2016年に観た映画


(1月)
 「クリード ~チャンプを継ぐ男
 「COMET/コメット
 「きみといた2日間
 「完全なるチェックメイト
 「ガールズ&パンツァー劇場版」(2回目)
 「ブリッジ・オブ・スパイ」
 「傷物語 I 鉄血編
 「あの頃エッフェル塔の下で
 「消えた声が、その名を呼ぶ」
 「人生の約束」
 「ストレイト・アウタ・コンプトン
 「シーズンズ 2万年の地球旅行
 「白鯨との闘い
 「ピンクとグレー
 「殺されたミンジュ
 「ビューティー・インサイド
 「エージェント・ウルトラ」
 「ザ・ウォーク
 「明日へ
 「の・ようなもの のようなもの」
 「最愛の子
 「みんなのための資本論
 「アンジェリカの微笑み
 「俳優 亀岡拓次」
(2月)
 「メモリーズ 追憶の剣」
 「ブラック・スキャンダル」
 「パディントン
 「オデッセイ
 「ザ・ガンマン
 「新劇場版 頭文字[イニシャル]D Legend3 夢現
 「スティーブ・ジョブズ
 「マギー
 「ライチ☆光クラブ
 「不屈の男 アンブロークン
 「ドラゴン・ブレイド
 「ドリーム ホーム 99%を操る男たち
 「ディーパンの闘い
 「キャロル
 「X-ミッション
 「サウルの息子
 「ヤクザと憲法
 「禁じられた歌声」
 「女が眠る時」
 「ザ・ブリザード

(3月)
 「マネー・ショート 華麗なる大逆転
 「ヘイトフル・エイト」
 「マリーゴールド・ホテル 幸せへの第二章」
 「幸せをつかむ歌
 「星ガ丘ワンダーランド
 「AUTOMATA オートマタ
 「インサイダーズ 内部者たち
 「家族はつらいよ
 「セーラー服と機関銃 -卒業-
 「アーロと少年
 「エスコバル 楽園の掟
 「エヴェレスト 神々の山嶺
 「リリーのすべて」
 「Mr.ホームズ 名探偵最後の事件
 「僕だけがいない街
 「ガールズ&パンツァー劇場版(4DX)」
 「ちはやふる 上の句」
 「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生
 「無伴奏」
 「砂上の法廷
 「リップヴァンウィンクルの花嫁

(4月)
 「あやしい彼女
 「ロブスター
 「マジカル・ガール
 「見えない目撃者
 「蜜のあわれ」
 「LOVE 3D」
 「ルーム
 「ミラクル・ニール!」
 「モヒカン故郷に帰る」
 「ボーダーライン」
 「グランドフィナーレ」
 「火の山のマリア」
 「さざなみ」
 「獣は月夜に夢を見る」
 「スポットライト 世紀のスクープ」
 「最高の花婿」
 「虹蛇と眠る女」
 「レヴェナント 蘇えりし者
 「アイアムアヒーロー
 「アイヒマン・ショー 歴史を映した男たち」
 「ズートピア
 「フィフス・ウェイブ
 「あまくない砂糖の話

(5月)
 「父を探して」
 「追憶の森
 「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ
 「ちはやふる 下の句」
 「テラフォーマーズ
 「ヒーローマニア -生活-」
 「64 ロクヨン 前編
 「亜人 衝突」
 「スキャナー 記憶のカケラをよむ男
 「カルテル・ランド」
 「マクベス」
 「世界から猫が消えたなら」
 「山河ノスタルジア」
 「ヘイル・シーザー!」
 「殿、利息でござる!」
 「ガルム・ウォーズ
 「ひそひそ星」
 「園子温という生きもの」
 「海よりもまだ深く」
 「機動戦士ガンダム THE ORIGIN III 暁の蜂起」
 「スノーホワイト ~氷の王国
 「エンド・オブ・キングダム
 「ヒメアノ~ル」

(6月)
 「素敵なサプライズ ~ブリュッセルの奇妙な代理店」
 「マイケル・ムーアの世界侵略のススメ」
 「神様メール」
 「復活
 「デッドプール
 「植物図鑑 ~運命の恋、ひろいました
 「ロイヤル・ナイト ~英国王女の秘密の外出
 「サウスポー」
 「アウトバーン」
 「マネーモンスター」
 「64 ロクヨン 後編
 「シチズンフォー ~スノーデンの暴露
 「ヴィクトリア」
 「教授のおかしな妄想殺人」
 「二ツ星の料理人」
 「ノック・ノック
 「サブイボマスク
 「エクス・マキナ
 「若葉のころ」
 「10 クローバーフィールド・レーン
 「葛城事件
 「帰ってきたヒトラー」
 「トリプル9 ~裏切りのコード」
 「クリーピー 偽りの隣人」
 「COP CAR コップ・カー」
 「裸足の季節」
 「ダーク・プレイス」
 「日本で一番悪い奴ら
 「機動戦士ガンダム サンダーボルト DECEMBER SKY」
 「二重生活」
 「TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ

