が監督を手がけて映画化したもの。
 昭和40年代、万博に向けて盛り上がる大阪を舞台に、世間から取り残されたかのように生きる在日韓国人家族の姿を描く人間ドラマだ。

 描かれるのは、在日朝鮮人の苦難の歴史。
 戦争で片腕を失い、四・三事件で故郷と親族を失って、韓国からは事実上“棄民”扱いされた韓国難民一家。
 彼らが更に息子を失い、住んでいた家ごとコミュニティをも失っていく物語は悲劇と言っていい内容だが、そんな中でも、「明日はきっとえぇ日になる」と笑顔を見せられるのが、韓国+大阪と言うバイタリティか……

 主要登場人物は全て韓国人設定で、演じる俳優も韓国人的演技を見せているが、とにかく、泣くにしても怒るにしても、感情を抑えない韓国流。まるで韓国映画を観ているようなもので、喧嘩となると引いてしまう程の迫力だ。
 短気で喧嘩っ早く、面白みのない男を大泉洋が演じるのもかなりのイメージチェンジだが、出色の存在感を見せていたのが次女役の井上真央。
 長女役の真木よう子がドスの利いた凄みを出せるのはよく判っているけれど、この映画の井上真央も負けず劣らず、ふてぶてしい態度で、低くドスの利いた声で啖呵を切り、すげぇ迫力だ。 
 尚、 「万引き家族」に対し、「在日家族の映画だ」とか「在日監督による反日プロバガンダ」と根も葉もない中傷を繰り返していた“日本人”だが、「在日家族」を描き、在日韓国人監督が撮影たこの映画については無視、と言うこれまた日本人らしい攻撃に出ているようだ。
 昨日の公開初日も、ブルク13で二番目の大きなスクリーンで、観客数人だったからなぁ……

6月15日

 ■「空飛ぶタイヤ」

 今日は、仕事の後で映画「空飛ぶタイヤ」。
 これは、M社によるタイヤ脱落事故など一連のリコール隠蔽事件を元にした池井戸潤の小説を映画化したもの。
 池井戸潤の小説は読み始めると止まらない面白さとテンポのよさがあるのだけど、この映画も実にテンポがいい。多くのエピソードに多くの登場人物、それに膨大な台詞と情報量を以て押し、これには原作小説同様、引き込まれた。
 事故の発生から、追い込まれる主人公、そして絶対絶命の状態からの大逆転は痛快だ。
 内容としては自動車会社の内幕を描くもので――何と言うか、身につまされる部分もあり、現実と違う所がどうにも気になったり――いやまぁ、かなりリアルには出来ているのだけど。
 これはよい映画だった。

 尚、映画中でホープ自動車トラック役を務めているのは日野プロフィア。
 さすがにM社が貸してくれる訳もないか……

 ちなみに、この物語のベースとなった事故を起こした運輸会社は、廃業に追い込まれたのだとか。
 また、被害者遺族が行った損害賠償請求訴訟にM社は退け、賠償金は払わなかったのだとか。
 本当に酷い事件で、池井戸潤が物語の中だけでもやり返したかった、と言うのが判るなぁ……

6月 8日

 ■「万引き家族」

 金曜は、仕事の後、川崎チネチッタで映画「万引き家族」。
 この映画は今年のカンヌ映画祭でパルムドール(最高賞)を取得した事が話題となった是枝裕和監督の最新作。
 カンヌのパルムドールと言えば、日本映画では21年ぶり(「うなぎ」以来)、アジア映画まで広げても今世紀初。今年は、「Me Too」運動で、女性監督が獲得するもの、と言う下馬評をひっくり返しての受賞は大きな話題となった。
 また、国内では、映画も観ず、内容も知らずに、
 「犯罪を賛美する映画だ、けしからん」
 また、日本の貧困を描く内容から、
 「国の恥」
 だとする著名人も多く、また、アベノミクスの成果を誇る安倍首相としても好ましくないようで黙殺した事が、フランスメディアに揶揄される事態にもなった。

 内容としては、年金不正受給事件を元とした物語で、身寄りのない高齢者宅に転がり込んで血縁がないながらも疑似家族となった一家の暮らしを描いている。
 一家の犯罪は万引きに留まらず、年金不正受給に、強請、死体遺棄、誘拐……更に家族の“父親”の治は、過去に殺人までしている、と言う犯罪のオンパレード。
 しかし、その何れも社会的弱者が底辺の暮らしの中で行った事であると共に、家庭内の暖かくほのぼのとした空気がそれを緩和する。
 映画の軸となるのは、両親から虐待されていた5歳の少女、樹里を一家の“父親”が救い出し、新しい家族になって行くエピソード。
 確かに、他家の子供を勝手に連れ帰ってしまうのは誘拐以外の何者でもないが……両親の暴力で体中傷だらけになり、食事も与えられずに雪の舞う寒空にベランダに放置されている少女を見れば、温もりと食事を与えたいと思うのは人情で、それだけを見れば治の行為を咎めるのは難しい。
 そして、治が作った疑似家族、それは映画コピーにあるように「犯罪が繋いだ絆」などではなく、治の優しさが作ったものだ、と言うのが判って来る。
 そうした得られた繋がりは、時に血縁を超えるのではないか?と言う是枝監督お馴染みのテーマが浮かび上がる展開は見事で、そして、そんな疑似家族には限界があると言うのを示すのもまた辛辣。
 最後には、両親の元に戻された樹里が再び虐待を受け、またしても玩具などと共にゴミのようにベランダに放り出されるのが描かれる。
 ラストシーン、そんな樹里がまた治が救い出しに来てくれないか、と外を見回すのには胸が痛くなる。
 (先日、同じ5歳の少女が虐待死したニュースが報じられただけに尚更だろう)

