KINGDOM
キングダム


 これは、累計発行部数3800万部を越え、現在も続刊中の原泰久の同題の人気コミックを「GANTZ」など、コミック原作の実写化を多く手掛ける佐藤信介が映画化したもの。

 時は紀元前255年。春秋戦国時代の中華・西方の大国、秦。
 孤児で奴隷として売られた信は、同じ奴隷として働く漂と共に、天下の大将軍を夢見て、日々剣術の修行に励んでいた。
 そんなある日、漂は秦国重臣である昌文君によって召し上げられ、王都・咸陽へに行く事になる。
 それから暫くの後、漂は深手を負った状態で戻って来る。息絶えた漂から託された布に書いてあった場所に辿り着いた信は、そこで漂と瓜二つの男を目の当たりにする。その男こそ第三十一代秦国王・政であった。漂の死の原因となった政に激昂する信だったが、自らに託された漂の思いと自らの夢のため、信は政に協力し、王座奪還に向け動き出すが……

 原作コミックは現在54巻を刊行しており、物語の終わりはまだ見えません。そんな物語を映画化するに当たり、本作の採った方法は正攻法。
 物語冒頭から、最初の節目となる王座奪還まで、コミックスで1〜5巻に当たるエピソードを描きます。
 通常、コミックスをそのまま映画にすると無理なく出来るのは3巻分程度と言われており、その点では5巻分を描く本作もちょっと詰め込み気味ではありますが、原作者の原泰久も加わって再構成された物語は、原作ファンも納得するものになっていると思います。
 また、不安に思われていた実写再現ですが、中国ロケを行って、雄大な平原や、咸陽の城郭内などのシーンを撮影しており、邦画らしからぬスケール感を出しています。
 キャストも概ね文句なし。政を演じた吉沢亮は、その猫目の顔立ちからして再現度は高く、長澤まさみの楊端和はほぼ完璧。危惧していた王騎役の大沢たかおですが、かなりの増量とビルドアップで、ちゃんと王騎になっている……独特の口調など、ちょっと作り過ぎかもしれませんが、いや、これは大したもの。
 ただ、橋本環奈の河了貂は綺麗過ぎで、もうちょっと汚れていた方がよかったな、と。あと、山崎賢人は悪くはないのですが、コミック原作の主人公をやり過ぎですし、本作では無駄に力入れまくっている感があったのが気になりました。

 物語は、ほほ原作通りで、印象的な台詞も大半がそのまま。私も原作ファンで幾度も読み込んでいるだけに、思い入れのある台詞やシーンの再現には嬉しくなります。ただ、佐藤信介の悪癖であるアクションのテンポの悪さ、と言うか妙な中弛みが出ているのは気になりましたが……読み返してみるとこれは原作通りであったりし、そこは読み手が自在にスピード調整出来るコミックとの差か……

 邦画にありがちなコスプレ大会で終わらず、しっかり実写の「キングダム」になっているのは好印象。
 実際、評判もよさそうで、続編もあるならば期待したい――少なくとも、羌?は出して欲しい、と思う人は少なくないでしょう――ですが、この次が難しい……次のクライマックスにするならば王騎の死でしょうけど、そこまで辿り着くには映画2本は必要になりそうで…… 
 

 (年 月 日 にて)


(作品データ)

 ■監督

佐藤信介

 ■出演

信 ・・・ 山ア賢人
?政/漂 ・・・ 吉沢亮
河了貂  ・・・ 橋本環奈

楊端和 ・・・ 長澤まさみ

壁 ・・・ 満島真之介

王騎 ・・・ 大沢たかお

(その他のキャスト)
 本郷奏多  阿部進之介  深水元基  嶋政宏  要潤
 橋本じゅん  坂口拓  宇梶剛士  加藤雅也  石橋蓮司

 ■コピー

全て、奪還する。

 ■Link

https://kingdom-the-movie.jp/

戻る