(7月)
 「アリス・イン・ワンダーランド ~時間の旅
 「フラワーショウ!
 「疑惑のチャンピオン
 「ウォークラフト
 「ブルックリン
 「セトウツミ
 「ペレ 伝説の誕生
 「存在する理由 DOCUMENTARY of AKB48」
 「シング・ストリート ~未来へのうた」
 「KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV
 「森山中教習所」
 「ディストラクション・ベイビーズ」
 「インディペンデンス・デイ リサージェンス」
 「レジェンド 狂気の美学」
 「団地」
 「暗殺
 「AMY エイミー」
 「ファインディング・ドリー
 「ドラゴン怒りの鉄拳
 「ヤング・アダルト・ニューヨーク
 「トランボ ~ハリウッドに最も嫌われた男」
 「太陽の蓋
 「シン・ゴジラ
 「ロスト・バケーション
 「ベトナムの怪しい彼女
 「ターザン REBORN

(8月)
 「シークレット・アイズ
 「男たちの挽歌」
 「シン・ゴジラ」(2回目)
 「ニュースの真相」
 「モンスター・ハント」
 「ヒマラヤ ~地上8000メートルの絆」
 「メテオ
 「シリア・モナムール」
 「シン・ゴジラ」(3回目)
 「ルドルフとイッパイアッテナ」
 「ジャングル・ブック
 「ハイ・ライズ
 「ペット
 「秘密 ~THE TOP SECRET
 「X-MEN:アポカリプス」
 「花芯
 「ミス・ワイフ」
 「傷物語 II 熱血編
 「西遊記 孫悟空 vs 白骨夫人
 「栄光のランナー 1936ベルリン
 「ソング・オブ・ザ・シー ~海のうた
 「奇跡の教室 ~受け継ぐ者たちへ
 「イレブン・ミニッツ
 「ゴーストバスターズ
 「シアター・プノンペン
 「君の名は。
 「君の名は。」(2回目)
 「君の名は。」(3回目)
 「ミュータント・ニンジャ・タートル 影<シャドウズ>」

(9月)
 「後妻業の女」
 「ディアスポリス DIRTY YELOLW BOYS
 「グランド・イリュージョン 見破られたトリック
 「アトラクション4D「戦車ライド」
 「セルフレス/覚醒した記憶」
 「エミアビのはじまりとはじまり
 「キング・オブ・エジプト
 「スーサイド・スクワッド
 「四月は君の嘘
 「超高速!参勤交代 リターンズ
 「グッバイ、サマー
 「だれかの木琴
 「怒り
 「エル・クラン」
 「BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント」
 「レッドタートル ~ある島の物語」
 「好きにならずにいられない」
 「コロニア
 「映画 聲の形
 「闇金ウシジマくん Part3
 「真田十勇士
 「ハドソン川の奇跡
 「白い帽子の女」
 「メカニック ワールドミッション

(10月)
 「亜人 ~衝戟」
 「世界一キライなあなたに
 「CUTIE HONEY ~TEARS
 「映画 聲の形」(2回目)
 「ある天文学者の恋文
 「RWBY VOLUME 2」
 「SCOOP!
 「グッドモーニングショー
 「ジェイソン・ボーン
 「お父さんと伊藤さん」
 「GANTZ:O
 「少女
 「永い言い訳」
 「TSUKIJI WONDERLAND
 「何者
 「ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ
 「スター・トレック BEYOND
 「われらが背きし者
 「奇蹟がくれた数式
 「ジェーン
 「闇金ウシジマくん ザ・ファイナル
 「インフェルノ
 「PK」
 「ダゲレオタイプの女」
 「手紙は憶えている」
 「デスノート Light up the NEW world

(11月)
 「湯を沸かすほどの熱い愛」
 「オーバー・フェンス」
 「ブリジッド・ジョーンズの日記 ~ダメな私の最後のモテ期
 「映画 続・深夜食堂」
 「君の名は。」(4回目)
 「ソーセージ・パーティー
 「ジャック・リーチャー NEVER GO BACK
 「ぼくのおじさん」
 「この世界の片隅に
 「オケ老人!
 「将軍様、あなたのために映画を撮ります」
 「華麗なるリベンジ」
 「ティエリー・トグルドーの憂鬱
 「ミュージアム」
 「機動戦士ガンダム THE ORIGIN IV 運命の前夜」
 「聖の青春
 「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」
 「溺れるナイフ」
 「CYBORG009 ~CALL OF JUSTICE 第1章」
 「疾風ロンド
 「エヴォリーション
 「不思議惑星キン・ザ・ザ」

(12月)
 「CYBORG009 ~CALL OF JUSTICE 第2章」
 「マダム・フローレンス! ~夢見るふたり
 「アズミ・ハルコは行方不明
 「シークレット・オブ・モンスター」
 「五日物語 ~3つの王国と3人の女
 「ザ・ギフト
 「CYBORG009 ~CALL OF JUSTICE 第3章」
 「変態だ
 「海賊とよばれた男
 「この世界の片隅に」(2回目)
 「小さな園の大きな奇跡
 「風に濡れた女
 「ローグ・ワン / スター・ウォーズ ストーリー
 「アイ・イン・ザ・スカイ ~世界一安全な戦場
 「ドント・ブリーズ
 「土竜の唄 香港狂騒曲
 今年は284本、もとい映画を284回、劇場で鑑賞しました。
 ただし、「ガールズ&パンツァー」は3回、「シン・ゴジラ」も3回、「君の名は。」は4回、「聲の形」は2回、「この世界の片隅に」も2回、と今年は複数回観た映画が多く、鑑賞本数は275本となりますが……今年はとうとう250本を突破です。
 

戻る