 この映画、そうして社会弱者と日本の貧困を描き、家族とは、と言う事を問いかけるテーマを持つ見応えのある映画。
 これは、今、観るべき1本となのだろうけど、世論としては、
 「犯罪を肯定するお涙頂戴ものなど観たくない」
 であり、カンヌで政権批判と言うした是枝監督には、
 「在日の作る反日映画など観ない」
 「売国野郎」
 と言う罵声が浴びせられているのが現状で、それがこの国の世論であり良識なのだろう。
 映画終盤、家族の取り調べを行う警察官が、正にこうした態度で家族を断罪していくのを観る時、是枝監督は、そこまで承知でこの映画を製作したように思う。

6月 3日

 ■日曜は……

 日曜は映画3本。

 その1本目は、
 「妻よ薔薇のように 家族はつらいよ 3」。
 これは、山田洋次監督による喜劇「家族はつらいよ」シリーズ第3弾。
 巨匠によるお馴染みの人情喜劇で、綺麗な日本語を使っているのには感心するが、若い世代は今時こんなしゃべり方をしないだろう……蒼井優より若い俳優が喋る台詞にあまりにもリアリティがないのが気になる。

 尚、映画内容的に高齢者が多く……おばさん方はTV観ているノリで映画上映中もお喋りが止まらない。
 まぁ、お笑いシーンではどっと受けたりするノリのよさもあって、これはこれで楽しい雰囲気ではあるのだけどね。

 2本目は、
 「ファントム・スレッド」。
 これは、名優、ダニエル・デイ・=ルイス主演の異色のラブストーリーで、これが彼の引退作となる、と言うことらしい。
 内容としては「女は怖い」と言う事に尽きるね、こりゃ……かつての「魔女」とは、こう言う事をする女の事だったんだろうなぁ・・・

 3本目は、
 「50回目のファーストキス」。
 これは、アメリカ映画「50回目のファースト・キス」をリメイクしたラブストーリー。
 主演は、山田孝之と長澤まさみ。
 まぁ、長澤まさみが出てなきゃ観に行かない種類の映画だが……これは予想外に楽しめた。
 勿論、長澤まさみは、いかにも彼女らしい、華美に飾らない、素朴な魅力を見せていてよかったのだけど、勿論、そこまでは予想の範囲内。
 オリジナルでは海洋生物学者だった設定を天文学者に変え、ロマンチックさを増した映像もよかったのだが、予想外だったのは、そのコメディ要素。
 佐藤二朗、ムロツヨシと言った役者を揃えただけではなく、主演のふたりまでもが隙あらばギャグを突っ込んで来ると言う……それも時にすべり気味のくだらないギャグの連打で、いくら「ラブコメ」と言っても、その“コメディ”ってのはこうしたもんじゃないだろう、と思って、エンドロールで監督を確認したら――福田雄一か、それじゃ仕方ない。納得。

6月 2日

 ■帰国後……

 アメリカ行ってた間、やはり気になるのは新作映画が観られないこと。
 早速、リカバリしないとな……

 と言う訳で、本日早速、
 「OVER DRIVE!」
 を観に行く事にしよう。

 ■「OVER DRIVE」

 これは、ラリー選手権に挑む兄弟の姿を描くドラマ。
 日本で、ラリーが人気のモータースポーツになり、公道SSを含むラリー選手権が開催されていたら……と言うifに基づくドラマ。
 実際のラリー競技の映像を多用、それを大スクリーンで観るだけでも迫力があるが、更に、VFXによる日本の公道でのラリー競技を描いている。
 その中でも首都高をSSにする、と言う映像はなかなかの迫力。正面に首都高の側壁が見えるドリフト走行のオンボードカメラ映像などのシーンには思わず鳥肌が立つ。
 物語は、ある事をきっかけに壊れた兄弟の絆を取り戻す、と言うのを軸にラリー選手権制覇と重ねて描くものなのだが……ドライバーである弟の「走る」理由が、思い人に振り向いて貰う為、と言う陳腐なドラマには失望した――ただ、「走る」事、「スピード」を求める事に、そんな理由など要らない・・・ただ、走りたいから走るんだ、と言う事を判っていない、と言うのにはがっかりだ。
 だが、最終戦でのクラッシュで水没したクルマを「すぐ直してやる」と言う兄、そして クラッシュで負傷しながらも「アニキがクルマ直したんなら、オレは走るんだよ」と言う弟の絆の復活には思わず涙が出た。
 (尚、水没車の復活についてはWRCで実例があるので不可能ではない)
 また、ここで兄弟の絆の再生を描くのであれば、最後、来シーズン、WRCに挑戦する弟が、兄貴をWRCにも連れていかないといけないだろう。
 まぁ、内容についてはあれこれ言いたい事もあるけれど、なかなか見応えのある映画でしたが、封切り日だと言うのに劇場はガラガラ――まぁ、今時、カーアクション映画などやってもやっぱ客は入らないだろうなぁ……

【過去の日記】

1月) (2月) (3月) (4月) (5月

2017年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2016年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2015年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2014年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2013年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2012年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2011年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2010年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2009年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2008年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2007年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2006年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2005年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2004年の日記

1月) (2月) (3月) (4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

2003年の日記

4月) (5月) (6月) (7月) (8月) (9月) (10月) (11月) (12月

更新日記


戻る